いだてん 動画を42話も見逃し配信でフル視聴する方法

2019年11月10日 放送 中村勘九郎 阿部サダヲ 星野源 松坂桃李などが出演するドラマ『いだてん』の42話「東京流れ者」が放送されましたね!

このいだてん 42話の動画は 見逃し配信でフル視聴できるの?と、気になって動画を探している人が多いようです。

なのでこのページでは安心して、いだてん 42話の動画を “見逃し視聴できるおススメの方法” やネタバレを紹介しています↓

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

違法にアップロードされた動画じゃないので、高画質でCMもないし、安全に “1話~ まとめて” 視聴できますよ!

いだてんの動画!42話の予告は?

ドラマ『いだてん』42話の動画予告はこんな感じに!

いだてんの動画!42話を見逃し配信でフル視聴するおススメの方法

ではドラマ『いだてん』42話の動画を、見逃し配信でフル視聴できるおススメの方法を紹介します!

それは、いだてんの放送が終わるたびに毎回、見逃し配信をしてくれている公式のサービス『U-NEXT』です!

『U-NEXT』には”31日間の無料トライアル”が付いててお得なので、

 
違法にアップロードされた動画を探さなくても安全に見逃し視聴できます!

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

無料期間中に登録して31日以内に解約することもできるし、その場合でも、いだてんの動画を1話から視聴できます!!

もちろん『いだてん』以外の現在放送中の最新ドラマや映画・海外ドラマも、時間が許す限り好きなだけ見れてしまいます!

ただ、“31日間の無料トライアル”はいつまでやっているのかわからないので、

 
いだてんを安全にフル視聴したいなら早めに登録したほうが損しないです!

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

※U-NEXTに登録したら検索窓から⇒「いだてん」で検索してくださいね^^

いだてんの動画!42話の予想

40代

代々木の返還に至った経緯について平沢さんがどのような策を用いたのか気になるところですね。

近代5種の廃止論はこの頃からでていたのですね。

当然近代5種も東京でやります。

そこに何を見出したのかはちょっと分からないです。

代々木の返還が決まりさてその費用となります。

やはり政治に頼らざるを得ないのですが田端の性格だとなかなかうまく行かないでしょう。

誰が予算を決断するのかも興味がありますね。

様々な人が結集しての東京オリンピックなのですからさらなる人材に期待したいところです。

田端の夢は国民の夢となるようさらなる奮闘ぶりで難題を乗り切るのでしょうね。

50代以上

日本のオリンピックを成功させるためには、日本国民の世論が盛り上がらないと駄目なことは一目瞭然です、また安保反対運動の目先をオリンピックに向かせる必要があり、田畑以下組織員会は、もやは、スポーツ界だけではオリンピックを開催できると思えず、政治の力を利用することを考え始める。

まず米国の説得(安保のために反米的になっている世論を、代々木の米軍基地を返還させることで打開する)次に、池田首相に会って、オリンピックが、いかに日本国民の感情を高揚させて、経済が発展するかを、田畑以下組織委員会が働き始めた、当然ながら、辣腕で知られる川合麻幹事長を、どのようにして利用するかに掛かってくるのですが?

30代

政治家として東京オリンピックに関わろうとする川島正次郎が、良く思っていない田畑を権力と手腕で排斥しようとたくらんでいるように思えるため、田畑のオリンピック実現に向けた大きな障壁として立ちふさがるのではと思います。

その中でも大きな懸案事項として資金の調達があり、最も大きなスポンサーとも言える政府に資金を回してもらう以上、横やりが入ることも避けられないことではありますが、口出しする者が多くなればなるほど意見はまとまらなくなるため、田畑が政府の人間を説得するか、もしくは自分たちで解決策を見出していく展開になると思います。

50代

東京オリンピックの競技場が朝霞になるか、代々木になるのかが決まるのかどうか注目です。

距離が遠いと、その分、移動時間がかかり、試合後の熱も冷めてしまうような気がします。

当時の大きな問題は代々木に米軍基地があったことで、それをどうするのかが大きな課題でした。

来年のオリンピックでもマラソンが札幌で行われることが決まったので、この問題も思い出しながら観ていることになりそうです。

川島は田畑が苦手なようですが、この関係を修復しないと、東京オリンピックを成功させることが出来ないような気がします。

準備に関して、予算の取り方なども問題が出てきているようですが、まだまだ問題が山積みと言った感じがします。

田畑たちはこれをどう解決していくのか注目したいと思います。

40代

・政府は金も出してくれるが、その代わりどんどん口を出してきて、案の定まーちゃん側と対立してしまう。

・特にオリンピック選手村について、朝霞にしたい政府側と、近くに置きたいというまーちゃん側の意見の食い違いがどうしても合わさらない。

・平沢和重のアイデアで何とか近くに建設できそうになる。

・しかし政府側から邪魔が入り、アメリカを巻き込んで紆余曲折。

・結果、なんとか近くに建設できるようになる。

・悪役だと思っていた川島幹事長も彼なりの事情があることがわかる。

・復活した志ん生が高座に上がれるようになる? ・四三にも何か東京で印象的な出来事がおこる。

40代

41話でも「回想」だけでなく(声)の出演がある嘉納治五郎。

田畑政治にだけ聞こえる声で訴えかけていく予告も有りましたが、政治の有力者に目をつけられた 田畑政治がどういった人脈や嘗ての仲間を駆使して啖呵を切ったことに対する物事の進め方をあのそそっかしいキャラクターとともに進めていけるのか。

そして女子バレーボールチーム率いる大松監督が如何にして昔の根性論とも言えるトップダウンの指導法からみるみるチームを強くしていったのかという話も並行して 並べていって、当時の国民が目を輝かせている間に田畑達が人知れず苦労する展開になるのではないかと思います。

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

いだてんの動画!42話の見所はどこ?

