昭和元禄落語心中 ドラマの動画を1話から見逃しフル視聴する方法!

シェアする!!

岡田将生が主演を務めるNHKドラマ10『昭和元禄落語心中』の1話が放送されましたね!

この昭和元禄落語心中の1話の動画はフルで見逃し視聴できるの?と、気になって動画を探している人が多いようです。

なのでこのページでは安心して、昭和元禄落語心中 1話の動画を “見逃し視聴できるおススメの方法” やネタバレを紹介しています↓

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

YouTube・Dailymotion・Pandoraみたいに違法にアップロードされた動画じゃないので、高画質でCMもないし “1話~ 全話まとめて” 視聴できますよ!

昭和元禄落語心中 ドラマの動画!1話の予告を紹介

ドラマ『昭和元禄落語心中』1話の動画予告はこんな感じに!

昭和元禄落語心中 ドラマの動画!1話をフルで見逃し視聴するおススメの方法

ではドラマ『昭和元禄落語心中』1話の動画を、フルで見逃し視聴できるおススメの方法を紹介します!

それは、昭和元禄落語心中の放送が終わるたびに毎回、見逃し配信をしてくれている公式のサービス『U-NEXT』です!

『U-NEXT』には”31日間の無料トライアル”が付いててお得なので、

YouTube・Dailymotion・Pandoraなどの違法にアップロードされた動画を探さなくても安全に見逃し視聴できます!

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

無料期間中に登録して31日以内に解約することもできるし、その場合でもお金をかけずに、昭和元禄落語心中の動画を1話からまとめて視聴できます!

もちろん『昭和元禄落語心中』以外の現在放送中の最新ドラマや映画・海外ドラマも、時間が許す限り好きなだけ見れてしまいます!

ただ、“31日間の無料トライアル”はいつまでやっているのかわからないので、

昭和元禄落語心中を安全に見たいなら早めに登録したほうが損しないです!

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

※U-NEXTに登録したら検索窓から⇒「昭和元禄落語心中」で検索してくださいね^^

昭和元禄落語心中 ドラマの動画!1話【ネタバレ】← 紹介

ここからがドラマ『昭和元禄落語心中』1話のネタバレになります!

ドラマは、主人公八雲の記憶、若い頃の助六(山崎育三郎)、みよ吉(大政絢)、

そして菊比古という名前だった自分自身の、走馬灯のようなシーンの断片から始まります。

菊比古はつぶやいています。(あたしはまた捨てられました…)

