ラジエーションハウス(ラジハ)の動画!6話も無料で見逃しフル視聴

シェアする!!

窪田正孝・鈴木伸之も出演の月9ドラマ『ラジエーションハウス(ラジハ)』の6話が放送されましたね!

このラジエーションハウス(ラジハ) 6話の動画は無料で見逃し視聴できるの?と、気になって動画を探している人が多いようです。

なのでこのページでは安心して、ラジエーションハウス(ラジハ) 6話の動画を “無料で見逃し視聴できる” おススメの方法を紹介しています↓

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

YouTube・Dailymotion・Pandoraなどの違法にアップロードされた動画じゃないので、高画質でCMもないし “1話~ まとめて” 視聴できますよ!

ラジエーションハウス ドラマ動画!6話の予告を紹介[PR]

ドラマ『ラジエーションハウス(ラジハ)』6話の動画予告はこんな感じに!

ラジエーションハウス ドラマ動画!6話を無料で見逃し視聴するおススメの方法

ではドラマ『ラジエーションハウス(ラジハ)』6話の動画を、無料で見逃し視聴できるおススメの方法を紹介します!

それは、ラジエーションハウス(ラジハ)の放送が終わるたびに毎回、見逃し配信をしてくれている公式のサービス『FODプレミアム』です!

『FODプレミアム』には”1ヶ月無料おためし”が付いててお得なので、

YouTube・Dailymotion・Pandoraなどの違法にアップロードされた動画を探さなくても安全に見逃し視聴できます!

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

無料期間中に登録して、1ヶ月以内に解約することもできるので、その場合でもお金をかけずに、ラジエーションハウス(ラジハ)の動画はもちろん

『ラジエーションハウス(ラジハ)』以外の 現在放送中の最新ドラマ・映画・海外ドラマも、時間が許す限り好きなだけ見れてしまいます!

ただ、“1ヶ月無料おためし”はいつまでやっているのかわからないので、

ラジエーションハウス(ラジハ)を安全に無料で見たいなら早めに登録したほうが損しないです!

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

FODプレミアムに登録したら検索窓から「ラジエーションハウス(ラジハ)」で検索してくださいね^^ すぐにみれますよ![PR]

ラジエーションハウス ドラマ動画!6話の予想は

20代 女性 :

ラジエーションハウス(ラジハ)の動画 6話の予想は、五十嵐の凄さが少しずつラジェーションハウスの

みんなにも分かってきていて、さらに五十嵐の活躍が楽しみです。

技師は医者の指示に従うだけという初回からちょっとずつ技師としての考えを貫いたり技師の思いも

強くなってきたりしているので、これから医者と技師がどういうような関係性になっていくのに興味があります。

そして、杏ちゃんと五十嵐の関係にもいつもキュンとさせられるのでこれからも楽しみです。

5話の最後でも五十嵐に頼る兄ちゃんの姿があり、6話でもさらに仲が深まることを期待しています。

できれば杏ちゃんに五十嵐との昔のことを思い出して欲しいですね。

40代 女性 :

ラジエーションハウス(ラジハ)の動画 6話の予想は、五十嵐唯織の素晴らしい活躍が、またもや見られそうです。

ただそれは医師の領域に侵入するものであり、さらには医師の能力も上回るほどの的確さであると思われます。

それだけに、鏑木医師も激怒するのでしょう。

体裁ばかり気にしていて医者の仕事をしている姿もあまり見られない鏑木ですので、五十嵐の才能にも気づかないのかもしれません。

でも、ラジエーションハウスのスタッフはじめ、甘春杏や、辻村駿太郎あたりは身近で接しているため、自ずと分かってきているはずです。

ただの検査技師ではないことなど、一緒に仕事すればわかるので、周知の事実となっていくと思います。

30代 女性 :

