ドロ刑の動画!2話を無料の見逃し配信でフル視聴する方法

シェアする!!

中島健人が主演の土曜ドラマ『ドロ刑』の2話が放送されましたね!

このドロ刑の2話の動画はフルで見逃し視聴できるの?と、気になって動画を探している人が多いようです。

なのでこのページでは安心して、ドロ刑 2話の動画を “見逃し視聴できるおススメの方法” やネタバレを紹介しています↓

>>>『Hulu』の2週間無料トライアルはこちら

YouTube・Dailymotion・Pandoraみたいに違法にアップロードされた動画じゃないので、高画質でCMもないし “1話~ 全話まとめて” 視聴できますよ!

ドロ刑の動画!2話の予告を紹介

ドラマ『ドロ刑』2話の動画予告はこんな感じに!

ドロ刑の動画!2話を無料でフル見逃し視聴するおススメの方法

ではドラマ『ドロ刑』2話の動画を、フルで見逃し視聴できるおススメの方法を紹介します!

それは、ドロ刑の放送が終わるたびに毎回、見逃し配信をしてくれている公式のサービス『Hulu』です!

『Hulu』には”2週間の無料トライアル”が付いててお得なので、

YouTube・Dailymotion・Pandoraなどの違法にアップロードされた動画を探さなくても安全に見逃し視聴できます!

>>>『Hulu』の2週間無料トライアルはこちら

無料期間中に登録して2週間以内に解約することもできるし、その場合でも、ドロ刑の動画を1話からまとめて視聴できます!

もちろん『ドロ刑』以外の現在放送中の最新ドラマや映画・海外ドラマも、時間が許す限り好きなだけ見れてしまいます!

ただ、“2週間の無料トライアル”はいつまでやっているのかわからないので、

ドロ刑を安全に見たいなら早めに登録したほうが損しないです!

>>>『Hulu』の2週間無料トライアルはこちら

※Huluに登録したら検索窓から⇒「ドロ刑」で検索してくださいね^^

ドロ刑の動画!2話の予想

20代 女性 :

ドロ刑の動画 2話の予想は、新しい部署ができたので、その部署の役割に中島健人演じる斑目は苦労すると思います。

なぜならその部署は、他の部署から不必要と判断されたお荷物的な存在の人達ばかりだったからです。

その個性豊かなメンバーが集まっているため人間関係の形成も問題となってくると予想します。

ただ、その個性を生かした推理を私は期待しています。また、斑目と煙鴉の関係が深まっていくと思います。

班目と煙鴉が、タッグを組んで次々に事件を解決させていくことで、不信感を抱く警察官が出てきてもおかしくは無いと思います。

1話でも煙鴉に対して、違和感を覚えている人もいたからです。

20代 女性 :

ドロ刑の動画 2話の予想は、精鋭部隊として新しい部署に配属された主人公班目は、

配属先のクセある人物たちと様々な事件を追うのだが、予告編では班目が手錠をかけられるところがありました。

内容はよくわからないのだが、予想としては盗難現場に班目が証拠の品を残してししまい犯人と間違えられて捕まってしまうのだろうと考えられます。

そこで伝説の泥棒の霧鴉は班目を助けるべく真犯人を探して班目の手柄にしていくのだろうと予想します。

その他に個性的な出演者の過去がひとりづつのエピソードが挿入され、

なぜこのようなていたらくな人生を歩むようになったのかわかるようになると思います。

30代 女性 :

ドロ刑の動画 2話の予想は、斑目が13係に配属になったということはますます変な事件しか当たらないのか?と思いました。

次回は住人が寝静まった家で盗みを働く泥棒となっていたので、張り込み場所を煙鴉に教えてもらい、

現行犯逮捕しようとするが一話と同じく体力がなくて捕まえられない、また、その失敗を斑目に押し付け、

今度は退職まで追い詰めようとする上司という流れは同じなのかな?と思います。

とりあえずこのドラマで防犯対策を考えるのは難しそうだな~と一話を見て思いました。

こんなにもダメダメな刑事たちがいたらクレームがいっぱい来るだろうな~という主人公、

先輩、上司の動きを楽しみに見たいと思います。

30代 女性 :

