いだてん 動画の27話も見逃しフル視聴する方法!

菅原小春も出演の大河ドラマ『いだてん』の27話が放送されましたね!

このいだてんの27話の動画はフルで見逃し視聴できるの?と、気になって動画を探している人が多いようです。

なのでこのページでは安心して、いだてん 27話の動画を “見逃し視聴できるおススメの方法” やネタバレを紹介しています↓

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

違法にアップロードされた動画じゃないので、高画質でCMもないし、安全に “1話~ まとめて” 視聴できますよ!

いだてんの動画!27話の予告を紹介

ドラマ『いだてん』27話の動画予告はこんな感じに!

いだてんの動画!27話をフルで見逃し視聴するおススメの方法

ではドラマ『いだてん』27話の動画を、フルで見逃し視聴できるおススメの方法を紹介します!

それは、いだてんの放送が終わるたびに毎回、見逃し配信をしてくれている公式のサービス『U-NEXT』です!

『U-NEXT』には”31日間の無料トライアル”が付いててお得なので、

違法にアップロードされた動画を探さなくても安全に見逃し視聴できます!

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

無料期間中に登録して31日以内に解約することもできるし、その場合でも、いだてんの動画を1話から視聴できます!!

もちろん『いだてん』以外の現在放送中の最新ドラマや映画・海外ドラマも、時間が許す限り好きなだけ見れてしまいます!

ただ、“31日間の無料トライアル”はいつまでやっているのかわからないので、

いだてんを安全にフル視聴したいなら早めに登録したほうが損しないです!

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

※U-NEXTに登録したら検索窓から⇒「いだてん」で検索してくださいね^^

いだてんの動画!27話の予想

40代 女性 :

いだてんの動画 27話の予想は、アムステダムオリンピックの余韻よりも金栗が東京から熊本に戻るほうがメインの話になりそうですね。

やはり7月までは金栗編でいくべきだったと思いますが今となってはどうしようもないことです。

金栗四三にはこれまでお疲れ様でしたと言いたい気分です。いまのところ田端は癖が強すぎてどうにもしっくりこないんですよね。

水泳だけではなくオリンピックのほかの競技にも情熱を掲げるというのはちょっと意外でしたがこれは良いと感じます。

いつの時代もそうですが普通じゃ考えられないような事を成し遂げる人が名を残します。

ですが近代で政治家にも企業家にもならなかった人がここまで注目されるのは珍しいことではないでしょうか。

20代 女性 :

いだてんの動画 27話の予想は、予告で実次兄が亡くなることが分かり衝撃的でした。

おそらく、四三さんの人生のターニングポイントになるのではないかと予感します。

選手として一線を退いているし、熊本に帰るのかな…と予想。もしそうなると東京の面々との絡みが見れなくなるのは

さみしい気もしますが、熊本でのこれからの四三さんの人生も垣間見てみたい気もします。

四三さんの人生も転換期を迎える気配ですが、水泳日本にも新しい風が吹きそうな予感。前畑秀子さんという新しい女性アスリートの登場が楽しみです。

なにせタイトルが「替わり目」(「変わり」ではなく「替わり」なのも意味深?)ですから、変化や世代交代の一話になるのではないかと予想しています。

30代 女性 :

いだてんの動画 27話の予想は、27話では水泳選手にスポットライトが当てられるようです。

まーちゃん自身水泳が好きだったものの医者に止められて自分ではできなくなってしまったからいっそう力を入れている感じがあります。

絹江は26話の感じだともう出てこないのかもしれませんが、次は水泳選手の秀子が活躍してくれそうです。

新しい登場人物がどんな風に物語に絡んでくるのか期待しています。また、予告を見たところ四三の兄の実次が亡くなるようでした。

病死なのかまだ分かりませんが、これまで四三を応援してくれたムードメーカー的存在の実次が亡くなってしまったら、

今後四三の出番が減ってしまうかもしれないなと思いますね。

30代 女性 :

いだてんの動画 27話の予想は、人見さんが女性初のメダリストになったことに影響を受けて各地、各競技で女性の活躍が出てくると思います。

また、田畑は人見さんの時も女性が運動することやオリンピックに出場することに対して、

他の人に比べて抵抗はなかったみたいなので、水泳にも女性選手が出てくると思います。

水泳になると水着になるためにまた反発運動がでて、色々と揉めていくと思ますが、田畑が勢いでまた解決するのではないかなと思います。

そこに金栗も関わってくるのではないかと思います。題が「替り目」となっているのでここから本格的に田畑が中心となって話が展開していくと思います。

40代 女性 :