ラジエーションハウス(ラジハ)の動画 6話の予想は、以前から感じていましたが、このドラマの次回予告映像は他のドラマに比べて

次回のストーリーが読み取りにくく、原作を読んでいない身としてはますますわかりにくいのですが、

その上で切り取られた情報から予想すると下記のような感じになります。6話でメインで取り上げられるメンバーは、悠木。

患者は小さな女の子で、その母親が、「さっきの医師と言っていることが違う」と言っていたことから、

鏑木先生の診断結果を、悠木が何かアドバイスをしたことで甘春先生が覆す。

それに怒った鏑木先生と甘春先生が対立し、五十嵐がまた何か独自の視点で解決に導くといったところでしょうか…。

40代 女性 :

ラジエーションハウス(ラジハ)の動画 6話の予想は、鏑木が、目の上のたんこぶとする五十嵐。

どうにか五十嵐の粗を探したくて、軒下に五十嵐を見張るように仕向ける。

上司命令をとるか、同僚をとるか、軒下には心があると信じたい。

怪我をした少女を取り巻き、鏑木とラジエーションハウスの面々の意見はまたしても対立するようだ。

でも、今回も鏑木側が敗北するとは思うが、ここら辺でまさかの大どんでん返しがあるかも知れない。

5話でまんまと乗せられたので、今回は、まさかの展開も自分のなかで準備しておこうと思う。

このひねくれた考えのまま行くと、辻村と甘春、いや、五十嵐と甘春に事件が起こるとおもしろいかも。

40代 女性 :

ラジエーションハウス(ラジハ)の動画 6話の予想は、次回は腹部を強打した女の子が主人公になるようですね。

鏑木が「技師が口出しするな!患者の命がかかっているんだ!」と大声で叫び、開腹手術をしようとするようですが、

女の子の母親は「さっきと話が違うじゃないですか!」と取り乱していて、かなり切羽詰まった状況になりそうです。

放射線科としては女の子なので、傷口を最小限に抑える方向で考えて、IVR(画像下治療)による止血を鏑木に提案し、

母親にも話をしたのだと思いますが、鏑木の剣幕に押されどうしたらいいのか、放射線科医の杏が悩みそうです。

きっと困った杏を助けるために、唯織が鏑木の意見を覆す何かを見つけ、杏にそっと教えてくれそうな気がします。

50代 男性 :

ラジエーションハウス(ラジハ)の動画 6話の予想は、予告編も関連映像が少なく、鏑木部長が怒鳴っているシーンだけで、

ほとんど6話の情報がないのですが、どうやら画像下治療によってひとりの少女を救う話のようです。

つまりCTなどの画像診断を使いながら、カテーテルなどでの治療を行う方法ということですね。

おそらく開腹かカテーテルかの選択を迫られ、鏑木としてはより術式として確実な開腹手術を選択しようとするものの、

患者の負担を思うスタッフは画像下治療によるカテーテルの選択を勧めるといった展開でしょうか。

医者にとっても患者にとっても最良の選択は何なのか、それが問われる内容になりそうです。

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

ラジエーションハウス ドラマ動画!6話の見所はどこ?

20代 女性 :

ラジエーションハウス(ラジハ)の動画 6話の見所はやはり五十嵐の技師としての活躍です。

医者免許も持っていることから、やはりほかの技師とは違う部分がとても見ていて面白いです。

そして、6話では女の子のお話のようで技師と医者の関係性もこれからどうなっていくのか楽しみですね。

そして一番楽しみなのは、五十嵐と杏ちゃんの恋の行方です。ライバルも現れ、杏ちゃんも昔のことは覚えていないという状況に、五十嵐はこれからどうするのか。

しかし2人はやはり仕事の上でお互いに信頼関係が築き良いパートナーになってきているとおもいます。

6話でもどういう風に関係が進展していくのかとても楽しみです。

40代 女性 :