ドロ刑の動画 2話の予想は、班目は刑事としてやる気を出して、再び事件の捜査をしていく事になりました。

新たな部署に所属する事になりましたが、そこに集結したメンバーには個性派が揃っていました。

協力してもまとまることが難しいメンバー達だと思いますが、色々とぶつかり合うと思います。

新たな事件を捜査する事になった班目ですが、捜査は難航してしまいます。

再び煙鴉の助けをもらって、捜査を進めていきます。2人のやりとりは面白くなりそうです。

班目が煙鴉に仕事のノウハウを教えてもらうようになると思います。仕事だけではなく、班目の自身の気持ちも変化していくと考えます。

50代 女性 :

ドロ刑の動画 2話の予想は、独特なキャラクターの集まった13課で、班目刑事が、

また新たな泥棒に、ひょんなことから接触するのではないかと思います。

そして、ケムさんこと「煙がらす」の行きつけのバーで、また自分のミスを打ち明け、ケムさんから、

その泥棒の情報を得たり、逮捕する方法を伝授してもらうのではないかと思います。

さらに、13課を作った鯨岡係長が、班目刑事の手腕に惚れ込み、

徐々に班目刑事への期待度があがっていき、他のメンバーに焼きもちを妬かれる。

そして、班目刑事は調子にのって、また失敗する。それをケムさんが知って、

最終的に絶妙のパートナーになって犯人逮捕に至るのではないかなぁと思います。

13課のメンバーもケムさんにも一目おくようになるのでは?

50代 男性 :

ドロ刑の動画 2話の予想は、班目刑事らは警視庁三課13係に所属することになり、13課では煙鴉のように、

伝統の泥棒である人を逮捕するという仕事を行うことが判明しました。

長い間、同じ手口で泥棒をする人物がいるが、なかなか逮捕できないのだという人物を班目刑事らは

追うことになるが、全然手がかりはつかめていないという状況が続いていました。

そこで、煙鴉に情報を求めた班目刑事に対し、煙鴉はその泥棒が一体誰であるかということは既に知っており、

煙鴉の持っている情報を提供した上で、後は班目刑事が何とかしろということを話した。

それを受け、班目刑事はその人物を逮捕するという展開を予想する。

>>>『Hulu』の2週間無料トライアルはこちら

ドロ刑の動画!2話の見所はどこ?

20代 女性 :

ドロ刑の動画 2話の見所は、1話同様、斑目と煙鴉の協力プレイです。

煙鴉はなんといつても泥棒なので、煙鴉の正体が警察官にバレないかということも見所だとは思います。

新しい部署のメンバーにも注目だと思います。

ただ、私が1番楽しみにしているのは、次回予告での「俺がお前を悪にしてやる。」と煙鴉の発言の真意です。

これは斑目に向けて言った言葉ですが、警察官を悪にするとはどういう事なのか、とても気になります。

また、斑目が警察官という仕事にやりがいを持ってくれることを楽しみにしています。

煙鴉に悪にしてやると言われている手前、善の警察官のままで入れるのかは心配です。

20代 女性 :

ドロ刑の動画 2話の見所は、今後の展開としては遠藤憲一演じる伝説の泥棒霧鴉が主人公班目といかに関係して

事件を解決していき班目が一人前のドロ刑になっていく姿を追っていく中で、

なぜに霧鴉が班目を一人前にしたいのか徐々にはっきりしていくのだろう。

また脇を固めている同じ部署の面々がどのような役割なのかも2話からわかってくるのかなと思います。

また精鋭部隊といわれているが実際は窓際の部署を作った理由もはっきりしていくだろうし、

主人公の成長していく姿よりも、周りの同僚のストーリーが面白いであろうということを期待しています。

それと霧鴉の関わり方も楽しみの一つです。

30代 女性 :

