石丸幹二も困惑? 井上真央から結婚観などの質問にタジタジ!

 

俳優や歌手としても活躍中の石丸幹二さん。大河で共演した井上真央さんからの結婚についての質問とはどんなものだったのでしょうか?








 

井上真央さんはじめ共演者の皆さんからの結婚観についての問いかけに終始困り気味?現在も独身を貫く石丸幹二さんの思いとは?

 

確かな演技力と歌唱力でたくさんの人から支持され続けている石丸幹二さんの経歴や劇団四季時代について、また恋愛や結婚についても今日は調べていきたいと思います!








石丸幹二の劇団四季時代

 

 

数々のドラマで活躍中の石丸幹二さんですが、驚くことに“劇団四季”の出身であることが分かりました!

 

そもそも、石丸幹二さんを知るキッカケとなったのが、あの大人気ドラマ「半沢直樹」での悪役っぷりが話題になりましたよね!私自身もあのドラマで石丸幹二さんの存在を周知したという感じでした!

 

そんな劇団四季時代の過去がある石丸幹二さん、17年もの長きに渡り看板俳優としてトップを走り続けていたのだとか。ものすごい年月です!

 

最初の書類審査で過半数が落とされるオーディションで狭き門を合格した天才。多くの人は、仮に合格できても舞台に立てず研究生という立場で“給料なし・バイトNG”という厳しいルールに従わなくてはならないのが現実のようです。

 

そんな中、石丸幹二さんは大学4年生に時にオーディションを受け、なんと一発合格!しかも入団したその年に「オペラ座の怪人」のメインキャストに選ばれるほど。知られざる劇団四季時代が今の石丸幹二さんの演技力・歌唱力に繋がっているんですね!

 








石丸幹二の経歴がすごい

 

もうすでに劇団四季時代の経歴が凄すぎて驚愕ですが、石丸幹二さん幼少期の頃から凄かったんです!とにかく音楽に強い関心を持っていた小さい頃、試した楽器は数知れず…。

 

エレクトーン・ピアノ・スネアドラム・トロンボーン・サックス・チェロなどなど。ひとつの楽器を習得するとまた別の楽器が弾きたくなっていたという好奇心旺盛ぶり!

 

そんな音楽好きなこともあり、進んだ大学は“東京音楽大学音楽部器学科”。大学3年生の頃に、たまたまテレビで見たアメリカのクラシック歌手、ジェシー・ノーマンのリサイタルを見て涙するほど衝撃受けたのだとか!

 

これがキッカケで「一番の楽器は声」だと思い、“東京藝術大学声楽部”に入学したようです!石丸幹二さんのご両親が音楽好きで音楽一家なのかな~とも思ったのですが、全くそんなこともなく、ただ単純に石丸幹二さんに音楽の才能がありすぎた!ということなんですね!

 

保育士を目指し大学に通っていた時、ピアノが苦手すぎて挫折した私とは正反対ですね(笑)

 

石丸幹二へ井上真央からの質問

 

大河で共演した井上真央さんから「どうして結婚されないのですか?」と質問された石丸幹二さん。現在50歳もとっくに過ぎ、結婚しない理由が何かあるのか誰でも気になるところですよね!

 

まさにリアル「結婚できない男」…。いや、石丸幹二さんの場合は結婚できないではなく、しないだけだと思うのですが(笑)

 

そもそも、“孤独が楽しい、一人でいることが心地良い。”とさえ話す石丸幹二さん。こうなると、孤独を楽しめる人が無理に結婚をする必要もないですよね~!

 

時々一人になりたい!なんて思うことが多かった私も気持ちを理解できる部分はありますが、やっぱり生涯孤独だと寂しくなっちゃいます…。

 

だからといって、焦って結婚相手が見つかるわけでもなく、理想の相手に巡り会えることすら奇跡に近いことですからね。個人的には、石丸幹二さんのように孤独をエンジョイできている人はとことん楽しむべきだと思います!

 

きっといつの日か、ふと寂しいな…なんて思い始めたときに隣にいてくれる人が現れたら、それはそれで幸せなことですから!

 








石丸幹二 ドラマで活躍

 

石丸幹二さんといったらやっぱり“半沢直樹”でしょう!100人に聞いたらきっと99人はそう答えるはず(笑)

 

私、本~当にドラマ半沢直樹の大ファンで、毎週スカッとさせられていました!土下座まで持って行く展開あっぱれすぎました!

 

そんなドラマの中で“浅野支店長”役を演じていたのが石丸幹二さんでした。正直、相当あの役柄はむかつきましたよ~(笑)

 

だけど、視聴者にそう思わせることができたのも石丸幹二さんの演技力が素晴らしかったからです!来年、また半沢直樹が始まるので今からドキドキワクワク楽しみです!

