いだてん 動画の25話も見逃しフル視聴する方法!

シェアする!!

ついに第二部始動!大河ドラマ『いだてん』の25話が放送されましたね!

このいだてんの25話の動画はフルで見逃し視聴できるの?と、気になって動画を探している人が多いようです。

なのでこのページでは安心して、いだてん 25話の動画を “見逃し視聴できるおススメの方法” やネタバレを紹介しています↓

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

違法にアップロードされた動画じゃないので、高画質でCMもないし “1話~ 全話まとめて” 視聴できますよ!

いだてんの動画!25話の予告を紹介

ドラマ『いだてん』25話の動画予告はこんな感じに!

いだてんの動画!25話をフルで見逃し視聴するおススメの方法

ではドラマ『いだてん』25話の動画を、フルで見逃し視聴できるおススメの方法を紹介します!

それは、いだてんの放送が終わるたびに毎回、見逃し配信をしてくれている公式のサービス『U-NEXT』です!

『U-NEXT』には”31日間の無料トライアル”が付いててお得なので、

違法にアップロードされた動画を探さなくても安全に見逃し視聴できます!

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

無料期間中に登録して31日以内に解約することもできるし、その場合でも、いだてんの動画を1話から視聴できます!!

もちろん『いだてん』以外の現在放送中の最新ドラマや映画・海外ドラマも、時間が許す限り好きなだけ見れてしまいます!

ただ、“31日間の無料トライアル”はいつまでやっているのかわからないので、

いだてんを安全にフル視聴したいなら早めに登録したほうが損しないです!

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

※U-NEXTに登録したら検索窓から⇒「いだてん」で検索してくださいね^^

いだてんの動画!25話の予想

20代 女性 :

いだてんの動画 25話の予想は、第二部に入り、主人公が金栗さんから田畑さんに変わるが、金栗さんも出てくると思う。

なぜなら、金栗さんはストックホルム、アントワープ、パリの3度のオリンピックに出場しているが、パリオリンピックの内容はまだ放送されていないからだ。

パリオリンピックでも金栗選手は32kmぐらいで棄権している。

ストックホルムで棄権してから国内で批判を浴びたが、パリオリンピックでも批判を浴びてしまうのではないかと思う。

これまでは陸上競技を中心に放送されてきたが、田畑さんが主人公に変わることによって、話がごろっと変わると思う。

50代 女性 :

いだてんの動画 25話の予想は、二回のオリンピックに出場したものの上位入賞を果たせなかった四三は三回目にチャレンジしますが、

今回も不甲斐ない記録が残り国民から祝福されることはありませんでした。

帰国後の報告会の席、微妙な空気が流れるなか、日本のスポーツが世界のレベルに達していないことに憤りを感じる一人の若者が声をあげます。

その人物は若い頃の志ん生が浜松で出会った虚弱体質の少年、田畑正治でした。

子どもの頃から身近に感じていた水泳で世界と戦うことを目標に突き進む田畑は新聞記者として活躍。

震災後の厳しい時代に前だけを見て力のある人物と出会えるチャンスを活かしながら資金集めに奔走します。

40代 女性 :

いだてんの動画 25話の予想は、田端政治編のスタートです。戦後からオリンピック誘致へどう進んでいくのかをやるのだと思っていましたがどうやら違うようですね。

戦前のオリンピックをまだやるようです。どうやら1936年のベルリンオリンピックをやるようですが前畑秀子が金メダルをとる水泳がメインですね。

陸上も様々なエピソードがあるのですが非常に複雑な情勢がありましてそこまではやれないでしょう。

水泳だけでもきちんとやってくれるならまあ良しとしましょう。戦前の日本の様子と日本水泳陣の強化が当面のお話となるでしょうね。

自分が選手になれなかった田端政治。抑えきれない水泳への思いをきっと見事に描いてくれるでしょう。

50代 女性 :

いだてんの動画 25話の予想は、四三が3度もオリンピックに出場したようですが、これは凄い快挙だと思いました。

ですが、結果は予想に反して、悔しいものとなったようです。

震災不況が続いているようですが、そのような中で日本のスポーツがどのように進化していくのかが気になります。

病弱で水泳ができなくなった田畑は別の形で、日本の水泳を発展させようと考えていたようです。

彼の活躍がなければ、今ほどメダルを取れなかったのかもしれません。

2部も新たな取り組みや問題が次々と起こってきそうな予感です。その中で、四三は新たな目標を見つけて頑張っていくのでしょう。

40代 女性 :