ドロ刑の動画 2話の見所は、森いずみさんが好きなので、どんな役なのかな~と楽しみにしていたのですが、

結構今までにない役どころでびっくりしました。

稲森いずみさんを始め、遠藤憲一さんもとても演技が上手いので主人公だけじゃなくどんな風なキャラなのか見ていくのが楽しみです。

また、次回の泥棒の犯行手順が住人が寝静まった家で盗みを働くという予告だったので、

どういう風に忍び込むのか、防犯対策の勉強として見たいと思います。

二話も斑目のぽんこつ具合とどのように犯人を捕まえられるように遠藤さんがアドバイスしてくれるのかを楽しみに観ようと思います。

30代 女性 :

ドロ刑の動画 2話の見所は、再び斑目はある事件を捜査していきますが、新たな配属した部署のメンバーと上手くいきません。

個性が強いメンバーとどのように付き合っていくのか心配です。果たして、協力をして捜査を進めていく事が出来るのか気になります。

煙鴉に協力してもらい、再び捜査を進めていく班目ですが、今度はどんな事を教えてもらうのでしょうか。

班目に何を伝えて、彼をどのように成長させていくのか楽しみです。

また、煙鴉は班目の事を気にかけていますが、彼の本当の目的は何なのか気になります。

班目を成長させるのと目的が一致する部分があるのではないかと期待しています。

50代 女性 :

ドロ刑の動画 2話の見所は、予告編を見たところ次回は笹野高史さんが、泥棒役として登場するようです。

笹野高史さんといえば、映画「武士の一分」や、「テルマエ・ロマエ」にも出演し、

名脇役で有名なので、どんな泥棒になるのか、とてもワクワクします。

また、中島健人さんと、遠藤憲一さんとのやりとりや、今後どのように刑事と泥棒との絆が深まっていくのか、

他のメンバーは、遠藤憲一さんが大泥棒であるということに、一体いつ気づくのか。

などが、気になるところです。もしかしたら、最終的に大泥棒ケムさんは、犯人を逮捕することに魅力を感じ、

泥棒稼業をやめて、刑事になってしまったりして。なんて期待もあります。

13課のメンバーの活躍も、もちろん楽しみです。

50代 男性 :

ドロ刑の動画 2話の見所は、視庁三課13係という新しい係をわざわざ作った理由が明らかにされるかどうかということや、

バーの宵町は煙鴉の正体をどうやら知っている状況であるため、何故宵町は煙鴉の正体を知っているかどうかが班目刑事を知ることはできるかということ、

班目刑事はどのような変人さを見せてくれるかどうかということ、泥棒はどのような手口で盗みをやっているかどうかということ、

煙鴉の正体を班目刑事以外の人に見破られなくて済むかどうかということ、

煙鴉が現場に残しているという香りとはどのような香りであるかということが見どころであり、かつ楽しみにしていることである。


◆ドロ刑 “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> ドロ刑 “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

ドロ刑の動画!2話までの感想

20代 女性 :

ドロ刑の動画 2話までの感想は、「そういうことだったのか!」と観ていた数分後には「そうくるか!」となりました。

ドラマが始まった数分間は、そんな見え見えのところにお財布をしまう人なんて滅多にいないからやっぱりドラマだなと思っていました。

そして、休暇の日に警察官が事件を目撃した場合、警察官はどう対処するべきなのか考えさせられました。

警察官と言えども人間です。休みの日はサラリーマンと同様休むべきです。しかし、世間的には休みの日でも〝警察官〟は〝警察官〟です。

万が一私が盗みにあった場合でも、見て見ぬふりをした警察官に文句を言ってしまいそうだと思いました。

面白いながらも、今の日本の現状について考えさせられました。

20代 女性 :

ドロ刑の動画 2話までの感想は、中島健人の演技がひどすぎて見ていてこちらが恥ずかしくなるような感じだった。

ただ、脇を固めている役者が粒ぞろいで特に遠藤憲一がいい味を出していて、ドラマとしては成立はしていると思う。

内容は今ひとつ面白くなかったです。

なぜかというとありえなすぎるストーリー展開で作り方が少し雑なような感じがしました。

中島健人のファンだけをターゲットにドラマを作っている感があまり面白くないと感じた理由です。

もう少し丁寧にストリーを練ってほしかった。

初回15分延長しているのでもう少し面白く作れたと思うので、少し残念に感じています。

30代 女性 :

