ケンカツの動画 6話を無料視聴!健康で文化的な最低限度の生活

シェアする!!

吉岡里帆・井浦新も出演のドラマ『健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)』の6話が放送されましたね!

この健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ) 6話の動画は無料で見逃し視聴できるの?と、気になって動画を探している人が多いようです。

なのでこのページでは安心して、ケンカツ 6話の動画を “無料で見逃し視聴できる” 人気の方法を紹介しています↓

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

YouTube・Dailymotion・Pandoraなどの違法にアップロードされた動画じゃないので、高画質でCMもないし “1話~ 全話まとめて” 視聴できますよ!


ケンカツの動画!6話の予告を紹介[PR]

ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)』6話の動画予告はこんな感じに!

ケンカツの動画!6話を無料で見逃し視聴するおススメの方法

ではドラマ『健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)』6話の動画を、無料で見逃し視聴できるおススメの方法を紹介します!

それは、ケンカツの放送が終わるたびに毎回、見逃し配信をしてくれている公式のサービス『FODプレミアム』です!

  

『FODプレミアム』には”1ヶ月無料おためし”が付いててお得なので、


YouTube・Dailymotion・Pandoraなどの違法にアップロードされた動画を探さなくても安全に見逃し視聴できます!

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

そして、完全に無料で見るためにはここからが大事なんです!


無料期間中に登録して、1ヶ月以内に解約することもできるので、その場合はお金を一切かけずに、ケンカツの動画はもちろん

  

『ケンカツ』以外の 現在放送中の最新ドラマ・映画・海外ドラマも、時間が許す限り好きなだけ見れてしまいます!

  

ただ、“1ヶ月無料おためし”はいつまでやっているのかわからないので、


ケンカツを安全に無料で見たいなら早めに登録したほうが損しないです!

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら


FODプレミアムに登録したら検索窓から「健康で文化的な最低限度の生活」で検索してくださいね^^ すぐにみれますよ![PR]

ケンカツの動画!6話の予想は

20代 女性 :

ケンカツの動画 6話の予想は、えみるは父親に話に行くところがとてもきになるところだと感じました。

さらに、息子が自分で命を落とそうとしたのでどういうことなのかとても気になります。

父親に借りをつくるくらいなら命を落とした方がいいと思ったのかと予想しています。

でもどうしてそんなにも父親のことを頼ろうとしないのかとても気になりました。

父親は医者なので昔は息子も医者を目指していたのかと感じます。

医者を目指していたけれど挫折してしまったため、家を離れて暮らしていたのかと予想しています。

家を離れたけど自立できずに親に頼ることになるのがとても嫌だったのではないかと感じました。

30代 女性 :

ケンカツの動画 6話の予想は、島岡さんは父親に虐待されて育ったか、

医者にならずに大学中退したことで父親がとてつもない暴力をふるったのかなと予想します。父親の視線が冷たくてとても怖かったです。

父親から離れさせて、鬱を治していく必要があると思うので、それに向けて義経さんが行動すると思います。

また、水原さんからはケースワーカーの女性が責められると思います。

だから連絡しなくていいと言ったのになどと言われると思います。

いい母親でなかったと母親本人が言うなんて相当ひどかったんだと思います。

水原さんは、結局息子や孫に会うことはできないと思います。

30代 女性 :

ケンカツの動画 6話の予想は、光は助かると思いますが、父親の本性が見えて来そうです。

医師としてのプライド、そこに縛られて育った息子がいて身動き出来ない状態で親子関係が崩れてしまった過去が明かされるのかなと思うし、

母親が亡くなったことで、の理由もあり得ると思います。結局親子を接触させてはいけなかったんだろうと思ってます。

京極の判断ミスで起こってしまった事態に京極自身も現場で動いて解決に向かうと思いました。

父親がとにかく爆走しそうな雰囲気ですね。

桃浜も水原に息子からの返事を知らせに行き謝ることになると思うのですが、水原はそこまでの期待していた訳ではないと怒ることはないと思います。

でも桃浜が息子の元に会いに行くような予想をしてます。

40代 女性 :

ケンカツの動画 6話の予想は、居住施設を飛び出してしまった光はどこかで見つかることになり、

区役所職員の苦労の甲斐もあって気持ちも次第に落ち着いていくのではないでしょうか。

親子の関係性もえみる達が光の心の闇を晴らし、また父親に対しても子供に対する異常な執着心を取り払うべく、

苦労しながらもひとつひとつ問題を解決してくような気がします。

結果、光は父親に対して今まで胸の奥にしまいこんでいた本音を洗いざらい話し、父親も息子の苦しい思いを聞いて、

自分の誤解や間違った愛情表現を変えていこうと努力する方向に向かう、という感じではないでしょうか。

えみるの半田に対する気持ちにも何か変化があるかもしれません。

50代 女性 :

ケンカツの動画 6話の予想は、島田光が電車に飛び込んだのかどうか?という場面で終わりましたので、

いったいどうなったのか、生きているのか、死んでしまったのか、この事態をもたらした責任は?