ラジエーションハウス(ラジハ)の動画 6話の見所は、五十嵐が次はとんな診断をしてくれるのかと期待しています。

何度も的確な判断を行い患者を助けているので、周囲のスタッフの信頼はすっから得てきた五十嵐だと思います。

もういい加減、事実を知り得ている病院長の大森渚から、五十嵐の正体を発表してもらいたいものです。

大好きな甘春杏から声をかけられると、途端に表情が緩み、アホみたいになる五十嵐です。

仕事中とは180度違う様子は楽しめます。画像を見つめる彼は、とてもカッコいいです。

ここまで一途に想い続けている杏が、早く昔の約束を思い出してくれることを、ずっと心待ちにしています。

30代 女性 :

ラジエーションハウス(ラジハ)の動画 6話の見所は、だんだんと五十嵐のことを信頼し始めた甘春先生と五十嵐の関係が一番楽しみ。

甘春先生に声をかけられた時に五十嵐が見せる「杏ちゃん」の反応のバリエーションが、6話でさらに増えていくことに期待したい。

甘春先生の前だとデレデレしているのに仕事になると超人的な能力を見せる五十嵐のギャップが好きなので、

そこで甘春先生が五十嵐に惹かれるシーンをもっと見たい。

予告の中で、ラジエーションハウスのメンバー全員に配られていた書籍が何なのか?誰が書いたものなのか?

五十嵐が「絶対に読まなければならない」と言っていたので、甘春先生と何か関係があるのかも気になる。ト

40代 女性 :

ラジエーションハウス(ラジハ)の動画 6話の見所は、辻村と甘春。辻村が甘春に好意があるのは、自分も五十嵐も感じているところだが、当の甘春はどうなんだろう。

五十嵐を気にしているようだが、それがまだ好意かどうかは分からない。この回でまた少し展開があるのか注目だ。

次に起こる、少女の治療のことで、鏑木と技士達とでの意見の食い違い。どちらが患者の為を思っているのか、

そして最善の手段なのか、お互いの主張を聞いてみたい。

そして五十嵐を見張るよう鏑木に言われた軒下。彼が自分の立ち位置や、性格、五十嵐に対する思いで、

どんな風に立ち振舞うのかとても気になる。鏑木についてしまうのかはたまた…。

40代 女性 :

ラジエーションハウス(ラジハ)の動画 6話の見所は、ただの技師とは思えない知識、経験、技量を持ち合わせている唯織に杏は

「何者なんだろうか?」と不思議に思っていますが、それだけでなく今では頼りになる存在として思いだしているので、

そろそろ尊敬や恋心に発展するのではないかと期待しています!

唯織も杏に良いところを見せようと、頼られた時はちょっと声を低くしてみたりと、クスッと笑えるような微笑ましさが見えてホノボノします。

早く唯織との幼い時の思い出を、思い出したら良いなぁと思います。

次回も杏と唯織が一枚のレントゲンを二人で眺める姿を見れるのを楽しみにしています!

50代 男性 :

ラジエーションハウス(ラジハ)の動画 6話の見所は、手術で考えるべきは患者へのリスクですが、

それは手術後のことも含めてのリスクですから、医者側だけの判断ではないと思います。

ちゃんとしたインフォームドコンセントと医療チームによる意思統一が必要でしょう。

今のところ何かとうるさいだけの鏑木が、医者としてどう判断するのか、そこが問われる内容になりそうなので、鏑木の医者としての本性や資質が見えてきそうです。

また画像下治療ですから放射線技師との連携も重要だろうと思うので、

執刀医と技師の呼吸みたいなものもポイントになりそうですから、技師の誰が医師の誰と組むのか楽しみです。

◆ラジエーションハウス(ラジハ) “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> ラジエーションハウス(ラジハ) “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

ラジエーションハウス ドラマ動画!6話までの感想

20代 女性 :