ドロ刑の動画 2話までの感想は、斑目がぽんこつすぎて笑いました。

煙鴉に担当事件の内容や誰を追っているなども話してしまうのか!とツッコミたくなりました。

そうしないと話が続かないのかもしれないけれど、警察官にこんな人がいたら本当に嫌だと思ってしまいました。

セリフの中で働き方改革~のくだりは、確かに警察の方はなかなか難しいのではないかな~と妙に納得してしまいました。

あと作中に警察専門用語の意味をちょいちょい説明入れてくれているところはすごく良かったです。

漫画は読んだことがないので恋愛ものも入ってくるのか?あと斑目がどこまで成長するのか?

気になったので次回も見ようと思います。

30代 女性 :

ドロ刑の動画 2話までの感想は、警視庁捜査三課に所属の班目勉は仕事にやる気が上がらない状況が続いていました。

ある日、バーを訪れた班目は居合わせた1人の男性に仕事の事を話しました。

そして、その男性が大泥棒の煙鴉だと気付いていたことを伝えました。彼の香りに気付いた斑目の意外な才能に驚きました。

その事もあって、班目を一人前の刑事にすると煙鴉が言い放ちました。まさかの状況に驚きを隠せませんでした。

班目は煙鴉と協力して、瀬戸正次郎を捕まえるために奮闘します。

煙鴉の張り込みや的確なアドバイスにより、瀬戸の犯行を裏付けることが出来ました。

刑事と泥棒のコンビは不思議に感じますが、とてもユニークで面白かったです。

50代 女性 :

ドロ刑の動画 2話までの感想は、なんといっても、中島健人さん演じるチャラ刑(ほんとは、

ドロ刑)班目勉のキャラクターが1番光ってました。警官から刑事に抜擢されたのに、全くやる気のない班目刑事。

なのに、大泥棒「煙りガラス」を見つけ、まぁ証拠を残さない泥棒だから捕まえられないと本人の目の前で語るのを見て、

煙りガラスが彼を育てようとしてるのが、今までにないストーリー展開で、とてもワクワクしました。

遠藤憲一さんの、強面なのに実は優しいキャラクターも、大泥棒のケムさんとして活きていて、

今後の泥棒逮捕にも、きっと大きく貢献するんだろうなぁと楽しみです。

班目刑事が「なぜ、逮捕に協力したのか」問う場面で、「俺をみつけたから」といった台詞は、とても心に残りました。

それにしても、さすがセクシーゾーンの中島健人さんだけあって、セリフもセクシーで、今後の展開が楽しみです。

50代 男性 :

ドロ刑の動画 2話までの感想は、遠藤憲一さんと中島健人さんの組み合わせが全く予想できなかったので、

どういう感じになるのだろうかという気持ちでドラマを視聴していたのですが、予想を上回る内容だというのが良かったです。

予想では、班目刑事は正義感の溢れた刑事であり、煙鴉を逮捕したいものの、

状況証拠でしかなく逮捕できないという状況が続いている最中、ひょんなことから二人は相棒へとなるという内容でした。

しかし、視聴すると班目刑事は仕事に一番やる気のない人間に近いのだというのが伝わってくるにも関わらず、

煙鴉が誰であるかを見抜くということには思わず驚いてしまいました。

結構変わり者である班目刑事の存在こそがこのドラマの見どころだと感じました。

>>>『Hulu』の2週間無料トライアルはこちら

ドロ刑の動画!2話【ネタバレ】← 紹介

ここからがドラマ『ドロ刑』2話のネタバレになります!

