いだてん 動画の6話も見逃しフル視聴する方法!

シェアする!!

生田斗真・森山未來も出演の大河ドラマ『いだてん ~東京オリムピック噺~』の6話が放送されましたね!

このいだてんの6話の動画はフルで見逃し視聴できるの?と、気になって動画を探している人が多いようです。

なのでこのページでは安心して、いだてん 6話の動画を “見逃し視聴できるおススメの方法” やネタバレを紹介しています↓


※現在『いだてん』4~10話は配信停止中となっています※

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

違法にアップロードされた動画じゃないので、高画質でCMもないし “1話~ 全話まとめて” 視聴できますよ!

いだてんの動画!6話の予告を紹介

ドラマ『いだてん ~東京オリムピック噺~』6話の動画予告はこんな感じに!

いだてんの動画!6話をフルで見逃し視聴するおススメの方法

ではドラマ『いだてん ~東京オリムピック噺~』6話の動画を、フルで見逃し視聴できるおススメの方法を紹介します!

それは、いだてんの放送が終わるたびに毎回、見逃し配信をしてくれている公式のサービス『U-NEXT』です!

『U-NEXT』には”31日間の無料トライアル”が付いててお得なので、

違法にアップロードされた動画を探さなくても安全に見逃し視聴できます!

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

無料期間中に登録して31日以内に解約することもできるし、その場合でも、いだてんの動画を1話から視聴できます!!

もちろん『いだてん』以外の現在放送中の最新ドラマや映画・海外ドラマも、時間が許す限り好きなだけ見れてしまいます!

ただ、“31日間の無料トライアル”はいつまでやっているのかわからないので、

いだてんを安全にフル視聴したいなら早めに登録したほうが損しないです!

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

※U-NEXTに登録したら検索窓から⇒「いだてん」で検索してくださいね^^

いだてんの動画!6話の予想

20代 女性 :

いだてんの動画 6話の予想は、6話の予想は、金栗は新たな目標を掲げてこれからも走り続けていくと思います。

ですが優勝したことや世界記録を破ったことで周りの人間からのプレッシャーもあって悩んでいくのではないのかなと思います。

5話の終盤のシーンで若き日の志ん生こと孝蔵は円喬師匠に会ったこと

そして円喬師匠の車夫になったことで新たの人生のスタートをきっていくのではないのかなと思っています。

オリンピックに日本人を送ろうとしている治五郎もそう簡単に日本人をオリンピックに送ることが

出来る状態ではまだないのではないのかなとも思っています。治五郎は少し自由な人間でもあるのでそれもまた悩みの種かな

30代 女性 :

いだてんの動画 6話の予想は、予選会で優勝者となった四三や三島弥彦が次々とオリンピックを辞退し、

あんなに盛り上がったのにかかわらず出場者が決まらず、嘉納先生が怒りまくっている様子が見られそうです。

出場したことは結果的には分かっているのですが、きっとその経緯には嘉納先生の熱意ある説得があるのでしょう。

四三もいつものように、なぜ出場するのか、出場することでどんな良いことがあるのかなどとお得意の分析があるのかもしれません。

前回はあまりスヤさんのシーンがなかったので、手紙のやり取りだけでもあるのでしょうか。

噺家への弟子入りをした孝蔵は、何度も何度も師匠の稽古を聞きながら話を覚えていきそうです。

40代 女性 :

いだてんの動画 6話の予想は、日本一になり、しかもマラソンの世界記録を作ったので、

新聞にものった主人公ですが、本人はいたって謙虚でそのすごさにあまり気づいていません。

今回のレースの反省をしたり、今後の対策をねったりします。

一番の問題であるたびを改良してもらうため、たびやに行きますが、主人を怒らせてしまい、改良は見込めそうになりません。

それをどうしていくのかが描かれると思います。

また、熊本におりマラソンをかけっことよび、それに熱中する主人公を反対している家族がどう反応するのか、

まわりがどうはんのうするのかが描かれると思います。

30代 女性 :

いだてんの動画 6話の予想は、日本人初のオリンピック出場に向けお金の問題が出てくるのではないでしょうか。

三島弥彦の家からの融資はようなので、そこが大きな壁になってくるのではないかと思います。

スヤの結婚話も進んで、スヤはさらにモヤモヤするのでは。その事に四三は気付いてくれるのだろうかが気になります。

若い頃の志ん生、孝蔵も円喬に弟子入りし車夫をしながら落語を学んでいくのでしょう。

予告では走っている四三とすれ違う瞬間がありましたが、孝蔵が四三の事を知るまでの事も進展があるのではないでしょうか。

次回は東京五輪招致チームも久々に登場するようなので招致の話も出てくるのだと思います。

40代 女性 :