ラジエーションハウス(ラジハ)の動画 6話までの感想は、少年の死因を探るというとても濃い内容に泣いてしまいました。

事故なのか虐待なのかなにが少年を死なせてしまったのか、考えるたびに切なくなりました。

死因を調べてもその間子が帰ってくるわけじゃない。じゃあ何のために調べるのかたくさん考えました。

調べていく中で少しずつ明らかになっていく、家族の愛や思いが浮き上がって、なぜなおきが死ななければいけなかったのかと思うととても悲しくなりました。

またそれと同時に原因が友達の山本くんというのに驚きました。

死因を見つけることは、少しでも死んだ人の思いを家族に伝え、生きている人の明日に希望を繋げていけるものだと思いました。

お父さんとキャッチボールしてもらいたかったです。そして、少しずつ仲が深まっていく杏ちゃんと五十嵐にキュンとしました。

40代 女性 :

ラジエーションハウス(ラジハ)の動画 6話までの感想は、初めてのご遺体になった患者でした。

それもまだ少年の遺体でした。とても痛々しくてショックでした。幼い弟もしょんぼりしてしまい、見ていられませんでした。

一方で、両親の藤本夫妻の態度はしっくりきませんでした。特に、父親の悪態には不快感を持ちました。

なぜそんなに急ぐのか、息子の死の原因を知りたくないのか?AIなら遺体に傷もつかないと言われているのになぜ?

などと、色々な疑問が頭の中を駆け巡りました。のちに、虐待の疑惑が上がることから、その伏線としての演出だと思いました。

実際虐待はなかったのだし、無意味な演出です。

30代 女性 :

ラジエーションハウス(ラジハ)の動画 6話までの感想は、初め、直樹君の死因は父親の態度や直樹君の

体の外傷などから父親の虐待によるものだと思い込んで見ていたので、山村君が犯人だとわかった時は衝撃でした。

間違いを起こしてしまった山村君も家庭内の問題で苦しんでいるので、家族や、医師が複数人揃う会議室の中で、

吊るし上げるようにして犯罪を暴くシチュエーションは、小学生の子供に対して行うには少し酷な気がしました。

山村くんの今後が少し心配です。小学生だから少年院ではなく児童施設にでも入るのか(?)

実の父親の暴力性は変わらないと思うので、できれば五十嵐には今後も定期的に会いに行く等のフォローをして欲しいと思いました。

また、五十嵐が5話では今まで以上に放射線技師の担当業務の範囲を超えていたことも気になりましたが、

このあたりは原作が漫画だからと思えば許せる範囲か…

40代 女性 :

ラジエーションハウス(ラジハ)の動画 6話までの感想は、今回は、病変を見つけることでなく、人が亡くなった後の、

放射線科医と技士の仕事や役割がみどころでした。

中盤まで、まんまと自分も父親の虐待を疑っていました。そう思わせたあの役者さんが、上手いというわけですね。

威能の過去にも悲しいものがありました。いつもナルシストな彼ですが、抱えているものがありました。

そして、それをさらけ出せるのが小野寺という事が、ほっこりしました。

それに比べて、相変わらず、間の抜けたキャラクターのわりに、淡々と真相を暴いていく五十嵐。

ちょっとおいしすぎませんか?甘春も頼りにしだしてますし。

40代 女性 :

ラジエーションハウス(ラジハ)の動画 6話までの感想は、ナオキの父親が挙動不審だったので、てっきり児童虐待かと思いました。

ナオキの遺体をCTやMRIにかけて、死亡原因を突き止める検査をしたがらなかったのは、ただ早く家に連れ帰ってやりたかっただけだなんて思いませんでした。

しかしAiをすることで原因が分かっただけでなく、ナオキが義父のことをどう思っていたのかが、義父は知れて良かったと思います。

本当は生きているうちに知りたかっただろうし、ナオキも義父を「お父さん」と呼びたかったと思います。

携帯電話に残った「お父さん」の文字は、義父にとって永遠の宝物になると思います。

50代 男性 :

