いだてん 動画の14話も見逃しフル視聴する方法!

シェアする!!

天狗倶楽部が人気の大河ドラマ『いだてん』の14話が放送されましたね!

このいだてんの14話の動画はフルで見逃し視聴できるの?と、気になって動画を探している人が多いようです。

なのでこのページでは安心して、いだてん 14話の動画を “見逃し視聴できるおススメの方法” やネタバレを紹介しています↓

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

違法にアップロードされた動画じゃないので、高画質でCMもないし “1話~ 全話まとめて” 視聴できますよ!

※現在『いだてん』4~10話は配信停止中となっています※

いだてんの動画!14話の予告を紹介

ドラマ『いだてん』14話の動画予告はこんな感じに!

いだてんの動画!14話をフルで見逃し視聴するおススメの方法

ではドラマ『いだてん』14話の動画を、フルで見逃し視聴できるおススメの方法を紹介します!

それは、いだてんの放送が終わるたびに毎回、見逃し配信をしてくれている公式のサービス『U-NEXT』です!

『U-NEXT』には”31日間の無料トライアル”が付いててお得なので、

違法にアップロードされた動画を探さなくても安全に見逃し視聴できます!

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

無料期間中に登録して31日以内に解約することもできるし、その場合でも、いだてんの動画を1話から視聴できます!!

もちろん『いだてん』以外の現在放送中の最新ドラマや映画・海外ドラマも、時間が許す限り好きなだけ見れてしまいます!

ただ、“31日間の無料トライアル”はいつまでやっているのかわからないので、

いだてんを安全にフル視聴したいなら早めに登録したほうが損しないです!

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

※U-NEXTに登録したら検索窓から⇒「いだてん」で検索してくださいね^^

いだてんの動画!14話の予想

20代 女性 :

いだてんの動画 14話の予想は、帰国後、四三が周りからバッシングを受け、自信を無くしてしまうのではないだろうか。

しかし、友人や家族、身近な人達に支えられ、そのうちに自信を取り戻すと思う。

そして次のベルリンオリンピックに向けて、今までの自分の日記を分析しつつ、また練習に励む日々を送ると思う。

特に日本人が欧米人に対等になれるような体力作りに注力し、兵蔵が残した本(走法など)も織り交ぜたものになると思う。

そのうちに四三のもとにマラソン志願者が現れ始め、四三は次第にリーダー的存在になるのではないだろうか。

そうしてやっと日本でマラソンが普及されるようになるだろう。

50代 女性 :

いだてんの動画 14話の予想は、金栗は帰国してから、次のオリンピックのために練習に励みました。

東京高師の永井道明の弟子の二階堂トクヨと一緒に強靱な肉体を作るために試行錯誤もしました。

一方、三島は世界のレベルの高さに歴然として、次のオリンピックを目指すことをやめてしまいます。

橘家円喬の弟子の美濃部孝蔵はお酒を飲んで前座に上がったために円喬に怒られます。

美濃部は円喬のところを飛び出して、地方の噺家に弟子入りすることにしました。

新橋を発つとき、円喬は餞別を持って、新橋駅まで駆けつけます。それを見た美濃部は円喬のような立派な噺家になることを目指します。

20代 女性 :

いだてんの動画 14話の予想は、予告の中で四三が結婚について言っていたこと(たしか結婚はしないと言っていたような)と、

春野スヤの白無垢姿が映っていたので、ストックホルム大会編が終わって、いよいよ四三とスヤが結婚するのかなと思っています。

そして、時代は明治が終わり大正に変わるようなので時代が変わって四三達をとりまく環境はもちろん、

嘉納治五郎をとりまく環境も変わっていくのではないかと思っています。

四三とスヤの結婚、明治から大正へと変わってゆく時代と変わってゆくものがたくさんあって一気に展開が変わってゆくのが14話なのかなと思っています。

30代 女性 :

いだてんの動画 14話の予想は、来週は総集編だと思いますが、2週間後新編が始まります。

金栗の次のオリンピックへの道がメインでいいのかな。金栗の周囲で起こることや加納先生の苦闘が描かれることでしょう。

次のオリンピックの予算どうやって工面するんでしょうね。

はじめのころから朝ドラ風といわれていますがしばらくはその傾向が強くなりそうです。

できればどたばた劇ではなく真面目なストーリーを期待しているのですがそうもいかないでしょうね。

ドラマの中で慌しく時間が流れて女子スポーツの普及活動やりそうですがどうなりますか。

金栗の更なる修練を期待し14話を楽しみに待つことにします。

40代 女性 :

