QUEEN ドラマ動画の7話も無料視聴!スキャンダル専門弁護士

シェアする!!

水川あさみ・中川大志も出演のドラマ『スキャンダル専門弁護士QUEEN』の7話が放送されましたね!

このQUEEN 7話の動画は無料で見逃し視聴できるの?と、気になって動画を探している人が多いようです。

なのでこのページでは安心して、QUEEN 7話の動画を “無料で見逃し視聴できる” おススメの方法を紹介しています↓

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

YouTube・Dailymotion・Pandoraなどの違法にアップロードされた動画じゃないので、高画質でCMもないし “1話~ まとめて” 視聴できますよ!

QUEENのドラマ動画!7話の予告を紹介[PR]

ドラマ『スキャンダル専門弁護士QUEEN』7話の動画予告はこんな感じに!

QUEENのドラマ動画!7話を無料で見逃し視聴するおススメの方法

ではドラマ『スキャンダル専門弁護士QUEEN』7話の動画を、無料で見逃し視聴できるおススメの方法を紹介します!

それは、QUEENの放送が終わるたびに毎回、見逃し配信をしてくれている公式のサービス『FODプレミアム』です!

『FODプレミアム』には”1ヶ月無料おためし”が付いててお得なので、

YouTube・Dailymotion・Pandoraなどの違法にアップロードされた動画を探さなくても安全に見逃し視聴できます!

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

無料期間中に登録して、1ヶ月以内に解約することもできるので、その場合でもお金をかけずに、QUEENの動画はもちろん

『QUEEN』以外の 現在放送中の最新ドラマ・映画・海外ドラマも、時間が許す限り好きなだけ見れてしまいます!

ただ、“1ヶ月無料おためし”はいつまでやっているのかわからないので、

QUEENを安全に無料で見たいなら早めに登録したほうが損しないです!

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

FODプレミアムに登録したら検索窓から「QUEEN」で検索してくださいね^^ すぐにみれますよ![PR]

QUEENのドラマ動画!7話の予想は

20代 女性 :

QUEENの動画 7話の予想は、ペイグッドの社長である工藤海斗が育休で休んでいた江梨子に全ての罪を被せようとしているのが許せないと感じました。

江梨子が大学時代の先輩であったため、与田が頑張るのではないかと期待しています。

与田は先輩である江梨子がひどく言われている姿を見て居ても立っても居られなくなるのではと思い、工藤に反撃するのではと感じました。

工藤の会見に氷見と与田が潜入するのがとてもおもしろそうです。

氷見と与田は工藤からどんな話を聞くことができるのか、裏の顔を暴いて江梨子の無実を晴らすことができるのか期待しているので楽しみです。

30代 女性 :

QUEENの動画 7話の予想は、今話題のpaygoodという電子マネーのサイトから個人情報が盗みとられ、不正にクレジットカードを使われてしまうという事態が発生する。

このpaygood実は利用者の中に鈴木法律事務所のメンバーも含まれていた。しかしその責任を上層部が下の者へとなすりつけれるというまさかの展開になります。

罪をなすりつけられた社員から鈴木法律事務所に依頼が来る。調査をする中で社員に対してのマタニティハラスメントが起きていた事実を掴む。

その事を材料に使い、社長など上層部に訴えかけて、メディアの前で罪を認めさせて謝罪させるのではないかと思っています。

50代 女性 :

QUEENの動画 7話の予想は、与田の先輩でシステムエンジニアの女性が、会社のクレジットカード不正利用の原因として、

彼女が担当していたセキュリティ対策が問題だったとされてしまうようです。でも彼女はそのシステム開発時には産休だった。

つまり会社側はその女性に責任を押し付けようとしているわけです。そこで氷見と与田が動きだします。

藤枝も被害にあったようですし。それにしても何か他にも裏がありそうですね。

記者の東堂も何か知っているのか、足枷があるのか、動きが鈍そうです。氷見の過去と連動するような話でしょうか。そうだと面白いのですが。

50代 男性 :

QUEENの動画 7話の予想は、次回は組織で起こったトラブルが、個人ひとりの責任にされてしまう案件のようです。

そのせいで個人情報が広まって、依頼人の悩みが深そうです。これに怒りを覚えた氷見たちは依頼人を救うべく、奮闘する。

東堂がまた不本意ながらも氷見に協力するでしょう。それが功を奏し、氷見の狙い通りにことが進んでいく。

いったんは依頼人の立場がますます悪くなるのかも。それでも最後は、本当に責任を取るべき人物が浮かび上がる。

そこには、決して公表できない裏の事情がありそうです。氷見たちが、それを手段を選ばず突き止め暴き出すでしょう。

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

QUEENのドラマ動画!7話の見所はどこ?