ラジエーションハウス(ラジハ)の動画 6話までの感想は、日本が実は死因不明社会だという事実は、いろいろなところで言われているし、

確かにオートプシー・イメージングが導入されれば死因解明に役立つと思います。

よくある心筋梗塞というのは直接の死因ではないし、この5話の内容のように暴行という犯罪が判明することもあるでしょう。

しかし犯罪を暴き出すよりも、死因を知ることで多くの遺族が、悔恨や反省も含めていろいろなことを知ることの方がやはり重要だろうと感じます。

それがひとつのきっかけとなり個人を深く考えるようになるし、踏ん切りともなるからです。

それにしても今回の五十嵐は探偵か刑事みたいでしたね。何にせよ亡くなった少年の父親の姿を見ると、真実は尊いと改めて思いました。

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

ラジエーションハウス ドラマ動画!6話【ネタバレ】← 紹介

ここからがドラマ『ラジエーションハウス(ラジハ)』6話のネタバレになります!

杏は父の背中を追っていた

一本の道なら人は迷わない。しかし人生には様々な道がある。だから人は追い求める。

信頼できる誰かの背中を。杏にとっては、それはずっと優秀な医師であった父親の背中だった。

杏は、上から目線のお嬢様

ラジエーションハウスのメンバーは、前の放射線科医長である甘春杏の父親について話をしていた。

体調崩してやめたらしいが、杏とは違って謙虚で、おおらかでみんなに慕われていた医師だったと。

そんな話をしていたところに、杏が通りかかり、悠木の机の上が汚いことや、軒下や威能の髪形についてなどケチを付ける。

杏がいなくなると、再び杏の話になり、プライドが高くて、同じクラスにいたら口もききたくない存在だとたまき。

杏は、生まれた時から病院のお嬢様だから仕方ないと口々に文句を言うのだった。

唯織の行為は医師法違反?

そのころ、鏑木は大森院長のもとへ行き、唯織が読影するのは放射線技師の役割を超えているため、

医師法に抵触する可能性があり、非常に憂慮すべき事だと告げる。

医師は医師、技師は技師の役割があると思っている鏑木。

それに対して院長は、ただ単に唯織は技師としての所見を述べているに過ぎないと返す。

そこで、もし問題が起きた場合は、大森院長が責任をとるという言葉を開いて部屋を出る鏑木。

部屋を出るとちょうど唯織とすれ違う。

鏑木は、唯織が来てから皆が自分に歯向かうようになったと感じ、軒下に唯織の行動を監視するよう命じるのだった。

鏑木先生の小説

唯織は、杏と辻村がある小説の話で盛り上がっているところを目撃し気になって仕方がない。

その小説は鏑木が以前、取材に協力した医療小説だった。鏑木から頼まれた 軒下は、ラジエーションハウスのメンバーにも小説を配るのだった。

唯織もさっそくその小説を読み始めるのだった。

そんなある日、公園で遊んでいてブランコから手すりに落下し、腹部を強打した女の子・後藤沙里が救急搬送されてくる。

ラジエーションハウスの小野寺やたまきたちは、腹部CTの依頼を受ける。

IVR(画像下治療)をあきらめた杏

CT 画像を見た杏は、脾臓から出血していると読影し、 すぐに止血が必要と判断する。

そして、患者が幼い少女だから、将来傷口が目立たなくて済むように画像診断装置で患者の体の中を透かして見ながら治療を行う IVR (画像下治療)による止血を提案する。

