いだてん 動画の2話もフルで見逃し視聴する方法!

中村勘九郎が主演の大河ドラマ『いだてん』の2話が放送されましたね!

このいだてんの2話の動画はフルで見逃し視聴できるの?と、気になって動画を探している人が多いようです。

なのでこのページでは安心して、いだてん 2話の動画を “見逃し視聴できるおススメの方法” やネタバレを紹介しています↓

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

違法にアップロードされた動画じゃないので、高画質でCMもないし “1話~ 全話まとめて” 視聴できますよ!

いだてんの動画!2話の予告を紹介

ドラマ『いだてん』2話の動画予告はこんな感じに!

いだてんの動画!2話をフルで見逃し視聴するおススメの方法

ではドラマ『いだてん』2話の動画を、フルで見逃し視聴できるおススメの方法を紹介します!

それは、いだてんの放送が終わるたびに毎回、見逃し配信をしてくれている公式のサービス『U-NEXT』です!

『U-NEXT』には”31日間の無料トライアル”が付いててお得なので、

違法にアップロードされた動画を探さなくても安全に見逃し視聴できます!

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

無料期間中に登録して31日以内に解約することもできるし、その場合でも、いだてんの動画を1話から視聴できます!!

もちろん『いだてん』以外の現在放送中の最新ドラマや映画・海外ドラマも、時間が許す限り好きなだけ見れてしまいます!

ただ、“31日間の無料トライアル”はいつまでやっているのかわからないので、

いだてんを安全に見たいなら早めに登録したほうが損しないです!

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

※U-NEXTに登録したら検索窓から⇒「いだてん」で検索してくださいね^^

いだてんの動画!2話の予想

20代 女性 :

いだてんの動画 2話の予想は、「いだてん」第一話が期待以上に面白かったので、

録画してまだ見ていなかったNHKの「いだてんの見どころ」というような番組を思わず見てしまった。

そのため、少し第二話の内容を知ってしまったが、今後、2人の主人公のことがリレー形式で掘り下げられていくようで、とても楽しみ。

特に、おそらく第二話はいだてんの幼少期からお話が始まっていくのだろう。

素朴ないだてんの幼少期、大いにほのぼのして、大いに笑わせてもらえるのではないかととても期待している。

明治、昭和の素朴で懐かしい日本の風景や町並みもたくさん再現されることと、期待。

20代 女性 :

いだてんの動画 2話の予想は、予告では金栗四三がどのようにマラソン選手になったのか、

というまでのストーリーをお送りするとのことでしたので、四三にまつわるエピソードなのは間違いがなさそうです。

発展途上にあった日本で、どのようにして四三のような選手が誕生したのか?

四三の幼少期、青年期のエピソードとその周囲の人間ドラマが2話にあたるのではと踏んでおります。

また予告では綾瀬はるか演じるスヤも登場しており、四三とスヤに関わる(淡い)恋愛物語も期待できるのではないでしょうか。

また志ん生の所に入門してきた弟子、五りんについても何かお話があるかもしれません。

30代 女性 :

いだてんの動画 2話の予想は、金栗四三が誕生するところから始まり学生時代、四三の家族の人となり、

特に子供の頃から父親代わりだった兄、実次の厳しさと優しさや妻となるスヤとの出会いが描かれていると思います。

体を鍛えるための訓練としてとにかく走りまくってる四三の姿があり、

でも走るだけではどうにも出来ないと感じ始める四三を家族やスヤから励まされるとこもあるのかなと思います。

走ることに特化し始めた四三への家族の思いが入る場面があるのかなと思います。

進学する学校の校長が嘉納なので学校内での2人がリンクした形で話が進んでいくと思います。

嘉納が柔道から次第に全てのスポーツ大会へと気持ちが向いていく情熱もしっかり見れると期待します。

あと美濃部孝蔵のドタバタな?人生も今の志ん生の落語とともに挟まれてると思います。

30代 女性 :