いだてんの動画 14話の予想は、四三がストックホルムから帰国したのと同じ頃に明治から大正に変わる。

時代の流れを目の当たりにするように四三が通う師範学校には女性の教師が入ってくる。今までの女性像を超える勢いに四三はたちは驚いてしまう。

三島家の女中、シマもスポーツに興味を持っていたことから弥彦は四三に改めて紹介する。

一方故郷の熊本からは結婚の話が舞い込んでくる。四三は「結婚する気はない」と断るが話を聞くとその相手はスヤだった。

オリンピック出場したことでコーチとしての立場も引き受けることになる。

初高座以来孝蔵は出番をすっぽかし車の前でサボっていた。

30代 男性 :

いだてんの動画 14話の予想は、ストックホルムオリンピックに初めて参加した弥彦は自己新記録を出したものの完全な敗退、

四三は折り返し地点から朦朧となり途中で敗退と、何ら結果が出せないまま帰国するのを、

永井が考えている日本人の体つきが海外の選手たちに劣るために勝てないと持論を展開するために、

明治から大正へと時代が変わる事も利用して東京高師のトップになろうと画策し、四三は4年後のベルリンオリンピックを目指して練習を再開する気がします。

一方の落語家を目指す孝蔵は、初めて高座で披露した落語のできに満足できず、話す手法を身に付けるために落語に対する姿勢が変わると予想しています。

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

いだてんの動画!14話の見所はどこ?

20代 女性 :

いだてんの動画 14話の見所は、四三が帰国後、どう迎えられるか、それを受けてどんな気持ちになるのか、

そしてどう行動していくかが見どころ。また弥彦についても同じように考える。弥彦は帰国後もスポーツ自体を続けていくのか。

一方、帰国するまでの間の日本ではどのようなことが起こっていたかも気になるところ。

予告では明治から大正に変わっていて、おそらく治五郎の部屋が物で溢れかえっていたので、特に治五郎がどんな立場になっているのかも気になる。

スポーツがその時代に受け入れられるようになるか、これからの四三にとってもターニングポイントとなる第14話になるだろう。

50代 女性 :

いだてんの動画 14話の見所は、オリンピックで金栗は日射病で棄権してしまったので、

次のオリンピックに出るために練習方法も変えて、体力作りもします。その練習方法や体力作りが見どころです。

金栗を助けるために二階堂が力になるのですが、二階堂がどのような人かが楽しみにしています。

金栗は東京高師の後、どこに進むのかも楽しみです。

第一次世界大戦も始まっていくので、スポーツのためにお金が使われるのか、次のオリンピックが開かれるのか、それも見どころです。

一方、美濃部も噺家になるために地方へ行くのですが、どのような噺家に出会えるのか、楽しみです。

20代 女性 :

いだてんの動画 14話の見所は、予告で一瞬映ったスヤの白無垢姿、いよいよ四三も結婚するのかと今から来週の14話が楽しみです。

ストックホルム大会編が終わり、オリンピックで活躍してきた四三達は日本へ帰ってきて、オリンピックの次は明治から大正への時代の変化。

次回予告を見て気になったのは、日本へ帰ってきて四三達をとりまく環境はガラリと変わってしまったのかということです。

結婚や時代が変わることによって、四三や四三の周りの人々、そして13話であんなことになった孝蔵が首は繋がっているが、

その後どうなって、今の志ん生に繋がるのかも気になるポイントです。

30代 女性 :

いだてんの動画 14話の見所は、金栗四三は大河ドラマの主役に選ばれるだけあっていろんなことしているんですよ。

それなのでエピソードはたくさんありどう脚色していくかなんですが一応金栗編はうまくできていると私は思っております。

必ず出てくる箱根駅伝の話をNHKでどう演出するんだろうと思うのですが、予告見る限り力技で何とかしそうですね。

それにしても金栗が出るんでしょうか。その辺は見所になるのかな。

箱根駅伝も創設後しばらくというかテレビ中継(日テレの前にテレ東がやっていたのですが)

入るころまでは牧歌的というかルールがゆるかったので演出も何でもありでもいいのですけど。

明治から大正へ。またストックホルムオリンピックの次は8年後になってしまうのでその間どう移り変わってゆくのか大いに楽しみです。

40代 女性 :