20代 女性 :

QUEENの動画 7話の見所は、与田がどうするのかすごく期待しています。

江梨子はシステムの責任者であるのですが、育休で休んでいたのにもかかわらず江梨子の責任となっているのはすごく不服だと思いました。

危機管理部に依頼してきた江梨子のことを救うことができるのか、氷見と与田に期待していて、どんな調べ方をするのか楽しみです。

社長の工藤の裏の顔を暴いてまた東堂に記事を書いてもらうことになるのではと予想しています。

工藤はどうして江梨子だけに罪を被せようとしたのか、何を隠しているのかとても気になるので、

どうなるのか楽しみにしているし、どうやって解決するのか期待しています。

30代 女性 :

QUEENの動画 7話の見所は、paygoodのクレジットカード不正利用の件で、自分自身も被害者となってしまった

鈴木法律事務所のメンバーが、いつも以上にやる気を出して頑張るのではと思っています。

paygoodのマタニティハラスメントなど闇を徹底的に暴き、罪をなすりつけられた社員の汚名を返上してくれる事に期待しています。

見どころとなりそうなのは、paygoodで行われている社員に対するハラスメント。今話題の職場で何が起きているのか真相がとても気になります。

氷見弁護士達が今回はどんな手を使い案件を解決していくのかが、とても楽しみ。

50代 女性 :

QUEENの動画 7話の見所は、予告編では「氷見の謎は核心へ」とテロップが出ているので、

もしかしたら氷見の過去と今回の事件が連動しているのか、それとも記者の茂呂が何かをつかんだのか、

あるいはまったく別の展開なのかわかりませんが、氷見の抱えているものが何なのかだいぶわかってくるかもしれません。

それは与田や真野も知るところになるのでしょうか?氷見の過去はドラマ終盤の大きなカギになるでしょうし、それが政治がらみなのは間違いありません。

どこまで大きな波紋になるのか、もしそのヒントがわかればいいなと思います。

50代 男性 :

QUEENの動画 7話の見所は、氷見たちが組織の悪をあぶりだし、トラブルの責任をきっちり取らせることができるのか見どころです。

依頼人の悩みを取り除き、よい方向に導く展開に期待しています。そうなるまでの、氷見たちの突飛とも思える行動が楽しみです。

とにかく目的を果たすためには手段を選ばないところが、すがすがしくもありちょっと怖い。

かなり強引な手口だったりすることもありますが、最終的には人の気持ちに添う氷見が魅力的。

驚きと笑いの要素もありますが、氷見の言葉は真っ直ぐに心に刺さります。依頼人も傷を負うかもしれませんが、その分強くなっていきそうです。


◆QUEEN “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> QUEEN “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

QUEENのドラマ動画!7話までの感想

20代 女性 :

QUEENの動画 7話までの感想は、有名な作家浮田千代子による、秘書達へのパワハラ被害問題に何て身勝手で悪い人物なんだろうと思っていました。

先生の為に尽くしていた秘書達に対して酷いなと、イケメン秘書だけを可愛がる、えこひいき振りに苛立ちを感じました。

秘書達の訴えが通じることを願ったのですが、実際は悪いのは作家の浮田では無く、秘書達だった事を知り驚きました。

浮田の遺産を狙っていたとは考えもしなかったです。財産ある人には、良い人のフリをして近づいてくる悪い人達が接近してくるんだなと感じました。

そんな秘書達を見抜いていた浮田は素晴らしいと思いました。

30代 女性 :

QUEENの動画 7話までの感想は、礼二が氷見と与田からバカにされていると思ったとき、今まで見せなかった裏の顔を見せた姿にとても驚きました。

珍しく舌打ちしていたので、すごく変わったと感じて、礼二がすごく怒っているのが分かってどうなるのか心配になりました。

礼二は氷見の作戦通りに動いてくれたため、氷見が礼二に小説を書くことが今の礼二にできる最適な方法だと伝えたのがとてもおもしろかったです。

礼二は小説を書いたことですごく評価されて、バカにされることなく人生を変えることができたのがとても素敵だと感じました。
礼二は氷見に感謝していたのがとても見どころでした。

