高嶺の花 最終回10話の動画を見逃し配信でフル視聴する方法!

シェアする!!

石原さとみと峯田和伸の恋模様の結末は!?ドラマ『高嶺の花』の最終回10話が放送されましたね!

この高嶺の花の最終回10話の動画はフルで見逃し視聴できるの?と、気になって動画を探している人が多いようです。

なのでこのページでは安心して、高嶺の花 最終回10話の動画を “見逃し視聴できるおススメの方法” やネタバレを紹介しています↓

>>>『Hulu』の2週間無料トライアルはこちら

YouTube・Dailymotion・Pandoraみたいに違法にアップロードされた動画じゃないので、高画質でCMもないし “1話~ 全話まとめて” 視聴できますよ!

高嶺の花 最終回10話の動画!予告を紹介

ドラマ『高嶺の花』最終回10話の動画予告はこんな感じに!

高嶺の花 最終回10話の動画をフルで見逃し視聴するおススメの方法

ではドラマ『高嶺の花』最終回10話の動画を、フルで見逃し視聴できるおススメの方法を紹介します!

それは、高嶺の花の放送が終わるたびに毎回、見逃し配信をしてくれている公式のサービス『Hulu』です!

  

『Hulu』には”2週間の無料トライアル”が付いててお得なので、


YouTube・Dailymotion・Pandoraなどの違法にアップロードされた動画を探さなくても安全に見逃し視聴できます!

>>>『Hulu』の2週間無料トライアルはこちら

無料期間中に登録して2週間以内に解約することもできるし、その場合でもお金をかけずに、高嶺の花の動画を1話からまとめて視聴できます!

もちろん『高嶺の花』以外の現在放送中の最新ドラマや映画・海外ドラマも、時間が許す限り好きなだけ見れてしまいます!

  

ただ、“2週間の無料トライアル”はいつまでやっているのかわからないので、


高嶺の花を安全に見たいなら早めに登録したほうが損しないです!

>>>『Hulu』の2週間無料トライアルはこちら

※Huluに登録したら検索窓から⇒「高嶺の花」で検索してくださいね^^

高嶺の花 最終回10話の動画の予想

20代 女性 :

高嶺の花 最終回の動画の予想は、ももは、直人の元へ戻らずに、花道を続けると思います。

家元になることは諦め、違う形で花道に関わるようになるのではないかと思います。

一方で龍一はななと関わりながら、心が綺麗になっていくのではないかと思います。

そして龍一が月島の次期家元になるのではないかと思います。

また、直人は、どんどん千秋に惹かれていき、葛藤しながらも千秋と一緒になるような気がします。

千秋は、最初はももに協力して直人をだますつもりでいましたが、直人の人柄に本当に惹かれてしまい、心から好きになってしまうのではないかと思います。

20代 女性 :

高嶺の花 最終回の動画の予想は、ななはももに家元を継いでもらうことにして、ななは龍一と一緒に過ごしていくことにしたので

どうなるのかとても楽しみです。ななのきれいで純情な心に龍一も救われていくのだろうと思いました。

龍一もきっとななにひどいことを二度としないであろうと思います。

ついにハニートラップを仕掛けた千秋だったので、直人がどうするのか気になります。

薄着になった千秋に直人が近づいていったのですが、きっと洋服をかけたりして千秋には触れずに作戦失敗になるのではと思います。

きっとその姿にももは気持ちを抑えきれなくて直人と生きていくことに決めるのではと思いました。

30代 女性 :

高嶺の花 最終回の動画の予想は、新庄千秋が雨で濡れてしまった服を脱いでプーさんを誘惑しようとしているところで終わっているので、

10話はどうなるのかとても気になります。そして次回が最終回ということなので二人はどうなってしまうのか目が離せません。

千秋がももと電話をつないだまま聞こえてくるプーさんと千秋の会話に私もドキドキしながら聞いてしまいました。

どうか千秋に誘惑されても、それでももものことを第一に大好きなプーさんでいてほしいと願う自分もいます。

ベッドの上でうずくまるももはその二人の声を聞きながら何を思ったのか、とても切ない表情をしていたももの顔が切なかったです。

30代 女性 :

