いだてん 動画の26話も見逃しフル視聴する方法!

シェアする!!

阿部サダヲ奮闘の大河ドラマ『いだてん』の26話が放送されましたね!

このいだてんの26話の動画はフルで見逃し視聴できるの?と、気になって動画を探している人が多いようです。

なのでこのページでは安心して、いだてん 26話の動画を “見逃し視聴できるおススメの方法” やネタバレを紹介しています↓

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

違法にアップロードされた動画じゃないので、高画質でCMもないし “1話~ 全話まとめて” 視聴できますよ!

いだてんの動画!26話の予告を紹介

ドラマ『いだてん』26話の動画予告はこんな感じに!

いだてんの動画!26話をフルで見逃し視聴するおススメの方法

ではドラマ『いだてん』26話の動画を、フルで見逃し視聴できるおススメの方法を紹介します!

それは、いだてんの放送が終わるたびに毎回、見逃し配信をしてくれている公式のサービス『U-NEXT』です!

『U-NEXT』には”31日間の無料トライアル”が付いててお得なので、

違法にアップロードされた動画を探さなくても安全に見逃し視聴できます!

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

無料期間中に登録して31日以内に解約することもできるし、その場合でも、いだてんの動画を1話から視聴できます!!

もちろん『いだてん』以外の現在放送中の最新ドラマや映画・海外ドラマも、時間が許す限り好きなだけ見れてしまいます!

ただ、“31日間の無料トライアル”はいつまでやっているのかわからないので、

いだてんを安全にフル視聴したいなら早めに登録したほうが損しないです!

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

※U-NEXTに登録したら検索窓から⇒「いだてん」で検索してくださいね^^

いだてんの動画!26話の予想

30代 女性 :

いだてんの動画 26話の予想は、次のアムステルダムオリンピックに参加するために必要な資金が、

前大会のパリオリンピックでの散々な成績しか出せていない事から、どこも出そうとしないために統括団体になった

体恊が全く動かないために田畑は政治記者の立場を利用して、大政治家の高橋是清に独自の理論を語り尽くして、

日本の底力を世界に見せつけるのはオリンピックに出場することだと独自の理論を止まることなく熱く話し続ける展開が見られると考え、

女性選手として参加した人見絹枝は日本国内では無敵だったため、オリンピックでも安泰と思っていたものの見えない壁に苦しめられ、

女性がスポーツをすることにまだ理解が足らない国内を変えられないと、走った事がない距離に強行出場し命を掛けた激走を見られると予想しています。

40代 女性 :

いだてんの動画 26話の予想は、オリンピックへの派遣予算を分捕ってきましたので、加納先生が必死に工面していた時よりもはるかに楽になりました。

さて次回のアムステルダムオリンピック。結果は意気揚々足るものでついに金メダルを獲得することになります。

陸上と水泳それぞれ金メダルを取りますが互いの団体のぶつかり合いが永延と繰り返されるのでしょうね。

日本の女子最初のオリンピック選手である人見絹江さんのエピソードもきちんとやるようで楽しみです。

水泳の金メダリスト鶴田義行さんと田端さん過去に何か接点があったかどうかは気にかかります。

なかったのならたぶんエピソードとしては流されてしまうでしょう。それから陸上三段飛びの金メダリストとなる織田幹雄さん25話に出ていたかもしれません。

パリオリンピックに出場していましたから、報告会で実はまぎれていたなんてことがありそうです。

まあ田端政治さんは水泳の人なのでしばらくは水泳がメインとして進んでいくでしょう。

30代 女性 :

いだてんの動画 26話の予想は、田畑政治がいかにして高橋是清からオリンピックの為の資金をぶんどってきたのかというところから始まり、

アムステルダムオリンピック出場選手の選考の様子と出場する各選手の活躍やその裏での葛藤が描かれるでしょう。

特にメインとなるのは人見絹江。日本女子オリンピックの黎明の鐘となった彼女の活躍や葛藤を主軸として、

日本初の金メダリストの織田幹雄や同じく金メダリストの鶴田義行の姿(そして他のメダリストたちの様子)が描かれるでしょう。

そして彼らのその結果を基に今後日本のスポーツはどう進路を取っていくかという話になるのかなと思います。

40代 女性 :