50代 女性 :

QUEENの動画 7話までの感想は、大物女流作家のエゴというよりも、芸術に対する貪欲さみたいなものが、なんだが格好いいし、生き方として迫力がありました。

それに共感し、また相手もそんな人間だと思える氷見ですが、その女流作家に負けない、強烈な貪欲さを抱いているのでしょうね。

これから先、彼女の過去がいろいろ明らかになる時が来るのだと思いますが、それがどんなものなのか一層興味がわいてきます。

それにしてもパワハラ騒ぎを起こしたアシスタントたちは情けないね。

アシスタントはどこまでいっても補助であって、助けにはなっても、それ以上ではない。

作家の才能を助けられても、自分に才能があるわけじゃないのだから、その財産を自由にしようとするなどおこがましいですね。

50代 男性 :

QUEENの動画 7話までの感想は、千代子は礼二の思惑を知っていて、それでも心を寄せていて救われてもいたんでしょうね。

礼二がそばにいてくれたおかげで、死の恐怖から少しでも逃れられたんだと思う。礼二も、ただ千代子を利用していただけではなく、尊敬の念を抱いていた。

どんな形であれ、ふたりの間には温かいものがあったと信じたい。氷見が礼二を窮地に追いやったと思いきや、本の出版を促す場面がよかった。

全部想定していたとは、驚かされました。礼二の才能は本物だったんだね。開花されてよかった。

ひとりの青年の人生が良い方向に変わって、千代子も喜んでいるでしょう。

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

QUEENのドラマ動画!7話【ネタバレ】← 紹介

ここからがドラマ『スキャンダル専門弁護士QUEEN』7話のネタバレになります!

