いだてん 動画の5話も見逃しフル視聴する方法!

中村勘九郎や役所広司が出演の大河ドラマ『いだてん ~東京オリムピック噺~』の5話が放送されましたね!

 

このいだてんの5話の動画はフルで見逃し視聴できるの?と、気になって動画を探している人が多いようです。

 

なのでこのページでは安心して、いだてん 5話の動画を “見逃し視聴できるおススメの方法” やネタバレを紹介しています↓

 
※現在『いだてん』4~10話は配信停止中となっています※

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

 

違法にアップロードされた動画じゃないので、高画質でCMもないし “1話~ 全話まとめて” 視聴できますよ!

 

いだてんの動画!5話の予告を紹介

ドラマ『いだてん ~東京オリムピック噺~』5話の動画予告はこんな感じに!

いだてんの動画!5話をフルで見逃し視聴するおススメの方法

ではドラマ『いだてん ~東京オリムピック噺~』5話の動画を、フルで見逃し視聴できるおススメの方法を紹介します!

 

それは、いだてんの放送が終わるたびに毎回、見逃し配信をしてくれている公式のサービス『U-NEXT』です!

 

『U-NEXT』には”31日間の無料トライアル”が付いててお得なので、

違法にアップロードされた動画を探さなくても安全に見逃し視聴できます!

 

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

 

無料期間中に登録して31日以内に解約することもできるし、その場合でも、いだてんの動画を1話から視聴できます!!

 

もちろん『いだてん』以外の現在放送中の最新ドラマや映画・海外ドラマも、時間が許す限り好きなだけ見れてしまいます!

 

ただ、“31日間の無料トライアル”はいつまでやっているのかわからないので、

いだてんを安全にフル視聴したいなら早めに登録したほうが損しないです!

 

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

※U-NEXTに登録したら検索窓から⇒「いだてん」で検索してくださいね^^

いだてんの動画!5話の予想

 

20代 女性 :

いだてんの動画 5話の予想は、いよいよ10里という距離に挑むことになる四三。

未知の域だと知りつつも、自分が誰も達成したことのないことをやってみるという四三が、様々な人から評価を得るだろうと思う。

何と言っても治五郎先生に褒められることを嬉しく思っている四三。今度はどんな言葉を頂戴できるか、とても楽しみ。

治五郎先生もオリンピックに向けて、自分の人生をかけてまでも羽田のトラックを作り続けてきた。

その中で、自分の学校の生徒が頑張っている姿には感動するはずだ。

このオリンピック予選は、悪天候の中でなるが、どんな逆境にも負けないのが四三なので、血まみれになってもゴールに向かうだろう。

 

20代 女性 :

いだてんの動画 5話の予想は、予告に、四三の思い人?スヤちゃんが出てきて、三島家の女中と

「これからは女子もスポーツ」と言っていたので、物語にスヤちゃんが絡んできて、四三とちょっといい感じになるのでは?と予想しています。

4話で、オリンピックの選考会のグラウンドを作っている時に、三島君が「オリンピックには出ない」と言っていたが、

5話では反対する家族を説得し始めるのではないかと思っています。

さらに、四三くんは、またマラソンのスタートに遅れたか、ギリギリバタバタのスタートをするんじゃないかと思っています。

きっと、オリンピックの選考マラソンの道のりは険しいはず。周りがどんどん脱落する中、必死で頑張るんじゃないかなと考えています。

 

30代 女性 :

いだてんの動画 5話の予想は、古今亭志ん生の「オリムピック噺」から話が始まり、

話は初回の最後に四三が初登場となった予選会の話を話していくんだと思います。

予選会数いるライバルの中を走っていく四三はしっかりした練習の甲斐あって

スタミナもつき他のライバルが脱落していく中ゴールを目指して走っていく姿が描かれていると思います。

一方、志ん生の若い頃の孝蔵も円喬に弟子入りすることを決め、円喬の元に弟子として志願しに行くんだと思います。

簡単に受け入れられず、車屋のとこでいつものごとく寝ているとこに円喬がやって来て、

清さんを押しのけて自分が乗せていくとこが描かれているのかなと予想します。

 