いだてんの動画 25話の予想は、幾江さんカッコいいです。四三への喝に筋が通っていて、

四三はこの言葉がなかったらシマのこと考えてしんみりしていたんだろうな、と思ってしまいました。

養子だから実次がいようが母親のシエがいようが容赦ない言い回しも面白く見れました。

物資を渡し四三に託すところに軽くプロデューサー?と感じてしまうほど完璧だったと思います。

「韋駄天」はこのことだったんだ、と思える四三たちの行動力はただただ凄かったです。

シマを捜し続ける増野の姿は胸が苦しかったです。前回の五りんの話で分かってはいますが出来れば元気に出てきて欲しい、と思ってしまいました。

普通なら「えっ?」と感じてしまう治五郎先生のオリンピックにかける思いはスポーツマンである野口の賛成が背中を押したように思います。

運動会の場面は凄く楽しかったです。永井は子供にも厳しいんだな、と細かいとこが気になってしまいました。

人見絹枝も相変わらず凄い運動能力でした。シマがいたから、と思うと切なくなってきます。

震災が起きてから孝蔵の落語に対する熱量が凄かったと思います。やっぱり寄席に来ている孝蔵の落語に対する思いが見えた感じでした

50代 男性 :

いだてんの動画 25話の予想は、四三は3度目のオリンピックに出場しますが、また負けて帰ってきます。

これに対して、文句を言ったのは二階堂体操塾塾長の二階堂トクヨではなくて、田端政治でした。

田端は孝蔵に背中を押され、水泳をやることになったのですが、とても上手になっていました。

その後、朝日新聞に就職して記者となりますが、政治家の高橋是清と接することもありました。

また、嘉納治五郎は次のオリンピックに対しては震災不況のために逃げ腰でしたが、第2代大日本体育協会の会長の岸清一と共にお金を集め、

次回のオリンピックに参加するめどが立ちました。そこに田端も選手として出場することになりました。

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

いだてんの動画!25話の見所はどこ?

20代 女性 :

いだてんの動画 25話の見所は、第1話では金栗さんは走るだけでセリフなしで終わった。

第25話では田畑さんは金栗さんと同じく泳ぐだけでセリフなしで終わってしまうのかが楽しみだ。

第1部では陸上競技を中心に放送されたが、他の競技もオリンピックに参加するようになる過程が楽しみだ。

日本女子のスポーツの普及が広まり、オリンピックに出場するようになる話もあると思うので、女子スポーツの人気の高まりも気になる。

水泳は大人ではやっている人は少ないだろうからどのようなキャストが出演するかも見どころだと思う。

第1部を見ていない人でも楽しめるような内容になっているかが期待される。

50代 女性 :

いだてんの動画 25話の見所は、いよいよストーリーが第二部へと進み、これまで話の中心だったマラソンの

金栗四三から東京オリンピック招致に向けて力を発揮した人物のひとり田畑正治へと主役がバトンタッチ。

日本水泳連盟の会長となる田畑が勝つことへのこだわり、自分の考えを必死に伝えるパリオリンピック後の報告会は見どころの一つです。

新聞記者として働きながら、日本のスイマーが世界大会で優秀な結果を残せる日が現実に訪れるよう

水泳のレベルアップが図れる環境づくりを少しずつ進めていく様子も楽しみ。

政治家、高橋是清にどういった話をするのかも気になります。

40代 女性 :

いだてんの動画 25話の見所は、田端政治はJOC会長も務めています。そこに至るまでの彼の活躍が第2部なのでしょう。

本来なら水泳で最初に金メダルをとった1928年のアムステルダムオリンピックから始めるべきだと思うのですがメディアがいまだそれを許さないのでしょうね。

また田畑がオリンピックの水泳監督を務める次のロサンゼルス大会も同様なのでしょう。

前畑秀子はロサンゼルスオリンピックで銀メダルを取ってますがそのエピソードのみぎりぎりやれるのかもしれません。

「前畑がんばれ」はすごく楽しみにしていますがやはりロサンゼルス大会からやって欲しいなあというのが個人的希望です。

戦前の日本体育会の情勢、そして加納先生の死去。それをどう乗り切っていくのかが序盤の見所になると思います。

50代 女性 :