彼の父親はどういう行動に出るのか?次回のお楽しみが盛りだくさんで視聴率を取るには最高の問題提起をしています。

彼らの父子関係が明らかになると思いますが、なぜ彼が父親から逃げているのか、

父親に会うくらいだったら死んだ方がましだくらいの思いは抱いているだろう。そのネタバレに興味があります。

一命を取り留めた島岡光が父親との確執を義経たちの人間味あふれた触れ合いによって寛解させていくそういった展開を予想します。

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

ケンカツの動画!6話の見所はどこ?

20代 女性 :

ケンカツの動画 6話の見所は、えみるは二人の関係性を解決することができるのかとても気になるところだと感じました。

二人は一体何があるのか、とても気になるのですごく楽しみです。

二人が分かち合うことができるのか、えみるは二人を助けることができるのか、どうやって助けることになるのかがとても気になるところだと思いました。

えみるがどんなことをして真っ直ぐに進んでいくことでいつも解決することになるので、今回もどうやって解決するのかとても気になっています。

二人が仲良くなることをすごく願いながら見ていきたいと思っている6話なのでとても楽しみながら見たいです。

30代 女性 :

ケンカツの動画 6話の見所は、どのようにして、島岡さん親子を離れさせるのかがや、水原さん親子がどうなっていくのかが見どころです。

確かに親子の絆は深いものだと私も思っています。ただ、それは幸せな家庭で育ってきたからだと思います。

世の中にはいろんな親子がいるということも知ることができていいです。改めて私は幸せだなと感じました。

今は子育て中なので、子どもと音信不通にならないように、今回の島岡さんや水原さんの子育てを、反面教師にできたらいいなと思います。

また、義経さんが仕事について悩んでいるようだったので、どのように乗り越えていくのかも楽しみにしています。

30代 女性 :

ケンカツの動画 6話の見所は、父親の激怒。何を思っているのか知りたいです。

何でそこまでの関係になってしまったのか、机に写真を飾るくらいだから「憎い」とかではないと思うので、父親の本音を聞いてみたいです。

光は父親の改まった態度で気持ちも落ち着くはずだと思ってます。

今回のことで京極が少し受給者側を考える方向になってくれたらいいなと思います。

阿久沢はなんかすごく娘さんが来て楽しそうにやってますが、墓参りの話をした時の一瞬止まったような態度が気になりました。

半田が京極にとってもえみるにとってもクッション的役割に徹する感じで、半田の格言を楽しみにしてます。

40代 女性 :

ケンカツの動画 6話の見所は、一時的な居住施設を飛び出してしまった光ですが、いったいどこへ行ってしまったのでしょうか。

うつ病を患っているとのことでしたし、現状でもかなり精神不安定な感じでしたので、その動向が気になります。

あれだけ父親を拒否する息子、必死に息子を探し出そうとする父親、

過去に島岡親子には何があったのか、今後親子の溝は埋まるのかがとてもきになります。

また、京極、半田二人の扶養照会に対する方針の違いもあったので、

何かとぶつかることの多い二人の意見が今後お互いのやり方を認め、うまく解決することができるのかも気になるところです。

50代 女性 :

ケンカツの動画 6話の見所は、もろに「生活保護」を題材にしたドラマで考えさせられる場面があります。

「扶養照会」という一つのステップにしても今回のドラマの中でもある通りどこまでやっていいものかという問題意識は残ります。

したがためにより不幸な局面を向かえるケースも往々にしてあります。

逆に当事者が最も避けて通りたい部分にメスを入れることによって画期的に改善される場合もあります。

ただ、より良い結果をもたらすには義経のように仕事である事を止揚して他者に徹底的に寄り添い本当の意味での

「健康で文化的な最低限度の生活」を享受してもらいたいという一年から発した言動でなければならないと思います。

ハッピーエンドは好きではないのですが、成功例を紹介する意味で彼らの父子関係が改善され今回の騒動を教訓として生きていけるという展開を期待します。


◆ケンカツ “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> ケンカツ “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