30代 女性 :

いだてんの動画 5話の予想は、オリンピック予選に出ることになった四三は、

これまでの自分の経験や失敗を生かして、細かな計画を立てて予選へ出るのだと予想します。

しかし、周りの出場者も四三に負けないような強者だらけで、予選の間は色々と苦難もあるのではないでしょうか。

今まで四三が経験したことのない、長い40キロの道のりの中で彼の努力が報われてほしいと思います。

そして、オリンピック出場権を勝ち取った四三が周りからの祝福、応援を受けて更なる努力を重ねていくことでしょう。

四三の活躍とともに、日本のオリンピック参加に向けて、さまざまな人物が奔走する姿が見られると思います。

 

40代 女性 :

いだてんの動画 5話の予想は、いよいよオリンピックに出られるかどうかの競技会がメインになりそうです。

競技場を作るのも大変で、資金繰りがどうなるのか、はたまた見物人や参加者はどのくらい集まるのか、気になります。

現代の場面では落語でその当時の様子が語られるかと思います。金栗四三さんの練習の成果が問われます。

40キロ、10里という未知の距離を走ることになりますが、それを達成できるかどうかが描かれます。

また、金栗四三さんの周囲の人々が彼の走る力になると思います。

走っている最中にさまざまな人、(家族、友人)の思いが描かれるのではないでしょうか。

 

50代 男性 :

いだてんの動画 5話の予想は、次回は、四三が嘉納治五郎が開いたマラソンのオリンピック予選会に出場することが、お題になるはずです。

まずは、いつものお決まりで、スタートはまともに切れないのでしょう。それを克服して世界記録を出すということですね。

でも走るシーンだけでは話は進まないので、第1話の帽子の色が顔に溶け出すところ、

第4話に出てきた足袋のことがキーになるのではないかと思っています。

この物語は振り返りが好きですからね。或いは、私たちが長距離走をするときに水は飲んではならない、

と言われていましたが、その由来が出てくるのではないでしょうか。

 

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

いだてんの動画!5話の見所はどこ?

 

20代 女性 :

いだてんの動画 5話の見所は、10里も走ったことのない四三がペース配分も考えないといけないし、息遣いも気を付けないと10里も走れないと思う。

ゴール間際には血だらけになっていたので、10里という道がどんなに過酷なのかということが伺える。

というか、血だらけになるというのが「なぜ」という疑問なのだが、四三らしい部分でもあるので、

10里を走る中で四三に何があったのか、今度は1位でゴールできるのかという所は見どころになる。

この予選に向けて徒歩部で頑張ってきた四三なので、10里は必ず走り切ると信じている。

そして、治五郎先生に「韋駄天」と前回のマラソンの時よりも褒められて欲しい。治五郎先生と四三のやり取りにも期待している。

 

20代 女性 :

いだてんの動画 5話の見所は、一番楽しみなのは、四三くんが、どのように、オリンピック選考会でゴールまでたどり着くのか、ということです。

4話で手に入れた足袋は四三くんのことを助けてくれるのか?今まで熊本でイダテン通学をしてきたことが、

どれだけ役に立つのか?いきなりオリンピックに選ばれてしまった四三くんが、どんな反応をするのか?家族の反応は?どれもとても楽しみです。

また、東京オリンピックの招致チームがそろそろ、話の中に登場してきそうな気もするので、どんな流れで食い込んでくるのかも、楽しみにしています。

個人的には、三島家のお母さんの怖さがツボです。三島君とバチバチやり合ってくれたら、面白いので、期待しています。

 

30代 女性 :