いだてんの動画 25話の見所は、韋駄天の活躍が気になるところですが、本番のオリンピックでは思うような結果が出せなかったようです。

それでも故郷の人たちも応援してくれていますし、四三の走りと活躍は日本人を笑顔にする力があるように思いました。

私もこのドラマを観ていると、四三たちが走っている姿を観ると、観ている私まで元気になれるような気がします。

実際、数か月前から私も走るようになりました。このドラマの影響も大きかった大きかったのかもしれません。

自分のペースで無理なく走ることを続けていけば、それがとても楽しいことだということに気付かされました。

改めて、四三やシマさんが言っていた走ることが楽しいという実感が湧いています。

40代 女性 :

いだてんの動画 25話の見所は、選手側から見たオリンピック、記者、政治的面から見るオリンピックの

二部構成なのかな?と全く違う視点からの話がわかりつつあり期待大です。

嘉納治五郎が悩んでる場面に田畑は敵か味方か「そこから?」と感じる内容が意外だし全く予測不能です。

記者として頭のキレる部分とちょっとお調子者の雰囲気がどう出てくるのかなと思ってます。

ただどんな手を使ってでも水泳を押し上げていく田畑が四三の信念と似ているように思えて四三とリンクするところが見れたらいいなと思いました。

人見絹枝もでしたが「前畑がんばれ」の前畑秀子やスポーツ界の歴史上の人物が次々と出てくることもこれから期待してます。

50代 男性 :

いだてんの動画 25話の見どころは田端政治が大人になって登場することと田端が次のオリンピックに影響を与えることになることが見どころです。

また、次のオリンピックに出られることが出来るのかどうかも見どころです。

楽しみにしていることは今まで子役だった田端の役に有名な俳優が登場するということで楽しみです。

今まで映画の「舞子haaan」などに出ていて、面白い俳優だと思いました。

また、田端の妻の役にドラマの「この声を君に」などの女優が出演するそうなので楽しみです。

この女優はとてもきれいなので田端にぴったりだと思いました。

また同僚にドラマの「まんぷく」に出ていた俳優が出演するのでそれも楽しみです。

◆いだてん “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> いだてん “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

いだてんの動画!25話までの感想

20代 女性 :

いだてんの動画 25話までの感想は、関東大震災で被災した方々に金栗四三さんが食料を走って届けていたとういのは知らなかった。

さらに金栗さんが走ることでみんなを笑顔にしていたというのは良いことだなあと感じ、スポーツでつながるとはこのようなことなんだなあと思った。

2020年の東京オリンピックもスポーツを通じて、日本の絆が深まればいいなあと思った。

最後の三島さんと金栗さんの徒競走は全25話をまとめるような内容でとても面白かった。

三島さんが相変わらず短距離は金栗さんより速かったので、オリンピック後も練習していたのかなあと思った。

関東大震災から東京オリンピックへどう復興していくかが楽しみになった。

50代 女性 :

いだてんの動画 25話までの感想は、震災後、妻スヤたちが待つ玉名へ顔を見せに戻った四三を奮い立たせるような義母の行動が力強くて格好良かったです。

思いがけぬ兄の言葉で自分に何ができるか気が付き、実行する四三もたくましく感じました。

簡単には復興が進まず疲弊していく人々の様子に反してやたら前向きな加納治五郎はやはりリーダーにピッタリな人物でしたね。

昼間復興に向けて動き、夜になるとバラックですすり泣いている大人たちから悲惨な状況の中でもニコニコしながら

過ごす子どもたちまで誰もが楽しめる運動会は新たなエネルギーが生まれるような素晴らしい企画だったと思います。

走り回るいだてんと競技場のスタンドに座る志ん生の笑顔は第一部の終わりでありながら未来への可能性に満ちていてワクワクしました。

40代 女性 :