いだてんの動画 2話の予想は、最後のシーンに出てきた主人公が、なぜオリンピックに出た初めての日本人かというのが解き明かされていくと思う。

どんな家に生まれ、どんな場所で育ち、なぜ走ることになったのか、興味がでてくる。

今まで「金栗四三」という名前は聞いたことがあったが、どういう人物かは全く知らなかった。

道具も環境も整っていない時代にどのようにしてオリンピックを目指したのだろうか?2020年の東京オリンピックが本当に近づいて来ているんだなぁと実感できる。

「はいからさんが通る」の主人公のように袴姿で自転車に乗っている女優さんのシーンが予告に出てきたが、すごくかわいかった。

40代 女性 :

いだてんの動画 2話の予想は、めまぐるしく動き、しかもそれらは必ずしも順風満帆ではないだろうと予想しています。

また庶民と世間の違いはどのようになっていくのでしょうか。

今の世の中は、世間の好景気感と数値や実際の好景気はあまり連動しないとされていますが、この頃は連動しているのではないかと思います。

それゆえ第2話では、より活気にわき、期待感も大きく抱く、そんな街や街の人々をみることができるのではないかと予想しています。

そのさなか、主人公の家庭ではそのような動きになっていくのか、これが正直全く予想ができませんので楽しみにしたいと思います。

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

いだてんの動画!2話の見所はどこ?

20代 女性 :

いだてんの動画 2話の見所は、日本で初めてオリンピックにマラソンランナーとして参加した「いだてん」が

どういう幼少期・青年期を過ごした人物だったのか、早く物語を見てみたい。

第一話で、日本はまだスポーツの素地もできていなかったような状況だったと知り、そんな中、いだてんがなぜそれほど早いマラソンランナーになれたのかということも気になる。

また、第二話ではどんな豪華な俳優陣が登場するのか、ワクワクする。

いだてんを見て、知っているようで知らなかった前回のオリンピックのこと、明治・昭和の日本のことを再認識している。

また、あまり知らないのにわかったつもりになっていた自分を少し反省もした。

来年の東京オリンピックについて、正直、あまり期待していない自分がいたので、今回の「いだてん」を通して、前回の東京オリンピックの歴史を学び、

熱い思いでオリンピックに携わった人たちの物語を知ることができることはとても有意義なことだと思っている。

たくさん笑って、たくさん驚ける第二話になることを期待している。

20代 女性 :

いだてんの動画 2話の見所は、四三は熊本出身とのことなので、幼少期のエピソードは明治時代の熊本での話となりそうです。

個人的に熊本は思い入れの深い地域なので、四三が熊本でどのように育ったのかを詳しく追ってほしいと思います。

また一話目には出てこなかった四三の家族や周囲の人物にもクローズアップされるはずなので、そちらにも注目しています。

特に四三の幼馴染春野スヤは予告編やCMにも起用されていた人物なので、四三がマラソン選手として活躍するのに関わる重要なキーパーソンかと思います。

四三とカヤにはどのようなドラマがあるのか、楽しみにしたいと思います。

30代 女性 :

いだてんの動画 2話の見所は、熊本で四三に関わる人たちのそれぞれの性格が見どころの一つだと思います。

兄の実次が四三の強さを作ってるように感じたので2人のやりとりを楽しみにしています。

祖母の厳しさもユーモアがあって面白いのかな?と感じてます。予告でよく見ていた水をかぶって雄叫びを上げる場面もやっと見れそうですね。

大きい笑いより会話の間に挟まれる小さい笑いに期待します。スヤの天真爛漫さもほっこり見れるとこだと思います。

古今亭志ん生の落語シーンがありそうですが「坊ちゃん」のドラマ自体のお題が志ん生の落語に掛かってるように思いました。

本題とは視点の違うような語りが意外に楽しめて入り込んで見れそうです。

30代 女性 :

いだてんの動画 2話の見所は、予告に出てきた、さっきの女優さんの袴姿で自転車に乗るシーンは楽しみだ。

熊本県の田園風景の中で、彼女の透明な感じがすごく合う。

1話では、主人公は最後のシーンに出てきただけだったので、2話は主人公の人物像がはっきりしてくると思う。

まだ最初の回なので、子役が出てくるのかもしれないが、毎年大河ドラマの主人公の子役はすごく上手なので楽しみだ。

大人になってからを演じる歌舞伎役者さんがどんな風に演じられるのか早く見たいけれども。

第1話に出てきた登場人物はみな個性的で、テンポよく進んだが、第2話もそうなるだろうと思う。

40代 女性 :