いだてんの動画 6話の予想は、古今亭志ん生の「オリムピック噺」も進んでいきます。

予選会が終わりストックホルムに向けて嘉納治五郎は用意を進めていくがお金の面だったりと問題が山積み状態に嘉納の悩む姿が描かれると思います。

短距離走で記録を出した三島弥彦もこれ以上家族の機嫌を損なわないようにストックホルムには行かないと断言してしまう。

四三は行くつもりだったが周りから様々な話を聞いたりプレッシャーをかけられたりと報告する寸前まで考え込み辞退してしまう。

それを報告に行き「辞退」と聞いた治五郎は激怒してしまう。孝蔵は相変わらず円喬の車係となって走り回る毎日を送る。

1964年の東京オリンピックに向けて動き出す招致チーム。

組織委員会の田畑政治が東龍や岩田とともに渋滞に巻き込まれている、からの田畑の初登場だと思います。

50代 男性 :

いだてんの動画 6話の予想は、マラソンの選手は決まったが、他の種目が決まらずオリンピックへの参加は難航しそうな気がします。

オリンピック参加、スポーツそのものを快く思っていない家族への説明などに、苦労する人たちが多く出てくるでしょう。

まずオリンピックというものを誰も知らないので、認知してもらわないと選手の派遣は厳しい状況に。

そこで当時人気者だった落語家さんたちが関わってきて、関心が高まってくるのか。

あるいはどちらかというと反対の立場だった先生たちが積極的に動いてくれて、状況が進展していくのか、と思っています。

あと足袋の職人さんとの履物の開発も楽しみです。

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

いだてんの動画!6話の見所はどこ?

20代 女性 :

いだてんの動画 6話の楽しみにしていることは、金栗がこれからどんな目標を掲げて行くのかなと思っています。

そして若き日の志ん生こと孝蔵は円喬師匠に出会ったことでどんな人間になっていくのかなと楽しみにしています。

そして金栗の幼なじみである春野スヤはこれから先どのような人生を送ってその後どのような姿で金栗に会うのかなと思っています。

6話の見どころは、嘉納治五郎はオリンピックの予選会を行ったことだけでそう簡単にオリンピックに日本人を送ることに対して進むのかなと思ってしまいますし、

初めてのことが多いだけに悩みの種を多くあるのではないのかなと思ってしまいます。

30代 女性 :

いだてんの動画 6話の見所は、いつも役所広司さんの演じる嘉納先生の喜怒哀楽の変化が激しい部分が

人間味があって好きなのですが、次回はそれが存分に発揮されそうで楽しみです。

せっかくメダルも期待できそうな有望選手が見つかったのに、出場してくれないという話で、

どう選手たちをその気にさせるのかと躍起になるおじさんたちの必死な姿が見所の一つになりそうです。

東京の街を四三や孝蔵が走り回っている姿が印象的ですが、

次回は2人がお互いの存在は知らずともすれ違う場面がありそうなのでその場面が楽しみです。

前回は四三がメインの内容でしたので毎回少しだけ登場する阿部サダヲさんの場面も楽しみです。

40代 女性 :

いだてんの動画 6話の見所は、オリンピックに出場するにあたり、まだまだ課題がたくさんあります。

それをどのようにして、どんな方法で、だれがクリアしていくのかが楽しみです。

また、競技会で一位になった金栗四三さんが変わるのか、周りはどういう反応を示すのか、話の続きが気になります。

走ることに夢中になっている金栗四三さんに反対している家族が応援してくれるのか、はたまた溝はうまらないのか、予想がつきません。

落語家に弟子入りした人物が今後、どのように変わっていくのかもみどころです。

当時のまちのようすや人々の服装などを見るのも楽しみにしています。

30代 女性 :

いだてんの動画 6話の見所は、優勝して日本の期待の星になった四三はオリンピックに挑むにあたって、

靴はどうするのか、足袋で走り続けるのかが気になります。

足袋で走るのであれば、播磨屋は足袋の改良するのか、また帰れ!と怒鳴られるのかは個人的に楽しみです。

そして、三島弥彦はオリンピックに出場したいのだろうけど、家の事があるので断念するしかないのでしょうか。

なんとか母親とお兄さんを説得してオリンピック出場を目指して欲しいです。

四三はスヤの縁談の話を聞いてモヤモヤしている気持ちは恋なのだと早く気づいて欲しいです。

2人のかわいくてモジモジする恋が気になって仕方がありません。

40代 女性 :