いだてんの動画 27話の予想は、人見絹枝の銀メダル、水泳もメダルラッシュだったりとアムステルダムオリンピック後のスポーツ界は盛り上がっていた。

選手の人気も出てきたりこの波に乗ろうと田畑は新たに選手を探し出す中で前畑秀子の存在を知る。

四三は熊本から戻るようにと言われていたが整理はつかないまま指導者としての仕事を精力的にこなしていた。

そこに実次が亡くなったと知らせが入りとりあえず熊本に戻ることになる。東京で頑張る四三を心配する実次の想いを聞いた四三は今後を考え始める。

四三は結論を出し、体協に行くが田畑しか居らず、辞めることを報告する。しかし田畑は水泳の良さを語り始める。

50代 男性 :

いだてんの動画 27話の予想は、田端政治は次回のロサンゼルスオリンピックのために水泳の特訓を行います。

しかし、アムステルダムオリンピックに出場して、外国の練習方法を見てきた選手からその方法は古いと言われます。

田端は神宮に出来たプールで前畑秀子という水泳の上手な女性に出会います。田端は前畑のコーチを買って出て、女子の水泳選手を育てることにします。

一方、現役を引退した金栗四三は兄の実次から熊本に帰るように言われます。

しかし、女子スポーツの発展を願って、人見絹恵らのコーチになります。四三はまた新しい選手を発掘します。

その選手のコーチをすることに決めました。

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

いだてんの動画!27話の見所はどこ?

40代 女性 :

いだてんの動画 27話の見所は、人見絹江さんは次のオリンピックに出ることなく亡くなってしまいます。非常に残念です。

田端がどう思うかは別にして時代は進んで行きます。次のロサンゼルスオリンピックへの道が始まるでしょう。

前畑秀子が登場しましたが彼女もロサンゼルス大会に出場します。

女子オリンピック選手最初の金メダリストになる彼女ですが、ロサンゼルスでは銀メダルだったんですよね。

それよりも鶴田選手が2連覇するわけですが彼にあまり焦点を当てられないのはまあしょうがないですかな。海軍所属ですから。

そして1932年のロサンゼルスオリンピック主役は別です。陸軍の西竹一。彼がどう登場するのか楽しみです。

30代 女性 :

いだてんの動画 27話の見所は、毎回息もつかせぬ展開に目が離せないいだてんですが、次回はたくさんの展開がありそうで楽しみです。

実次兄が亡くなるようなのは残念です…。

にぎやかでパワフルで愛情深くて、この兄なしでは四三さんは活躍できなかったと思うので、四三さんを思うとつらい話になりそうです。

ですが熊本のみなさんに会えるのはやっぱり楽しみでもあり、特に幾江さんがどんな言葉を四三さんに投げかけるのか心待ちです。

また、前畑秀子さんの登場も楽しみです。どんな方なのか存じ上げないので、あえてまっさらな気持ちで視聴したいと思います。

そしてまーちゃんはまた口が韋駄天になるんだろうなあ。さわがしいまーちゃんのおしゃべりが、第二部の大きな楽しみになっています。

30代 女性 :

いだてんの動画 27話の見所は、金栗が兄、実次から熊本に帰るように言われているのですが、なぜ帰らなければいけないのか気になります。

また、女性の水泳選手を田畑はどこから見つけ、またどのように口説いてオリンピックに行かそうとするのか楽しみです。

加えて、田畑自身は30歳で死ぬと信じているのでそれをいつまで信じ続けるの楽しみです。

田畑と河野が26話ではライバルながら力を合わせていたので27話では二人の関係がどうなっているのか見所です。

タイトルが「替り目」ということもあり、主人公の「替り目」でもあり、これから戦争へと日本が向かっていくので、

時代の「替り目」でもある27話はどのような回になるのか楽しみです。

30代 女性 :