警視庁捜査三課第13係のあぶない面々

警視庁捜査三課第13係に配属になった班目勉。

いざ登庁してみると、見た目からも余りに酷い面子にびっくりします。係長に就任したのは、ちょっとおばさんですが美人の鯨岡。

フワッとした雰囲気です。鯨岡は係のチームワークを強めるために、それぞれにあだ名を付けてきたといいます。

太陽にほえろばりの格好いい名前かと思いきや、そのネーミングは殆ど悪口のようなもの、班目に至っては思い付かなかったという理由で

「班目くん」というそのまんまのあだ名になってしまいました。

今回検挙を目指す容疑者は、黒蛇こと大堂吾郎。その名前を聞くや否や、「デカ
こと勝手田が反応します。どうも過去に因縁があるようです。

大堂のヤサワリをする班目

大堂のヤサワリ(住居を突き止めること)をするために、外に出る13係の刑事たち。

班目も見付かる筈がないと気が乗らない様子です。そこに大泥棒の煙鴉が現れました。煙鴉は班目に飲み代を払って貰うために現れたのです。

班目が勝手田のもとに近付くと、勝手田は舐めた態度の班目に苛立っている感じでした。班目がジュースを買うといってその場を離れると、そこに大堂が現れます。

勝手田を挑発する大堂。勝手田は戻って来た班目に大堂を追跡させます。

タクシーに乗った大堂を別のタクシーで追う班目。しかしお金がないことに気付くと持っていた3000円分だけ追跡して諦めてしまいます。

追跡に失敗した班目を本気で怒る勝手田、また班目はミスを犯してしまったようです。

いつものBARでくだをまく班目に、捜査三課はチームプレーだということを説く煙鴉。

班目は過去にサッカーの試合でミスをしてその後キーパーしかやらせてもらえなくなった過去を吐露し、チームプレーが苦手なことを煙鴉に伝えました。

少し同情した煙鴉は、何時の事かを班目に聞きます。「年長さん」幼稚園のことを引っ張る班目に呆れる煙鴉。

でも翌朝出勤しようとする班目の部屋の内扉に、何故か煙鴉の書き置きが残されていました。そこにはBARのお釣りと書かれて、大堂の居場所が記されていました。

神奈川県警とのバッティング

大堂の居場所がわかったと鯨岡に報告する班目。係の面々もs(スパイ)と言われる協力者が班目にいることを驚きます。

しかし居場所は所轄外の神奈川県。係全員で大堂の居場所の回りを張り込みますが、同時に捜査をしていた神奈川県警にその様子を悟られてしまいます。

このままでは大堂の捜査からは撤退を余儀なくされそうです。小平がふくオカリナが悲しい響きを醸し出しました。

その夜いつものBARで語りあう班目と煙鴉。トンビに揚げ出し豆腐を拐われたみたいという班目に、油揚げと言い直した煙鴉は、現行犯逮捕しかないと言います。

そして仕事は最後は結局執念であること、加えて泥棒の気持ちになり悪になりきる術を班目に伝えてレクチャーするのです。

班目のスルーパスをシュートする勝手田

煙鴉からのレクチャーを受け、大堂が仕事をしそうな日に再度現場に一斉捜査をするように仕掛けるよう進言する班目。

ところが、係長の鯨岡は失敗した時の責任は、班目に押し付ける腹積もりのようです。

風邪を引き体調が優れない班目ですが、成り行き上先頭に立って捜査します。

しかし肝心の捜査の日に風邪でベッドに寝込んでしまいました。その日の夜、住居に侵入する大堂らしき男を取り押さえたのは神奈川県警察側。

全てはこれまでかと思われましたが、なんとその男はおとりで大堂ではありません。

大堂は恨みを持つ県警を罠に掛けようとしていたのです。大堂の戦略は成功したように見えました。

大堂が侵入した家のテーブルの上にお菓子があります。ひと仕事を終えひと口キャンディーを口にする大堂。

しかしその目の前には、風邪で休んだ筈の班目の姿がありました。

全ては班目にはお見通しだったのです。班目のスキをみて逃げようとする大堂ですが、外では以前大堂に苦汁を飲まされた勝手田の姿がありました。

班目のスルーパスを勝手田が決めるような構図になり、無事大堂の検挙に成功します。

あくる朝、現場には班目と彼をサポートした煙鴉の姿がありました。フラフラの班目は煙鴉に救急車を呼ぶように伝えると、その場で倒れてしまいました。

そんな二人の様子を皇子山が見ています。といったところで次回に続きます。

--- 以上、ドロ刑 2話のネタバレでした~! ---

ドロ刑 2話を見逃した人は、

『ドロ刑』を1話からまとめて視聴できる『Hulu』がおススメです!

>>>『Hulu』の2週間無料トライアルはこちら

いつまで”2週間の無料トライアル”があるのか分からないので、見たいかたはお早めに~^^♪

これで連休の暇つぶしはバッチリです(笑)

ドロ刑の動画!2話の感想まとめ

ドロ刑 2話の感想は、何とも個性的な13係の面々。全くヤル気がなさそうですが、それぞれ何処かに一芸に秀でた部分があるようです。

今回は大堂吾郎の検挙に執念を持つデカこと勝手田が自身の手で、検挙することに成功しました。やはり仕事は執念を持つことと、途中で諦めないことが重要なのかもしれません。

左門と宝塚のコンビネーションも絶妙でした。県警を前に夫婦のふりをして熱い口付けを交わすところは、妙に生々しかったです。天然キャラの小平も可愛らしかったですね。

今回も班目と煙鴉が協力するかたちで、容疑者の検挙に成功しました。しかし煙鴉とは一体何者なのでしょう。

大堂吾郎の居場所や行動を把握しているあたり、単なる大泥棒というだけではないような気がします。

捜査の内部を知りすぎていることと捜査能力が高さから、元々は警察側の人間だったのではないかと推測します。しかし本当に遠藤憲二さんは渋い。

班目は相変わらず幼児性を装っていますが、決めるところは決めて来ますね。

中々のタマだと思います。今回も解決に至る場面では、格好いいところを見せてくれました。

中島健人さんのいつもの目差しと、決める場面での目差しが全く違うのには感心させられます。

さて、今回も騙したつもりが騙されたというちょっとしたカラクリがありました。

この謎解きのマジックも本作の肝になりそうです。次回はどのような展開になるのでしょうか。本当に楽しみですね。

>>>『Hulu』の2週間無料トライアルはこちら

ドロ刑の動画!2話のあらすじを最後に

ドラマ『ドロ刑』2話のあらすじを簡単に紹介します~!

異動早々大物の泥棒を捕まえたことで、精鋭を集めた捜査三課の新設部署『13係』に選ばれたと張り切る斑目まだらめ(中島健人)。

しかしその実体は、お荷物刑事の寄せ集めだと知り出鼻をくじかれる。

そんな中、係長・鯨岡くじらおか(稲森いずみ)によって発表された最初の事件は、住人が寝静まった家で盗みを働く“ノビ”という忍び込みの泥棒による事件。

手口捜査のプロだが極度の人見知りの細面ほそおもて(野間口徹)は、わざと痕跡を残す独特の犯行手口から、

ノビの大物・通称“黒蛇”こと大堂吾郎だいどうごろう(笹野高史)の犯行と推測。

大堂という名前を聞いた勝手田かってだ(丸山智己)はなぜか怒りに震えて…。

一同は早速大堂の“ヤサ”(=家)を見つけ出そうと手分けして捜査を始める。

斑目は大堂がかつてよく現れた沿線で皇子山おうじやま(中村倫也)と共に張り込むが、元捜査一課でプライドの高い皇子山は「こんなの俺がやる仕事じゃねえ」と帰ってしまい…。

諦めモードで駅前に張り込んでいた斑目の前に煙鴉けむりがらす(遠藤憲一)が現れ、13係の面々のやる気のなさを愚痴る斑目に、

煙鴉は行き交う人の中で必死に大堂を捜している勝手田の姿を見せる。

勝手田に合流する斑目だが、斑目が目を離した隙に勝手田の前に大堂が自ら姿を現わして…!

ドロ刑 公式サイト引用

>>>『Hulu』の2週間無料トライアルはこちら

最後までお読みいただきありがとうございました^^

◆ドロ刑 “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> ドロ刑 “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

※本ページの情報は2018年10月時点のものです。最新の配信状況はHuluサイトにてご確認ください。

シェアする!!