パーフェクトワールド ドラマ動画を1話から見逃しフル視聴する方法

シェアする!!

松坂桃李が主演のドラマ『パーフェクトワールド』の1話が放送されましたね!

このパーフェクトワールド 1話の動画はフルで見逃し視聴できるの?と、気になって動画を探している人が多いようです。

なのでこのページでは安心して、パーフェクトワールド 1話の動画を “フルで見逃し視聴できる” おススメの方法を紹介しています↓

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

YouTube・Dailymotion・Pandoraなどの違法にアップロードされた動画じゃないので、高画質でCMもないし “1話~ まとめて” 視聴できますよ!

パーフェクトワールド ドラマ動画!1話の予告を紹介[PR]

ドラマ『パーフェクトワールド』1話の動画予告はこんな感じに!

パーフェクトワールド ドラマ動画!1話をフルで見逃し視聴するおススメの方法

ではドラマ『パーフェクトワールド』1話の動画を、フルで見逃し視聴できるおススメの方法を紹介します!

それは、パーフェクトワールドの放送が終わるたびに毎回、見逃し配信をしてくれている公式のサービス『FODプレミアム』です!

『FODプレミアム』には”1ヶ月無料おためし”が付いててお得なので、

違法にアップロードされた動画を探さなくても安全に見逃し視聴できます!

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

無料期間中に登録して、1ヶ月以内に解約することもできるので、その場合でもパーフェクトワールドの動画はもちろん

『パーフェクトワールド』以外の 現在放送中の最新ドラマ・映画・海外ドラマも、時間が許す限り好きなだけ見れてしまいます!

ただ、“1ヶ月無料おためし”はいつまでやっているのかわからないので、

パーフェクトワールドを安全に見たいなら早めに登録したほうが損しないです!

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

FODプレミアムに登録したら検索窓から「パーフェクトワールド」で検索してくださいね^^ すぐにみれますよ![PR]

パーフェクトワールド ドラマ動画!1話の予想は

30代 女性 :

パーフェクトワールドの動画 1話の予想は、ヒロインと、高校の同級生?の、メガネ男子の今後の展開が気になる。

メガネ男子は、ヒロイン父とも知り合い?ぽいので、父と協力して、地元に帰って結婚するように仕向けて行くのではないか?

また、車椅子の彼は徐々にヒロインに心を開いて行きながら、健常者と障害者の違いや偏見、しがらみやどにぶつかっていくのかな?と予想しています。

マンガも、映画もラストまでは見ていないので内容は知りませんが、ラストシーンに出てきた葵さんが誰なのか気になります。

葵さんの素性が次回明かされるのでは?と考えています。家政婦さんか、後妻だと予想しています。

30代 男性 :

パーフェクトワールドの動画 1話の予想は、恋人のような人が登場し、二人の関係が展開すると思います。

辛い思いをさせたくないと距離を置こうとすればするほど、二人はどんどん惹かれあうのではないでしょうか。

特に、苦しみに共感しつつ寄り添ってくれる彼女がいてくれるというだけで、悲しみや苦しみが少しは減るのだと思います。

それを感じてきたけど、離れなきゃと思う。そこでまた苦しむのだと思います。

そして、2話の最後の方には、障害者という重荷を二人で背負っていくことを決めるのではないでしょうか。

早い段階で二人は付き合い出すような気がします。お父さんは親として、反対するでしょうね。

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

パーフェクトワールド ドラマ動画!1話の見所はどこ?

30代 女性 :

パーフェクトワールドの動画 1話の見所は、ヒロインのお父さんが車椅子の彼の事を知ってどう思うのか、

交際を反対するのか、理解を示すのか、同級生?のメガネ男子とはどうなって行くのか?が気になります。

ヒロインの妹は、はっきりと、いくらスーパーイケメンでも、車椅子の人とは付き合えないと言っていましたが、

主人公とヒロインの関係性や、実際に車椅子の主人公に会ったらどんな反応を示すのかが気になります。

個人的にはヒロインのお父さんと、主人公の会社の社長さんがつぼでした。

ヒロインのお母さんも、一瞬しか出てきませんでしたが、きっとヒロインの見方になるんだろうな、と思いました。

30代 男性 :