いだてんの動画 27話の見所は、新しい登場人物、水泳選手の秀子の登場です。

まーちゃんとは運命的な出会いを果たすようですが、いったいどんな出会い方をするのか気になります。

また彼女はどんな泳ぎを見せてくれるのか。絹江がもう出てこないのだとしたら寂しいですが、また新たなスポーツ選手が出てくるのは楽しみですね。

また実次のシーンも見どころの一つではないかと思います。実次はメインキャラクターではないもののこれまでいだてんになくてはならない存在でした。

どうも亡くなるようなのでこれまで四三を支えてきてくれた実次が亡くなってしまうのは寂しいですが、実次の最後の活躍を見せて欲しいですね。

40代 女性 :

いだてんの動画 27話の見所は、前畑秀子も登場だったりとスポーツ界は次々と新しい風が吹きそうで楽しみです。

今回のオリンピックの選手の選抜にしても大事な役割を田畑は果たしているんだなと思ったし、

もう次のオリンピックに向けて動いてるんだなと改めて感じる人の流れだなと感じています。

時代や人の移り変わりは仕方ないことだけど、四三はあれだけ拘っていた東京を離れるキッカケが家族の悲しい知らせだったり何だか寂しさを感じますが、

指導者としての四三の人生はまだまだ続くだろうから、また救世主として上京も有り得るのかな?と四三のこれからの流れに期待したいところです。

それとあれだけ水泳愛の強い田畑が四三のこれまでを称える場面が楽しみなところです。

50代 男性 :

いだてんの動画 27話の見どころは前畑秀子という女性がどんな人で、どのように水泳選手として育ったかということです。

それから四三も現役を引退した後はどうしたのかが見どころです。

楽しみにしていることは前畑秀子の役をやっている女優はドラマの「義母と娘のブルース」に出ていたので、また見られると楽しみにしています。

それからこの女優はお姉さんも映画の「君の名は」で声優をやっていたり、歌も歌っていたり、

お姉さんの方が先に有名になってしまったので、妹の方は大丈夫かと気にかけていました。

水泳が出来る役なので水泳がきっと得意なのではないかと思いました。

◆いだてん “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> いだてん “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

いだてんの動画!27話までの感想

20代 女性 :

いだてんの動画 27話までの感想は、冒頭、田端政治が高橋是清から予算を引っ張ってきた詳細が描かれました。

ドラマですのでかなり誇張しているはずですが大蔵大臣に直談判しに行くという行動力と心意気はすさまじいものです。

そして体協の長年の課題だった予算不足が解決するわけです。

しかしこれまで苦労してきた金策が途中から来たものに解決されてしまうのですから加納先生はじめ複雑な心境だったでしょう。

オリンピックも認知されてきたでしょうから時期としてはちょうど良かったとは思います。

そして今回は日本女子最初のオリンピック選手であり初のメダリスト人見絹江選手をメインにすえました。

金栗も出ていましたがあくまでも控えめでしたね。スットクホルムのときもシベリア鉄道で現地に向かいましたが、

アムステルダムオリンピックに向かう選手達は悲壮感がなく笑顔で楽しげでした。これが時代の変化なんだなあとしみじみ感じます。

日本選手団が結果を残したことで出場した選手はもちろんこれまで関わった来た多くの人たちが救われた思いになったでしょうね。

先週から楽しみにしていましたが本当にいい回となりました。

30代 女性 :

いだてんの動画 27話までの感想は、なんといっても「人見絹枝物語」が素晴らしかったです。

心無い中傷や野次に傷つく人見さんが痛々しく、観ているこちらまでつらくなった冒頭。

これまでも、才能があるのに小さく生きている彼女を見ていると、はがゆくて物悲しくて、胸が痛んでいました。

まさにシマちゃんの気持ちで観ていたように思います。そして圧巻のロッカールームでの人見さんの涙の訴え。

魂が揺さぶられるような演技でした。そこからの800m走、銀メダルの流れで、もう涙腺崩壊です。

印象的だったのは、帰国後に田畑さんに「化け物」といわれてはにかんだ人見さんの表情。

世界に出ると自分は特別ではなかったと語る人見さんの言葉も印象的で、世界の壁を知ると同時に、

世界の広さを知ったのだなと思いました。それだけに、最後の静かなナレーションは衝撃的で。

あんなに力強く地面を蹴っていたのに…その命の儚さに胸が締め付けられました。

二階堂先生の優しいまなざしと「ご幸福ですか?」の言葉は今回の名脇役だったと思います。

短い生涯だったけれど、人見さんは幸せを見つけて自分の人生を走り切ったのだと、心が満たされる秀逸な終わり方でした。

30代 女性 :