いだてんの動画 25話までの感想は、焼け野原となった東京を食料を背負って走り回る金栗四三。

ドラマでも説明されていましたがこれが「韋駄天」ということなんですかと非常に感心しました。

前回から暗く重い空気でしたがここから少しづつ晴れていったような気がします。増野シマさんの結末は残念です。

彼女の存在がドラマに花を添えていた点も多く失うのがすごく悲しい登場人物でした。その演出も含め復興運動会はすばらしくよい出来だったと思います。

これまで活躍した多くの登場人物が集って競技を楽しんでいる姿は感動です。

三島弥彦はやはりおいしいところもって行くのだなと改めて感じるとともに、金栗は本当に走ってばかりでしたね。

個人的にはパリオリンピックまでやって欲しかった。ですが金栗編のラストとしてはこれ以上にない演出で終わったと思います。

名残惜しい気持ちですが視聴してすごく楽しめました。

50代 女性 :

いだてんの動画 25話までの感想は、四三が真夜中に走るシマさんを観たのは、もしかしたら彼女の霊だったのかもしれません。

残念ながらシマさんは亡くなってしまったのかもしれませんし、もしかしたら頭をぶつけて、記憶喪失になっている可能性もあると考えてしまいました。

今後、シマさんについて何かあるのか分かりませんが、少ない望みを持ち続けていたいと思います。

四三は熊本からのたくさんの救援物資を走りながら、避難している人たちに配り続けていました。

これは誰でもできることではないですし、彼だからこそできた復興だったのだと思います。彼の笑顔と物資を多くの人に届けることができました。

40代 女性 :

いだてんの動画 25話までの感想は、幾江さんカッコいいです。四三への喝に筋が通っていて、

四三はこの言葉がなかったらシマのこと考えてしんみりしていたんだろうな、と思ってしまいました。

養子だから実次がいようが母親のシエがいようが容赦ない言い回しも面白く見れました。

物資を渡し四三に託すところに軽くプロデューサー?と感じてしまうほど完璧だったと思います。

「韋駄天」はこのことだったんだ、と思える四三たちの行動力はただただ凄かったです。

シマを捜し続ける増野の姿は胸が苦しかったです。前回の五りんの話で分かってはいますが出来れば元気に出てきて欲しい、と思ってしまいました。

普通なら「えっ?」と感じてしまう治五郎先生のオリンピックにかける思いはスポーツマンである野口の賛成が背中を押したように思います。

運動会の場面は凄く楽しかったです。永井は子供にも厳しいんだな、と細かいとこが気になってしまいました。

人見絹枝も相変わらず凄い運動能力でした。シマがいたから、と思うと切なくなってきます。

震災が起きてから孝蔵の落語に対する熱量が凄かったと思います。やっぱり寄席に来ている孝蔵の落語に対する思いが見えた感じでした。

50代 男性 :

いだてんの動画 25話までの感想は、先生の増野シマが見つからなかったのは残念でした。

しかし、人見絹恵がシマの手紙に心を動かされ、走り幅跳びをやるようになったのはシマが残してくれた遺産だと思いました。

金栗四三は義母の池部幾江に「何のために帰ってきたのか」と言われたから、自分のやるべきことが見えたのだと思います。

幾江は四三にとって良い母だと思いました。

また、落語家の美濃部孝蔵も自分のやるべきことが見つかって良かったと思います。それでなければ、お酒ばかり飲んでいたと思います。

これから東京オリンピックが開かれますが、この時とよく似ているのかもしれないなと思いました。

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

いだてんの動画!25話【ネタバレ】← 紹介

ここからがドラマ『いだてん』25話のネタバレになります!