ケンカツの動画!6話までの感想

20代 女性 :

ケンカツの動画 6話までの感想は、えみるは新しい案件を引き受けることになったのですが、

その男性は親の援助を受け取らずに自分で生活保護をもらいたいと言っているので何があるのだろうととても気になりました。

えみるが父親の話をすると男は貧乏ゆすりをして全く聞く耳を持とうとしないので二人の関係に何があるのだろうとすごく気になってしまいました。

父親の方は息子の写真をみている姿が見受けられたので、息子のことを気にかけているのかと感じたのですが、

父親も息子のことをどう思っているのか分からないのですごくびっくりしました。

二人の関係が一体何なのかすごく気になりました。

30代 女性 :

ケンカツの動画 6話までの感想は、正直、息子さんに会わせたがっているケースワーカーの女性に腹が立ちました。

今まで連絡とってなかったのに、いきなり母親のことで連絡がきたら、生活を援助してほしいような手紙だったら誰だって嫌だと思うと思います。

音信不通になるほどとは、それだけのことがあったとなぜ考えないのでしょう。

それを、母親さえ良ければ会えるなどと言って母親を期待させるだけ期待させて。島岡さんは父親を恐れているのかなと思います。

あれだけ震えていたし挙動不審なのに、異変に気づかないものなのかなとも思いました。

ただ、生活保護を受ける人が扶養紹介をするのは当たり前だと思いました。

虐待などの問題がない限り家族が扶養するべきだと思います。

30代 女性 :

ケンカツの動画 6話までの感想は、納豆土産のシーンは生活課全員で非難でしたが半田の対応がえみるにとって神だったと思います。

馬の餌の話にまで至ろうとしていたとこを京極はよく止めたな、我に返ったなと真面目な内容前の笑えたこのシーンは良かったです。確かに半田の背景は気になります。

過去シーンとかないのかなと思ってしまいました。京極の役所側の意見と半田の受給者側の気持ちを優先した意見はどちらも分からなくはないです。

寧ろ市民としては半田の気持ちが嬉しいですが、ケースワーカーの仕事としては家族関係を崩すかもしれない、

けどそこを通らないと前に進めないのも事実なのかなとも思いました。

自分が島岡の立場だったらえみるに軽く不仲のことを言うと思います。

そしたらそれはそれで別の方法で進むのかなと思いました。でも最後の電話の光の異常さにはさすがに気付いて欲しかったです。

40代 女性 :

ケンカツの動画 6話までの感想は、第五話は島岡光という男性が生活保護を受けにやってくるのですが、

家族のことなど一切話さないので支援員達も手を焼き、また彼には闇を感じました。

調べてみるとどうやら父親は病院の院長をしているらしいということがわかるのですが、

そんな裕福な立場の父親を持ちながらなぜ生活保護を受けようと思ったのでしょうか。

その辺が気になるところではありましたが、第五話では家族に何があったのかまではわからなかったのでモヤモヤしてしまいます。

また、扶養照会をするか否かの判断で、半田はもう少し親子の関係性を確認してから、

信頼関係を築いてからでも遅くはないのでは?と提案するのですが京極は強行してしまいました。

その扶養照会強行によって光はかなり動揺して一時的な居住施設も飛び出してしまいました。

親子に何が!他人の家族関係に踏み込む仕事はとても大変だ、そんなことも感じる第五話です。

50代 女性 :

ケンカツの動画 6話までの感想は、今回のテーマは「扶養照会」でした。

生活保護を受けるための手順が回毎に提起されていく展開に説得力があると思えました。

うつ病だという若者(島岡光)が保護申請に表れ彼の扶養照会の伴う展開ですが、病んだ若者をスポーツマンの佐野岳が演じる面白さがありました。

更に、父親から逃げている当事者の意思に背いて扶養照会を行う事をめぐって係長と半田の押し問答する場面に

役人としての責務と人間としての思いやりの狭間で葛藤を繰り返す彼らの苦闘がうかがえました。

そんな先輩たちの激励を受けて、時に馬鹿元気に仕事に真摯に取り組む義経の姿に若者のあるべき姿を教示されているように思いました。

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

ケンカツの動画!6話【ネタバレ】← 紹介

ここからがドラマ『健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)』6話のネタバレになります!