40代

当時の日本最高峰の人材を集って様々な準備をしていくわけです。

当然次回もすごい人物が出てくるのでしょう。

もちろん選手も出て来るはずですが誰が登場するのか葉楽しみですね。

問題の女子バレーボール。

編集をきちんとするなら次回からになりますが金メダルへの道はきちんとやって欲しいですね。

ここまで来たら開き直っていく方が返ってよいと思うのですがどう編集するのかは悪い意味で注目されます。

代表決定戦なども開かないといけないのでしょうがその準備もするのかは気になります。

一気に選手決定もありえますがどの種目でもいいので選手決定の過程をやってもらいたいです。

50代以上

田畑事務総長と、川島幹事長の昔からの、ぎくしゃくした関係をどのように改善をして行くのかのストリーを楽しみにしています。

川島幹事長を取り込めば、政治家を一派ひとからげで巻き込むことができるので非常に大事なポイントであると思っています。

オリンピックが日本国民の感情に火をつけて、経済が発展することに対し、どの様にして池田首相に話して、説き伏せるのか?代々木米国のベースキャンプを選手村にするための秘策は(当時の米国大使はライシャワー)いずれにしても、スポーツ界だけではオリンピック開催は無理だと思った、田畑事務総長が、どの様に舵を切るのかに注目したい。

30代

田畑対日本政府という構図になってしまうと一番困るのは田畑と政治家の間で板挟みにあってしまう東京都知事の東龍太郎氏で、これまで田畑とともにオリンピック開催に向けて尽力してきた東都知事が川島らの圧力によってどのような態度をとるのかは気になるところでもあります。

また今回一部編集という形で徳井さんの出演シーンに対応した放送回となりましたが、今回の放送を見る限りでは次回以降も大松監督を演じる徳井さんは存在感の大きな役として出演することになると思うので、どのような対応になってしまうのかも注目したいところです。

50代

やはり競技場が代々木に決まるまでの奔走ぶりが一番の見どころかもしれません。

東京オリンピックなので、やはりできるだけ東京都内で行うのがベストだと思います。

しかし、立地条件などがあり、用地確保は一筋縄ではいかないようです。

さらに政府が予算を提供することもあり、田畑たちの意見だけでは通らない難しさもあります。

大物政治家もそれぞれの思惑があるでしょうし、昭和の東京オリンピックを成功させるまでの裏には、いろいろな苦労があったのだと思います。

それでも田畑のオリンピックへの熱量が一番凄いと思いますし、そういう人がいたからこそ、東京オリンピックが成功できたのだと思いました。

40代

「東京流れ者」というタイトルからイメージが湧いていません。

川島幹事長のことを指しているのか、それとも他の誰かのことも指しているのでしょうか? 川島幹事長、41話ではいかにもな悪役でしたが、このドラマに限って、いい人悪い人とレッテルを貼ることは無いと信じているので、彼なりの正義や事情を見せてくれるのではないでしょうか。

政治家=ずるい、うわべだけ、などという、決めつけたイメージでドラマを作るようなスタッフではないと信じています。

お金や、政治が介入することの功罪をどう見せてくれるのか楽しみです。

40代

嘉納治五郎の魂は全然死んでいなくて、最初に会って面食らい、それでも五輪に出場し指導者への道を選びついていった金栗四三編、 うざったい迷惑ジジイと思いながらもバトンならぬストップウォッチを受け継ぎ夢へ全力投球していく田畑政治編。

そして病に倒れた古今亭志ん生が第1回で高座に上がるために渋滞の中を寄席へ走っていくシーンを思い出して、どうオリムピック噺をまとめていくか。

3人の主人公のラストランへの歩みがどうまとまっていくのか宮藤官九郎脚本の伏線回収はまだあるのか、そして美川君がどう登場するかがとても楽しみです。

◆いだてん “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> いだてん “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