いだてんの動画 5話の見所は、いちばんは予選会の四三目線での走る姿を楽しみにしてます。

「鉛色の空」のナレーションとあったように天候の変わる中でも進む四三の姿を見たいです。

後輩の野口、徒歩部がどうなっていくのかも見てみたいです。

初回からの話が繋がっていく形だと思うのでそこに志ん生の噺がどう加わっていくのかも見どころだと思ってます。

優勝して嘉納、弥彦、四三が繋がりオリンピックに向けて動くドタバタ感が絶対描かれていると思うのでいちばん楽しみにしてるとこです。

嘉納の場面も違う人物の目線から描かれてたら面白いだろうと思ってますが。孝蔵の成長も楽しみで円喬のために奮闘する姿が面白そうです。

 

30代 女性 :

いだてんの動画 5話の見所は、4話終盤で迷子になった四三が無事にスタートできるか、気になります。

これまで圧倒的な速さを見せて一番のような存在であった四三が、

全国の強者とどのように勝負をしていくのかがとても見どころだと思い、楽しみにしています。

40キロの長い道のりの中で、色々な苦難もあるでしょうが、それにどのように打ち勝ち、四三が更なる成長をしていくのかを見たいです。

4話終盤にあった、いだてんなどいないという嘉納氏のセリフが、四三の姿を見て、どのように5話で前向きに変わるのかも気になるところです。

また、オリンピックに向けての沢山の人の努力や活躍がどのようにあったのかという場面を見れたら嬉しいです。

 

40代 女性 :

いだてんの動画 5話の見所は、わらじで走って、残念なことに失敗した主人公が、たびという強い味方に出会えて今後どうなるのか楽しみです。

これから長いつきあいになるというナレーションが入ったので、結果は予想できますが、どんなところがよいのかが知りたいです。

自分の夢中になれるものに出会えた主人公が今後、どうしていくのかに興味があります。

家族は反対していますが、本当に今後手紙を書かないのか気になります。

オリンピックを開催しようとしている側と参加しようとしている側がどうかかわりあって、

今後、どういうふうに話がすすんでいくのかとても楽しみです。

 

50代 男性 :

いだてんの動画 5話の見所は、いだてんは、何しろ謎を残すことが多いので、見どころや楽しみはいっぱいあります。

それがいつ出るかは分かりませんが。第5話の見どころは、まず、四三が如何にしてマラソンを世界記録で走るのか、と言うところです。

今までも長距離走を速く走るコツが詳しく語られたので、今回も何か偶然でコツを掴むのでしょう。

きっとカギがあると思います。あと謎として、志ん生や志ん生の弟子の生い立ちが殆ど触れられていなかったので、

今回あたりは詳しく説明があるのではないでしょうか。

弟子は何者でどういう役割を果たすのでしょうか。第4話では出なかった、小梅やスエが今回は出ることを期待しています。華がないとね。

 


◆いだてん “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> いだてん “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

いだてんの動画!5話までの感想

 

20代 女性 :

いだてんの動画 5話までの感想は、マラソンと出会った四三は緊張のあまり、

排尿し忘れ遅れをとってしまうが、先頭集団にすぐに追いつき、見事に3位になるのはさすが。

緊張して排尿し忘れるのが四三らしいところで、治五郎先生に「予科生か」というたった一言言われただけでマラソンに本気になるのもやはりすごいと思う。

自分がどうして3位に終わってしまったかというのを自分で分析して、まだ誰も体験したことのない

10里という距離に挑もうとする四三の試行錯誤には感心することも多く、何事にも一生懸命に取り組む姿勢は見習いたいとも思った。

10里という距離を走るために脂抜き法で毎日練習をするのだが、その場面はとても過酷で相当な努力を見られた。

身体の中の水分をすべて抜くという過酷さには四三も参ったらしく、水を求める四三の姿は面白かった。

水を抜くのはよくないと試さなくても分かりそうなのに、四三は賢いけど賢くない。

でも試してみないと分からないというのが四三なので、挑み続ける四三はとてもすごいと思った。

 

20代 女性 :