高嶺の花 最終回の動画の予想は、本当に大切な人の存在を再認識し、今までしていた自分の行動が本当に馬鹿げていたということを、

後悔し、どうにかまた彼に近づきたい、自分のことを一番に大切に思い近くにいてほしいという感情が強くなり、からの元へ向かう。

ただ、彼は彼女をもう1人の自分が見えるようになりたいという、呪縛から解放してあげたいと必死に自分にできることを考え、

探して、ついにそれが自分に対する憎しみによるもので生まれると気づく。

彼は彼女にどうすれば自分のことをこの世の中で一番憎い奴だと思ってもらえるのかということを考え、

行動し、彼女を今までのように、高嶺の花の存在になるように導く。

40代 女性 :

高嶺の花 最終回の動画の予想は、千秋が直人に迫っているラストでしたが、その会話をももが電話で聞いていたので気になっています。

たぶん直人はまだももを想っている気がするので何もなく終わるような気もしますが、

ももは最後まで話を聞かずに電話を切ってしまって、途中の内容だけで直人を誤解するような気もします。

ななが家元を断って龍一と一緒になるような話になっていたので、一応ふたりが挨拶しに行くのではと思っています。

もしかして家元の市松はそれすら見越していて娘のしあわせを願っている気もします。

ももとななの両方を天秤に掛けたりしていたけれど、実はふたりともを愛していたという父親だったという予想もしています。

50代 男性 :

高嶺の花 最終回の動画の予想は、ももは家元の子供ではないと分かり自暴自棄になり、おそらく、

華道をやめようと月島を出て行く決心をするのだと思うのですが。

ももは、またもや、直人の優しい心に救われ、実の父の運転手からも謝られ、

自分をずっと見守ってきてくれたことを知ると、どん底から這い上がってくるのではと予想します。

もう一度、華道家として歩もうと、晴れやかな顔で、家元の前で花を生けるのではないかと思います。

その姿を家元が見た時に、そこに月島の神髄が見えるのではないかと。

家元は、復活したももを認め、正式に次期家元として発表するのだと思います。

>>>『Hulu』の2週間無料トライアルはこちら

高嶺の花 最終回10話の動画の見所はどこ?

20代 女性 :

高嶺の花 最終回の動画の見所は、まず9話ではももがすべてのことを知って絶望してしまったのでここからどうなっていくのか、

花道に進むのか、直人の元へ戻ってしまうのか、またはどちらでもなくまさかの展開があるのかが気になります。

また月島の次期家元はどうなるのか、龍一とななの関係はどうなって行くのかも見どころではないかと思います。

そして、直人の恋の行方も気になります。千秋は直人に惚れていると思います。

ハッピーエンドで終わらず、その後はどうなったかそれぞれの想像で楽しむような終わり方になるような気がします。

20代 女性 :

高嶺の花 最終回の動画の見所は、高嶺の花だと思っていたもものことを直人が取ることができるのかとても気になるところだと思います。

直人の一途な思いにきっとももはもう話さないのではと思います。二人共幸せに結婚することができればいいなと思いました。

ななが家元をももに譲ると話したので、ももが家元になるのではと期待しています。

ももの生け花姿を最後に見ることができそうでとても楽しみです。

すごい仕上がりになっていると思うのでどうなるのかとても気になっています。

二人がどうなるのか、楽しく暮らしていけるようになってくれたらいいなと思っているので楽しみです。

30代 女性 :

高嶺の花 最終回の動画の見所は、もものナレーションで「私はお花」だけだったので、

それはどんな意味を持つのかすごく気になるところです。

もしかしてハッピーエンドにはならないのではないかと思ってしまいました。

もちろんプーさんと結ばれて欲しいと思いますが、野島伸司さんの作品は悲しく切ないものが多いのでもしかしたらとおもうところはあります。

ももとプーさんの関係も気になりますが、高井さんとももの関係も気になりますし、今後家元になるのは誰なのか、

奈々と宇都宮龍一との関係もどうなるのか最終回なので全ての謎がスッキリ解決することを祈っています。

30代 女性 :