悠木がサポートを申し出るが、杏は小野寺をサポートにつける。

軒下は鏑木を呼びに行く。

早速、母親にIVRについて杏は説明した。足の付け根に数ミリの穴があくだけで、体に傷は残らないとの説明に、母親もほっとするのだった。

しかし、軒下に呼ばれてやってきた鏑木は脾臓からの出血が激しく、バイタルも不安定なためIVR ではなく、開腹手術をするほうがいいというのだった。

悠木もIVRについては勉強をして知識があったが、あっさりスルーされてしまい、経験の少ない杏は仕方なく鏑木に従うしかなかった。

患者の命が優先だからとの杏の言葉に、広瀬は驚いた。

部屋の外では、たまきが開腹手術について母親に説明していた。体に傷はつけないと説明されたのにと、合点がいかない様子だが、たまきは頭を下げるしかなかった。

杏は一人でIVRをしたことがないため、不安だったのだ。そんな様子を心配そうに見ている唯織。

他の技師たちも、医師がやらないと決めた以上、技師では決められないとあきらめるしかなかった。

若い悠木は、医療技術が進歩しているのに、それを使わないのでは意味がないと不満を漏らすのだった。

広瀬も、少女の体に傷が残ることを心配していた。

父の背中を見ていた杏

以前、同じような患者が運ばれてきたときには、杏の父親である前医長が成功させていた。

ラジエーションハウスのメンバーたちのそんな会話を聞いていた杏は、落ち込んでしまう。唯織は、なんとかしたいと思っているが、声もかけられずにいた。

鏑木は軒下に声をかけ、小説を読んでくれているか尋ねる。

そして、来週、学会のため病院を開けることになるから、引き続き唯織の監視をするよういいつけるのだった。

IVRをあきらめるしかないのが悔しいと辻村にもらす杏。自分に技術があれば、女の子の体を傷つけずに助けられたかもしれないと話をしていた。

杏はずっと父のような放射線科医になりたいと思っていたのに、おいつけないと悩んでいた。

杏の父親のように手を広げなくても、読影だけでも十分だと励ます辻村だが、杏の心は晴れなかった。

二人の様子を見ながらも、声をかけられなかった唯織は院長の元を訪れ相談する。

院長は高すぎる理想はかえって、自分を追いつめることになると諭し、技師として働くという事はどういうことかわかったのではと聞く。

しかし唯織は、技師だからこそできることがあると思っていた。

院長は、鏑木が、唯織は医師法に抵触するかもしれないと言っていた話も伝え、慎重に行動するよう促す。

さらに、もし本当に治療を必要とする患者が現れたら、何もしないでいられるのかと疑問を投げかけるのだった。

次のIVRに備えて準備をするラジエーションハウスのメンバー

沙里の手術は無事に終わり、母親を見送る広瀬のもとへ杏がやってきた。

がっかりさせたけれど、患者の命を優先するのは医者として当然だと弁解する杏。初めは冷たくあしらう広瀬だが、「いつか、できるといいですね。

と杏に声をかけるのだった。

ラジエーションハウスに戻ってきた小野寺たち。軒下は鏑木の小説を読んで無理やりおもしろいといっている。

一方唯織はIVRの勉強をしていたが、時間の無駄だというメンバーたち。

しかい医者は全ての責任を背おっているのだから、せめて技師としてそんな医者の不安を少しでも取り除いてあげたいと唯織は勉強を続けるのだった。

そんな唯織を残しラジエーションハウスの面々は帰路につくが。。

エレベーターの中で、再び杏の話になる面々。生まれた時から病院のお嬢様だったのだから、プレッシャーもすごかったことだろう。

医師免許を持つとともに大きな責任を背負っているのだから大変だと。そして広瀬は、そんな医師の手助けをしたいとラジエーションハウスへ戻るのだった。