いだてんの動画 6話の見所は、四三のストックホルムに行くか行かないかが周りのちょっとネガティブな意見もあって

揺れる気持ちがおかしく描かれているんだと思い楽しみにしてるところです。色々考える中にまた幻覚の四三も出てきて欲しいです。

色んな思いが重なっての嘉納の怒りは珍しく見どころの一つなのかなと思います。

孝蔵はいつ円喬と車を降りた状態で話すのかなとも思いますが、円喬のコミニュケーションのやり方に「らしさ」があって面白いです。

三島弥彦のうちもスポーツに熱中する弥彦に殺伐していて、それをせめてどうにか、とあくせくするシマの姿がまだまだ見てみたいです。

いよいよ1964年に向けての田畑政治の登場ですね。

年代の違いは凄くありますが、嘉納と四三の二つの場面のように四三と田畑の場面がまたリンクしていく形を見ていきたいです。

50代 男性 :

いだてんの動画 6話の見所は、主人公の選手としての成長や、田舎の家族へどう話していくのかが楽しみです。

同郷の作家志望の友人との関係性は変わっていくのか、また田舎の幼なじみの女性とはまた会えるのか、も気がかりです。

まずはどのように故郷の親代わりのお兄さんに知られていくのか、そしてどのように説得していくのかが楽しみです。

もう一人、家族かスポーツを快く思っていない天狗倶楽部の人もどうするのかも違う環境ですが気になります。

あとはやはり足袋屋の主人と、どう仲直りし新しく走るのに適した履物を開発していくところを楽しみにしています。

当時の東京の花街の華やかさも楽しみです。


◆いだてん “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> いだてん “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

いだてんの動画!6話までの感想

20代 女性 :

いだてんの動画 6話までの感想は、金栗がオリンピックの予選会のマラソンの部に出場をしてほかの選手が脱落していく中金栗は1位になってゴールをします。

そこで小さな頃からの夢であった嘉納治五郎先生に抱っこしてもらうと言う夢を叶えることができたのです。

そのシーンは金栗が小さい頃に地元熊本で嘉納治五郎先生を見たいがために父親と見に行ったが

抱っこしてもらうことができずに長い間夢にまで思った瞬間でした。その瞬間を見たときは良かったね金栗さんと思いました。

金栗は優勝したからといって諦めずに新たな目標に向かって走り続けていく素晴らしい人間だなと思いました。

30代 女性 :

いだてんの動画 6話までの感想は、すでに内容は分かっていた羽田運動場でのオリンピック予選のマラソン大会の模様の詳細に

丸々1話分があてられるという内容の濃く見応えのある回でした。

主人公の金栗四三が優勝するのは知っていたものの序盤あえてスピードを落としてラストトップの選手との攻防がゆったりとした展開ながらも、手に汗握るような展開でした。

ゴール後に嘉納先生から抱っこされ、幼少期に叶わなかった思いが叶えられた四三の表情に、こちらまでもらい泣きをしそうになった場面でした。

同時展開で見逃せない志ん生の弟子入りのきっかけがこのマラソンに絡めた形で描かれていて、

いつもコメディなどで見ることの多い松尾スズキさんの淡々とした噺家の役柄が今回も新鮮でした。

40代 女性 :

いだてんの動画 6話までの感想は、いよいよ金栗四三さんが初めてフルマラソンに挑むことになります。

しかもオリンピック予選会が初舞台です。羽田に競技場があったとは全然知りませんでした。

今回も場面が何度も切り替わり、現代と昭和30年代と行ったり来たり、メインの人物と語りの人物も入れ替わるので、

話の流れがとてもわかりづらくてちょっと疲れました。

また、今回の話は第一回で放送された大会だということに気づき、そこまで話が戻るのかと驚きました。

とにかく過去から順番に話が進まないので、混乱します。何とかでも無事に走り切った主人公にはすごいと思いました。

30代 女性 :

いだてんの動画 6話までの感想は、ついに羽田でマラソン大会が開催され、

金栗四三らは道に迷いながらも到着して参加に間に合いスタートを切りましたが。

私は「排便ばする」は大丈夫?と気になっていました。

走っている間も優勝すると分かっていながらも頑張れーと思う自分がいました。

あと、三島弥彦が我慢できずに短距離走に出場した時はドラマの中の女性達と同様にかっこいい!と私もメロメロになりました。

私もその時代にいたら絶対ファンになっているに違いありません。

優勝した四三の記事が新聞に載っているのを春野スヤが見つけ、父親に結婚するんだから…と言われているのを見た時は

切ない気持ちと、自分の気持ちを伝えてー!と背中を押したい気持ちでした。

40代 女性 :

