宇野祥平「エグゼイド」で活躍!結婚していて嫁もいる!?

名脇役俳優として、ドラマや映画で活躍している宇野祥平さんですが、エグゼイドでの活躍が話題のようです。エグゼイドではどんな役柄だったのでしょうか。

 

 

プライベートでは、宇野祥平さんには嫁がいるという噂です。結婚の噂は本当なのか、本当だとすると嫁はどんな人なのか気になります。子供がいるのかということも調査していきましょう。

 

 

現在は、多くの作品に出演していますが、これまで出演した作品にはどんなものがあるのか、下積み時代はあったのかなども見ていきたいと思います。








宇野祥平の出演ドラマ

宇野祥平さんは、主に映画を中心に活躍している俳優さんです。なので、映画出演に比べるとドラマの出演本数は少ないのですが、それでもこれまでに25作品に出演しています。

 

 

一番初めにテレビドラマに出演したのは、2001年の「美少女日記Ⅲ」でした。最近では2019年に竹内結子さん主演の「スキャンダル弁護士QUEEN」に出演していました。

 

 

また、2017年の8月は同じ時期に2つのドラマに出演していたのです。1つ目は真木よう子さん主演の「セシルのもくろみ」です。

 

 

このドラマでは、真木よう子さん演じる主人公奈央の夫役を演じたのでした。2つ目は瑛太さん主演の「ハロー張りネズミ」です。

 

 

レギュラー出演ではありませんでしたが、その回の話の中心である、あかつか探偵事務所に訪ねてくる八百屋の店員、星野の役を演じました。








宇野祥平の経歴は?

宇野祥平さんの経歴を見ていきましょう。宇野祥平さんは高校卒業後、俳優の道へ進んだのではなく、最初は叔父の紹介で香里園の生花店で働いていました。

 

 

この生花店の店主がきっかけで俳優を目指したのです。というのも、この店主は心から鼻が大好きで、そんな大好きなことを仕事にしている店主に憧れ、自分も大好きな映画を仕事にしようと思ったのでした。

 

 

そこから、梅田になる映画の専門学校の放送映画科へ入学したのです。はじめての映画出演は2000年でした。映画「絵里に首ったけ」で、急遽降板した俳優の代役として出演したのです。

 

 

その後も、下積み時代は続きましたが2008年の映画「オカルト」で初主演を務めました。現在も主演はありませんが、名脇役として大活躍しています。








宇野祥平の下積み時代

宇野祥平さんは、花屋を辞めて映画の専門学校に入ったのですが、その時から苦労をしています。学費を自分で稼ぐために、昼間はボートレースのアルバイト、夜は学校に通い、そのあとは仲間と自主映画を撮るという多忙な生活を送っていました。

 

 

学校卒業後も、下積み時代は続きます。2000年に映画「絵里に首ったけ」でのチャンスをきっかけに、5万円だけもって上京したのでした。

 

 

映画に出演しますが、もちろんそれだけでは生活もできません。住む家すら借りられずに、友達のアパートを転々としながら、喫茶店でバイトをして生計を立てていたのです。

 

 

このバイト先の店主がとてもいい人で、お店に来る映像関係者に宇野祥平さんを使ってもらえるようにお願いをしてくれていたそうです。

 

 

喫茶店でのアルバイトも9年間に及び30歳を過ぎるまで続きましたが、喫茶店の店主や家においてくれた仲間などの助けのおかげで、下積みや貧乏時代など悲観したことはないと話していました。








宇野祥平は結婚している?

宇野祥平さんを検索すると、「結婚」というワードが出てきます。結婚しているのかな?と思いましたが、宇野祥平さんの結婚についての情報は一切ありませんでした。

 

 

この結婚という検索ワードは、宇野祥平さんが結婚しているのか気になり検索している人が多いからなのではないでしょうか。

 

 

宇野祥平さんは、1978年2月11日生まれで現在41歳です。結婚していても全くおかしくない年齢です。結婚していても長い間公表していなかった人もいますし、宇野祥平さんの知名度が上がったのは最近のことです。

 

 

結婚しているけど、話す機会がなかったなどということも十分ありえそうです。今後、さらに映画やドラマへの出演が増え、インタビューやバラエティーへの出演などが増えれば、また新たな情報が分かるかもしれません。








宇野祥平の嫁は誰?