いだてんの動画!42話までの感想

40代

東京オリンピックに向けてこれから数多くの難題をこなさなければならない。

人材は日本中から集待ってきますが具体的にどうするのかは田端の手腕に懸かっていたといってもいいでしょう。

田端の発想は悪くありませんしかし予算をどうにか工面しないといけないのは現実問題としてあり、本来なら政治家と手を結ぶべきです。

ドラマ上しょうがないのですが、川島正次郎を悪く描いたのはあまり好ましくないですね。

彼の助力なしには予算を工面できなかったのですから。

バレーボールのシーンをほぼカットなのかと思ったら逆にどこをカットしたのだろうと誰もが思うでしょう。

当時の大松監督のしごきは有名です。

それが女子バレーの実力と人気につながるのですからなんともいえないですね。

回転レシーブを出すまでいくとはちょっと感慨深いです。

50代以上

オリンピック員会の田畑総長は、加納治五郎船影の意志を引き継いで、組織委員会だけで、東京オリンピックを成功させようと努力するが、なかなか世論が盛り上がらず、挙句の果てに安保反対運動が壮絶ささを増して、オリンピック処では無いムーダになっていた。

この事態を打破する為に、田畑は色々と秘策を練る。

例えばローマオリンピックに人の派遣をして勉強させたり、選手村の開設を米軍基地の代々木に建設することを提案したり、金メダルを狙える種目の追加に、柔道とバレーボールの種目追加などに奔走する。

しかし、世論は動いてくれない、何せ加納先生の時代とは違いすすぎ、精神論だけでは通用しない時代であることを、田畑は薄々知り始めていた。

30代

開催が決まった1964年の東京オリンピックに向けて、田畑が中心となり準備を進めていく様子が軸となっています。

世界を股にかけて活躍している日本人が田畑の声かけによって協力し、東京オリンピックを作りあげていく様がとても興味深かったです。

オリンピックのロゴがデザインされる様子や、名前を聞いたことのある昭和の有名人たちが次々と登場し、これまで登場していた人物たちと関わっていく描写を見て、改めて日本の歴史を描いた大河ドラマであることを実感しました。

徳井さんの騒動によって全編オンエアとならなかったことは残念ですが、それでも作品を良いものにしようという製作者の気概を感じる回でした。

50代

1964年の東京オリンピックでは、東洋の魔女と言われた日本女子バレーボールチームの活躍が目立った大会でした。

しかし、その陰では過酷な練習の日々があったのだと思いました。

さらに女子バレーボールが正式種目になるまでには時間がかかったようです。

日本でメジャーなスポーツでも、世界的にはそれほどでもないような競技だと、オリンピック開催国によっては外されてしまうことがあります。

野球やソフトボールなどはその代表的なものと言っても良いかもしれません。

今回はグラフィックデザイナーの巨匠、亀倉雄策氏のポスターがいよいよ登場しました。

東京オリンピックのポスターはシンプルながらもインパクトがあり、日本を象徴する素晴らしいデザインだったと思います。

40代

いきなり黒バックの注意書きから始まって不穏でしたが、本編の勢いよさで吹っ飛びました。

しかも「馬!」「力道山!」などと結構ひどいあだ名で女性を呼び、どなりながらボールを投げつけるという「昨今の世情的に大丈夫なの?」と心配になるようなシーンですが、こういう事から逃げたり穏便に済ませず真正面から立ち向かうこのドラマスタッフを尊敬します。

田畑のオリンピックへの思いと、振り回されつつその思いに応えたい仲間の他に、今回は旨味を求めておしかける政治家、誰でも名前を聞いたことのある映画監督、あの有名なポスターを手がけたグラフィックデザイナーなど新しい人物が多数登場し、面白くもあり不穏だったりもしました。

そんな中、頭はすっかり白くなっているのにあの頃と変わらず走っている金栗四三と、亡くなってもなお影響力をもつ嘉納治五郎の存在がとても嬉しかったです。

40代

チュートリアル徳井さんが所得隠しをしていた件について、出演シーンの再編集をしたことが話題でした。 実際には東洋の魔女を率いて女子バレーボールを五輪で金メダルに導いた重要な役どころですので果たしてどう編集されるかが注目でしたが、 本当に編集を掛けたのかわからないくらいの出来栄えで素晴らしいと思いました。東京五輪の開催に向けて各所の準備が始まっていく中、まーちゃんこと田畑政治の 「俺のオリンピック」に賭けるエネルギーの強さ、昭和の表現界の大物をも心動かし、政治家も巻き込んでいよいよ嘉納治五郎の夢が積み上がっていく期待感のある回でした。

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

いだてん 42話を見逃した人は、

『いだてん』を1話からまとめて視聴できる『U-NEXT』がおススメです!

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

いつまで”31日間の無料トライアル”があるのか分からないので、見たいかたはお早めに~^^♪

これで連休の暇つぶしはバッチリです(笑)

いだてんの動画!42話のあらすじを最後に

ドラマ『いだてん』42話のあらすじを簡単に紹介します~!

1961年。3年後のオリンピック開催に向け、開発が進む東京。田畑(阿部サダヲ)は、政府が埼玉県内で進める選手村建設計画を中止させ、競技場に近い都心部に場所を確保しようと奔走する。

田畑の意を受けた平沢和重(星野 源)が、代々木の米軍基地を返還するようアメリカに訴えるが、それが大きな波紋を呼ぶ。政府によってオリンピック担当大臣に任命された大物政治家、川島正次郎(浅野忠信)が田畑に忍び寄る。

いだてん 公式サイト引用

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

最後までお読みいただきありがとうございました^^

◆いだてん “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> いだてん “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

※本ページの情報は2019年11月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。