高嶺の花 最終回の動画の見所は、なかなか抜け出せない、もう1人の自分を見つけ出すヒントをくれたのは、自分だけではできないもので、

新しい世界を見つけ出すのも、なかなか自分1人では見つけ出しにくくて、そんな新しい世界へ導き出してくれる存在が近くにいることを、

本当に心からその人が大事なんだと改めて気づいてからの、今までの闇の深い彼女から、

清らかな彼女に変わっていく様子がこの1話でどれほどの詰め込まれているのかというのかが、とても楽しみです。

なんとなくわかっているけど、素直になりきれない自分から解放された跡の彼女の姿が早く見て見たいです。

40代 女性 :

高嶺の花 最終回の動画の見所は、伏線の自転車少年がやたらアートな絵を描いていたので結末が楽しみですが、

龍一となな、ももと直人の恋の行方が一番気になります。そういえば、千秋と兵馬が出会うことがあれば面白いのにと思いました。

どちらも孤高そうだし、遺伝子的に天才が生まれそうと言う助手の助言だけでももと関係を持とうとした兵馬だけに、

エリート医師でどこかエキスパートな知識を持つ千秋なら意外にうまく行きそうで期待しています。

下町のひとたちは千秋の本性を知らないので早くばれればいいのにと思います。

今のところ、またクラブで働きだしたももですが、やっぱり華道は捨てられない感じだったので家元になるのはももになるのでは復活劇が楽しみです。

50代 男性 :

高嶺の花 最終回の動画の見所は、千秋の誘惑にも負けずに、直人の口から、ももが好きだからと聞いた時の、ももの表情の変化が楽しみです。

自分の母親が悲しみのあまり運転手と不倫した気持ちもその時分かるのではと。

ももが、色々あった月島の家元から、どのようにして、次期家元として認められるのかも見どころです。

ももは、花を忘れられないと言っており、おそらく、直人によって素直な気持ちになって純粋に花に向かうことができるようになるからだと思います。

ももは、そのことで、直人に感謝して、直人と別れるようです。

その瞬間のももの大切なものを大切に取っておきたいという表情と、すべてをももに捧げ、

ももが完全復活したと知り静かに去ろうとする直人の緩んだ表情に注目です。


◆高嶺の花 “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> 高嶺の花 “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

高嶺の花 最終回10話の動画の感想

20代 女性 :

高嶺の花 最終回の動画の感想は、まず、冒頭から驚いたのが千秋がももの幼馴染であり、

直人の元へわざと近寄らせていたことです。

そこまでして、ももは直人のことをきっぱり忘れたいのかと思いました。

もしくは、自分以外になびいてしまうのか試しているのではないかと思います。

そしてついにももが家元と血が繋がってなかったことが本人にバレてしまいました。

そこの場面が今回の見所だと思います。一方で龍一(千葉雄大)は次期家元となるため兄と戦いますが、敗れてしまい落ちていきます。

今回はいろんな人が落ちていく印象が強かったです。それぞれの人物の心の中を想像しながら見るのがおもしろかったです。

20代 女性 :

高嶺の花 最終回の動画の感想は、直人と仲が良くなった女性の千秋がももの唯一の親友だったことが分かってとても驚いてしまいまいた。

ももはハニートラップを仕掛けるように頼んで、もし直人が千秋を好きになるようだったら諦めが付くからと言っていたのですごくびっくりしました。

ももは自分が家元と血が繋がっていないことを知り、さらに運転手が本当の父親だと知ったため動揺を隠せないところがとても可哀そうでした。

龍一と兵馬の対決は、家元がももとななを代わりに行かせることにして、龍一は買ったも同然と思っていたけれど、

出来上がりがすごくきれいで次元が違う兵馬に票を入れたのですごく可哀そうでした。

ななだけが龍一に入れたので優しいと思いました。

30代 女性 :