宇野祥平さんは結婚しているという情報もないので、もちろん嫁の情報もありません。ですが、ある有名女優と夫婦役で出演することが話題となった作品がありました。

 

 

それは2017年ドラマ「セシルのもくろみ」です。このドラマで、なんと宇野祥平さんの嫁役となったのは真木よう子さんだったのでした。

 

 

このドラマは真木よう子さん演じる普通の主婦奈央が、人気女ファッション雑誌「ヴァニティ」に読者モデルとしてスカウトされ、最初はモデルとして全くダメダメな奈央が、世間から人気を集めていく物語です。

 

 

 

そんな奈央の夫役を宇野祥平さんが演じたのでした。ドラマ当初は、真木よう子さんの旦那役のおじだんは誰?似合わないなどとプチ炎上でしたが、ドラマが進むにつれ、宇野祥平さんの演技力で評価が上がっていったのでした。








宇野祥平のエグゼイドでの活躍

宇野祥平さんは、仮面ライダーエグゼイドで活躍したようです。エグゼイドで活躍!となりと、仮面ライダーを演じたのかと思ってしまいますがそうではありませんでした。

 

 

宇野祥平さんが演じた役は、幻夢コーポレーションの開発部社員、小星作です。ガシャットの開発に携わり、ガシャットを生み出す機能を持っています。

 

 

仮面ライダーといえば、敵を仮面ライダーが倒すことが第一ですが、エグゼイドでは違ったのです。宇野祥平さん演じる小星作は、敵であるバガモンバグスターと心を通わせてしまい、わが子のように可愛がってしまうのです(笑)

 

 

小星作がバガモンバグスターとじゃれあい、撫でまわす様子はムツゴロウさんのようでしたwイレギュラーな展開でしたが、この小星作が視聴者からは大好評となり人気が出たのでした。








宇野祥平の出演映画作品

宇野祥平さんはこれまでに本当に数多くの映画に出演しています。数えて見ると、なんと123作品にも出演していたのです。そのほとんどが脇役ですが、宇野祥平さんの脇役があってこその作品となったものも、数多くあります。

 

 

最近では、大泉洋さん主演の映画「こんな夜更けにバナナかよ、愛しき実話」でも名脇役ぶりを発揮しました。2019年には他にも、「きばいやんで!私」、「酔うとバケモノになる父がつらい」の公開が控えています。

 

 

また、2016年に安田顕さんが主演した映画「俳優亀岡拓次」は、主人公に何人かモデルとなる神撫鵜がいるのですが、その中の1人が宇野祥平さんなんです。

 

 

宇野祥平さんも、主人公の俳優仲間宇野泰平役として出演しています。








宇野祥平には子供がいるの?

宇野祥平さんは今のところ結婚している、嫁がいるという情報はありません。なので、子どもがいるという情報もありません。もしかしたら、結婚していて子供もいるかもしれません。

 

 

そうだと、きっといいお父さんをしていそうですよね。子供の情報はなかったので、宇野祥平さんの家族について調べて見ました。

 

 

詳しい家族の情報は分かりませんでしたが、宇野祥平さんは自身のブログで家族について度々語っています。特に、お母さんは亡くなってしまっているようでお母さんへの思いなどが書かれています。

 

 

また、おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出話などもありました。父親や兄弟についは触れておらず分かりませんでした。

 

 

 

家族の話も、結婚や嫁と同じで今後何か情報が出てくるかもしれません。

まとめ

宇野祥平さんは、高校卒業後働いていた、花を心から愛している店主の影響で、自分の好きな映画を仕事にする決意をしました。

 

 

下積み時代も長かったようですが、周りの人の優しさに触れ、宇野祥平さんは名脇役の俳優となりました。映画にはなんと120作以上出演しています。

 

 

結婚や子供については情報がありませんでした。もしかしたら公表していないだけで結婚しているかもしれません。

 

 

宇野祥平さんのプライベートな情報や、俳優としての活躍に今後も注目です。

タイトルとURLをコピーしました