いだてんの動画 6話までの感想は、古今亭志ん生の噺をベースに進んでいった予選会が面白かったです。

晴れたり雨だったりとマラソンをするにはいちばん最悪なコンディションの中、

しっかりした呼吸法で走っていく四三が「失敬!」と言っていくたび気合いが入りペースが上がってるように思えました。

一位の佐々木とはマラソンも「勝ちたい!」と思う気持ちも真剣勝負でしたね。

睨み合いに止まる四三の場面もビジュアルが勝っている姿が奇妙過ぎて笑えました。

「治五郎先生」と言ってゴールに向かってたとこもやっとだな…と思えてしみじみしてしまいました。

足袋そのものは走る上で自分に向いているものなんだろうと播磨屋に改良を頼むとこに気持ちが出ていたように思います。

怒らせてしまうくらいの言いよう、それに気付かない四三も面白かったです。弟子入りを志願しあっさりOKする円喬が意外でした。

賭けをしようとする孝蔵を止めて「止めるんじゃなかったのか」と話も聞いていたセリフが孝蔵への本気も感じて良かったです。

三島弥彦は狙っていたんだと思います。スパイクをしっかり履いてたのが如何にも、な感じでしたが、そこで記録を出すのがさすがだなと思いました。

50代 男性 :

いだてんの動画 6話までの感想は、いよいよ主人公の四三がマラソンの才能が開花してきて、盛り上がってきました。

当時の羽田や街中の過酷な道をスタミナ切れする事なく走りきる姿にワクワクしました。

マラソンを走る際に調達した足袋のシーンは、少々某ドラマを思い出し苦笑しましたが、適切な靴がなかった時代の苦労も垣間見れて面白かったと思いました。

間に出てくる花街のシーンも実にセットが素晴らしく、華やかな様子が素敵です。四三たちとどう関わってくるのか楽しみです。

ただ一つだけ、落語のシーンは本物の落語家さんで見たかったような気もしますが、画面に味があるのでいいのでしょう。

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

いだてんの動画!6話【ネタバレ】← 紹介

ここからがドラマ『いだてん ~東京オリムピック噺~』6話のネタバレになります!