いだてんの動画 26話の予想は、いつの時代になっても資金繰りに悩んでいる嘉納治五郎たちのところに、

田畑政治が大金を持ち込んで来たことで、資金繰りは明るい兆しですが、お金のだどころが大物過ぎるので手をつけるのかどうかが気になります。

嘉納治五郎のことだから、出所に構わず、使うだろうとは予想しています。

陸上も水泳もそれぞれで連合を作ったようですが、26話では、プールが完成した水泳にクローズアップして

訓練の様子や国内大会の企画などが描かれるのかなと思っています。

それと田畑政治と嘉納治五郎の距離が縮まって二人で周囲を驚かすような企画をするのではと楽しみにしています。

40代 女性 :

いだてんの動画 26話の予想は、田畑は日本体育協会に高橋是清から援助を受けた資金を持ってきた事で体協に出入りをするようになる。

アムステルダムオリンピックには女子の参加も決まり人見絹枝も選手の1人として選ばれる。

嘉納治五郎をはじめ体協の関係者も全員喜ぶが絹枝は緊張に押し潰されそうになっていた。

少しでも落ち着くように二階堂トクヨが話し相手となって激励する。オリンピックの当日、絹枝は100mに出るも結果は最下位となってしまう。

悔しい思いの募る絹枝は一度も挑戦したことのなかった800mに挑戦すると申し出る。

男子競泳はグングン予選も勝ち進みメダルに届くところまで来ており田畑は興奮し喜ぶ。

50代 男性 :

いだてんの動画 26話の予想は、オリンピックがはじまるのでまた新しいドラマが生まれると思います。

日常にはない冒険と感動を提供することができるエンターテインメントがつまった作品ですので、時間があるときにぜひみることをおすすめします。

あとは音楽も要素の一つなので、注目しています。音楽を担当されていた方の前の作品はとてもスケール感があったので、

今回もどのようになるのか楽しみにしています。戦いを表現されるのはストリングスなのでしょうかとても気になります。

日本の体操の歴史の今までの間の苦労もわかるしロマンを感じる作品でとても楽しみです。

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

いだてんの動画!26話の見所はどこ?

30代 女性 :

いだてんの動画 26話の見所は、オリンピック参加を掲げて成し遂げた治五郎や、初のオリンピック選手となった四三たちの体協が全てを取り仕切っていた所から、

陸連や水連などのそれぞれの競技が独自に運営していく流れができてスムーズな体制になった事や、

選手選考において偏りが無くなる利点が見えてくる、田畑の功績の見られるのを楽しみしています。

また、田畑がオリンピックへの資金援助を願い出るのが経済のエキスパートの大蔵大臣である高橋是清との対面で、

オリンピックの魅力をどのような言葉を使い説き伏せるのか、今は亡き萩原健一さんの渋い演技力も楽しみです。

日本人初の女性選手になった国内最強の人見絹枝がオリンピックで見た光景はどんなふうだったのかも楽しみにしています。

40代 女性 :

いだてんの動画 26話の見所は、戦前のオリンピックの続きがやるようなのでこれはすごく楽しみです。

今後三大会、水泳では金メダルを取りますから昭和初期の世相と水泳の盛り上がりの対比が見所なのではないでしょうか。

実は陸上も同様、三大会連続で金メダルを取るわけですがこれはどう描かれますかね。

さて人見絹江さんは短距離種目で成果が出ず無理やり800メートルに出場して銀メダルに輝きます。

その栄光は見たいのですがその後の彼女の人生を考えると複雑な思いです。

アムステルダムオリンピックには役員として誰が随行するのか知らないので、金メダル獲得の瞬間がどう描かれるのか非常に気がかりです。

これまで見てきた流れで私も泣いてしまうかもしれません。金栗さんも出してくれと勝手ながら思っています。

30代 女性 :

いだてんの動画 26話の見所は、田畑政治がどうやって高橋是清を口説き落としたのか、その手腕が気になってしかたありません。

そして人見絹江の活躍がどう描かれるのかが楽しみでしかたありません。

なかなか女子スポーツが認められなかった時代いかにしてオリンピック選手へと選ばれたのか、その選考過程がどう描かれるのかが気になります。

亡くなったシマさんの想いを背負い、葛藤し、それをどう結果へと繋げていくのか。

日本の女子スポーツがまだまだ全く普及していなかった時代に、彼女が何を考え、そして次世代の女子選手へと何を残していくのか。今から本当に楽しみです。

40代 女性 :