パーフェクトワールドの動画 1話の見所は、とにかくかっこ良いです。松坂さんのしゃべり方はいつも素敵だなと思います。

落ち着いていて、優しくてどんな役をしていても素敵なのでそこが一番楽しみです。ドラマとは関係ないですが。。

ドラマで楽しみなところは、二人がどういう経緯で付き合うようになるのかですね。

何がきっかけでそうなるのかが一番楽しみなところです。今回逃したキスシーンは見られるといいですねー。

二人はとても雰囲気もお似合いなので、早い段階で恋人同士になって欲しいですね。

お父さんが、どんな反応をしていくのか、職場の人や友達がどう二人と関わっていくのかも楽しみです。


◆最新のドラマ動画の見逃し視聴方法&ネタバレまとめページはこちら↓

>>> ドラマ動画の見逃し&ネタバレをまとめてチェック♪

パーフェクトワールド ドラマ動画!1話までの感想

30代 女性 :

パーフェクトワールドの動画 1話までの感想は、以前、無料のマンガサイトで数話分だけマンガを読んだことがあるので、

初回の放送内容は知っていて、原作内容を知った上で、ドラマ第一話を見ました。

率直な感想としては、やっぱり主人公役の演技がナチュラルで違和感無くて、とてもよかったです!

車椅子になってしまってからの主人公の心の葛藤や、障害者になってしまった自分を受け入れるまでの過程などを、

数分間できちんと表現出来ていて、障害者ドラマと言うよりは、人間ドラマに仕上がっているように感じました。

ヒロインの女の子は、私は知らない女優さんでしたが、一生懸命さは伝わってきました。

30代 女性 :

パーフェクトワールドの動画 1話までの感想は、初恋の人と再会したと喜んでいたら、その人は車椅子で、様々な困難を乗り越えてきたと知る。

そんな状況になってら私はどうするのかなと考えました。

その初恋の人をどれだけ好きだったかによると思いますが、並大抵の気持ちでは付き合えないと思います。

同情ではなく、本気で苦しみながら向き合っていく、そんな覚悟を感じました。

障害の話はいろいろなドラマで出てきますが、本当に難しい問題で、綺麗事では話ができないことだとは思います。

優しくしようと意識することでまた傷つけてしまうこともある。意識すればするほどどう接したら良いのか分からない。

同じ障害者でも、性格はそれぞれだから難しいことだと思いました。

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

パーフェクトワールド ドラマ動画!1話【ネタバレ】← 紹介

ここからがドラマ『パーフェクトワールド』1話のネタバレになります!