昭和52年春、満開の桜の頃。

出所したばかりの威勢のいい青年(竜星涼)は、刑務所の慰問で聞いた有楽亭八雲(岡田将生)の落語「死神」にほれ込み、是非弟子にしてほしいと寄席に押しかけます。

八雲は演目「心中」を演じていました。

改めて聞き入った青年は、運転手の松田に『八代目は弟子を取っておりません』と言われてもめげずに頭を下げ続けます。

八雲は『よたろうだ』と言いつつも、その威勢のよさが亡き友・有楽亭助六(山崎育三郎)に似ている気がして心を動かされ、そのまま「与太郎」の名で弟子入りを承知します。

家では助六の娘・小夏(成海璃子)が、助六のカセットを頼りに、こっそり「野ざらし」の稽古をしていました。

今まで弟子を取ったことのない八雲の気まぐれに、ビックリしてしまう小夏。

小夏は八雲の養女のようになっていますが、八雲のことを嫌っていました。

八雲が自分の両親の死について何かを隠しており、“八代目”の座を父から奪ったのでは、と決めつけていたからです。

話を聞いた与太郎は、小夏に対し『姉さんも落語が好きなんだね』と極楽とんぼぶりを発揮します。

八雲は与太郎を便利人のように連れて歩きます。

刑務所で聞いた演目「死神」も、与太郎は目を輝かせて袖から聞き入るのでした。2回目でたいていを覚えてしまった与太郎。

家で練習とばかり、言い散らかしていたのを耳にした小夏は、自分の父の演じ方はもっと軽かったといって、再現して見せます。

小夏の話ぶりに『声がよく通る』とほめる与太郎。

小夏は自分の父に褒められていた幼少時代を思い出してだんだん興奮してしまいます。

事情を知らない与太郎に、『(八雲は)父ちゃんを殺したんだ』と叫ぶ小夏。

唖然とする与太郎でしたが、松田も詳しい話を教えてくれません。

夏。

相変わらず与太郎は、八雲の練習を漏れ聞くことくらいしか、することがありません。

前座になるための届出を願う与太郎は、円屋萬歳師匠(平泉成)の会にお供を許されます。

萬歳は、陰気な八雲には与太郎くらいのにぎやかさがちょうどいいと言い、息子の円屋萬月(川久保拓司)にはム所帰りの身で弟子入りできたことを嫉妬されてしまう与太郎。

一方の八雲は、師匠に『与太郎が助六に似ているから弟子に取ったんだろう』と見抜かれ、小夏に恨まれているのかとまで見透かされてしまうのでした。

八雲の演目は「たちきり」。

若旦那を演じる姿に『本当に誰かに謝っているみたいだ』と聞きほれる与太郎でした。

花火を見ながらの食事会が行われ、八雲らがしんみりと話している下手で、与太郎は酔っぱらって、女性たち相手にでたらめな落語を披露し始めます。

萬月には『滅茶苦茶ながら面白い』と言われる与太郎。八雲は助六を思い出させる与太郎に、前座を許すことを決めました。

めでたく前座となった与太郎は勇んで「寿限無」を演じます。しかし拍手はまばら。

全部一人でやっていて、お客を見ていないとつぶやく小夏でした。

ある日、小夏のつとめる料亭に来た八雲は、小夏を座敷に呼びつけます。

助六の死について小夏がコソコソ聞きまわっているのを咎めます。

『あたしを殺そうがお前の自由』と言いながらも、噺家になるのは阻止するといわれ、小夏は『父ちゃんの落語を根絶やしにしたくない』と言いつのります。

そんな小夏の前で八雲が演じたのは「野ざらし」。

小夏は目を見張ります。

八雲の噺は、助六の演じ方そのものだったのです。

八雲は『助六は自分にもおまえさんの中にも宿っている』といい、与太郎の面倒を見てやれ、と頼むのでした。

秋。

与太郎のもとにかつての兄貴分(永岡佑)が訪ねてきました。かつて与太郎はハンパもののヤクザだったのです。

『また命はって生きようぜ』と言い、落語なんかくだらないと切って捨てる態度に、2人はケンカとなってしまいます。

八雲は『子供のケンカはおしまい』とその場をおさめ、兄貴分に与太郎の落語を聞くよう、勧めます。

与太郎は『なんで落語か(アニキに)教えてやりてえ』と意気込み、泥棒見習の出てくる演目「出来心」を始めます。

珍しく客席に入る八雲と、小夏とアニキ。

いつになく客席が沸き、兄貴分の顔にも笑みが浮かびます。

アニキに聞かせたい、笑わせたいという思いで、“客との間”をつかんだ与太郎でした。

八雲は小夏が助六風を指導しているのを見抜き、『同じような野郎に引っかかる』と小夏に言うのでした。

冬。

与太郎は初めて大きな舞台の前座に立つということで、あわてて練習に励みましたが…

演目「たらちね」は客には受けず、とちったり詰まったりという、全くの不出来でした。

師匠には寝不足でダメだったことを見抜かれ、萬月には助六のコピーだと見抜かれます。

『八代目の弟子』を名乗ってほしくないと言われ、すっかりしょげる与太郎でした。

八雲の演目は「鰍沢」。

楽屋の萬月は『八代目の真骨頂だ』と聞きほれ、舞台裏の与太郎は、八雲のレベルは自分には無理だとしょげているうちに、なんとイビキまでかいて寝こけてしまいました。

当然起こった八雲に“破門”を宣言される与太郎。

『よく眠れたろう』『助六に弟子入りしろ』『ガキじゃねえんだ、聞き分けろ』
八雲の口から辛辣な言葉が飛びます。

しかし与太郎には行き場がありません。必死に告白します。

八雲師匠に心底惚れていること、でも八雲の落語は真似できそうにない、助六の方が近い気がするが、まだわからないということ。

『ここに居場所を作るしかねえんです』という与太郎の言葉に、八雲は捨てられて階段下に突き落とされた、少年時代の自分を思い出します。

与太郎が欲しているのは『お前さん自身の落語』だと教える八雲。破門を解く代わりの約束を言い渡します。

・二つ目になるまでに八雲と助六の噺を全部覚えること

・八雲と助六の約束『落語の生き残る道をつくる』を実行すること

・絶対にあたしより先に死なないこと

八雲は言います。

『ひとつお前さん方に話して聞かせようか、あの人とあたしの話をさ。
長い話になりそうだ、覚悟しな。』

--- 以上、昭和元禄落語心中 1話のネタバレでした~! ---

昭和元禄落語心中 1話を見逃した人は、

『昭和元禄落語心中』を1話からまとめて視聴できる『U-NEXT』がおススメです!

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

いつまで”31日間の無料トライアル”があるのか分からないので、見たいかたはお早めに~^^♪

これで連休の暇つぶしはバッチリです(笑)

昭和元禄落語心中 ドラマの動画!1話の感想まとめ

昭和元禄落語心中 1話の感想は、1回目ということですごいボリュームで、圧倒されてしまいました。

それでも春夏秋冬がいかにも日本の物語らしく繊細に描かれていて、落語界を題材にしたドラマにピッタリな雰囲気にうっとりしてしまいました。

岡田将生演じる有楽亭八雲からは、高座に座る真打の覚悟のようなものが伝わってきて、噺の中から刺さってくるものがありました。

予告番組で『落語を勉強したのは数か月』というふうに話していましたが、とてもそんな短期間とは思えず、惹き込まれました。

師匠にしっかりかじりついていこうとする与太郎、敵とも思う人に養われている複雑な心境の小夏も、若々しさに任せた心情あふれる演技が良かったです。

第2回は、八雲が若々しかった時代を振り返る話です。

若々しい八雲と、セピアではない助六・みよ吉が見れるのが、楽しみです。

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

昭和元禄落語心中 ドラマの動画!1話のあらすじを最後に

ドラマ『昭和元禄落語心中』1話のあらすじを簡単に紹介します~!

昭和50年代。

「昭和最後の名人」である落語家・有楽亭八雲(岡田将生)は、「弟子を取らない」と有名だった。

しかし刑務所帰りの青年・与太郎(竜星涼)が、なぜか弟子入りを許された。

八雲の家に住み込み、修行を始めた与太郎は、八雲とその養女・小夏(成海璃子)の深刻な不仲を知る。

小夏の実の父は、やはり落語家だった有楽亭助六(山崎育三郎)で、母の芸者みよ吉(大政絢)とともに、

昭和30年代に謎めいた事故死を遂げていた…。

昭和元禄落語心中 公式サイト引用

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

最後までお読みいただきありがとうございました^^

◆最新のドラマ動画の見逃し視聴方法&ネタバレまとめページはこちら↓

>>> ドラマ動画の見逃し&ネタバレをまとめてチェック♪

※本ページの情報は2018年10月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

シェアする!!