いだてんの動画 27話までの感想は、「いだてん」26話は日本女子初のメダリスト人見絹枝さんの魅力がたくさん詰まっていた回でした。

人見さんが男の人からけなされ、馬鹿にされても、トクヨからの励ましの言葉や島先生の思いを引き継いで走る姿には感動しまして涙が止まりませんでした。

当時の女性の扱いなどは今の私たちでは考えられないような扱いだったことも今回の回で分かり、

そんな中で迎えたオリンピックには特別な思いがあったということが十分に伝わりました。

そんな人見さんがオリンピックから3年後、24歳で他界したことは衝撃的なことであり、無念でなりませんでした。

もっと活躍してほしかったし、もっと女子体育を広めていって欲しかったと強く思いました。

30代 女性 :

いだてんの動画 27話までの感想は、絹江にスポットライトを当てられ、

主人公はまーちゃんだということを忘れそうなくらい彼女にスポットライトが当てられていました。

男女平等とはいっても現代でも女性は下に見られているところが多いですし、昭和初期のこの時代ならそんな風に見られてばかりだったでしょう。

絹江が「男は負けても帰れるけど女はそれができない。

私のせいで女性選手の未来が絶たれてしまう」と責任を感じてもう一度走らせてくれと言っているシーンは

セリフ一つ一つが重くて胸がぎゅっと掴まれるような気分になりました。

あまり期待ばかりしては選手の負担になると思わされた大切な回でした。

40代 女性 :

いだてんの動画 27話までの感想は、田畑と高橋是清の会話はまだスポーツと政治が別と話されているところに今の時代には考えられない違和感がありました。

つい最近までキャラ強いと思っていた二階堂トクヨがもちろん今までのように女子陸上に対して

自分の筋も通しているけれどしっかりと人見絹枝を支えている優しい姿が印象強かったです。

今で言うメンタル面を話していた田畑の考えはやっぱり進んでいると思いました。徐々に反応していく四三が選手だったからこそわかる気持ちだと感じたところでした。

でも本当に気持ちの面倒を見ようとしてるの?と感じてしまった田畑の絹枝への「バケモン」発言に「おい…」と思ってしまいましたが。

絹枝が800mに出場すると野口に訴えるところは何度見ても泣けてきます。

自分のリベンジだけでなく、女子スポーツを考えているところに背負って立つ強さも感じたし、絹枝自身を引き出してくれたシマの顔が浮かんで来た場面は凄く感動しました。

田畑の「水泳のために」の前提はあるけど新たに記事を作ろうとする盛り立てるやり方が好きでした。

50代 男性 :

いだてんの動画 27話までの感想は、人見絹恵が途中で800m走にエントリーして、頑張って銀メダルを取ったのでよかったです。

しかし、ドラマの後の説明で24歳で亡くなったそうなのでやはり運動することは体に負担をかけるのではないかと思いました。

田端政治はオリンピックのためにお金を集めてきたり、口ばかりなのかなと思いましたが、

裏で動いていることが分かり、ちゃんとオリンピックに貢献してるのだと思いました。

それから本職よりもオリンピックに尽くしたこともよくわかりました。

今回は落語家の美濃部孝蔵の話しがなかったので残念でした。もうすぐ違う俳優に後退するのかなと思いました。

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

いだてんの動画!27話【ネタバレ】← 紹介

ここからがドラマ『いだてん』27話のネタバレになります!