川奈つぐみと鮎川樹との偶然の再会

居酒屋に頼まれものを届けに行くつぐみ。そこには高校3年生の時に同じクラスだった鮎川樹がいた。

運命の再会と冷やかされる鮎川。つぐみも、同席して一緒に飲むことになる。

鮎川は、高校時代バスケット部のエースだった。つぐみは、そんな鮎川にあこがれていたのだ。

卒業以来12年ぶりにあった二人。

美術部だったつぐみは、今はインテリアデザイン会社で働いている。

鮎川と話をしていたつぐみは、今はバスケはやっていないのかと尋ねる。すると、周囲は微妙な雰囲気になる。

鮎川は渡辺設計事務所で働いていた。鮎川が帰ろうとしたとき、彼が車椅子に乗ろうとするのを見て、はじめて足が悪いことに気づいたつぐみ。

鮎川は大学の時に事故にあい、歩けなくなっていたのだ。

家へ帰ったつぐみは、一緒に住んでいる妹のしおりに、鮎川に会ったことを話す。姉の気持ちを知っていたので、初めは喜ぶしおり。

しかし、つぐみが、脊髄損傷して歩けなくなった鮎川に、バスケットをやっていないのかと訊ねてしまったことを打ち明けると一変。

いくらイケメンでも障がい者では無理だ、軽い気持ちでは付き合えないと言うのだった。

そのころ鮎川は家につき、そこには昔の彼女・美姫からの結婚招待状が届いていた。

前向きな樹

翌日、無神経な言葉を鮎川に言ってしまったことを悔やみ、彼の職場まで謝りにきたつぐみ。

中に入れず戸惑っていると、ちょうど樹が帰ろうと出てきた。

謝るつぐみに、逆に鮎川は、驚かせて済まなかったと、坂の上の公園に連れ出す。

坂道を車いすで登る鮎川は、一人でできることは自分でやるという。20歳の時に事故にあい、それから車いす生活をしているため、車いすの操作も手慣れたものだった。

公園につくと、下に見える広場に市のコミュニティーセンターを作ることになっていて、自分もそのコンペに応募すると話す鮎川。

上司が鮎川の案を気にいり、頼ってくれたことがうれしいと話す鮎川に、高校時代の夢がかなってよかったと喜ぶつぐみだった。

実は鮎川には高校時代、雪村美姫という恋人がいたから、つぐみは片思いのままだったのだ。
だからこそ、文集に書いてあった鮎川の夢をちゃんと覚えていたのだ。

自分の夢を覚えていたつぐみに驚く鮎川は、つぐみの夢について訊ねると、忘れたと答える。
そこで絵はもう描いてないのかと聞く鮎川。

そんな話のなか、つぐみは一人で行く予定だった展覧会のことを樹に話すと、樹に一緒に行きたいと言われる。

翌日の準備をうれしそうにするつぐみに、深入りするなとくぎを刺す妹しおり。

そこへ、父親から電話がかかってくる。父親はいつまでもつぐみが心配で、30歳になって地元に戻ってくるのを楽しみにしていた。

エレベーターのない美術館

約束の日、樹は車でつぐみを迎えに来た鮎川につぐみは驚く。鮎川の車は、手だけでも運転できる車だった。

つぐみが出かけると、マンションのしおりのもとへ、つぐみと樹の同級生で、アプリ制作会社の社長・是枝が訪ねてくる。

つぐみが鮎川と出かけたことにショックを受けた彼は、告白するつもりだったのに、鮎川が相手では勝ち目がないと落ち込むのだった。

その頃、樹とともに展覧会場についたつぐみは、その美術館にエレベーターがなく、鮎川が中に入れないことに気付き受付に文句を言う。しかし、鮎川はあっさりひきさがるのだった。

帰り道、エレベーターのことを前もって調べなかったことを謝るつぐみに、本来なら自分が調べるべきだったと鮎川。

美術館はバリアフリーなところが多いので、調べていなかったのだった。

何度も謝るつぐみに、謝られてばかりいると一緒にいるのが申し訳なくなると鮎川は言う。

帰りに食事に立ち寄った店には、鮎川の会社の同僚たちがいて、冷やかされる。

鮎川は、高校時代からの恋人・雪村美姫と、大学時代の事故が原因で別れたとつぐみに話す。

下半身の感覚がないから、粗相をしても、臭いがして初めて気づくというのだ。そんな男とは誰もつきあわないだろうから、

もう誰とも恋愛する気はないという鮎川の言葉に複雑な思いのつぐみだった。

車いすの樹を受け入れられない気持ち

家に帰ると、是枝がまだ待っていた。

下半身不随の鮎川のことをふざけて悪く言う妹に、真剣に怒るつぐみは一人部屋に入ってしまう。

是枝が話を聞くと、つぐみは鮎川に無神経なことを言った自分自身に、嫌気がさしていたというのだった。

そんなつぐみを見て、是枝は、戸惑っているのだろうと指摘する。

そして、そう言われたつぐみは、鮎川が車いす生活をしていることを、実は受け入れられなかった自分に気付いくのだった。

鮎川、美姫それぞれの想い

一方、鮎川のところへ、結婚式の招待状を送ってきた美姫からの電話が入る。しかし鮎川は出ないでいると留守電にメッセージを入れる美姫。

美姫は結婚式に来られないなら、同窓会に来てほしい、結婚前にもう一度だけ会いたいというのだ。

数日後、仕事先にやってきた鮎川に同窓会に行くかどうかたずねると、「一緒に行こう」といわれ、思わず顔がほころぶのだった。

同窓会の日、一緒に来たつぐみと樹は、同級生たちに聞かれ、つきあっていると答える。

実は、つぐみは、美姫が心置きなく結婚できるように、つきあっているふりをしてほしいと鮎川に頼まれていたのだ。

そのことを是枝に話していると、そこに美姫がやってくる。樹と話がしたいと、二人は会場の外へ出ていく。

心配になったつぐみは、トイレに行くふりをして二人の後を付ける。

すると、美姫は今でも樹のことが好きだと言うのだ。樹に別れようといわれたから別れたという美姫に、こんな体になった男とは結婚できないと思ったからだろうと言い合いになる二人。