高嶺の花 最終回の動画の感想は、新庄千秋が実はももの親友だということに驚きました。

でもそれはももがプーさんを諦めるために仕組んでいることを知りなんだかいたたまれなくなりました。

それほどしないと忘れられないんだと感じました。そして高井さんが自分が父だと打ち明けるところがとても切なかったです。

高井さんは娘のそばにいたいがために自分が父であることを隠して運転手としていたはずなのに、

それを打ち明けたことでももからもう二度と会えないようになってしまって(今後はわかりませんが)

もちろん高井さんがしたことは許されたことではないけれど、とてもかわいそうでした。

30代 女性 :

高嶺の花 最終回の動画の感想は、とても闇の深い内容でした。自分の一度見失ってしまった才能のためには手段を選ばず、

狂っていく様子がすごく見ていて、辛い気持ちになりました。

このドラマでは才能であるもう1人の自分が見えないという表現をしていましたが、それが私には大恋愛をしている最中の自分のようなものだなと思い見ていました。

恋愛中は全てが輝かしくて、どんどんそれが当たり前になってきて、客観的に見ていれば、あぁすればいいのに、

これはしてはいけないだろうということも、その世界に溺れてしまい周りが見えなくなってしまってしまう。

ただ別れた跡、もし自分が相手に未練を持っていればどうにかしてでもまた戻りたいと

必死にどんなことでもしようとすがりつく様子がすごく同じだなと思いました。

なので、その時の自分を思い出すようで心苦しかったです。

40代 女性 :

高嶺の花 最終回の動画の感想は、とうとうももの出生の秘密が明らかになったのですが、

あれだけ実力がすべてと言っていた家元が自分の娘のななを家元にしたのかが分かりません。

突きつけている感じるあった家元がなんだか今回とても小さく感じました。

もう一人の自分がいないとダメと言っていましたが、結局、ブレるくらいなら悩みなく花を想えばいいだけなのにと思います。

家元も奥さんを遠ざけて何かを手に入れようとしたんでしょうね。

そのことで寂しさのあまり、当時本部長だった今の運転手に相談し子供が出来たのだから原因は結局自分だと思っているのかもしれないなぁ。

血が繋がっていないのになぜか一番、家元の市松とももが似ている気がします。

それにしてもももと千秋が親友だったとは。しかも直人を誘惑させる作戦がふたりにあったので驚いています。だまされないで欲しいなぁ。

50代 男性 :

高嶺の花 最終回の動画の感想は、ついにももが、自分が家元の子供でないことを知ってしまいます。

それも、兵馬との家元の戦いに敗れてボロボロになった龍一に、可愛そうな人と言った時に、あなたこそ可愛そうな人だと言われてしまいます。

自分が可愛そうな人と思っていた人から、もっと可愛そうと言われももは、どん底に引き落とされる気分だったのでしょうね。

ももは、自分の妻が不倫したことが家元にとって悔しいことだっただろうと謝り、そんな自分を不自由なく育ててくれたことに感謝をするのですが、

その時の、家元の何も言えない様子が、未だに悔しいと思っているのが伝わってきました。

ももは、父に対し、生まれて申し訳ないという、自分を真っ向から痛めつける様子が痛々しかったです。

>>>『Hulu』の2週間無料トライアルはこちら

高嶺の花 最終回10話の動画!ネタバレを紹介

ここからがドラマ『高嶺の花』最終回10話のネタバレになります!