いだてんの動画 5話までの感想は、主人公の金栗四三が、マラソンにどんどん目覚めていく展開で面白かったです。

まだ、当時はマラソンというスポーツがそんなに普及してたわけじゃなかったんだなぁと、感じました。

色々、知らなかった時代背景も知ることができるので、面白いです。

そして、一話で見た、車に立ちしょんをしていた人は、四三だったんだと知って、爆笑しました。

それにしても、ダントツびりで、マラソンをスタートして、3位でゴールするなんて、やはり凄い人なんだと思ったし、

逆に3位でゴールしたからこそ、闘争心がわいて、勝つための努力ができたんだろうなぁと思いました。

 

30代 女性 :

いだてんの動画 5話までの感想は、どんな形であろうと子供の頃から憧れ続けた嘉納先生に会えたことは幸せだったと思います。

しかも銅メダルとしっかり爪痕を残す活躍が凄いな、と思いました。実次や母親の反対にはちょっと驚きもありました。

でも東京に出てきた四三がやっと知り得た競技だから熊本の家族が知らなくて当たり前だとは思います。

「褒めて欲しかったのに」の心の声のナレーションが何ともしみじみとしてて好きでした。

でもそれを機にどんどんのめり込む姿が「青春」って感じで見ていて気持ち良かったです。

今の出演者の中では誰よりもスポーツに目がない三島弥彦が家族から反対されて

「審判くらいなら」と引いた弥彦の真逆の言葉、それを聞いた嘉納を見る目が辛そうでした。

誰よりも嘉納の横で力になれる人だと思うのですが。大森兵蔵の妻、安仁子のキャラクターが飛んでましたね。

あの時代に女性のあの言葉は過激にも聞こえる感じですが安仁子さんと兵蔵の関係性に期待してます。

 

30代 女性 :

いだてんの動画 5話までの感想は、師範学校でのマラソン大会がスタートされるが、うっかり小便していたために出遅れた四三が、

あっという間に周りの者を抜かしていき、見事3位に入ってしまったのは驚きでした。

銅メダルとなり、憧れの嘉納校長とも話をすることができたのは、ほっこりとしました。

その後、徒歩部に入り、足袋の購入のために播磨屋との出会いなど、今後の関係が気になる人物も現れて、これからが楽しみです。

また、オリンピック予選に向けて、脂抜き走法に挑戦する四三がとてもストイックに努力していて、

この経験から自然に従えということを学んだ四三がこれから活躍する基礎を見せてくれた回であり、

これまでの回のような盛り上がりはなかったと感じましたが、なかなか面白かったです。

 

40代 女性 :

いだてんの動画 5話までの感想は、移動の手段としてではなく、ただ走るということに出会った金栗四三さん。

三位で銅メダルをもらい、あこがれの猪熊ジゴロウ先生に声をかけられ、感激します。

なぜ一位になれなかったのか、彼なりに分析して、その対策を考えます。

自分なりに勝てなかった理由や対策を考えるところに、主人公の真剣な気持ちが伝わりました。

水抜き、油抜きという練習方法は知りませんでしたが、かなり過酷だということは伝わってきました。

今回は時代がとんで別の場面に切り替わったときに、いつの時代かという文字が入ったので、よかったです。

ですが、今までの回のシーンとつながっていたり、話があちこちするので、やはりわかりづらい場面もあります。

 

50代 男性 :

いだてんの動画 5話までの感想は、第4話は、第1話に戻りつつ、金栗四三と嘉納治五郎がオリンピック参加に向けての困難を描いていました。

第1話は、あらすじみたいなものだったのですね。視聴率を取るための工夫でしょうか。

今回もいつも通り、志ん生が途中途中で話の整理をする、大河ドラマとしては珍しい話の進め方です。

もしかしたら、ナレーション抜きでもいいのではないかと思います。

あと、志ん生の弟子は何か大きな役割を果たすのでしょうか?ミステリアスですね。

また、興味深かったのは、四三と三島の母が、息子がスポーツをすることを心配していました。今とは逆の風潮だったのですね。

 

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

いだてんの動画!5話【ネタバレ】← 紹介

 

ここからがドラマ『いだてん ~東京オリムピック噺~』5話のネタバレになります!