いだてんの動画 26話の見所は、初対面で嘉納治五郎に背負い投げされてしまった田畑政治ですが、

資金繰りに困りはてていた嘉納治五郎のもとへ、大金を運び込んだことで、二人の距離が一気に縮まって、

すっとんきょう同士で、突拍子のないことを始めるのではないかと期待しています。

田畑政治は新聞社では、政治部として全く役立っていない様子なので、人事異動があるか、または新聞記者を辞めるとか、田畑政治の仕事ぶりに注目しています。

大学に屋内プールを作ってしまった水連の今後の活動にも注目しています。

仲間が増えるのか、競争で他の場所でも屋内プール建設が持ち上がり始めるとか、次回の動きが楽しみです。

40代 女性 :

いだてんの動画 26話の見所は、人見絹枝のアムステルダムオリンピックでの活躍を期待してますが、

悪い成績だったであろう涙の絹枝の姿を見るだけでジーンときてしまいます。

二階堂トクヨが絹枝にかける言葉はこれから先の絹枝や女子スポーツを発展させる言葉だと感じるので見どころの一つだと思っています。

喜ぶ時は敵も味方もないんだなと思える田畑と河野のハグの前後を楽しみにしています。

田畑に援助した高橋是清の雰囲気が怪しさが気になるところです。何か裏がありそうでもあるし、田畑がどんな関係になっていくのか楽しみです。

政治的な難しい部分は得意でもないけどしっかり見ていきたいと思ってます。

50代 男性 :

いだてんの動画 26話の見所は、時間と制作費がふんだんにかけて作られた贅沢感があります。

アクションの表現が細部までこだわりがあり、見ているほうがはらはらして緊張感がありました。

ロケ地もさまざまなところで行われており、世界のいろいろな場所が登場しますので、旅行が好きな方は元ネタがわかるのでそういった見方もできると思います。

大河作品は全部見ないといけないような先入観がありますが、この作品単体で見てもストーリーが構成されていますので、

より具体的ないだてんの世界を知りたいと思わされるようなつくりになっているなと思います。そこはうまく誘導ができていると思いました。

◆いだてん “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> いだてん “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

いだてんの動画!26話までの感想

30代 女性 :

いだてんの動画 26話までの感想は、マラソンのレジェンドだった四三もやたらと喋っていたものの、

第2部の田畑は四三の倍以上にペラペラと言葉が出てくるのが可笑しく、新聞社の面接という人生を決める大事な舞台で、

面接官を務めた社長の村山と政治部長の緒方を目の前にしても、怯まず、臆さず、堂々と持論を展開する姿はカッコ良く、

緒方は評価しませんでしたが、社長の村山は顔がいいと田畑の中にあった光ものを感じ取った事で、

日本で初めて開催される東京オリンピックは成し遂げられたとも考えられて、村山もオリンピック開催の功労者だったと思いました。

また、パリオリンピックに参加した結果の発表会で、3度目の出場を果たした四三を労う治五郎や野口のコメントは明らかに依怙贔屓していた感じが漂っていたので、

田畑の言葉は良くはないもののスパッと体協から水泳を独立すると断言した事が水泳の強化に繋がり、

陸連も発足とそれぞれが頑張る現代的な体制になったと考えると、田畑の働きは凄すぎると感じました。

40代 女性 :

いだてんの動画 26話までの感想は、新章が始まったと思いきやそのまま前回からの続きでした。

一応主人公というかメインを変えましたが何のための二部構成かというのは感じますね。

パリオリンピックの顛末をやってくれたのはすごくありがたかったですが。今回からの主人公田端政治。とにかくしつこい印象です。

本人の水泳への熱い気持ちはよく伝わってきましたがそれが空回りしていました。

まあ日本が水泳王国と呼ばれるきっかけを作った人でもありますからかなりの破天荒さは持ち合わせて当然かもしれません。

とにかく行動力と口がすさまじい人だったんだなあというのはよく分かりました。

選手でもないのに後にオリンピック選手団の団長も務める人ですから統率力もかなりのものだったのでしょう。

持ち前の行動力で時代を切り開いていくんだろうなあといった感想です。

30代 女性 :