沙里と母親の後姿を見送り、帰ろうとしていた杏は、ふとラジエーションハウスの前で足が止まる。

中をのぞくと、なんと技師たち全員が残っていて、いつか来るIVRのために手分けして準備をしていたのだった。

一人ではない、仲間とともにIVR実施

翌日、病院内で一人の男性が突然倒れた。この男性は大腸がんの手術を受けた患者だった。

腸管出血が疑われたため、ラジエーションハウスに急ぎの造影CT依頼が入る。

CT画像を読影する杏。止血を急がなければならないが、心臓の機能が低下していて、IVRで止血するしか方法がなかった。

しかし、タイミング悪く鏑木は学会に出かけていて留守だった。

内科の内山は鏑木が戻るのを待つしかないと言うが、唯織はそんな猶予はないと進言する。しかし、助手しかやったことのない杏には荷が重すぎると内山は心配する。

唯織たちがサポートに入り、そして杏ならできると励ますたまきたち。皆のサポートをすると言う言葉を聞いて、杏の気持ちも決まった。

何かあったらどうするのだと心配する内山に、このまま患者を見捨てるようでは、医者を名乗れないと覚悟を決める杏だった。

軒下が鏑木に電話しておくからと内山にも一応納得させ、IVRを行うことになる。

そのころ、懇親会に参加していた鏑木に軒下からメールが入る。美人とおいしい料理を前にして、悩む鏑木。

杏が、患者の家族にIVRを実施することを告げると、若い杏の技術に不安の言葉を漏らす家族。しかし威能の絶妙のフォローで納得してもらえるのだった。

鏑木の小説がヒントになる

IVRが始まった。

助手としてではなく、初めて自分でVIRを行うことになった杏。

それをフォローするラジエーションハウスのメンバー。技師の提案にも耳を貸しながら進めていく杏。

なんとか大腸の出血個所にカテーテルが届き止血は成功したかと思われたが、すぐに頻脈になり、血圧も低下。慌てる杏や技師たち。

唯織も原因を探りはじめるがなかなか見つからない。

20分後に鏑木が到着すると軒下に連絡が入る。

患者の血圧は下がり続け、焦る杏たち。そのとき、ふと唯織の脳裏を鏑木の小説がよぎり、唯織は何かに気付いた。

実は大腸がんに目を奪われ気づかなかったが、患者の小腸から出血が起こっていたのだ。

続けて小腸の止血をすることに不安を覚える杏だったが、信じてほしいというラジエーションハウスのメンバーたちの言葉に、意を決して続行する。

そして、再び小腸の出血個所を特定する作業にかかる。出血個所が見つかり、唯織が誘導してカテーテルを進める杏。

まもなく出血点に到達し、止血は成功。そこへ院長も駆けつけていた。患者には実は先天的な血管の異常があったことがわかった。

こうして無事に成功させたメンバーの顔には笑みがこぼれていた。

一歩前進した唯織と杏

通常に戻ったラジエーションハウス。

杏が唯織に近づいてきて、怒られるかと思い首をすくめた挙げた手に、杏はハイタッチをして部屋を出ていく。

そんな二人を見て「ナイスコンビネーション!」と思わず院長も声をあげた。唯織は、一人呆然としていた。

部屋の外へ出た杏の満面の笑顔をみて、驚くたまきだった。

一通り落ち着いたところへ、やっと鏑木が帰ってきた。軒下が、IVRを無事終えたことを報告すると、ショックで部屋を飛び出ていく鏑木。

そんな鏑木を、唯織は小説を抱えて追いかけ、鏑木の小説のおかげで出血の原因に気付いたと礼を言うのだった。

さらに、小説には外科医だけでなく、放射線科医にも素晴らしい医師がいるということが書かれていたことにきづいたという唯織。鏑木もまんざらではなかった。

杏が信頼する背中はラジエーションハウスのメンバー?