いだてんの動画 2話の見所は、信彦の死、四三の受験など、一家の状況がめまぐるしく動くであろう点に私は楽しみにしています。

一方で世間はオリンピックへの期待にわきたっているのではないでしょうか。

その2つの場面が対になっていくようなストーリーになるのだろうと私は考えていますが、

実際のドラマではどのように進んでいくのかも楽しみにして次回をみたいと思っています。

とはいえ始まったばかりですし、もう少しゆっくりとストーリーが流れていくような気もしています。

それら含めて楽しみです。また、現在とこれからのオリンピック前の現状を比較して

これからどのようになるのだろうかと考えながら観るのも良いかなと思っています。


◆いだてん “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> いだてん “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

いだてんの動画!2話までの感想

20代 女性 :

いだてんの動画 2話までの感想は、宮藤官九郎の脚本ということで期待して見たが、期待以上にとても面白かった。

来年、東京オリンピックを迎えるという年に、東京オリンピックをテーマにした大河ドラマ、ということがまずは見事に功を奏した、と思う。

第一話で、先の東京オリンピックを日本に招致するまでの先人たちの苦労や情熱を垣間見ることができ、さ

らにもっとよく知りたい、早く第二話が見たい、という気持ちが高まった。

また、今回主人公が2人(「いだてん」金栗と田畑政治)いるということも、見る側を飽きさせないテンポの良さにつながっていて、

とても良いと思う。出演している俳優陣も実に贅沢で、こんなにたくさん人気で有名な俳優さんが次々に出ていいの?!

と思うくらい、見ていてとても楽しかった。

志ん生さん、良かった!今回見るまでは恥ずかしながら存在を知らなかったが、そういう大スターがいたということも含めて、とても勉強になった。

今回の大河は、知っているようで全然知らなかった前回の東京オリンピックの前後の話を勉強できるとても良い機会になると思う。

来年の東京オリンピックを迎える姿勢が改まりそうで、とても期待している。

20代 女性 :

いだてんの動画 2話までの感想は、事前情報をあまり見ないで放送を見ましたが、

明治と昭和を北野たけし扮する古今亭志ん生が繋ぐストーリーでした。

いつも大河ドラマは一人の人物と、その周囲の人間ドラマが殆どだったので、

オリンピックを焦点にあててオムニバス形式で物語が進む今作はどのように転ぶかドキドキしながら鑑賞しました。

最初は時代がいったりきたりで、集中してみていないと置いてかれそうになりましたが、最後は主人公金栗四三の登場により綺麗にまとめてくれました。

1話目は物語の重要人物が多く登場していたので、ながら見ではなく集中してみることをおすすめします。

個人的には生田斗真扮する三島弟がうざ熱血系男子で、今後が楽しみです。

40代 女性 :

いだてんの動画 2話までの感想は、いかにも大河らしい仰々しいものではなくザワザワと楽しさを感じさせる内容でした。

さすがクドカンの作品だな、と感じてしまいました。いちばんのキャラは三島弥彦率いる「天狗倶楽部」だったと思います。

濃いめのメンツとあの暑苦しさが合っていました。加納治五郎と一度意見が一致するとどんどん話が動きかかるような力を持ったメンバーの雰囲気が良かったです。

治五郎の思いや考えを側から見守る可児の姿も良かったです。優勝カップを作ってたところが治五郎よりも実は熱い気持ちを持ってるんだと感じました。

予選会では脱落者が出て永井からの冷たい目線のある中でも「世界記録」を口にする治五郎が可愛らしかったです。

主人公の金栗四三の登場シーンも「えっ?」と思わせるような強烈さがありました。慌てふためく幹部がおかしかったです。

あと車夫の清さんと孝蔵の2人の雑なような分かり合ってるような関係が好きでした。

50代 女性 :