いだてんの動画 14話の見所は、どんな話の流れから「箱根駅伝」の創設にも関わっていくのか、有名な日本の行事でもあるし注目してみたい場面です。

「新世界」が意味するように女性の活躍もしっかり描かれるのかなと思いました。

師範学校の女性教師の新キャラが楽しみです。強そうで四三よりも嘉納治五郎と関わるとどんな風になっていくのか楽しみです。

三島家の女中、シマの四三以上の天然ぶりにも期待したいと思います。

女中として自分の思いを伏せていた場面が多かったので四三と走るちょっとテンパり気味な場面は全く違ってて面白そうだなと感じました。

スヤとの結婚はもう少し先だと思っていたので驚きでもあります。

「!?」が付いていたので金栗家とのドタバタ劇があることを楽しみにしてます。

30代 男性 :

いだてんの動画 14話の見所は、ストックホルムオリンピックに参加した四三と弥彦に日本選手団をまとめた治五郎たちが帰国する日本が、

旅立つ前の明治時代から大正時代へと変わり、全ての雰囲気が劇的に変化したのを全然知らない、浦島太郎状態に陥った様子が楽しみです。

また、時代が変わった事で女性たちも社会へと出てくるようで、男性中心の評価で四三たちを労うのとは違い、

女性たちの厳しい指摘の数々が飛び交い、自分のために走るというよりも支えてくれた人々のために走った心優しい四三がどんな表情を見せて言葉を話すのかが楽しみです。

更に、四三を慕い恋心を持っていたスヤの夫の重行が体調を悪くしている雰囲気が見受けられ、四三の生きる環境がマラソンだけでなくなり、

時代と共に激変する様子になりそうで見どころが豊富で楽しみにしています。


◆最新のドラマ動画の見逃し視聴方法&ネタバレまとめページはこちら↓

>>> ドラマ動画の見逃し&ネタバレをまとめてチェック♪

いだてんの動画!14話までの感想

20代 女性 :

いだてんの動画 14話までの感想は、マラソン競技中にラザロと四三が分かれた道が生死の分かれ目であったことがわかり、

その奇妙さとともに切なくて仕方がなかった。

その事実を知った直後、四三は自分が生き残ったことを後悔する発言をするが、弥彦がすかさず否定してくれて、本当に弥彦がいて良かった。

お互いが辛い時に支えあってきたからこそこのオリンピックを乗り切ることができたと思う。

彼らはこれからも戦友でありつづけるだろう。その二人が兵蔵に別れの挨拶に向かうが、安仁子に拒否されるのは疑問だった。

最後くらい良いのでは?と。労咳は確かにうつるが、そのわりには今までの描写で結構2人といることが多かったため、

2人にとって後々心残りになったのではないだろうか。

50代 女性 :

いだてんの動画 14話までの感想は、東京高師の金栗四三はマラソンを棄権してしまったのですが、

昔も暑いときにマラソンの競技が行われていたことにびっくりしました。

死亡者まで出ていたことも知りませんでした。今も昔もマラソンは過酷なのですが、死亡者が出てもマラソンは途絶えることがなかったことも知りました。

初めてオリンピックに行った金栗にとって、とても勉強になったと思いました。

監督の大森兵蔵は病気でも金栗や金栗の盟友の三島弥彦のために尽力を尽くしたことがこの時代を一生懸命生きた証でもあると思いました。

金栗は次のオリンピックのためにまた頑張って欲しいと思いました。

20代 女性 :

いだてんの動画 14話までの感想は、国籍は違えど、足袋を通じて友情を育んだ四三とラザロ選手。

四三は途中棄権はしてしまったけれど命は助かったが、ラザロ選手が日射病で亡くなってしまったのが個人的に1番ショックでした。

言葉も通じない四三とラザロだったのに、四三の履いていた足袋からまさか仲良くなるとは思っていなかったし、

先週の放送でラザロ選手について触れないな…とは思っていましたがまさか亡くなっているとは思いませんでした。

13話の最後の方で2人とともにストックホルムへ来た監督(大森兵蔵)までもが亡くなってしまうのもショックでした。

安仁子夫人の「察してください」の言い方に、あぁ…とうとう監督も亡くなってしまうのかなとなんとなく感じましたが、

監督の最後のシーンとそのあとの安仁子夫人の言葉と感動しました。

30代 女性 :