翌日、広瀬から「かっこよかった。たすけてくれてありがとう。」といわれた杏は、ラジエーションハウスのメンバーのおかげでできたことだと反対に感謝するのだった。

そして、より技術を磨、きたくさんの患者を救うことを誓う。

ちょうどそこへ辻村がやってきた。杏一人でIVR成功させたことをほめる辻村に、自分は今まで父という大きな背中を見ていたけれど、

周りにも信頼できる人たちがいることに気付いたと笑顔で話す杏だった。

先の見えない迷宮の中だからこそ、人は追い求めるのかもしれない。信頼できる誰かの背中を。

杏にとってそれは、今は父親の背中ではなく、放射線科の技師たちの背中になりつつあった。

--- 以上、ラジエーションハウス(ラジハ) 6話のネタバレでした~! ---

ラジエーションハウス(ラジハ) 6話を見逃した人は、

無料期間中に1話から見逃し視聴できる『FODプレミアム』がおススメです!

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

いつまで “1ヶ月間の無料おためし” があるのか分からないので、見たいかたはお早めに~^^♪

これで連休中の暇つぶしはバッチリです(笑)

ラジエーションハウス ドラマ動画!6話の感想まとめ

ラジエーションハウス(ラジハ) 6話の感想は、医師の仕事は、いうまでもなく「命を救うこと」だと思います。

そのために、難しいIVRよりも開腹手術を選んだことは、たぶん間違いではなかったのでしょう。

でも、女の子の体に傷を残さない方法があるのなら、母親としては、そちらの方法を希望するに違いありません。

医学はどんどん進歩し、医療機器もよくなってきているのに、医師の技術が追いついていないのでは、悠木さんの言うように、本当にもったいないと思います。

だからといって、自信のない医師に執刀してほしいとはもちろん思わないですけれど。

放射線科医も、読影だけでなく技術を磨かなければならないのだということも改めて知ることができました。

そして、何よりも、一人でやっているのではなく、ラジエーションハウスの技師たちの協力があってこそ成り立つというのも納得です。

病院長の娘として生まれたから、父親の背中をずっと追っていた杏は、相当なプレッシャーを感じていたのでしょうね。

でも、今回のことで、自分にも仲間がいることを感じられた杏なら、もっと技術も自信もこれからついていくことでしょう。

そして、そんな杏と唯織との関係に、なんとなく周囲も気づき、温かい目で見ているように思えるのが、いいですね。

二人のハイタッチ、最高でした!!

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

ラジエーションハウス ドラマ動画!6話のあらすじを最後に

ドラマ『ラジエーションハウス(ラジハ)』6話のあらすじを簡単に紹介します~!

唯織(窪田正孝)は、杏(本田翼)と辻村(鈴木伸之)がある小説の話で盛り上がっているところを目撃する。

その小説とは、鏑木(浅野和之)が取材協力した医療小説だった。さっそくその小説を読み始める唯織。

同じころ、鏑木は、院長の渚(和久井映見)に会い、放射線技師の役割を超えた唯織の行為は医師法に抵触する可能性があり、憂慮すべき事態だと告げる。

それに対して、唯織は技師としての所見を述べているに過ぎない、と返す渚。

そこで、問題が起きた場合は渚が責任を取るという言質を得た鏑木は、軒下(浜野謙太)に接触し、唯織の行動を監視するよう命じる。

そんな折、公園で遊んでいて手すりから落下し、腹部を強打した女の子・沙里が救急搬送されてくる。

腹部CTの依頼を受ける小野寺(遠藤憲一)や、たまき(山口紗弥加)たちラジエーションハウスの面々。

CT画像を見た杏は、脾臓の出血を確認し、

将来、傷口が目立たなくて済むように画像診断装置で患者の体の中を透かして見ながら治療を行うIVR<画像下治療>による止血を提案する。

裕乃(広瀬アリス)達も沙里への負担が少ないIVRを期待していた。

ところが鏑木は、IVRではなく開腹手術をするよう命じ……。

ラジエーションハウス(ラジハ) 公式サイト引用

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

最後までお読みいただきありがとうございました^^

◆ラジエーションハウス(ラジハ) “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> ラジエーションハウス(ラジハ) “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪


※本ページの情報は2019年5月時点のものです。最新の配信状況はFODサイトにてご確認ください。[PR]

シェアする!!