「ペイグッド」不正利用

鈴木法律事務所の氷見たちは、テレビのワイドショーを見ていた。そこへ、鈴木も入ってくる。

電子決済サービスの「ペイグッド」でクレジットカードが不正利用されるという事件が報道されていた。

その報道に驚く藤枝。実は彼も同じ被害にあっていたのだ。

ちょうどネットを見ていた真野聖子は、「ペイグッド」のSEのセキュリティ対策の甘さが原因で、担当者も特定されているようだと氷見らに教える。

与田は、ネット上にあがっているその担当SEが、大学時代の先輩・芦原江梨子だと気づく。

与田自らの連絡を受け、江梨子が事務所にやってきた。力になりたいと与田は申し出る。

江梨子に責任を押し付ける会見

江梨子の話によると、2年前からスマホ決済の基礎を作り、自分が「ペイグッド」開発チームの責任者なので、今回のトラブルの責任は感じている。

しかし、このサービスは江梨子が育休になってから始まったのに、槍玉にあがり、

ネットで個人情報がさらされ、育休あけには部署も移動になっていたとのことだった。

さらに、旦那はリストラされたばかりで、家庭も大変なようだ。

会社側は記者会見を予定していたため、名誉毀損にあたる内容があるかもしれないと、氷見とともに与田は会見に行く。

「ペイグッド」の社長・工藤海斗が記者会見をひらくが、しどろもどろな発言にネットでも叩かれる。しかし、全ては謝罪用の芝居だと、氷見と与田は見抜く。

工藤は、原因は人的エラーであり、江梨子の育休を長期休暇と偽り、あくまでも、江梨子一人に責任を追わせようとするのだった。

そんな折、民事党・東がマネークアミューズメント社長・村西信太郎との協議を進めているというニュースがテレビに映し出され氷見は見いるのだった。

不正利用は会社側の管理責任

事務所で不正利用の流れを調べていた真野のよると不正利用の流れは次のようだ。

どこかで漏れたクレジットカード情報が使われ、ペイグッドで勝手に品物を購入される。

そもそも登録時に大きな穴があり、クレジットカードナンバー、セキュリティコードを入れるのに永遠に試すことができるシステムなのだ。

さらに、ダークウェブからカード情報が漏れていたのだろうと真野。

1つのクレジットカードに複数のアカウントが登録されるというシステム自体も問題で、会社側のセキュリティ対策が万全じゃないことをが判明した。

記事にしようとするが…

そこで、氷見たちは、週刊文新記者・東堂を呼ぶ。何か企んでいるのではないかといいながらも来てしまう東堂。

江梨子がペイグッドのサービス開始時に育休にはいっていたことを知らせる。

そしてSEにミスを押し付けようとし、社長の会見で印象操作をして責任のがれをしているから記事にしてはと氷見。

東堂は、ついでに東議員の参院選についての動きについても知りたいと条件を付ける。氷見は、東の元政策秘書であり、元恋人だったからだ。

と、そこへ与田に江梨子から「記事にしないでほしい」と電話が入ったので、とりあえず東堂を、追い返す。

江梨子に会いに行くと、工藤社長の秘書が来て、記事に出そうとしているのを知り、もし記事に出したら家族のことをさらすと脅されたと言うのだ。

改めて話をしたいとの氷見に、再度、記事にはしないでほしいと言う江梨子。

マタニティハラスメントの可能性もありそうだとの氷見に、江梨子も子育てをしながらでも、SEに戻りたい希望する。

さらに、好きな自分をあきらめたくないと言う江梨子に、頑張った分は報われるべきだと与田も応援する。

誰かのために行動することは、江梨子から教わったのだとも伝える。

氷見も家族は全力で守るから、戦わせてほしいと申し出るのだった。

与田を助けた江梨子

事務所では、鈴木、真野、藤枝がスマホ用カジノアプリを年内にマネークが開発するとのニュースをみていた。

イライラしている与田は、テレビを見ているだけなら帰れと藤枝らを帰すと、江梨子との関係を氷見に話始める。

与田が大学三年のとき、教授にセクハラされ、大学もやめるつもりで、教授の部屋に乗り込み叫んだ時のことだった。

江梨子が、大学をやめるな、なんとかすると言ってくれたのだ。

その頃からパソコンが得意だった江梨子は、教授が見ていたエ〇サイトをキャンパス中にメールで拡散し、教授は大学を辞め、江梨子は無事に卒業できた。

「今の私があるのは先輩のおかげだから、助けたいの。」そう江梨子は言うのだった。

マタハラ。パワハラ、子育てSE

翌日、与田はマタハラの実態をつかもうとSEたちに電話をかけ、やっと話してくれるSEたちに会うことになった。

開発チームにいたSEたちは、ペイグッドは先にキャンペーンありきでサービスをリリースしていた。

会社側は、インバウンドを見越して進めていたから現場は忙しかった。

しかも芦原が抜けても人員補充されてなかった。と会社のブラックな実態を話してくれた。

しかし、彼女たちは、こんな時に休みをとるなんて…と江梨子に不満も、もっているようだった。

現場のSEだけが苦しんでいるのが納得できない氷見と与田。与田はもう一度江梨子に会い、SEたちから聞いた話を伝えるのだった。

そして、江梨子の名誉回復と職場環境の改善のため、工藤社長と戦うと誓う。

そして工藤のしていたマタハラ、パワハラ、サービス残業を世間に公表し、ペイグッドのブラックな実態を世間に知らしめた。

会社側が、SEに全ての責任を押し付けていたことも公表される。

工藤社長は、事務所に「江梨子がどうなってもいいのか」と怒鳴り込んでくる。

しかし、与田は、工藤が隠しているの会社のブラック体質だけでなく、キャンペーンの見切り発車や、

資金もないのに自転車創業をしていたことなど、法律的に違法な行為をしていたことを突きつける。

さらに、途中でセキュリティの甘さについての指摘をSEから受けていたにも関わらず、無視して進めていたこともつかんでいた。

このままだと、不正利用被害者から損害賠償請求を受けるかもしれないと、逆に詰め寄る。

そして、工藤が社長を辞任するなら、これ以上は公表しないとの与田に、仕方なく条件をのみ、帰るのだった。

マネークによる買収は氷見の策?

しかし、実は工藤はペイグッドをマネークに売ることにしていたのだった。マネークに買収されることが発表される。

工藤だけが、得することになったと謝る与田だが、実は工藤は大損をしていた。マネークからもらった企業の株が暴落したのだ。

一方、ペイグッドのSEたちは、マネークで働けることになっていた。江梨子も、前の部署に戻れ、フレキシブル出社も認められるとのことだった。

「ちえちゃんが、戦ってくれたおかげよ。」と江梨子。

本当は、大学のとき与田を助けたことを覚えていたが、今の情けない自分を憧れなんて言われるのが恥ずかしかったと言うのだった。

問題は解決したが、マネークによる買収が気になった与田は、色々調べるうちに、買収をしきったのは氷見なのではないかと疑う。

氷見とマネーク社長・村西がしくんでいたのではないかと。

なぜ氷見が?との真野に、氷見がかつての恋人・東のために動いているのではと疑っているのだった。

その頃氷見は、、、、やはり村西と会っていた。村西は、「全ては東のためだ」と呟く。
「このあと、どうします?」と氷見。

氷見は、本当のところ、何を考えているのだろうか?!