いだてんの動画 14話までの感想は、今回のタイトル「復活」日射病でマラソンを走っている最中に倒れた金栗が気持ちを新たにまた走り出すということでいいのかな。

予想していたこととずれがありましたが許容範囲です。予想通りマラソンで金栗に何が起きたのかを描いていました。

ふらふらになりながらさまよって人家にたどりついたんですね。迷ったのは金栗だけではなかった演出もうまくは待ったように思います。

そしてラザロ選手の死をを伝え聞き深い悲しみを抱きながら走り出す姿はジーンとしました。

選手たちが追悼するシーンよかったですね。「また四年後」この後を知るものとしてはいろいろな意味で複雑で悲しい言葉です。

金栗、三島、そして加納先生それぞれがストックホルムから帰途に着きますが感慨深いものです。

大森監督含め日本人のオリンピックはここから始まったわけです。始まりがあるから次がある。

ストックホルムオリンピック編終了です。

40代 女性 :

いだてんの動画 14話までの感想は、謎を解いていくようにレースを辿っていく四三とダニエルのシーンがミステリアスで面白かったです。

駐スウェーデン公使の内田から声をかけられ我に返った四三の走り出そうとする姿に使命感が強く、見ていて気持ちがグッときた場面でした。

四三の結果に気持ちが落ち込んでいるところにラザロの死がますます落ち込んでしまいました。

コースを間違わず行っていたら同じ運命だったかのようなやり取りにレースの厳しさが伝わってきました。

弥彦が「?走れないんだぞ!」と言っていた場面は前々回の話から多少おかしくもあり、でも持ちつ持たれつの関係が出ていて素敵な場面でした。

自分のこれからがわかっているかのような兵蔵の弱音に嘉納治五郎の喝も最もだったと思います。ナレーションが最期まで言っていたのが実話であろうけど寂しかったです。

いつも淡々としていた円喬が孝蔵に初めて気持ちを見せる部分が良かったです。

子供に言うような「怒らないから」も孝蔵の自供も含めて好きな場面でした。

「さすが芸人、落語家」と思ってしまうあの掛け合いはこれからも見たい部分です。

30代 男性 :

いだてんの動画 14話までの感想は、四三は練習でいつも間違えていた分かれ道で、

ぺトレー家の方向走って行ったのは大失態だったものの命を守る事ができた奇跡のように思え、

四三が見えていた少年はぺトレー家の少年だったのが幸運で、ぺトレー家が日本という国を知っていてくれた知識人だった事も重なり、

韋駄天と呼ばれるだけあって神がかりな出来事と思いました。

四三が敗退した事をノートに書き留めた中で、体力の不足とレース手法の未熟さとありましたが、

四三がぺトレー家にたどり着いた時に、海外選手たちが何人もなだれ込んできたシーンがあったので、

四三が未熟だったわけではなく、ストックホルムオリンピックの時の気象条件が最悪だったと言った方が正しかった気がします。

ぺトレー家からの連絡でスウェーデン公使の内田とダニエルが迎えに行ったのまでは良かったものの、

そのままホテルに連れて行っているために大会運営側は何も知らない気がして、四三が消えた日本人と有名になってしまった理由がよくわかりました。

四三が送った笑顔で写る写真が同封された手紙を、実次たち家族が読んだのが敗退した記事が出た後という悲しいシーンは切な過ぎました。

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

いだてんの動画!14話【ネタバレ】← 紹介

ここからがドラマ『いだてん』14話のネタバレになります!