いだてんの動画 26話までの感想は、今週から主役が金栗四三から田畑政治へ変わるとのことで、

今まで視聴を続けていたファンとしては、果たして先週までの面白さをこのまま維持していくことはできるかという不安がありました。

けれど、その心配は全くの杞憂でした。主役の田畑政治は喋り出したら止まらない、その暴走機関車ぶりにお腹を抱えて笑いました。

うるさいし思ったことをすぐ口に出してしまう大いに迷惑な人なのに、誰に対しても歯に衣着せぬもの言いをする彼は痛快でどことなく愛嬌があり魅力的に映ります。

そしてそんな彼がオリンピック遠征費を高橋是清へ直談判しにいく姿は「こいつ無謀すぎるだろ…」思うのに、

ああこんな人だからこそ昭和の東京オリンピック開催にこぎつけられたんだなと思わせるのに十分でした。

(そして、高橋是清への直談判が基本的に史実というところが相変わらずこの話の恐ろしところですよ。

大体これ突飛すぎて史実じゃないだろうというエピソードがことごとく史実という話はここでも健在です)

40代 女性 :

いだてんの動画 26話までの感想は、第2部が始まりました。落語でのナビゲーションはこれまで通りだけれど、

第2部の主人公が金栗四三と全く異なるキャラクターで違うドラマが始まった感覚だった。

話の展開も早くてついていくのがやっとでした。東京オリンピックを実現した人が、新聞記者で、しかも政治部だったことに驚きました。

当時の新聞記者は、会社に行かず、大学の部室に立て籠もってマージャンしたり、水泳部にのめり込むなど、

今では考えられないはちゃめちゃが許されていたのか、デフォルメなのか、判断が難しいですが、

大河ドラマというよりはコメディドラマのような回でした。

40代 女性 :

いだてんの動画 26話までの感想は、水泳愛が溢れてましたね。四三のマラソン愛も凄かったけど田畑は弁が立つ分それ以上なものを感じました。

特に面接とは思えない田畑ペースの喋りに圧倒されたし、しかも政治部希望とのギャップに社長の心惹かれる思いはわかる気がします。

仕事の面ではいまいちなのも愛嬌あるし、四三の弟子でもある河野がライバル的存在なのも面白くなるだろうなと思えるところでした。

そして高橋是清へのアポなし訪問など思い立ったら即行動の怖いもの知らずな雰囲気にも見えました。

治五郎の「口がいだてん」にいだてんの言葉が多様化されてる…と思ってしまった場面でしたが、

四三の頃からの体協を見てる分、水連、陸連と独立する事実に狭まっていくような体協が寂しく思えました。

孝蔵が変わらないままの登場が嬉しかったです。四三の時よりもやり取りがありそうで関係が関係なだけに楽しみです。

「火焔太鼓」の夫婦がお金を数える場面の噺と田畑が体協に持って来たお金を見せる流れがリンクしていたとこが楽しく見れました。

余ったお金を持ってくるとこに強気な性格だけではない優しさがあって良かったです。

50代 男性 :

いだてんの動画 26話までの感想は、この作品に出られる方はもともと味のある俳優さんたちだと思っていました。

今回の役柄を演じる中ですごいと思ったのは、テンションの上がったり下がったりの表現の仕方でした。

あまりテンションが変わらない気質を演じている部分はあるのですが、その中でもテンションが上がっている

資金あつめに奔走をしているときなど自分が能動的に興味を持ってやっているときはなんだかテンションが高いのです。

冷静な中での表現なのでそこは大変だったかと思いますが、そういう部分も面白かったです。

あとは落語の世界と実際の世界の並走が臨場感がありとても楽しめました。

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

いだてんの動画!26話【ネタバレ】← 紹介

ここからがドラマ『いだてん』26話のネタバレになります!