  

生活保護を受けたいと言ってきた島岡の父・雷が会いに来たためえみるは案内するが、島岡は電車に飛び込もうとして取り押さえられる。


知らせをうけ、生活課にかけ戻るえみる。

  

京極『怪我はたいしたことない見たいだけど、恐らく自殺未遂だろうと…。かなりに錯乱状態だったらしく、今は病院で鎮静剤を打って休んでいる』

石橋『けど、父親に会いたくないだけで自殺未遂までします?』

半田『あり得ないことではないですよ。父親が原因でこんなことをしたとするなら、あの父と子の間には普通ではない何かがあると考えないと…』

京極『とにかく!一回病院に連絡して、状況を確認しよう』

半田はえみるに『大丈夫ですか?義経さん』

えみる『はい…』

そこに電話がかかってきて都がとる『義経さん、島岡さんのお父さんから』

雷は電話で、しばらく待ったが戻てこない。明日の朝には仕事に戻らなければあいけないので宿をとるという。

えみる『島岡さん、航さん事故にあわれまして、今病院にいます。今から様子を見てきますので…』

雷『本当ですか?私も行きます!病院はどこですか?』

えみる『・・・それは、申し訳ありません。お答えできません!とにかく様子を見て必ず連絡しましので…』

雷『え?何言ってるんですか?場所をいってくださいよ!』

えみる『すみません、あの、状況確認するまでは・・・』

雷『確認てなんの!?息子が怪我してるんですよ、私は親なんですよ!この期に及んで個人情報ですか?勘弁してくださいよ!いいなさい!病院はどこだ!?』


えみる『すみません!状況を確認次第またご連絡いたしますので…すみません!』と言って電話を切る。

半田『考えましょう。私たちにできることを…』

えみるが病院に確認をとると、島岡は面会できる状態ではない様子。

  

京極『そっか…』

えみる『それと、父親には絶対に連絡しないでくれとおっしゃってるようです…』

京極『理由とか、なんか言ってた?』

えみる『いえ。いまはそう言った話が出来る状態じゃないみたいで…』

すると役所に雷が現れる。
   

面談室でえみると京極、雷が話す。

雷『またそんな子供みたいなことをいって。それが息子の常とう手段なんですよ。父親には連絡しないで欲しい。昔からそうなんですよあいつは。

都合が悪くなるとこそこそと逃げまわる。とにかく、息子と話しをさせてください』


京極『申し訳ありません。ドクターからそれは泊められていて…』

雷『病院名ぐらいはいえるだろう!!』

京極『それも航さん自身の要望で、お伝えすることはできません。これ以上は個人情報ということで、我々にもどうにも…』

雷『話にならんな!』そう言って立ち去る雷・・・

  

その後、1人で考える京極の元に、半田がいく。

半田『義経さん、ショックを受けてるようでしたね…。やはり、扶養照会は、時期尚早だったんじゃないですかね…』

京極『そうかもしれません…。しかし何も答えてくれない状態じゃ、保護を決定するわけにはいきません…』

半田『少なくとも、親子関係を何も確認せず、父親を連れていくべきではなかったのでは』


京極『そうですが、父親に扶養能力があるなら、それを無視するわけにはいかないと思いますが…』

半田『もう少しで、人が死ぬところだったんですよ…』

京極は何も答えられない・・・

   

一方、えみると京極は、生活課課長・須永『もう少し親子関係の聞き取りを行っていれば、防げた事故だったんじゃないですか?』

京極『いえ、課長。この判断を下したのは私です。責任は私にあります』

須永『まあ~、結果最悪の事態は免れたが、万が一、彼の命にかかわるような大ごとになれば、生活課全体の対応を問われることになっていたということは、分かってるね』

京極『はい。ですからこの件に関しましては、私が最後まで、責任を持って対応します』

  

その頃、都は、担当してる受給者の水原に、息子も会いたがっているかもしれないと期待を持たせてしまうが、息子の返信は、

水原に対する過去の恨み節ばかり、息子は水原とは全く会いたいと思っていなかった。

都は水原の自宅を訪問。

  

水原は都の表情をみて『ダメだったでしょう?いいのよ、最初から分かってたから。そりゃそうよね~、これまで20年くらい連絡しなくてさ、いきなり援助してくださいなんて、都合よすぎるでしょう?