  

千秋は私なら好きな人につらい思いはさせないといって、直人に迫る。

電話で二人の会話を聞きながら『素直になりたいよ…』と涙を流すもも。

電話を切ろうとすると、直人の声が聞こえる。

直人『これ、ドッキリですよね?俺なんか、そんなモテるはずがない…』

千秋は誤魔化さないで…と怒ったふり。元カノを引きづいってるから?ときき、黙っているからといって誘惑する千秋。


『入口、浮気ってバレなければいい…』

これの言葉をきいた直人は、犯罪者の理屈なのに浮気する奴が多いのは、その間は大切な人の顔が思い浮かばないからでうかね?と話す直人。

そして直人は、今もももの顔や様々な表情が思い浮かぶ『すみません』といって着替えを千秋に渡す。

  

千秋『女は浮気を許さない。そうだよね。その間、忘れられてるのがわかるから、だからみじめで、一緒にいるのが耐えられない。

でも、そうじゃない女もいる。リンと構えて、許してあげる。そういう人が、大人の女っていう評価も…』

  

直人『俺は、そういう女性には惹かれないです…』


直人は、蕎麦屋の分厚い湯呑と、薄くて脆いティーカップどちらが割れにくいかと訪ねる。

もも、千秋も分厚い湯飲みと答えるが、直人は『高嶺の高級なティーカップは、それでもわれません。大切にされるから。俺が、大切にするからです…』

この言葉を聞いてももは泣きながら『ありがとう…、ありがとう・・・』と涙を流す。

ななの決断

その頃、ななは市松に、月島のすべての財産を放棄すると市松の伝える。

それを聞いてルリ子は怒るが、市松は『ななよ、わかった。本日ただいまをもって、月島を破門する』

ななは長い間ありがとうございましたと言って出て行こうとするが、ルリ子は止める。

しかしななは『月島を、よろしくお願いします』といって出て行く。

   

一方、佳代子のスナックでは、本当の姿の戻った千秋がきて、直人や幸平たちの本当のことを話す。

千秋は、直人が自分とももの関係に気付いていたから自分の誘惑に引っかからなかったと思っていたが、直人は全く気付いていなかった。

千秋の誘惑がハニートラップだったと聞き、やはり自分はモテないと分かって落ち込む直人。

  

その頃、ななはももの家に泊めて欲しいとやってくる。

ななはももに『初めて人を好きになったの。すべてを投げだしてもいいと思えるほど』

そしてお花を嫌いになりたくなのというななの言葉に、何も言えなくなるもも。

さらにななは市松に破門すると言われた時、市松の顔がとても優しく見えたという。

『本当は、これが望みだったのかもしれない。やっぱりお姉ちゃんをお家元にしたいの』

ももが、自分は本当の娘じゃないというと、ななは『だったらなに?』と聞き返して笑う。

なな『愛されたなかった?お父さんに…』

もも幼い頃、市松に優しく生け花を教えてもらっていた時のことを思い出す。

  

一方、龍一は市松と会っている。

龍一が『始めからあなたは、ももさんを次の家元にと?』

市松はななに才能を見出したいという想いもあったが、天文はないという。

  

市松『私は君を買っているのだよ。確かに君の言うように殿様商売の時代は終わった。稼働をビジネスの面から支えてもらうことは大切なことかもしれん。

ももとの婚姻を進めても良いな?初めに言っていただろう、娘を欲しいと』

龍一『いや、それはあくまでも…』

市松『ももは、本来のももなら、兵馬さまにも勝る天分を持つ!兵馬さまほどもひれ伏すほどのももの天分を見たいとは思わないかね?』

この言葉に龍一の表情が変わる。帰りの車の中で、龍一は大笑いする。

その後、ももは市松の元に。

市松はももを正式な月島の次期家元にといい、ももははいと返事をする。

その頃、ななは龍一と電話がつながらなくなり慌てる。するとルリ子も、自分もだという。

龍一の部屋に行くが、龍一はもういない。しゃがみ込むなな。

ももの決意、そして別れ

一方、直人は嬉しそうに公園に走る。

直人『ももさん。すみませんお待たせしちゃって』

ももは早起きして作ったと言って弁当を直人に渡す。一緒に食べようと誘う直人だが

ももは『家元になります。最終的にわたくしが、月島の次の家元に。いままで、本当にありがとう。ありがとうございました!』

いつもと違い、かしこまった口調のももに動揺する直人。

もも『風間さんは、1人で立てる人。だから1人で立てない私は寄りかかってしまう』

直人『それでいいじゃないですか』
  

もも『いえ、いつかあなたも折れてしまう。時には逆に支えてくれる相手じゃないと、共倒れに。私には無理です。

いつも自分の事ばかりでいっぱいいっぱいになってしまう。私も、1人で立てるようになりたいんです。そのためには、華道家としての自信を取り戻すしかない!