オリンピック参加へ大きく前進する

昭和2年(1928年)、大日本体育協会では、次回のアムステルダムオリンピックに向けて議論されていた。

オリンピックへ派遣する人数や金銭的な問題で収拾がつかずに揉める。

体育協会会長である岸清一の言葉に動かされた田畑政治は大蔵大臣の高橋是清に直談判に行く。

流石に田畑でも大物政治家を前に委縮するかと思えたが、相変わらずの態度で田畑は力説する。

高橋はオリンピックに関心がない事を口にして、スポーツと政治は無関係だと主張した。

しかし、田畑は逆にスポーツを政治に利用するよう勧めて、彼の力説で笑いが起きる。

田畑は自らの寿命が30歳だと口にしたが、「冗談ですと伝えた。

若者のためにと訴えて、国を生かすかは先生達だと田畑は高橋に迫る。

見事に説得した田畑は6万円もの大金を高橋から支援して貰う。

体協でこの事を報告した田畑の話に可児は計算を始めて、「これで全員行けますよ」と喜ぶ。

その後、田畑は水連本部で今回の事を報告して、出場選手を発表し始める。

高石勝男や鶴田義行と実力のある11人の代表選手が決まった。

田畑は「行くぞ、アルステルダム」と意気込んで監督は自らが務めると宣言する。

会社に戻り、上司の緒方竹虎に報告するが、休む事を断れた。

必死で説得するが、現地の記者として同僚の尾高が行く事になる。

「そういうことだと緒方が口にして、田畑は改めて抗議するがその時電報が入った。

人見絹江のオリンピック出場

古今亭志ん生は今回、人見絹江の噺をする。

彼女は神宮で行われた復興運動会で存在感を出した。

人見はシマの思いを受け上京して、二階堂体操塾に入学する。

次々と陸上競技で新記録を打ち立てる彼女だったが、周囲の視線は冷たい。

二階堂トクヨと面会した際に胸の内を明かす。

その言葉に二階堂は人見にメダルを取って結婚もするように伝えた。

女子スポーツ界に革命を起こす事を期待して、二階堂の言葉に人見は励ます。

そして、女子スポーツの未来のために国際大会に出場して、総合優勝を果たした。

更に国内大会では新記録を出すなど、彼女の奮闘は話題になった。

女子陸上が正式にオリンピック種目に決まり、播磨屋では金栗四三や増野達が新聞で見る。

シマの功績が実を結んだ事に、その場にいた人達は涙を浮かべた。

体育協会では野口源五郎が女子のオリンピック出場に異を唱える。

意見を求められた四三は人見にオリンピックに参加して欲しかったが、自らが経験したプレッシャーなどの体験から複雑な心境だった。

河野は人見の出場を推すが、野口は反対する中で、田畑は勝てる選手を出すように訴える。

更に田畑は選手たちの負担を軽減させるように訴えると、嘉納治五郎は「人見は勝つ」と大声を上げた。

女性の韋駄天だとシマの話をして、人見が意思を受け継いでいると口にする。

そして、人見絹江が日本女性初のオリンピック出場が決定した。

人見は河野と尾高と面談していると、途中から田畑が登場して2人は写真を取る。

田畑は彼女に頑張るように声を掛けて、慌ただしく去った。

二階堂から励ましの言葉と餞別を渡されて、昭和3年(1929年)6月にシベリア鉄道でアルステルダムに向かう。

アルステルダムオリンピックが開催

昭和3年(1930年)7月28日にアルステルダムでオリンピックが開催された。

日本との時差が8時間あり、現地の運動部記者が記事を書きモールス信号で日本に送る。

写真は送ってもらうと1週間も時間が掛かるため、予め準備していた写真を使う事になった。

早速、モールス信号で開会式の状況が説明されて、29日に陸上競技が始まる。

二階堂や河野は人見の活躍を期待して、現地でも野口や選手達の期待の言葉を掛けられた。そして、競技が始まりその結果が新聞社に送る。

女子100mが4位だと予想外の結果に社内は動揺して、「人見は負けた」と河野は最も落胆
した。

結果を新聞で知った四三は、以前ともにオリンピックに出場した三島弥彦の言葉を思い出す。

陸上競技で惨敗していく日本選手団に重い空気が流れる。

すると人見が「私、このままじゃ日本に帰れません」と言い、800mに出場を志願した。

800mの経験がない彼女を野口達は必死で止めるが、このままでは帰れないと「お願いします
と皆に頭を下げて頼む。

「もういい、分かった」と野口は承諾して、出場する事が決まる。

日本では「なに」と河野が800mに出る事が決まった事に驚き、田畑は急いで人見の写真を集めるように指示をした。

野口達と人見は作戦会議をして、当日のペース配分を相談する。

運命の800mが始まる

8月2日、800m決勝の日が来て、人見はクラウチングでスタートした。

最初からトップと快調に走る彼女に野口達はペースを落とすように指示をする。

2週目に入るが、順位が上がらずにいた焦る人見に再び野口が声を掛けた。

腕を振るように指示を受けて、順位を徐々に上げていく彼女は最終コーナーで2位まで追い上げる。

トップとの距離が縮まっていくが、彼女の意識は遠のいてしまった。