 

もちろん、半沢直樹だけに限らずにたくさんの作品に出演している石丸幹二さんですが、一番最近お目にかかったのが、現在放送中のドラマ“グランメゾン東京”です。

 

キムタクさん主演のドラマで、毎週美味しそうなフレンチに目が釘づけでございます!このドラマで“伝説の猟師、ジビエハンター”役を演じている石丸幹二さん。

 

ドラマの最中、思わず「あ、半沢直樹の人だ!」と口にしてしまった私(←名前覚えなさい!笑)。今後も出演してくれることを楽しみにしています!もう名前もばっちりですからね!








石丸幹二の結婚観について

これまた以前、共演者の皆さんから質問されていたのですが、「何か結婚観についてこだわっているのか?」というもの。

 

これも難しいですよね~結婚に対する思いって本当に人それぞれだと思いますし、人生一度きりの間に1回する人もいれば何回もする人も。もちろん1回もしない人もいるわけですから…。

 

石丸幹二さんの場合、性格がすごく真面目で1つのことに集中してしまい、結婚を避けて通ってきたんだと思います。なんでも、本人いわくものすごく寝言がひどいんだとか!

 

劇団四季時代の合宿稽古で同室になった人たちが寝不足になるほど!それもブツブツ言うのではなくて、セリフを大声で言うらしいです(笑)

 

これはさすがにびっくりする!ちなみに我が家の旦那さんも時々寝言を言うのですが…そのほとんどが子供たちに対する言葉。「ちゃんと入れ~~」とか言ったり。

 

おそらく夢の中でお風呂に入れているんでしょうね(笑)しかしながら、どんな寝言でもびっくりしますが、大声で言われたら飛び起きてしまいそう…!

 








石丸幹二の相手は?

 

恋愛について過去に「好きな人、素敵な人はいつもときめく人はいます」と答えていた石丸幹二さん。あれ?もしかして一目ぼれ体質?(笑)私と一緒!

 

理想のタイプは“自立している人”なんだとか。私は一人でも平気よ!みたいな人ですかね、時々そういうタイプの人いますからね!私の周りにも若干1名いた(笑)

 

石丸幹二さん、ゆだねられると面倒くさくなっちゃうようで…逆に自分がついていきたくなるような人に惹かれるようです!働く女性が良いとも言われています!

 

でも、なんでも彼氏任せの女子ってたま~にいますよね!ご飯を食べに行ってメニューすらも彼氏任せの人。

 

基本的にほとんどの女子は彼氏についていきたいタイプが多いのかな~と思いますが、いつも毎回デートのたびにそんな感じだと嫌がられるのも時間の問題かも。

 

とか言って、私は超わがままなので(笑)付き合う彼氏も大変だったと思いますが、全部が全部彼氏にゆだねません!

 

だって、食べたいもの、行きたいところぐらい自分で決められるじゃないですか!ううん、私の場合は、自分で決めたいだけだったかもしれません(笑)








石丸幹二 プレッシャーとの闘い

3・4歳の頃から踊りこんでいるプロのレベルの人たちの横で踊ったり、お芝居をすることにコンプレックスを感じていたという石丸幹二さん。そんな思いから、ひょっとしたら道を間違えたかな?とも感じていた時期もあったんだとか。

 

次々と選りすぐられた人たちが入団し、その中でのプレッシャーは相当なものだったようです。年間300本という舞台に立ち続ける身体的疲労など、毎日が闘いの日々だったと言われています。

 

そんなストイックな毎日を17年間もの間よく続けてこれたな~と感心しかありません!本当に素晴らしい役者さんですよね!役者魂というものでしょうか。

 

もし、私が石丸幹二さんと同じ立場にいたとしたら…絶対に何度か心折れてます。むしろ稽古場から逃走しているかもしれない。

 

プレッシャーに弱い人間なので、なかなか我ながら面倒臭い人(笑)私のような人間の“トリセツ”があったら、間違いなく破り捨てられそう(笑)

 








石丸幹二 挫折からの復活

 

一度は誰でも挫折を経験したことがあると思います。私もあれやこれや…挫折の回数すら数知れず。

 

石丸幹二さんも劇団四季に在籍中のある日、ケガをしてしまったことが。その日を境に、いきなり無気力になり、何も出来なくなってしまい、とうとう劇団を退団してしまったのだとか。

 

その後、劇団との契約で、1年間は舞台にもテレビにもNGという理由から、ますます落ち込んでしまったといいます。精神面、身体的にも悪化していく一方で、最終的には歩くことすら困難になってしまたのだとか。

 

そんな辛い挫折の日々から、月日は経ちその後少しずつリハビリをし、2009年に俳優として復帰したようです!一度挫折してしまうとなかなか復活するのも時間がかかるもの。きっと人知れず涙し努力してきたのだと思います。

まとめ

たくさんの苦労と努力をしてきた劇団四季時代。挫折を経験し、また再び俳優として復活した石丸幹二さんの演技はより磨きがかかったことだと思います!

 

様々な役柄を何一つ嫌味なく演じられるのも17年間トップの座を走り続けてこれたからだと思います。これからもドラマに映画に色々な場面で、色々な役柄を演じる石丸幹二さんの作品を期待したいと思います!

 

まずは、来年の半沢直樹に出演してくれるといいのですが…。楽しみにしています!

 

タイトルとURLをコピーしました