それがいつになるか分からないけど・・・』

  

直人『待ちますよ!大丈夫…』と答えるが、ももは首を横にふる。

もも『さよならです・・・』そして高級なティーカップの話をし、それに相応しい高級な人間になりたいというもも。

ここにきてじたばたする直人に、ももは苛立つ。

  

直人は今回ばかりは二度とももが連絡をくれないと察して焦る。

もも『家元になったら、もう完全に住む世界が違うの!終了ーー!!ありがとうございました・・・』そのままいってしまう。

そんなももの後姿をみて泣く直人。

直人は自宅に帰り弁当を開く、その瞬間涙が止まらない。

直人の家にはみんな集まっていて、佳代子も慰める。

  

直人は泣きながら『まだなんかしてあげたい…、あんなに必死に生きている人、いないもん・・・。

母さんが言ってた!男が未練がましいのは、余力あるまま別れるからだって!』

そして直人は突然、宗太が摘もうとしてして取なかった高嶺の花を摘みにいくと言い出す。

意味がないと止める秋保だが、幸平がその花を摘みに行こうと言い、太郎に教頭も一緒にいくといい、男たちは出て行く。

   

一方、ももは蔵に籠って練習。

金と銀が来て、ももは母親のことを聞く。銀は千恵子は結婚してから生け花は辞めたといい。後ろ生けも元からなかったという。

銀『千恵子さまは、お家元のために辞められました。千恵子さまは素晴らしい華道家でした。ですがこれは月島の華道ではないと、お家元がお嫌いになったから、お辞めになったのです』

金『お家元を、愛しておられたからです』

ももは千恵子の生け花がどんなものだったのか気になって仕方がない。

  

その頃、幸平の運転で花を探しに向かっている直人たち。一方、佳代子たちは、珍しく太郎の嫁もきて、コロッケを食べながら話す。

そして直人たちは大きな岩の上に咲いている、一凛の黄色い高嶺の花を見つける。

採るのは難しと即諦めた幸平たちだが、直人は登り始める。

  

その頃ももは『私はお花・・・』と、母の言葉の意味を考える。何かに気付いた様子のもも。

直人は高値の花に手を伸ばす『俺は、英雄になる!いえや~~~!!』花に飛びつく直人。

ももが気づいた本当の気持ち

ももがマンションに帰ると、エントランスで何かを見つける。

ななが駆け付けてきて、ももは『ななみて、分かる?いつかあなた言ってたよね?好きな人がいる方が、勇気がわくって』

なな『でもそれって…』

もも『そうよ、あの時そう言ってたわ。でもわかった。その想いを、真っ直ぐに、極限まで消化すればいい!迷わないで!あたしならできる!違う?』

なな『あなたならできる!おねちゃんは天才だもん!』

もも『私は、お花。私たちはお花!!』

高井の運転でどこかへ向かうもも。高井に『ママは最後まで、私はお家元の子だと言い張った?お家元を愛してた?』

  