人生の岐路に立つ

昭和2年(1927年)に美濃部孝蔵は新たな師匠の元で落語を続けていた。

孝蔵は相変わらずの様子で、師匠と揉めてしまい破門になってしまう。

仕事を失い再び貧乏暮らしに戻っていたが、おりんが長男を出産する。

お金のない孝蔵は産婆に交渉して、タイ焼きを出してきた。

産婆がタイ焼きを食べようとするとおりんや子供達のお腹が鳴り、皆で食べる事になる。

アムステルダムオリンピックで好成績を収めた事が話題になっていた。

大日本体育協会にいた嘉納治五郎達は喜ぶ。

しかし、陸上より水泳の方が好成績を収め、田畑政治の頑張りを会長の岸清一が褒める。

その頃、田畑はバーローズに行き、マリーに占いを頼む。

「占ってくれとしつこく頼む田畑の身体を心配して、健康に気を遣うようにマリーは口にした。

田畑は余命が近くなり、次回のオリンピックまで生きられないと落ち込む。

38歳になった金栗四三は、相変わらず元気に走る。

播磨屋に戻ると兄の実次が尋ねて来ていた。

更に息子の正明も一緒にいて、その場は笑いに包まれて盛り上がる。

実次は東京に用事があったと口にした。

東京で会うのは17年ぶりだと2人で話をして、震災から5年の復興に速さに実次は驚く。

その時、「なあ、四三」と実次は熊本に帰ってくるように促して、人生の岐路に立たされた。

陸上の後継者の育成を考えていた四三は悩む。

打倒アメリカに向けて

水連本部にいた田畑は次回オリンピックに向けて相談していた。

松澤一鶴・高石勝男・鶴田義行・野田一雄に自らの計画を説明する。

高石達は松澤が監督だと推して、田畑は応援団長だと思われていた。

その場の空気を察した松澤は総監督と田畑が株を上げる。

野田は現役引退が自然と決まってしまい、助監督と指導側に回る事になった。

田畑は3つの計画として、監督・コーチを決める事を挙げる。

アメリカに真っ向から戦い、勝つと意気込む田畑は体協の岸にプールの事を相談した。

岸は自らのポケットマネーを出して、田畑の説明を聞く。

力説する田畑は日米対抗戦をすると提案して、彼独自の発想を出す。

岸は承諾して、神宮プール建設が始まった。

四三に届いた電報

四三がベランダで水浴びをしていると、黒坂辛作が電報を持ってきた。

彼が中身を確認すると「おいと四三に声を掛けて、実次が危篤だと伝える。

急いで熊本に戻った四三の前には亡くなっていた実次がいた。

回りにいた家族に事情を聞き、四三は父親の時も間に合わなかった事を思い出す。

実次の顔をようやく見た四三は涙を出しながら、話し掛けた。

母親から実次が四三の事をいつも気にしていた事を聞く。

更に東京から帰ってきた時を耳にすると四三は嘘だと口にした。

そこに池部スヤと幾江がやってくる。

幾江の身体も衰えていて、足が弱っていた。

四三は母親から長生きして親孝行するようにと声を掛けられる。

その晩、幾江の言葉もあって四三は実次のそばにいた。

幼少期からの出来事を思い出す四三は自らのために尽くしてくれた兄に感謝する。

そして、「そろそろ潮時ばい」と言い、自らの引退を強く決意した。

勢いに乗る水泳

昭和5年(1930年)の春、東京市長の永田秀次郎は新たな計画を考えた。

そこに秘書の清水がオリンピックを提案して、治五郎に詳しい話をするように勧める。

その頃、田畑の悲願だった神宮プールが完成して、女子水泳には新たな優秀な選手が現れました。

前畑秀子といい、好記録を出した彼女に田畑は話し掛けて日米対抗に出るように伝える。

次にスポンサー集めに奮闘する田畑は必死で部長の緒方と社長を説得しようとした。

田畑は水上座談会を開き、河西三省スポーツアナウンサーが司会で進めていく。

選手達の話を遮り、田畑は1人でしゃべり倒していると河西が自らと同じ32歳と口にした。

急いでローズに向かった田畑はとマリーに手相を見てもらう。

自らの生命線を伸ばしていた彼は忙しさのあまり年齢を忘れていた。

更に日米対抗戦の結果を占ってもらい、写真を出す。

マリーにアメリカが勝つと伝えられるが、田畑は逆の考えをすると宣戦して、緒方に結婚相手を頼んだ。

人生の変わり目

四三は治五郎に会いに行き、熊本に帰る事を伝える。

その言葉に動揺する治五郎に対して、四三は感謝を示した。

改めて、四三の力を借りたいと頼んだ治五郎は東京にオリンピックを呼ぶ事を口にする。

しかし、「やっぱり、帰りますと言い、実次が亡くなった事を話した。

治五郎も落ち込み、以前に実次が尋ねて来た事を明かす。

道場破りとしてやってきた実次はその時、元気な様子を見せていた。

嘘ではなかったと知った四三は涙する。

その時、体協に尋ねてきた田畑を野口源五郎は追い返そうとする。

すると治五郎と四三が部屋に戻ってきた。

治五郎と野口が席を外して、四三と田畑は二人っきりになり気まずい雰囲気が流れる。