 

日本初のオリンピック予選会

お酒を飲んで酔ったまま、高座に上がった古今亭志ん生は「芝浜」を話し始めたと思うと、オリンピックの予選会を語る。

 

時は明治44年(1911年)11月19日の予選会当日、羽田の競技場に向かっていた金栗四三達は迷っていた。

 

鉛色の空でスッキリしない天気の中、オリンピックの予選会が始まり、参加者達が健脚を競い合う。

その姿を見ていた三島弥彦は徐々に気持ちが高まり、「ちょっと待った!」と声を上げて、上着を脱いで急遽参加した。

 

弥彦は「いっちょやりますか?」と会場を盛り上げる。

 

 

道に迷っていた四三達がようやく競技場に着くと弥彦が走る姿が目に入る。

 

見事に1位を獲得した弥彦は好タイムを叩き出して、実力を発揮した。

実は弥彦も短距離走の選手として、四三と一緒にオリンピックに参加する。

 

始まるマラソン

マラソン競技が始まる前に永井道明から説明を受ける四三達だが、「生きて帰ってくれたまえと!と心配された。

 

マラソン参加者の中に名の知れた学生達が集まる。

競技が始まる直前、気持ちを落ち着かずに四三は「いや、やってみんとわからんばい!」と気合いを入れて、競技は始まった。

 

 

小樽の佐々木が先頭で引っ張っていく展開だが、四三はなんと最下位から始まる。

10里(40km)と皆が初めて挑む距離に「51番のゼッケンを付けた四三は、雨が降り頻る状況で部員達とゆっくりしたペースを保っていた。

 

 

天候は雨から晴れになり、急激な状況の変化に落伍者が続出する中、四三は次々と抜き去り、確実に順位を上げる。

 

初めてのマラソンに沿道の人達は驚きを隠せない。

一方、羽田にいる嘉納治五郎達のとこでは、雨が降り続けて退屈していた。

 

すると、「伝令!」と折り返し地点の報告を治五郎は受ける。

着実に順位を上げる四三

四三は折り返し地点で4位まで順位を上げ、3位、2位の選手も抜き去る。

 

残り4里になり、ここからは未体験の距離になった四三だが、再び雨が降り始めた。

 

1位の佐々木に50mまで追い上げたが、橋に差し掛かると突如立ち止まる。

四三をジッと見つめる佐々木と四三は10秒ほど対峙した後、再び走り出す。

 

 

ゴールに向けて走り出す四三の表情も厳しくなるが、彼は懸命に走った。

そして、ついに1位の佐々木に追い付き、激闘を繰り広げる。

 

一方、治五郎は永井から「責任問題ですよ!」と問われるが、その時1人の選手が目に入った。

 

治五郎は「いだてんだ!」と喜び、席から立ち上がりゴール地点に向かう。

 

 

興奮する治五郎は「彼こそいだてんだ!!」と叫び、衝撃なタイムを目にする。

 

競技場に現れた四三は足袋を脱ぎ捨て、苦しい表情を受かべながらゴールした。

 

「2時間32分45秒」の世界記録を叩き出した四三を治五郎は「世界に通用するいだてんだ!!」と抱き付く。

 

四三は知識が朦朧としながらも、幼少期の出来事を思い出し、ついに夢を叶う事が出来た。
そして、「ありがとうございます」と口にする。

 

ついに優勝を果たす!

ロンドン記録した時間よりも22分早い事に関係者は疑いを感じるが、「いや、距離も時間も間違いないだろう!