ももは家元達が集まるその場でなんと新流派の立ち上げを宣言。

驚く市松や兵馬達の前で直人を思う気持ちを言葉にし、心を込めて花を活け始める。

完成した花を見て兵馬は言葉がありませんと賛辞を送り、菊の票を置く。

続々と置かれる菊の票、そして市松の番、「これは月島ではない」と市松は言い、新流派を立ち上げるももにいばらの道だと告げる。

ももは支え合う人がいますと微笑み、市松も最後には「見事であった」と言い市松も菊の票を置く。

どこかの牧場で馬の世話をしている龍一の前にななが現れる。

行く所がないというななを龍一は「ここにいてくれ」と抱き締める。

高嶺の花 最終回の結末


花を取るときに落ちて骨折をし入院していた直人が家に帰ると直人の自転車屋が花で飾られている。


2階に上がるとももが待っていて「ふつつか者ですが末長くよろしくお願いします」というもも、ももは家元をパスし、ここでお花の教室を開くのだと言う。

半信半疑、高嶺の花だという直人に十分資格があると抱きつくもも、直人もよろしくお願いしますと二人抱き合う。

外ではその様子をももの携帯から聞いていた皆が祝福。

長い旅から宗太が戻ってきて、ももに直人、同級生達にいるかさんまで宗太を祝福。

宗太は今まで迷惑をかけていた母親に「もう大丈夫」と言う。

活け花教室を開くもも、直人は自転車を直す。楽しんで花を活けましょうというももの顔はとても幸せそう。

――― 完 ―――

--- 以上、高嶺の花 最終回10話のネタバレでした~! ---

  

高嶺の花 最終回10話を見逃した人は、

『高嶺の花』を1話からまとめて視聴できる『Hulu』がおススメです!


>>>『Hulu』の2週間無料トライアルはこちら


いつまで”2週間の無料トライアル”があるのか分からないので、見たいかたはお早めに~^^♪

これで連休の暇つぶしはバッチリです(笑)

高嶺の花 最終回10話の動画の感想まとめ

高嶺の花 最終回10話の感想は、最終回までももと直人はもうダメなのではないかと思いずっと見てきたのですが、気持ち良いくらいのハッピーエンドに安心した思いです。

一度直人に別れを告げるまではももの顔は険しいままで何か思い詰めてる様子が伺えたのですが、母親の本当の思いを知り直人を愛して良いんだと分かった後のももの晴れやかな表情がとても印象的でした。
  

家元達の前で嬉しそうに花を活ける姿はとても美しかったですね。思い詰めてるももと対比してさらによく見えました。

結局ももと直人、ななと龍一、市松とルリ子まで全員が相手を思い愛する事で力にすることができて本当に良かったです。


そしてこれまで小出しにしてきた宗太のエピソードも無事終わり、引きこもりで粗暴だった宗太が大きく成長できたこのことも嬉しかったことの一つでしたね。

  
誰かを愛して、支え合い力にしていく、そんな当たり前の事ですがとても大事な事をこのドラマでももと直人が教えてくれました。


もう少し先の二人の幸せな姿を見たいと思いましたが、最後のもも笑顔がとても幸せそうで、この終わりかたもアリだなと思わせてくれた素敵な終わりだったと思います。


もも役の石原さとみさん粗雑なところもありましたが実は繊細な芸術家だったというまさに適役でしたね。


>>>『Hulu』の2週間無料トライアルはこちら

高嶺の花 最終回10話の動画のあらすじを最後に

ドラマ『高嶺の花』最終回10話のあらすじを簡単に紹介します~!

もも(石原さとみ)は、千秋(香里奈)が直人(峯田和伸)を誘惑する様子を電話で聴いていた。


あの手この手で誘いをかける千秋に、直人は…。

  

龍一(千葉雄大)とともに生きる決意をしたなな(芳根京子)は、月島を離れたいと市松(小日向文世)に申し出る。


市松は即座にななを破門。

  

ななの決断を知ったももは思いとどまらせようとするが、ななの決意は固かった。

  

その頃、龍一は市松と会っていた。

  

市松は、ももとの縁談を龍一に持ち掛ける。その直後、龍一は姿を消し、ななにも連絡が取れなくなる。

  

一方、月島家に戻ったももは、次期家元と正式に認められる。

  

直人を呼び出して、月島流を継ぐことになったと知らせるもも。


彼女はこれまでの感謝の思いを語って、直人に別れを告げる…。

高嶺の花 公式サイト引用

>>>『Hulu』の2週間無料トライアルはこちら

最後までお読みいただきありがとうございました^^

◆高嶺の花 “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> 高嶺の花 “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

※本ページの情報は2018年10月時点のものです。最新の配信状況はHuluサイトにてご確認ください。

シェアする!!