新たに登場した主人公

昭和36年(1961年)、古今亭志ん生がオリンピックの第2章をする。

大正12年(1923)の関東大震災後、第8回パリオリンピック予選会が行われた。

嘉納治五郎が指揮を取って始まり、伴走者として金栗四三も走っていたが、選手達より先にゴールに着いてしまう。

そして、34歳で3回目のオリンピック出場が決まった。

一方、アントワールオリンピックで水泳が惨敗して、その報告会に参加していた田畑政治は悔しがった。

田畑は孝蔵が遭遇してから4年後大人になり、将来オリンピックに呼ぶ男と言われる人物になる。

熱い男・田畑政治

大正13年(1924年)、関東大震災の翌年に四三と田畑は日本橋で遭遇した。

東京大学に進んだ田畑は新聞社の面接を受けに来る。

荒くれものが多い新聞社の入社試験で口述試験に臨む。

社長や部長の緒方を相手に水泳を熱弁する田畑は政治部を希望した。

更に水泳の事を熱望する彼に対して、周囲にいた記者達は笑う。

落ち着きがない田畑に緒方から質問を受け、「君はなんだね」と問われる。

仲間や友人達の事を褒める彼は幼少期、医者から水泳を止められた事を明かす。

社長から再度、希望部署を聞かれると政治部と主張した。

田畑は水泳が世界一なると宣言して、最後まで彼らしさをアピールする。

面接が終わり、緒方は記者には不向きと判断したが、社長は「顔が良いから取ってやる
と冗談を言われながらも光るものがあったようだ。

入社して立憲政友会の担当になった田畑は第20代内閣総理大臣の高橋是清を追う事になる。

緒方部長から24時間張り付くように指示を受けるが、田畑は運動部の尾高と校閲部の河野一郎に見出しの写真について、文句言っていた。

水泳より陸上の方が優遇されていると口にして、更に四三の事を批判する。

河野と意見が合わずにその場は険悪な雰囲気になった。

挑戦的な田畑の行動

3度目のオリンピックに出場した四三は報告会に参加する。

32キロ地点で意識を失い、棄権した事を報告した。

そして、「幸せな選手人生でした」と言い、治五郎と固く握手をする。

治五郎は四三の過去のオリンピック成績を口にして、会場にいた河野達は労いの拍手をした。

「ミスターマラソン」と野口源五郎も四三を称えて、「ありがとうございました
と四三は頭を下げる。

続いて水泳の報告が行われるが、選手達は壇上に立たず結果のみになった。

会場にいた田畑は好成績を残していた水泳選手の高石勝男達と抗議する。

「全て私の責任です」と野口が謝罪するが、田畑は納得せずに治五郎の退任を提案した。

田畑の落ち着きない行動で現場は収拾がつかないが、治五郎に迫った彼は背負い投げを受ける。

本人だと知らなかった田畑は驚き、ようやく静まった。

治五郎は「よかろう、好きにしたまえと口にして、田畑は水泳独自の団体を作る事を宣言する。

水連と看板を挙げて、帝大の一室に連盟を設立した。

意気込む田畑達だが、練習施設が整っていない水泳は夏以外、動けない状況だった。

部屋から地下に繋がる梯子を見つけて降りていくと大きな空間が広がる。

船があり、そこを水泳の練習場にしようと田畑は思い付く。

衝撃な手相の結果

会社ではある記者がとくダネを仕入れてきた。

独自のルートで法案全文の資料が入り、手分けして中身を書いていく。

しかし、田畑の字が汚いと緒方に忠告されて、彼は暇を持て余す。

お世辞にも決して仕事が出来るとは言えない田畑だが、上司にはなぜか可愛がられる。

緒方に呼ばれて、Barローズを訪れた。

相変わらずの自由な発言にママのマリーは気分を悪くする。

マリーから緒方が有名人とここで会った事を聞いて、驚く。

当時力を持っていた三浦という人物に気に入られた緒方は改元の際、情報を貰っていた。

その話を聞いた田畑は別の日に再びローズを訪れて、三浦を探したがマリーから彼がすでに亡くなっている事を聞く。

元号が変わるタイミングだったので、田畑は焦る。

マリーから別の記者が書いていた紙の痕跡をチェックして、ある2文字が浮かぶ。

光文と書かれていて、とくダネを掴んだと喜ぶ田畑が店を後にしようとする。

その時、カードで占いをしていたマリーが呼び止めて手相を見始めた。

「とても良いですと表情と言葉が合っていない事に納得のいかない田畑は本当の事を尋ねる。

すると30歳までの命だと衝撃な言葉を掛けられて、激しく動揺した。

あと2年しか生きる事が出来ないと帰り道で落ち込む田畑は昔の事を思い出す。

会社に戻る慌ただしい状況でライバル社が号外を出す事を耳にした。

田畑は光文の文字が思い出せずにいると緒方から「早く言え」と促される。

そこに「光文だと河野が口にして、急いで朝刊への準備を進めようとした。

緒方は正確さで勝負すると決めたが、彼の判断は吉と出る。

田畑の驚きの奮闘

時代は昭和になったが、市民の生活は大きく変わらずにいる。

孝蔵の家族は相変わらず苦しい状況で、彼は高座に噺を続けていた。