と治五郎は言った。

 

 

街中では優勝した四三を歓迎して、寄宿舎でも祝勝会が行われる。

 

嬉しさのあまり酔った可児徳の態度に永井は怒りを露にした。

 

 

その晩、四三は疲れ過ぎて眠れなく実家に再び手紙を書こうとするが、止める。

 

更なる高みも目指して、ノートに振り返りと改善点を書き始めた。

その頃、治五郎は天狗倶楽部の人達と盛り上がり歓喜する。

 

 

杖を使いながら、播磨屋を訪れた四三を店主の黒坂辛作は温かく迎えた。

 

四三は感謝の気持ちを伝えると、黒坂から足袋の事を聞かれ、「走りずらかです」と答える。

 

その言葉を聞いて、静かなになった黒坂に四三は足袋の状況を説明した。

 

黙って聞いて黒坂はついに「帰れ!」と怒り出して、四三を追い出す。

 

四三は悪気がなく、今後の改良のためにと思い伝えた事が逆に怒りを買ってしまう。

 

三島家では女中のシマが弥太郎に弥彦が載っている新聞を渡すが見てもらえず、母親の和歌子も灰皿で隠すなど、2人の行動に不満を募らせた。

 

シマは弥彦に伝えるが、「それが三島家の定めさ」と答える。

 

 

一方、美濃部孝蔵は清さんに代わりに人力車夫をしていた時に落語家の橘家円喬が現れた。

 

孝蔵が円喬を運ぶ途中、彼が口にする落語を聞き入ってしまう。

 

円喬を送り届けた孝蔵は「あの…弟子にして下さい!」と頼んだ。

 

すると円喬は「あ、そう」とあっさりと承諾する。

 

 

熊本では「おとうさん!」と春野スヤが新聞に載っている四三を見つけて喜ぶが、結婚が決まっているスヤは複雑な心境になっていた。

 

 

--- 以上、いだてん 5話のネタバレでした~! ---

 

いだてん 5話を見逃した人は、

『いだてん』を1話からまとめて視聴できる『U-NEXT』がおススメです!

 

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

 

いつまで”31日間の無料トライアル”があるのか分からないので、見たいかたはお早めに~^^♪

これで連休の暇つぶしはバッチリです(笑)

いだてんの動画!5話の感想まとめ

 

いだてん 5話の感想は、オリンピックの選考会が始まりましたが、まさか四三が最下位から始まるとは校内大会を思い出しました。

悪天候でも力を溜めて、徐々に力を出していく作戦は冷静です。

そして、次々と選手達を抜いていく四三の走り方は安定していましたが、未体験の10里は心配だったと思います。

四三は見事に優勝を果たして、世界記録を更新するタイムを出し、やっと公の舞台で力を発揮出来て良かったです。

相当、過酷な状況でも乗り越えた四三の精神力は凄いと感じます。

 

四三は播磨屋を訪ねて、足袋の改善を黒坂に伝えますが、怒られるとは思っていなかったはずです。

思ったことを素直に言っただけなので、可哀想に思えました。

黒坂は四三を追い出した後、足袋を見つけますが何を考えていたのか気になります。

新たな足袋を作るのか、楽しみにしています。

 

弥彦は将来、短距離走の選手として、四三と一緒にオリンピックに参加すると驚きました。

彼は三島家からスポーツをする事を反対されていますが、どうやって説得するのか、今後の展開に期待しています。

 

地元、熊本でスヤは四三の活躍を新聞で知りますが、彼女はこのまま結婚してしまうのでしょうか。

相思相愛であるスヤと四三の関係がどうなっていくのか、気になります。

 

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

いだてんの動画!5話のあらすじを最後に

 

ドラマ『いだてん ~東京オリムピック噺~』5話のあらすじを簡単に紹介します~!

高座に上がったほろ酔いの志ん生(ビートたけし)は、古典落語「芝浜」を語ると思いきや突然オリンピックの噺(はなし)を始める。

 

時は明治44年、オリンピックへの参加選手を決める羽田の予選会。

 

全国から来た健脚の学生たちに刺激を受け、審査員だった三島弥彦(生田斗真)は急きょ短距離走に参戦。

 

一方、金栗四三(中村勘九郎)は、10里およそ40キロメートルという未体験の長さのマラソンに挑む。

 

ライバルたちとの激しいデットヒートの先に、憧れの嘉納治五郎(役所広司)の待つゴールを目指す!

いだてん 公式サイト引用

 

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

 

最後までお読みいただきありがとうございました^^

 

◆いだてん “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> いだてん “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

 

※本ページの情報は2019年2月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました