いだてん 動画を41話から見逃し配信でフル視聴する方法

2019年11月01日放送 中村勘九郎と阿部サダヲ主演のドラマ『いだてん』「おれについてこい!」の41話が放送されましたね!

このいだてん 41話の動画は 見逃し配信でフル視聴できるの?と、気になって動画を探している人が多いようです。

なのでこのページでは安心して、いだてん 41話の動画を “見逃し視聴できるおススメの方法” やネタバレを紹介しています↓

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

違法にアップロードされた動画じゃないので、高画質でCMもないし、安全に “1話~ まとめて” 視聴できますよ!

いだてんの動画!41話の予告は?

ドラマ『いだてん』41話の動画予告はこんな感じに!

いだてんの動画!41話を見逃し配信でフル視聴するおススメの方法

ではドラマ『いだてん』41話の動画を、見逃し配信でフル視聴できるおススメの方法を紹介します!

それは、いだてんの放送が終わるたびに毎回、見逃し配信をしてくれている公式のサービス『U-NEXT』です!

『U-NEXT』には”31日間の無料トライアル”が付いててお得なので、

 
違法にアップロードされた動画を探さなくても安全に見逃し視聴できます!

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

無料期間中に登録して31日以内に解約することもできるし、その場合でも、いだてんの動画を1話から視聴できます!!

もちろん『いだてん』以外の現在放送中の最新ドラマや映画・海外ドラマも、時間が許す限り好きなだけ見れてしまいます!

ただ、“31日間の無料トライアル”はいつまでやっているのかわからないので、

 
いだてんを安全にフル視聴したいなら早めに登録したほうが損しないです!

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

※U-NEXTに登録したら検索窓から⇒「いだてん」で検索してくださいね^^

いだてんの動画!41話の予想

50代以上 男性 :

平沢のIOC総会でのスピーチが奏功してオリンピック招致に成功するようです。そして、田畑が事務総長として組織委員会も結成されるようです。顧問として大物成果の川島正次郎が就任するようです。 ところが、川島は東都知事とは選挙で対立した関係だったようです。しかし川島は池田内閣で自民党幹事長や副総裁として池田を支えた重鎮でしたので、その政治力を使ってオリンピック予算獲得には絶対味方につけないといけない人物だと田畑は意識して行動すると思います。 一方、田畑は日本がメダルを取れるように競技種目を考え、女子バレーボールの大松監督らに目を付けるようです。田畑は東都知事は組織委員会会長に戴き、川島と東を仲介して柔道など日本がメダルを取れる種目の競技組み入れに成功すると思います。

50代以上 男性 :

東京オリンピック開催が決まり、日本国民が歓喜しているが、一方、日本としては、参加するだけではなく、どうしてもメダルが取りたいので、強化選手の育成と、種目を選択して、選手強化に乗り出す。メダルが取れそうな種目のバレーボールの強化について、どのような育成方針で、強化を行ったのか。特に東洋の魔女ともいわれた選手たちが、どのような気持ちでスポーツに取り組んだのかに興味があります。も一つ忘れてはいけない選手がいます。マラソン選手の円谷選手の銅メダル獲得です。この選手の強化方法と考え方も併せて興味を持ってみてみたいと思います。

40代 男性 :

東京でのオリンピック開催が決まり国を挙げての準備が始まります。当時の一流の人材がこのオリンピックのために集結し準備を進めていきます。インフラは全く足りていません。選手の輸送は、トイレは、食事はなどオリンピックの裏話で語られてきたことがドラマとして描かれることでしょう。そしてそれを強固な意志で進めていった体育協会・田端がどのような活躍を見せるのか注目です。そして問題はありましたが東洋の魔女こと日本女子バレーチームの地獄の特訓がどういった形でまとめられるのか。ここで大松監督を写すのかも注目されます。不思議なぐらい持っていないドラマとなってしまいましたが、大河として真っ当なドラマではあるのです。残念でなりません。

50代以上 女性 :

暗い戦争時代が終わったので、それだけでもドラマを明るい気分で観ることができます。 オリンピックは世界の平和の祭典というのは本当だと思います。 そのオリンピックを東京で開催することがようやくできたのは昭和39年になってからでした。 田畑が言うように、遅すぎるくらいだったかもしれません。 ですが、日本は戦争に負けたので、復興していく方が最優先で、ここまで伸びてしまったのだと思います。 東京オリンピックが決まったことで、今度は日本選手がメダルを取れるレベルに上げていくことが課題となっていきました。 それは来年の東京オリンピックでも同じことが言えるでしょう。 やはり選手の強化に力を注いでこそ、メダルが獲得できるのだと思います。

40代 女性 :

東京オリンピック招致に向けての攻防が始まってくると思います。日本は敗戦国でまだ独立を果たしたばかりというところから、どうやって並み居るIOCの役員を納得させるかということです。それ以外には、落語に載せて実際のオリンピックの競技にスポットを当てた回になるとおもいます。たとえば、第40回でも主要なパートを担っていた水泳や、女子バレーボール、嘉納治五郎の意志をくむ柔道などが出てくると思います。また、五りんが解説する父親の師匠である金栗四三が何らかの形で東京を走り、招致に一役買うのではないかと予想しています。

50代以上 女性 :

41話はオリンピック招致が成功し、開催に向けた準備が始まります。マーちゃんは事務総長として組織委員会を発足し、水泳以外にメダルが獲れる種目に力を入れることを考えるようです。 まずは東洋の魔女と言われた女子バレーボールに注目し、安藤さくらさんが登場します。 監督は徳井義実さんが演じていますが、カットするとか。どんな感じになるのか違った意味で注目されそうです。 また、競技以外のこともいろいろと決まっていきそうです。 2020でも苦労したエンブレムとか、記録映画を撮る黒澤明監督も登場するようです。 嘉納さんの遺志を継いで柔道が正式種目に決まるなど話題盛りだくさんです。

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

いだてんの動画!41話の見所はどこ?

50代以上 男性 :

オリンピック招致に熱心な東は、都知事就任前から日本体育協会長の要職になり、自らもスポーツ選手でありながら医者でもあったので、当時の厚生省、文部省にも人脈がある人物でしたので、田畑は大いに東の力を使ってスポーツ強化の国家予算獲得に成功するのではないでしょうか?。 しかし一方、1962年にアジア競技会の内輪もめに巻き込まれてIOCがアジア競技会を認めないというトラブルに発展し、田畑は責任を取ってIOCの役職を辞任する羽目になるようです。しかし、川島や東のバックアップで、再び要職に復帰するのではないでしょうか。

50代以上 男性 :

田畑引き入る日本オリンピック委員会が、2年間でどのようなアプローチをして、東京大会を開催させる事が出来たのか?そのストリーに興味があります。特に戦後15年日本の復興は道半ばであり、道路整備から、交通のアクセス問題等、山積みの問題に対する対処方法等について、どのような対処をしたのか?興味深く見てみたいと思います。また、選手強化方法についても興味があります、私の想像するところでは、その時代あたりから、欧米の体力との差が拡大しており、日本がメダル獲得すのは困難な状況であったはずです。このような状況を打開するための選手強化方法などを興味深く見てみたいと思います かなり無理な

40代 男性 :

金栗四三のスットクホルムの続きがいつやるのか。ドラマ上では未だ走り続けているわけですから、次回スットクホルムに再び赴くことになってもおかしくはありません。そのエピソードに時間を欠けてもいいはずですが残りを考えるとそんなに時間は取ってもらえないかな。視点を変えて代々木体育館の完成秘話だったりオリンピックの記録映画の話はやるようですからそこは楽しみな点ですね。各競技の会場をどうするのかなど問題は山積しています。そして何よりも柔道をオリンピック種目にした経緯について触れて欲しいですね。嘉納先生の最期の遺産なのかそれとも周到な準備があったのか気になります。

50代以上 女性 :

昭和39年の東京オリンピックで、日本女子バレーボールチームが、「東洋の魔女」と言われ、金メダルを取ったことは有名な話です。 当時のことは記録でしか知りませんが、この時日本は今までで一番多くのメダルを獲得したのだと思います。 しかし、そこに行きつくまでには様々な苦労があったと思います。 ですが、戦争時代の思いをすれば、戦後の高度経済成長の時代に東京オリンピックを開催し、そこでメダルを量産する計画は、辛いことでも何でもありません。 競技だけではなく、準備の段階から楽しむことを前提に行っていけば、物事は上手く行きそうな気がしました。 田畑がどんどんイキイキしていく様子が見られて、これからの内容が楽しみになってきました。

40代 女性 :

やはり、東洋の魔女が初登場するところです。バレーボールの鬼の大松監督と選手たちがぶつかりあって東京のオリンピック金メダルにつながっていくことです。それだけでなく、IOC総会でのスピーチ、それから日本がオリンピック開催権を獲得していくところです。嘉納治五郎さんはもうこの世にはいませんが、あの嘉納治五郎をみとった、と名前を出すだけでIOC総会に緊張が走るところなど、第一部からのリレーを受け継いでいると思いました。第二部の後半戦は第一部からずっとみてきた視聴者へのプレゼントのような、忘れられない回になると思いました。

50代以上 女性 :

組織委員会の顧問として大物政治家の川島正次郎を浅野忠信さんが演じるとあってとても楽しみにしています。 戦争で暗い話が多かった時期が終わり、オリンピック開催に向けて前向きな内容なのはうれしいですね。 1964年のオリンピックを開催するにあたり、どんな苦労があったのかなど、2020に繋がるストーリー展開になるのではないでしょうか。 今ももめてるマラソン開催地ですが、その立場によってどこで開催したいかって違うと思います。 以前、マーちゃんが「誰のための大会?」って言っていたことを思い出します。 1964は国民のためのオリンピックだったのかなと思っているのでその辺が描かれるといいなと思っています。

◆いだてん “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> いだてん “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

いだてんの動画!41話までの感想

50代以上 男性 :

田畑は平沢に北原の代わりにスピーチを頼むが、平沢が断る。時期尚早だと言い、6個の障害を並べる。この段階で、平沢の意見は客観的に説得力があると思ったので、平沢は納得しないと思った。 ところが、田畑は机の上に正坐し15分の話を聞いてくれという。有望株,フジヤマのトビウオ、古橋の話を持ち出す。世界新記録を出すが日本は戦争責任の問題があって国際水泳連盟を、除名されていたので、公式記録として世界に認められなかった。この悔しさを訴えたのは良かった。 田畑はマッカーサーにに日本人としての誇りを忘れるなと言われた。 IOCのブランデージ会長も1932年に日本の水泳選手が活躍したと言い、オリンピックを開催する資格があると言った。 それでも、平沢は5つの疑問に答えていないと言う。 やはり、説得は失敗かと思った。しかし田畑が1954年に水泳チームとフィリピンに行ったら人殺しと現地の少年たちに石を投げられ嫌われたと言う。自分達が世界平和の為に動かなければと言う。アジアで酷い、惨いことをやった日本人は面白いことをやらなければいけないと言う。 すると、平沢も面白いことならやると言う。田畑の諦めない執念には驚きだった。

50代以上 男性 :

戦後からの立ち直りに、全力を出して取り組んでいる日本国民のために、田畑はオリンピック開催を東京で開くことを目標に頑張て来ていた。特に太平洋戦争後、初めて開かれた、大会では、日本は独立国家でないことを理由に参加が出来なかった。そこで田畑が考えた事が、日本で開催する、裏オリンピック水泳大会でした。彼の考えは、この裏オリンピック開催で日本の実力を世界にアピールすることで、東京オリンピック開催を実現しようとした。そんな折、ミュヘンでIOC総会があり、平沢が演説したのが、誰でおわかりやすく、純粋にオリンピックを愛するという、誰もが理解できる演説をし、東京オリンピックが決まった。私は、日本人の戦後の復興に賭ける情熱に胸をお熱くした。

40代 男性 :

編成の方も不祥事や数字に対して士気が落ちているのかじっくりやれば面白くなったのにダイジェストのような作りとなってしまったのは残念です。水泳の裏オリンピックの話から全米水泳選手権に参加の流れは最高に盛り上がるところなのに少し触れただけで終わってしまったのは期待はずれです。もうあと少しなのに招致活動や国立競技場の建設。そして東京オリンピック開催の決定まで今回やってしまったのころは何をやることになるのか心配になります。田端の戦後の目まぐるしい活動を描いたのは足りない部分もありますが、必死にオリンピックを追いかけている姿は心に残るシーンでした。何かを成し遂げるということはありえないほどの情熱が必要なのですね。

50代以上 女性 :

昭和39年のオリンピックが決まるまでも、一筋縄ではいかなかったようです。 しかし、田畑がNHKの解説委員の平沢さんの気持ちを動かした言葉が、「面白いことをやる」だったのは、少し意外なような気もしました。 ですが、生前、嘉納治五郎先生も同じことを言っていました。 平沢さんは嘉納先生を看取った人なので、特にその印象は強かったと思います。 田畑は人を動かすのが上手い人だと思いました。 ですが、奥さんはそんな田畑に付いていくのは大変だったでしょう。 それでも、田畑の東京でオリンピックを開催したいという気持ちは強く、その願いがようやく叶えることができそうです。

40代 女性 :

一番心に残ったのは、やはり敗戦後の悲惨な状況です。北島康介さんの演技もそうですがカエルを食べて泳ぎ、敗戦下の状況から世界新記録を出して立ち上がっていくことです。特に北島康介さんと戦う選手を細川大輔さんが演じたことで、水泳ファンにとっても元日本代表の共演という素晴らしいドラマでした。しかし、敗戦だから自粛、自重せよばかりではいけない、今の日本がオリンピックを開くのに足りないところなど、これは現在にも通じていることで、文字通り歴史は繰り返しながら流れていくことや自粛自重の流れが本当に良いかどうかを実感しました。

50代以上 女性 :

マーちゃんこと田畑が平沢に1964年のオリンピック招致のため、スピーチを依頼。時期早という平沢に対して、どうして開催しなければいけないのかを説明するというストーリーでした。平沢のいう通り、戦後14年程度でまだまだ発展途上な状態でオリンピックを招致しようとするのは無謀だなあと思いつつ、最後は嘉納さんの面白いことをしようという遺志を継ぐ形でスピーチを引き受けてくれました。平沢さんというのはとても人気があったそうで、それを今をときめく星野源さんが演じるというのはなかなかよかったと思います。ただ、結構面白いのに視聴率が伸びないのは残念だなあと思います。

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

いだてん 41話を見逃した人は、

『いだてん』を1話からまとめて視聴できる『U-NEXT』がおススメです!

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

 
いつまで”31日間の無料トライアル”があるのか分からないので、見たいかたはお早めに~^^♪

これで連休の暇つぶしはバッチリです(笑)

いだてんの動画!41話のあらすじを最後に

ドラマ『いだてん』41話のあらすじを簡単に紹介します~!

平沢和重(星野 源)の名スピーチで1964年の東京オリンピックが開催決定。田畑(阿部サダヲ)を事務総長に組織委員会が発足する。顧問として大物政治家の川島正次郎(浅野忠信)が参加。

川島は東 龍太郎(松重 豊)が当選した都知事選で田畑と対立した因縁があった。メダルを獲れる競技を正式種目に取り入れようと考えた田畑は、河西昌枝(安藤サクラ)キャプテンが率いる大阪の女子バレーボールチームに注目する。

いだてん 公式サイト引用

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

最後までお読みいただきありがとうございました^^

◆いだてん “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> いだてん “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

※本ページの情報は2019年11月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。