新聞社に銀メダルの結果が報告されて、「バンザイと社員達は喜ぶ。

更に世界新記録を叩き出して、緒方から号外を出すように指示を受ける。

「やった」と播磨屋でも人見の結果に喜びの声が上がった。

男子陸上も人見の活躍に刺激を受けて、三段跳びでメダルを獲得する。

陸上に続き水泳が行われる事になり、田畑はプレッシャーを抱いていた。

そして、水泳が始まり金・銀・銅とメダルラッシュの報告が新聞社に入り、歓声が上がる。

田畑は緒方に誘われて、マリーに行くが落ち込む。

メダル5つを取ったがアメリカに勝てなかった事を気にする。

緒方から結婚するように勧められた兄が亡くなった事を明かして、将来独身を貫くと宣言した。

帰国した日本選手団

3週間後、日本選手団を乗せた船が帰国して、田畑も駆け付けた。

選手達と喜びを分かち合い、獲得したメダルを見る。

選手達は4年後、アメリカに勝つと意気込んで、田畑も世界一を目指すと宣言した。

そこに人見が現れて、田畑は労いの言葉を掛ける。

人見はラジオで心境を語り、シマの事を話す。

聞いていた増野は「人見絹江、万歳」と泣きながら何度も声を上げた。

二階堂に報告して「おめでとう」と声を掛けられる。

次は結婚だと勧められた人見は「私は走る事が大好きですと世界中を駆け巡ると口にする。

3年後、彼女は若くして亡くなってしまったが、日本に残した功績は大きかった。

--- 以上、いだてん 26話のネタバレでした~! ---

いだてん 26話を見逃した人は、

『いだてん』を1話からまとめて視聴できる『U-NEXT』がおススメです!

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

いつまで”31日間の無料トライアル”があるのか分からないので、見たいかたはお早めに~^^♪

これで連休の暇つぶしはバッチリです(笑)

いだてんの動画!26話の感想まとめ

いだてん 26話の感想は、今回は日本人女性初のオリンピック選手である人見絹江の話でしたが、彼女の奮闘で今の女子スポーツがあるのだと感じます。

彼女は当初、周囲からの冷たい視線で心が折れそうになりますが、二階堂の後押しで再び頑張る事を決意出来て安心しました。

二階堂の存在がとても大きく人見の人生を変えた人物の1人だと思います。

そして、オリンピック出場をする事が決まってメダルが確実だと期待されますが、プレッシャーは相当凄かったのでしょう。

四三も自らがオリンピックに参加した際に感じたプレッシャーを感じていたからこそ、派遣を躊躇っていたのだと思います。

そのまま、日本に帰れないと800mに出場した人見の決意は凄いです。

野口達も心配しながら彼女の意見を尊重しましたが、一か八かの判断だったのでしょう。

事前に打ち合わせをして、当日も的確な指示をした結果がメダルに繋がったので良かったです。

彼女のメダルがあったからこそ、男子の陸上もメダルが取れたのだと思います。

水泳もメダルラッシュで、以前のオリンピックに比べて大躍進しました。

日本にとって重要なオリンピックになり、今後の日本スポーツの活躍に期待が高まります。

オリンピックを終えましたが、時代の変化は大きく四三達にも影響しそうです。

新しい世代が出て来て、田畑達の奮闘は目立ちそうなので楽しみです。

四三は今後どうするのか気になります。

日本のスポーツの先駆者だった彼の功績をしっかりと伝えて欲しいです。

一体、これからどう変わっていくのでしょうか。

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

いだてんの動画!26話のあらすじを最後に

ドラマ『いだてん』26話のあらすじを簡単に紹介します~!

アムステルダム大会が迫り、体協が相変わらず資金難に苦しむなか、田畑政治(阿部サダヲ)は記者人脈をいかし、

政界の大物、大蔵大臣の高橋是清(萩原健一)に選手派遣のための資金援助を直じか談判する。

アムステルダム大会では女子陸上が正式種目に。国内予選を席けんした人見絹枝(菅原小春)はプレッシャーに押しつぶされ、期待された100メートルで惨敗。

このままでは日本の女子スポーツの未来が閉ざされる──。

絹枝は未経験の800メートルへの挑戦を決意する。

いだてん 公式サイト引用

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

最後までお読みいただきありがとうございました^^

◆いだてん “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> いだてん “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

※本ページの情報は2019年7月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

シェアする!!