息子はね、私のこと、恨んでるよ…』

   

そして、生活課では島岡の生活保護について会議を行う京極達。

京極『今回の問題は、簡単なものではありません。彼はなぜそこまで島岡さんの父親を拒絶するのか、あらゆる可能性を練って今後の対策を考えていきたいと思います』

石橋『ま、可能性としては、あのお父ちゃん、お医者さんでしょう?だから息子が無職と言うことにたいして否定的な考えを持ってるんじゃないですか?』

竜一『普段は温厚な人でも、お酒を飲んで性格が変わって暴れたり、息子の夢を潰したり、息子にしか分からに一面があるのかもしれません』

京極『だとしたら暴力を考えられるな…』

石橋『そんなの普通でしたけどね~うちは。私が子供の頃、テストの点数が悪かったりしたら殴られたりしてましたもん』

竜一『そうじゃなくて、ただ単にかっとなって殴ってしまっているのであればそれは愛情じゃなく、暴力になってしまうのではないでしょうか?』

半田『虐待ですね。そのような肉体的暴力を日常的に行っていたとするなら、それは虐待になります』

石橋『けど~、そこまで現実的に予測して動くっていうのはやはり、難しいと思いますよ。普通そこまで察してたら、誰でも生活ほどを貰えちゃうってことになりませんか?』

竜一『確かに、家族のこと聞いても何も答えなかったり、ただ黙って父親に連絡しないでくれって、そんなの、こっちでどう対処したらいいか…』

石橋『父親に頭詐欺えるんが嫌で、安易に生活保護言う人もいると思いますよ。ま正直な話、本気で死ぬ気があったかも分かりませんしね…』

半田『ただ、一つだけ確かなことは、どんな事情を抱えていたいにせよ、生活保護を申請したきたと言うことです。彼は、少なくとも一回は、彼なりに生きようと試みました。

生きようと決心したからこそ、この窓口に助けを求めてきた。そうは思いませんか?』

   

その頃、目を覚ました島岡。看護師たちが島岡の留め具を外す。そしてオムツを交換しようと手を出すと、それをみて激しく暴れ出す島岡。

  

半田『人には言いたくない事情もあります。でも彼は、命を賭けて父親を拒絶している。今はこの声を聞くべきではないですか?彼は、死んでいたかもしれないんです!

これは我々のミスであり、慎重になるべきです!ここで命を守れなければ、生活保護は、一体何のためにあるのか・・・』

京極『義経さんの意見は?』
  

えみる『私は、わかりません。よくわからないんですけど、でも、嫌だって言ってました。島岡さんも。お父さんに関することは全部嫌だって言ってました…』

島岡はベッドの上でうなされるようにブツブツと呟いている。


島岡『辞めて、、ごめんなさい。許して…お父さん・・・』

   

その夜。竜一と青柳食堂に行ったえみるは、箸が進まない。

それを見た円は『ちょっとなに残してんの?』

えみる『すみません。ちょっと食欲なくて…』

  

円『だめ!!元気ない時ほど食べるの!食べたら元気になるの!人間の体ってよくできてんの!

このおっさんなんてさ、おにぎり一つ食べるにしても、大地に恵みに感謝して、大事に大事に食べてんだから!』


阿久沢『どうしてそんな事知ってんですか?w』

えみる『そうですよね!すみません、食べます!』

円『そう!食べたらね、大体のことは元気になるんだから!』

ようやく笑顔を取り戻すえみる『なんかさ、あの二人、本物の親子みたいになってきてるよねw』

竜一『ま、どっちが親かわかんないけどねw』

えみる『人間関係って不思議だよね。血はつながってても、上手くいかない親子もいるしね』

  

その頃、都が遅くまで残っていると、千奈が戻ってきて『残業?』

都『うん。ちょっとね…』

千奈『なんかあった?なんか、いつもより元気ないから…』

  

都『私、家族の絆って絶対だと思ってた…。たとへ、過去のどんなことがあっても、家族の絆ってきれないものだって…

余計なことしちゃったの。逆に、利用者を傷付けちゃって・・・』

千奈『自分以外の家族の事って、実は見えてないことが多いのかもしれない。だから、簡単には理解できないんじゃないかな…』

   

次の日。病院から島岡の面会が出来ると連絡をうけたえみるは、京極と共に病院に向かう。

医師によると、島岡は雷から、性的虐待を受けていたという。

  

医師『オムツ解除の時に異常な回避が見られまして、診察の結果、心的外傷後ストレス障害、PTSDを招いた原因がわかりました。

普段は冷静で厳格、仕事熱心な父親らしいのですが、多少独善的な所もあったみたいです。

彼が8歳の時から、お仕置きなどと称してそういう行為があったみたいです…。

虐待が続いたのは、彼が中学を卒業する10代半ばまで、ですので父親とは一度縁をきって、治療を受けるのがベストかと』
&nbs p;