いだてんの動画 2話までの感想は、軽快な始まりで面白かったと思う。

オリンピックに対する気持ちがコミカルだけれど情熱的に描かれていた。

「オリンピック」という言葉さえもまだ世の中に知られていない時代に、

教育としての「体育」から、競技としての「スポーツ」を認知されるように手探りで進めていく過程が面白そうだ。

最後にこのドラマの主人公(歌舞伎役者)が、マラソンをゴールするのだが、雨で紅白帽の赤色が染み出てきて、

まるで隈取りをしているように見えたのが笑えた。

宮藤官九郎の脚本のドラマは、よく見たらちょっと笑えるみたいなシーンが多いので楽しみだ。

20代 女性 :

いだてんの動画 2話までの感想は、ドラマであるから仕方ないのだが、

創作感が多すぎるように感じ少し物足りなさを覚えたのが最初に抱く感想です。

前回の西郷どんでも言われていたが、もう少し史実に基づいた演出でも良いように私は思います。

全体への批評はさておき、お話自体は興味深いものでした。

戦後日本人が一番夢と希望に満ちあふれたのはこの時代であるだろうし、その感じがドラマやそのキャストの皆さんから伝わってきました。

次回ももう一回見てみようかな、最初きびしく言いましたが、そのようにも感じた初回の「いだてん」だったように思います。

もう一回こんな素晴らしい時代が来ないかな

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

いだてんの動画!2話【ネタバレ】← 紹介

ここからがドラマ『いだてん』2話のネタバレになります!