帰国してきた四三

1912年(明治45年)、日本ではストックホルムで行われたオリンピックの状況がニュース映画として放送される。

流れる映像を解説者が語っていき、東京高師の仲間達も見に来ていた。

仲間達は四三の場面を知りたくて騒ぐが、前列に座っていた永井道明が立ち上がり注意する。

永井が見に来ていた事を四三の後輩・野口源三郎達にバレてしまう。

大正元年と年号が変わった1912年の9月に金栗四三は帰国して来た。

駅に着くと多くの人達から歓迎されて、高師の仲間も四三の健闘を称える。

四三は「長旅、ご苦労だったね」と可児徳に声を掛けられた。

謝罪しようとする四三は可児が足を怪我しているのに気付くが、その場では彼は語らない。

厳しい言葉を浴びせられる

数々のスポーツ道具を持って帰ってきた四三は寄宿舎に戻り、早々と報告会が行われた。

四三は自らの言葉で状況を説明して、結果を残せなかった事を謝る。

皆は四三の健闘を称えて、温かく受け入れたが、1人だけ様子が違う女性がいた。

汽車の中での出来事やスウェーデンでの水の呼び方などを話して、笑いに包まれる。

しかし、「敗因は何だと思われますか」と1人の女性が四三に近付く。

二階堂トクヨという女性でそのまま前に出てきて、問い詰めてきた。

四三は「だれ」と周囲に尋ねる。

二階堂は羽田競技場の四三や弥彦のオリンピック選手に選べるまでの経緯の正当性を疑う。

後輩の野口が黙るように忠告すると、「私の弟子の二階堂だ」と永井が言ってきた。

学生達は彼女の発言に反論するが、二階堂は臆せずに自らの考えを主張する。

その時、「敗因は1つじゃなかです」と四三が口にして、様々な理由を挙げた。

永井は「敗北から学ばなければならない」とこれまでのやり方ではなく、将来を見据える重要性を訴える。

「4年後も出るつもりんなのかね、キミは」の問いかけに「はい」と四三は即答した。

そして、四三はマラソンに参加する気持ちを熱く語った。

4年後のベルリンオリンピックに向けて報告会後、部屋に戻った四三は机に向かい、

「勝つためにノート」を自らの経験を生かしたノートを作成して、次回のベルリンオリンピックを目指す。

日本の「舗装路対策」や「出しのスピード」へ対策として、電話の普及で電信柱が増えた事を利用して「電信柱練習法」など独自の練習方法を編み出した。

後輩の野口は四三の持ち帰った道具に興味を持って、その道具を試していく。

東京女子高等師範学校(現在のお茶の水女子大学)の助教授・二階堂が四三の前に現れる。

二階堂と永井の元に行き、競技書一式を渡された。

四三の練習する方法を肯定せず、肋木の良さを伝える。

さらに嘉納治五郎のやり方を否定して、四三がオリンピックの30kmで棄権した事を話して、「やはり、無謀だったんだよ」と口にした。

寄宿舎に戻り、この話を可児にすると永井の偏った考えは数々の問題を起こしていると聞く。

「極端なんだよ」と可児は言い、四三は渡された書一式を見せた。

マラソンが競技として、扱われていないのに不満を抱く。

すると可児は治五郎の留守中に数々の問題が起きて、その影響で彼が怪我をした事を知る。

外に出た2人は可児が「円形デッドボール」という英国の球技を日本に持ってきたと説明を受ける。

のちに「ドッジボール」としてメジャーになるが、可児の最大の功績だった。

円喬との別れ

美濃部孝蔵は橘家円喬の前で噺の練習をしていた時、「売れたいかい」と聞かれる。

肯定をした孝蔵に「朝太君、旅にでも出てみるかい」と口にした。

最近の円喬の様子がいつもと違っていたと感じていた孝蔵は自らが破門になったと思ってしまう。

円喬は「ふらがある」と孝蔵に行ったが、肝心な説明の部分が汽車の音で聞き取れなかった。

孝蔵は噺家の万朝と一緒に駅に向かう中、円喬は人力車夫の清さんに頼んで急いで後を追う。

駅には円喬の姿はなく、新しい師匠の三遊亭小円朝に挨拶をして、出発を待つ。

すると「美濃部くん」と円喬がやってきて、小円朝に孝蔵を育てるように必死で頼む。

「餞別だ」と高級な敷島の煙草を動員に渡されて、孝蔵は涙を流す。

「じゃあな」と声を掛けて去っていく円喬に「師匠」と叫ぶ。

時代の変化が進む

1912年(大正元年)二階堂は英国に行くことになった。

その後、三島弥彦が帰国して天狗倶楽部のメンバーと飲みに行く。

「銀行員になるよ」と言った弥彦に押川達は天狗倶楽部を解散すると伝える。

年齢的や時代の変化もあったと説明を受けて、落ち込む。

さらに新聞では野球を批判する弥彦は怒りを露にして、アメリカに渡る事を決意した。

治五郎も大森安仁子と帰国して、大森兵蔵の肖像画を彼女は抱える。

「お疲れ様でした」と四三と弥彦は声を掛けた。