寄席に来ていた田畑は孝蔵に話し掛けて、当時の財布の事を問い質す。

噺を止めない孝蔵の先にオチを言われる。

ある日、1年後に迫ったオリンピックの招待状がIOCから届いた事を水連に報告に来た田畑は地下に出来上がっているプールを見て驚く。

一年中、練習が出来ると環境も整い、皆と喜びを爆発させてオリンピックへ意欲を高める。

体協に田畑と河野の記者達が訪れて、次回オリンピックに派遣する人数を提案した。

資金に苦悩する体協に対して、田畑は思い切った行動に出る。

会社にいた緒方はある人物から電話が入り、田畑の事を口にした。

電話の相手が総理大臣の高橋だと知った緒方は驚き、田畑を追い出すように伝える。

体協では可児徳と治五郎が資金の工面に悩み、重い空気が流れた。

時代が変わっても資金難が変わらない状況に嫌気がさした治五郎は自暴自棄になる。

そこに田畑が尋ねてきて、補助金が出たと口にして6対4で水連と陸連で分ける事を提案した。

田畑は誰から補助金を出してもらったか尋ねられると高橋に貰った事を明かす。

--- 以上、いだてん 25話のネタバレでした~! ---

いだてん 25話を見逃した人は、

『いだてん』を1話からまとめて視聴できる『U-NEXT』がおススメです!

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

いつまで”31日間の無料トライアル”があるのか分からないので、見たいかたはお早めに~^^♪

これで連休の暇つぶしはバッチリです(笑)

いだてんの動画!25話の感想まとめ

いだてん 25話の感想は、第2章に入ってどのような始まりになるのか気になっていましたが、まさかのドタバタな展開で驚きました。

パリオリンピックの予選会で選手として参加していなくても良い結果を出すとは流石です。

そのまま、オリンピックに参加する事になりましたが、今回も結果が出ませんでした。

3度目の出場と驚異的な選手だと思いますが、世界ではなかなか通用しないので辛いです。

当時、驚異的な人物だった四三でもメダルを取る事が出来なかったのは、驚きでした。

最後も棄権で完走する事が出来なかったのは悔しかったはずですが、最後まで彼らしく走ったと思います。

様々な苦労を乗り越えながら、オリンピックに参加し続けた彼の頑張りは素晴らしいです。

日本のオリンピックの先駆者として、とても奮闘したと思います。

今回から主人公が田畑になりましたが、幼少期に比べて大きく成長を遂げていて驚きです。

しかし、雰囲気や喋り方は変わっていなかったので面影が残っていました。

新聞社の面接でも彼らしさが出ていましたが、あそこまで強烈なキャラだとは思っていませんでした。

会社や体協に対しても、自らの意見を発言する彼は凄いです。

物怖じしない性格であり、不器用な部分がありますが、彼の奮闘がこれから更に輝きそうです。

慌ただしい第2章の初回でしたが、これからどのように話が進んでいくのか楽しみです。

四三から田畑に主人公が変わって、内容もガラリと変わりそうですが、時代の変化を感じそうです。

田畑がどうやって東京にオリンピックを呼ぶ事が出来たのか気になります。

四三も本格的に引退しましたが、その後の行方はどうなったのでしょうか。

孝蔵も家族が増えていましたが、あまり状況が変わっていませんでした。

彼が大きく飛躍するタイミングはいつになるのでしょうか。これからも彼の活躍に大いに期待しています。

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

いだてんの動画!25話のあらすじを最後に

ドラマ『いだてん』25話のあらすじを簡単に紹介します~!

いだてん後半の主人公がいよいよ登場! 四三(中村勘九郎)がまさかの3度目のオリンピックに出場し、負けて帰ってきた報告会で「負けちゃ意味がない」と息巻く若者が現れる。

田畑政治(阿部サダヲ)である。30歳で死ぬと予言され、体の弱かった彼は、自分が生きている間に日本水泳を世界レベルに引き上げようと血気盛ん。

朝日新聞に記者として入社し、政治家の大物・高橋是清(萩原健一)にも接触。

震災不況でオリンピック参加に逃げ腰の治五郎(役所広司)や金に厳しい岸 清一(岩松 了)も驚く多額の資金援助をとりつけてみせる。

いだてん 公式サイト引用

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

最後までお読みいただきありがとうございました^^

◆いだてん “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> いだてん “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

※本ページの情報は2019年7月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

シェアする!!