--- 以上、QUEEN 7話のネタバレでした~! ---

QUEEN 7話を見逃した人は、

無料期間中に1話から見逃し視聴できる『FODプレミアム』がおススメです!

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

いつまで “1ヶ月間の無料おためし” があるのか分からないので、見たいかたはお早めに~^^♪

これで連休中の暇つぶしはバッチリです(笑)

QUEENのドラマ動画!7話の感想まとめ

QUEEN 7話の感想は、ペイグッドの不正利用による被害なんて、まるで、つい最近あった「Pay Pay」と同じだ!と思いました。

確か、あれは1億円キャッシュバックキャンペーンとかうたって、予定していた期間よりもかなり早くに集まってしまったとかで、

すぐにキャンペーンが終わっていたと記憶しています。

本当に1億円になったのかどうかは疑問ですが、そんなにネットに詳しくない私でさえ、登録しようかと思っていたくらいですから、

SNSで拡散されればあっという間だとは思います。

セキュリティーコードが何回でも試せというのも、簡単に不正アクセスできそうで怖いです。私は登録できなくてよかったとも思いました。

そして、開発チームのリーダーに責任をすべて押し付けようとする企業の体質には、本当に腹が立ちます。

誰か一人を犠牲にして、会社は生き残ろうとするのですね。

そんな会社の社長を辞めさせ、暴落するとわかっている株を握らせるなんて、氷見弁護士はなんて頭がいいのでしょう。

でも氷見さんが、与田弁護士の推測通りマネークの村西社長と繋がっていたのには、「やっぱりね」と思います。

与田さんの言うように、まだ東議員との関係は切れていないのかもしれませんね。

ところで今回、茂呂さんが出てきませんでしたが、彼は一体どこへ行ってしまったのでしょうか。

次回、東議員との関係とともに明らかになってくることに期待したいです!

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

QUEENのドラマ動画!7話のあらすじを最後に

ドラマ『スキャンダル専門弁護士QUEEN』7話のあらすじを簡単に紹介します~!

氷見江(竹内結子)と与田知恵(水川あさみ)、鈴木太郎(バカリズム)たちは事務所でワイドショーを見ている。

話題に上がっているのは、スマートフォン決済サービス『ペイグッド』のクレジットカード不正利用に関して。

顧客のカードが第三者に使用されていたのだ。その報道を聞き呆然とする藤枝修二(中川大志)。

どうやら藤枝も被害に遭った様子。ネットを見ていた真野聖子(斉藤由貴)は『ペイグッド』のシステムエンジニア、

芦原江梨子(西山繭子)のセキュリティー対策が甘かったと特定されていると教える。

江梨子は与田の大学生時代の先輩だった。与田から連絡を受けた江梨子が事務所に来た。

江梨子は『ペイグッド』のシステム開発チームの責任者で、今回のトラブルに関して責任があることは認める。

だが、同社のサービスが始まったのは江梨子が育休に入ってからだった。

もちろん責任は認めつつ、ただ、休んでいる間に問題が発生したのにも関わらず、自分がやり玉に挙げられ、

名前や顔までもネットに晒されていることに江梨子は悩んでいた。

『ペイグッド』社の社長、工藤海斗(柳下大)の記者会見に、氷見と与田が潜入。

工藤は動揺を隠せない様子だが、氷見たちは謝罪用の芝居と見抜く。工藤ら経営陣は江梨子だけに責任を持って行こうとしていた。

事務所では真野が不正利用の流れを追い、原因は江梨子個人にではなく、会社側の管理上の不備にあったことを突き止める。

そのことを、氷見たちは東堂裕子(泉里香)に記事にしてもらおうとするが…。

QUEEN 公式サイト引用

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

最後までお読みいただきありがとうございました^^

◆QUEEN “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> QUEEN “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪


※本ページの情報は2019年2月時点のものです。最新の配信状況はFODサイトにてご確認ください。[PR]

シェアする!!