代表選手の候補に

金栗四三は播磨屋の前にいたが、入りづらくて困っていた。

以前、足袋の事を批判してしまった事で店主の黒坂辛作の怒りを買ってしまう。

そこに人力車夫の清が現れて、彼が先に店に入る。

清の後から入った四三は黒坂に「先日はすいませんでした!」と謝罪した。

すると、「履いてみな!」と改良した足袋を渡された四三は「ありがとうございます!
と喜ぶ。

明治44年12月(1911年)、大日本体育協会ではオリンピックの話し合いが行われる。

永井道明は四三や三島弥彦を代表選手の候補として推薦する。

治五郎は良い話として、フランス大使から「ストックホルムでお待ちしております」と一言のコメントを貰った事を発表した。

それ以外は問題が重なり、金銭管理をしている可児徳からオリンピックの費用が1人5000円と掛かると伝えられる。

さらに新聞では予選会の記録が誤測と書かれて、治五郎は怒りを露にした。

外で走っている四三が目に入り、「見たまえ!」と治五郎は永井達に声を掛けて、「彼をストックホルムに連れて行く!」と力強く口にする。

すると可児が勝手に優勝カップを作った事を皆の前で謝罪し、現在の予算では1人しか連れて行く事が出来ない事を明らかにした。

治五郎は金銭的に豊かである弥彦は自費で行くように勧めようと思い付く。

予想外の返答が…

治五郎に呼ばれた四三は緊張して、部屋に入ってきた。

昔からの憧れである治五郎からオリンピックに派遣する事を伝えられて、「行ってくれるな?」と問われると「行きとうなかです!」と返答する。

まさかの返答に「なに!」と治五郎は声を荒げた。

「座りたまえ!」と治五郎は四三に声を掛けて、改めて事情を説明して「行ってくれるな?」 と聞くと「行けません!」と即答される。

そして、「なぜ、世界記録なんか出したのかね?」と問われた四三は予選会に参加したのは、

日頃の丹念の成果を出すためだった事や予選会の意味を理解していなかった事を伝えた。

四三は足袋の話をし始めて、治五郎に「オリンピックとは何ですか?」と聞く。

永井達から立派な大会だと説明を受けて、四三は臆してしまう。

さらに治五郎に「負けた切腹ですか?」と尋ねて、「自信がない」と言った四三だった。

その夜、三島家を訪れた治五郎は弥彦と面会して、オリンピックへの参加を求める。

しかし、弥彦は「でませんよ!」と治五郎に言い、帝国大学の事や文部省の上層部からも釘を刺されている事を伝えて、部屋を出ていく。

説得する治五郎

「失礼します!」と改めて、四三は治五郎に呼ばれて、部屋を訪れる。

治五郎は「それは…?」と指を刺すと 四三は「これは返しに来ました」と予選会の優勝カップを差し出した。

オリンピックの話になり、治五郎から「どうしても君に行って欲しい!」と言われる。

治五郎は再度、オリンピックを説明して、「負けても切腹せんでいいと言う。

以前に比べて口調が柔らかだったが、資金面の問題もあり疲れ切っていた。

写真を出して「何事も最初は辛い」と言い、「日本スポーツ界のために黎明の鐘になってくれ!」と頭を下げる。

四三は決心して「行きます!」と力強く答えて、部屋を後にしようとした。

治五郎に止められて、渡航費と滞在費の件を四三が出す方向で説明を受けて、承諾する。

故郷への手紙に思いを…

四三は1年ぶりに故郷に手紙を出すために、オリンピックの事や支援して欲しい事の内容を赤裸々に書く。

躊躇しながらも投函した四三は、羽田の競技場を訪れてトラックを走り出した。

播磨屋を訪れた四三は清と黒坂にオリンピックの話をして、現地に近い条件で走る事を勧められる。

地図を出して、説明を受ける四三は早速、オリンピックに向けて準備をし始めた。

一方、故郷では手紙を受け取った金栗実次は差出人が四三だと気付き、厳しい表情を浮かべる。

--- 以上、いだてん 6話のネタバレでした~! ---

いだてん 6話を見逃した人は、

『いだてん』を1話からまとめて視聴できる『U-NEXT』がおススメです!

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

いつまで”31日間の無料トライアル”があるのか分からないので、見たいかたはお早めに~^^♪

これで連休の暇つぶしはバッチリです(笑)

いだてんの動画!6話の感想まとめ

いだてん 6話の感想は、四三は見事に世界記録を出して、オリンピック代表選手に近付きますが、

予選会の意味を知らずに参加していたとは彼らしいと感じました。

日頃の成果を試すための気持ちで大会に参加したからこそ、素晴らしい結果を出す事が
出来たのだと思います。

オリンピックの詳細を聞くと参加するのを躊躇ってしてしまうのも、仕方ないです。

治五郎は四三のまさかの返答に怒りを露にしましたが、それだけオリンピックへの気持ちが強かったのです。

資金面では大きな負債を抱える事になりましたが、それでも自らが責任を背負う姿は凄いと思います。

しかし、疲れ果てて四三に費用を出すように説得していましたが、治五郎らしくありませんでした。

それだけ、資金面で苦労していたのだと感じます。

四三は1年ぶりに故郷に手紙を書きましたが、果たして実次はどう思うのか気になります。

家族達は四三の事を理解してくれるのでしょうか。

播磨屋の黒坂も不器用ながらも四三を応援するようになり、安心しました。

清も加わり、オリンピックに向けて現地に近い状況で走る事になりましたが、四三のこれからの成長に期待しています。

また、弥彦は家の事情もあり参加に消極的ですが、治五郎はどうやって彼を説得するのでしょうか。

それとも四三が弥彦に何かしらの影響を与えるか、楽しみです。

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

いだてんの動画!6話のあらすじを最後に

ドラマ『いだてん ~東京オリムピック噺~』6話のあらすじを簡単に紹介します~!

オリンピックに送るに足るだけの選手を見つけて喜ぶ治五郎(役所広司)だったが、派遣費用が莫大で頭を抱える。

おまけにマラソンを制した四三(中村勘九郎)は、負ければ腹切りかと恐縮し、

短距離の覇者・弥彦(生田斗真)は帝大後の進路を考えたいと出場を断る。

そんな二人に治五郎は「黎明(れいめい)の鐘」になれと熱弁する。

そのころ、若き日の志ん生こと孝蔵(森山未來)も師匠・橘家円喬(松尾スズキ)に、

車夫ならば落語に登場する東京の街並みを足で覚えながら芸を磨けとヒントをもらい、

東京の“へそ”日本橋界隈をひた走る。

いだてん 公式サイト引用

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

最後までお読みいただきありがとうございました^^

◆いだてん “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> いだてん “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

※本ページの情報は2019年2月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

シェアする!!