「いだてん」登場

寄席で古今亭志ん生は羽田運動場で行われたマラソン選考会の話を始める。

雨が降り頻る中で、突如現れた金栗四三は世界記録を27分も短縮する驚異的なタイムを叩き出し優勝を果たした。

嘉納治五郎達はついに現れた「いだてん」の登場に歓喜する。

四三の幼少期

明治42年(1909年)に話は戻り、古今亭志ん生の若い頃の美濃部孝蔵が登場した。

明治10年(1877年)、西南戦争が九州の熊本を巻き込みながら激化する。

玉名郡で酒造家を営んでいた金栗家は、四三の父親である6代目・金栗信彦の体が弱く代々続いていた家業を畳んでしまう。

四三は明治24年(1891年)に生まれたが、幼少期は体が弱く家族からも心配されていた。

治五郎に会いに行く四三だが・・・

ある時、熊本の第五高等学校に嘉納治五郎が校長に就任して、学校に来る事を耳にする。

5歳になった四三は信彦と一緒に治五郎に会うため、40kmも離れた第五高等学校に向かった。

信彦は体の具合が良くなく、何度も足を止める事になる。

目的地に到着した2人だったが、見に来た人の多さに治五郎の柔道を見る事が出来ない。

懸命に治五郎の姿を目にしようとする四三に1人の男が声を掛け、抱っこをしてもらい、なんとか見る事が出来たのだった。

夜遅くに帰宅した2人だったが、直接治五郎に会えたと信彦は嘘を言い、家族に説明する。

四三はその姿に何も話さずに黙っていたが、長男の実次はその様子に気付いていた。

変化する四三

小学校に入学した四三は相変わらず体が弱く、周囲の子供に比べると体力的にも劣っている状態で登校するにも苦戦する。

途中で学校に行くのを諦めた四三は家に戻るが、実次に怒られて実家にある2畳ほどの部屋に連れて行かれる。

実次は四三にここで勉強するか走って学校にいくかの究極の2択を迫った。

ある日、実次の妻が出産を目撃した四三は出産時の呼吸方法からヒントを得て、「スッスッはっはっ」という独自のマラソンの呼吸方法を編み出す。

そして、成長した四三は周囲が付いていく事が出来ないほどになり、学校までの12kmを走って通学する「いだてん通学」をするようになる。

信彦の容態が急変したため、四三は春野先生を呼びに行く。

床に臥せている信彦に実次達は四三の今後の事について話をする。

娘の春野スヤを背負った状態で必死に家に戻った四三でしたが、信彦はすでに亡くなっていた。

成長そして決意する

明治38年(1905年)、中学校に入学した四三は週に1回、20kmを離れた実家に走って帰っていた。

帰り道にいた友人の美川秀信と遭遇して、当時起こっていた日本の戦争について話をする。

実家に着いた四三は実次に海軍兵学校に進学したいと相談し、家族は喜んで承諾したが実次は困惑する。

授業中に五条先生から風邪を引かない方法として、冷水欲をする事を聞いた四三は早速実践する。

体を強くするために自らが回数を決めて、1回に15、16杯を頭から水を掛け続けるが、逆に風邪を引いてしまう。

海軍兵学校の試験当日を迎え、身体検査に臨む。

身体検査に合格すれば、次の試験である筆記試験に進む事が出来るため、四三は気合いを入れる。

スヤが自転車に乗って走っている時に、橋の上にいる四三の姿が目に入り声を掛けた。

何かに落ち込んでいる様子の四三にスヤは明るく接するが、試験に落ちた事をふと口にした。

視力が原因で落ちたが、四三は応援してくれた家族に合わせる顔がないと立ち直る事が出来ない。

その姿にスヤは四三を全力で励まし、四三は川に飛び込みで笑顔を取り戻す。

運命の出会い

吉原で遊んでいた孝蔵は楽しんでいる途中にお店の人から代金を払うように言われるが、理由を付けて拒んだ。

お金がない孝蔵は店を出るが、付き馬に張り付かれながら歩く事になった。

川沿いを歩いている時に現れた小梅と付き馬に言葉巧みに嘘を言い、その場から逃げ去った。

孝蔵は追ってくる付き馬から逃げる途中で、ある寄席に遭遇する。

落語の「付き馬」を話す橘家円喬に魅了された孝蔵は円喬に弟子入りする事を決意した。

--- 以上、いだてん 2話のネタバレでした~! ---

いだてん 2話を見逃した人は、

『いだてん』を1話からまとめて視聴できる『U-NEXT』がおススメです!

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

いつまで”31日間の無料トライアル”があるのか分からないので、見たいかたはお早めに~^^♪

これで連休の暇つぶしはバッチリです(笑)

いだてんの動画!2話の感想まとめ

いだてん 2話の感想は、四三の幼少期の話でしたが、「いだてん」と言われる彼が丈夫な体ではなかった事に驚きました。

兄の実次から究極の選択を迫られる事になりましたが、実次の妻の出産する姿を見て、呼吸法を編み出すとは、凄いと思います。

まさかのきっかけで自分に合う呼吸方法が見つかるとはこれは偶然ではなく、必然だったのだと感じました。

四三は走る事で以前に比べて、体はだいぶ強くなったと思いますが、気持ちも一緒に成長していて良かったです。

海軍兵学校を目指す四三は、頭も良くて体も丈夫になりましたが、まさか視力が原因で落ちるとは予想していなかったので、只々驚きました。

スヤが落ち込む四三を励ます姿を見ていると、四三の将来の奥さんになる人だと自然と感じます。

志ん生の若い頃である孝蔵がなぜ落語をするようになったのか、今回知る事が出来ましたが、理由が意外です。

孝蔵の人生もですが、人生は何かの出来事でガラリと変わるのだと考えさせられました。

四三は友人の美川が東京師範学校を目指す事を知った事で自らも東京に行く事になりましたが、どのような展開になるのか楽しみです。

また、孝蔵が落語の世界に入る事になりますが、果たして彼がどう変わっていくのか期待しています。

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

いだてんの動画!2話のあらすじを最後に

ドラマ『いだてん』2話のあらすじを簡単に紹介します~!

この日、テレビ寄席で志ん生が語るのは、日本初のオリンピック選手となった金栗四三(中村勘九郎)の知られざる熊本での少年時代。

学校まで往復12キロを走る「いだてん通学」で虚弱体質を克服した四三。

軍人に憧れ海軍兵学校を受けるも不合格に。

身体を鍛えても無駄と落ち込む四三だが、幼なじみのスヤ(綾瀬はるか)に励まされ、

嘉納治五郎(役所広司)が校長を務める東京高等師範学校への進学を決意する。

運命の出会いが近づいていた。

いだてん 公式サイト引用

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

最後までお読みいただきありがとうございました^^

◆いだてん “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> いだてん “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

※本ページの情報は2019年1月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。