京極『そうですね・・・』

医師『もし、父親が無理矢理もとに戻した場合は、また同様の事件を起こす可能性はあるでしょうね。そそらく次は、もっと確実に死ねるようなやり方で・・・』

そして島岡がやってくる。

  

えみるが話しかけようとすると、京極が先に『島岡さん、今回の件で、私たちは航さんの命が助かったこと、本当に、心からよかったと思っています。

航さんの気持ちを知る事さえできなかったこと、本当に、申し訳ありませんでした…。

ただ、一点だけ確認してもいいですか?あなたのお父さんは、あなたの支援を申し出ています。が、あなたはそれを受けたくないということで間違いないですね』

  

島岡『や、役所に迷惑かけてんのは分かってます…けど、あり得ないですねそれは…』

京極『分かりました。これからはちゃんと私たちが、航さんをお守りします』

無言でうなずく島岡。


--- 以上、健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ) 6話のネタバレでした~! ---

  
ケンカツ 6話を見逃した人は、

無料期間中に1話から見逃し視聴できる『FODプレミアム』がおススメです!


>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら


いつまで “1ヶ月間の無料おためし” があるのか分からないので、見たいかたはお早めに~^^♪


これで連休中の暇つぶしはバッチリです(笑)

ケンカツの動画!6話の感想まとめ

ケンカツ 6話の感想は、生活課の扱う問題は、それぞれの事情があり考えさせられるものが多いと感じました。


収入が少ない為に生活保護を受けるという考えでしたが、本人だけの問題ではなく扶養するはずの家族との問題もそこには隠れておりもっと根深い問題なのだと気づかされました。

  

えみるは、ひとりひとりに真剣に対応するからこそ、その難かしさに悩み苦しむのだなと思います。

ドラマの内容は、重いテーマが多く見終わったあとにいいろと考えが変わったり考えさせられるものが多いですが、いつもほっとする気持ちになります。

  
それは、えみるの職場の上司、同僚がみな利用者のことを一番に考え悩んでいるからだと思います。現実の職場では、足をひっぱったり協力的ではなかったりし気持ちがひとつにならない場面も多いかと思います。

一体感のある職場だからこそ、ドラマひとつにひとつのテーマにしっかり視聴者も共感でき、解決したときにほっとする気持ちになるのだと思います。

  

私は6話で、京極とえみるの食事場面が好きです。不器用な京極が部下を励ます為に食事に誘いますが、なかなか会話が始まらずにご飯を食べ終えてしまいます。

それぞれのキャラクターの良さもこのドラマの魅力で悲しい場面も辛くなりすぎずに見ることができます。


>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

ケンカツの動画!6話のあらすじを最後に

ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)』6話のあらすじを簡単に紹介します~!

父親を拒む島岡(佐野岳)が自殺未遂!? 親子の間に一体何が!? 壮絶な過去が、ついに明らかに―!


自らの判断で危険を招いた京極(田中圭)は、全て自分の責任で対応すると決意する。

  

幸い、島岡は一命を取りとめたが、緊張の走る役所。


そこに雷が再び突然訪ねてくる。

  

激しい剣幕で息子の居場所を聞き出そうとする雷の豹変ぶりに、えみると京極は驚きを隠せない。

  

扶養照会の判断が正しかったのか、悩む京極に半田(井浦新)は「人が死ぬところだったんですよ。」と強い言葉で告げる。

  

自らの判断が、受給者の命の危険を招いたと感じた京極は、「この件は、全て自分の責任で対応する」と宣言。

  

役所内でカンファレンスを開き、今後の対策について話し合うが、


島岡親子が抱える問題が分からないだけに、なかなか答えは見いだせない。

  

ショックが大きいえみるは、自分の考えを持てないでいた。

  

その頃、病院では島岡の様子に異変が起きていた。

  

面会できるようになったと連絡を受けたえみると京極は早速、島岡の元を訪ねるが、


そこで主治医から、島岡親子について衝撃の事実を聞かされる―!

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら


最後までお読みいただきありがとうございました^^


◆ケンカツ “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> ケンカツ “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

※本ページの情報は2018年8月時点のものです。最新の配信状況はFODサイトにてご確認ください。[PR]

シェアする!!