学校に戻ると自分の部屋が物置になっていて、治五郎は唖然とする。

その場にいた永井が新理事の岸清一と副会長の武田千代三郎を紹介されて、時代が変わったと伝えてきた。

四三と弥彦は塔で新聞を読みながら、卒業後の進路を話す。

出発した前後で日本が変わったと思う四三は「精一杯やりましたよね」と弥彦に聞き、オリンピックが現実の出来事ではないと感じる。

「紛れもない現実だ」と言い、さらに「確かめに行くかね」と四三を連れて映画を見に行く。

自分達の出演に「あれ、終わり」と驚きながら映像を見つめる。

短距離走に続き、マラソンの映像が流れて四三はその映像と当時の事を照らし合わせた。

それは弥彦も同じで、2人は肩を組み笑顔を浮かべる。

お見合いの相手が驚く

四三は電車に乗って、故郷の熊本に向かう。

帰省した四三は兄の金栗実次に今回の出来事を謝り、「何も言うな」と話を聞いてもらえない。

4・5日は滞在出来ると伝えると「俺に任せろ、ついて来い」と言われて、どこかに向かう。

過去に同じ演出で良い経験がなかったため、四三は不安になる。

ある場所に到着して卒業後の進路を聞かれて、その後に「今から見合いばしてもらう」と言われて驚く。

襖が開くと、「春野スヤでございます」と目の前に彼女が現れて四三は慌てふためく。

--- 以上、いだてん 14話のネタバレでした~! ---

いだてん 14話を見逃した人は、

『いだてん』を1話からまとめて視聴できる『U-NEXT』がおススメです!

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

いつまで”31日間の無料トライアル”があるのか分からないので、見たいかたはお早めに~^^♪

これで連休の暇つぶしはバッチリです(笑)

いだてんの動画!14話の感想まとめ

いだてん 14話の感想は、四三はオリンピックで良い成績を残すが出来ませんでしたが、東京高師の仲間が温かく迎えたのはホッとしました。

寄宿舎でも誰も責める事がなく報告会が進みましたが、二階堂がズバッと聞きにくい事を言ってきたのには驚きです。

まさか、永井の弟子であり彼の影響力が強くなっていた事に時代の変化を感じます。

永井の行動が以前より過激になっていて、今後の指導方法に不安です。

治五郎も帰国して、出発前とは違う学校の様子に驚いていましたが、彼の影響力はなくなってしまったのだと感じて残念でした。

故郷に帰省する四三は電車の中で不安だらけだったと思います。

実次からも手紙で厳しい事を書かれていて、正直合わせる顔がなかったはずです。

四三は実次にある場所に連れて行かれますが、まさかお見合いだとは予想外でした。

そして、相手がスヤだとは一体どのような事があったのか気になります。

さらに四三とのお見合いになった経緯を知りたいです。

四三はスヤと結婚する事になりましたが、今後どのような夫婦関係を築いていくのでしょうか。

4年後のオリンピックを目指す四三はどのような練習を取っていくのか注目です。

変化する時代に各人がどう対応していくのか気になります。

孝蔵も新しい師匠の下、大きな成長をする事が出来るのか楽しみです。

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

いだてんの動画!14話のあらすじを最後に

ドラマ『いだてん』14話のあらすじを簡単に紹介します~!

オリンピックの戦いを終え、ストックホルムから帰国する四三(中村勘九郎)。

元号も明治から大正に移り、四三には人々の空気が変わったように感じられる。

報告会で大勢の高師の仲間が四三の健闘を称える中、敗因を問いただす女性が出現。

永井道明(杉本哲太)の弟子・二階堂トクヨ(寺島しのぶ)である。

永井とトクヨはオリンピックでの敗北を受け、娯楽スポーツではなく強靭(きょうじん)な肉体を作る体育の推進を改めて主張する。

同じころ、孝蔵(森山未來)は四三とは逆に旅立とうとしていた。

円喬(松尾スズキ)とは別の噺家について地方を回るのだ。

新橋駅から出発の日。師匠に見限られたと思っていた孝蔵のもとに、円喬が駆けつけて──。

いだてん 公式サイト引用

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

最後までお読みいただきありがとうございました^^

◆最新のドラマ動画の見逃し視聴方法&ネタバレまとめページはこちら↓

>>> ドラマ動画の見逃し&ネタバレをまとめてチェック♪

※本ページの情報は2019年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

シェアする!!