落ち着かない状況で田畑が四三に話し掛けて、オリンピックでの1番の思い出を聞く。

立ち上がって悩む四三は三島と参加した初めてのオリンピックを思い出す。

そして、「紅茶と甘いお菓子が美味しかったね」と予期せぬ言葉を言う。

四三は道を逸れしまい、ある家族に介抱してもらった事が印象に残っていた。

その場を去っていく四三に田畑は質問した事を後悔する。

しかし、元祖オリンピックと四三の事を田畑は認めていた。

今まで陸上と水泳が対立関係にあったが、彼は四三の偉大さを感じる。

田畑の独り言を聞いていた四三は「さよならと声を掛けて、部屋を去っていった。

--- 以上、いだてん 27話のネタバレでした~! ---

いだてん 27話を見逃した人は、

『いだてん』を1話からまとめて視聴できる『U-NEXT』がおススメです!

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

いつまで”31日間の無料トライアル”があるのか分からないので、見たいかたはお早めに~^^♪

これで連休の暇つぶしはバッチリです(笑)

いだてんの動画!27話の感想まとめ

いだてん 27話の感想は、孝蔵は新たな師匠の元で落語家を続けていましたが、相変わらずの様子でした。

家族も増えてもう少し大人になったかと思っていました。

しかし、妻のおりんの事を大事に思っていたとは意外です。

ずっと口にはしていませんでしたが、自分には彼女しかいないと決めていました。

これからどうやって落語として、再起を果たすのか楽しみです。

田畑はアステムダムオリンピックで好成績を収めた日本選手団ですが、水泳の勢いは凄いと感じました。

水泳は前回のオリンピックに比べて、格段に成長しました。これも選手達の努力と田畑の奮闘だと思います。

口は悪い彼ですが、人一倍熱い気持ちを持っています。誰に対しても、自らの持論を語る彼の姿は凄いです。

もう少し落ち着いた姿を見せてくれるといいと思います。

四三は38歳になっても元気な姿を見せていましたが、まだ現役で行けそうです。

後輩達の育成にも力を入れている彼は今後も東京で指導者として奮闘していくと思っていました。

まさか、兄の実次が亡くなってしまうとは意外で悲しかったです。

熊本で実次の姿や家族の様子を見て、四三も地元に帰る決意をしたようです。

ずっと、東京で頑張ってきた四三もついに潮時だと察する機会になったみたいです。

オリンピックに3回も参加した彼が残した功績はとても大きかったと思います。

地元に戻っても彼らしく生きて欲しいですし、マラソンの普及に務めて欲しいです。

田畑と四三が体協で再会を果たしますが、流石に気まずい雰囲気が流れていました。

四三にオリンピックでの思い出を尋ねましたが、やはり最初のオリンピックは印象的だったのですね。

三島とのやり取りを口にするかと思いましたが、まさか紅茶と甘いお菓子の事を口にするとは驚きです。

それも彼らしさだと思いますが、苦労の中でも奮闘しました。陸上の原点でもある四三の存在が今後も大きいと思います。

東京にオリンピックを開催する話が浮上していましたが、戦争で中止の方向に進みそうです。

水泳も良い選手達が揃ってきたので彼らの活躍が見たいです。

次回は日本にも戦争という大きな出来事に巻き込まれそうです。

果たして、これからの日本のスポーツはどうなっていくのか気になります。

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

いだてんの動画!27話のあらすじを最後に

ドラマ『いだてん』27話のあらすじを簡単に紹介します~!

アムステルダム五輪での水泳選手団の活躍を受け、田畑政治(阿部サダヲ)は次回ロサンゼルス大会での必勝プランを練る。

同じころ、現役を引退した金栗四三(中村勘九郎)のもとに兄・実次(中村獅童)が上京し熊本に戻るよう告げるが、

後進の育成の夢を抱える四三は葛藤する。

水泳大国を目指す田畑の悲願だった神宮プールが完成し、そのこけら落としとなった大会で田畑は

天才少女・前畑秀子(上白石萌歌)と運命の出会いを果たす。

いだてん 公式サイト引用

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

最後までお読みいただきありがとうございました^^

◆いだてん “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> いだてん “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

※本ページの情報は2019年7月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。