話を聞いていたつぐみは、その場を逃げるようにして走り去る。

トイレにつぐみが行くと、そこには美姫がいた。鮎川とつき合っているのは偽善かと聞かれたつぐみ。

美姫は、いくら鮎川が他は完璧でも、障害のある体では付き合えないと思っているのだ。

完璧でないからこそ、人は一人では生きていけないと美姫に言うと、一人で帰ってしまった鮎川を追いかけるつぐみ。

排泄障害

鮎川に追いつき、一緒に帰ろうとするが、一人で帰れる、一人にしてほしいといわれてしまう。

ふと見ると、鮎川は漏らしてしまい、ズボンを拭いていた。

気づいて近寄るつぐみに、これ以上、かっこ悪いところは見られたくないから来るな鮎川は涙ぐむ。

しかしつぐみは鮎川の濡れてしまったズボンを隠すように、自分のコートをかけ車いすを静かに押すのだった。

樹を部屋へ送り届けたつぐみは、机の上のボルトを見て驚く。事故のあと、背骨を安定させるために入れてあったものだ。

さらに、鮎川のレントゲン写真を見て、本当にひどい事故だったのだと改めて知るつぐみだった。

事故の後遺症による排泄障害のため、年に1~2回は失敗してしまうと告白する鮎川。長時間の外出ではオムツをつけていたのにと落ち込む鮎川。

そんな鮎川の姿を見て、美姫のことを引きずっていたのは、鮎川の方だったと気付くつぐみ。
すると鮎川は、美姫と別れたあと、死のうと思ったこともあるという。

しかし、寝返りもひとりでうてない体では、自分で死ぬこともできなかったのだ。

一人で死ぬこともできないという絶望感を味わったという鮎川の言葉に、つぐみも涙ぐんでしまうのだった。

さらに鮎川は話をつづける。

美姫を引きずっていたのではなく、無力で、みじめで、孤独だった自分を引きずっていたのだという鮎川。

しかし、つぐみは、事故に会い、辛い思いをして、また立ち上がり、そして自分の夢を実現している鮎川のことをすごいと思っていた。

なぜなら自分は、絵をあきらめたからだというつぐみに、鮎川はこれから目指せばいいと背中を押す。

しかし、つぐみは父との約束で30歳になったら松本に帰らなければならない。それが、東京の大学に進学できる条件だったのだ。

でも、自分の人生なのだから、やりたいことをやるべきだという鮎川の言葉に、つぐみもインテリアデザイナーを目指し、いつかは鮎川と一緒に仕事をしたいと夢を膨らませる。

後日、美姫の結婚式につぐみとともに出席した鮎川は、心から「幸せになってほしい」といえるようになっていた。

これで、自分も前に進めるという鮎川に思わずつぐみにも笑みがこぼれる。

鮎川とつぐみの共同作業

コンペへ向けての会議が続き、模型などを作り始める鮎川たち。

つぐみと鮎川の二人は電話しながら、それぞれ模型作りやデザインに情熱を傾けていた。

翌日、つぐみが約束のスイーツの差し入れをもって会社へ行くと、鮎川が高熱で倒れたと聞かされる。

ずっと、車いすに座っていると、褥瘡(じょくそう:床ずれ)ができ、大変なことになってしまうのだ。さらに鮎川は尿路感染症も併発していたため、そのまま入院することに。

鮎川が病院のベッドで目を覚ますと、そこにはつぐみの顔があった。

会社に戻って、コンペの準備をするという鮎川。みんなに迷惑をかけたくない。障がい者だから、仕方ないと同情されたくないという鮎川。

鮎川の気持ちを察し、病院のベッドの上でコンペのためのデザイン画を描くのを支えるつぐみ。

なんとか下絵ができ、後は色を塗るだけだが、鮎川は限界に来ていた。

ここまでやれば十分だから、次にまた頑張ればいいというつぐみに、いつ死ぬかわからない自分には今しかないと、高熱をおして続けようとする鮎川。

そんな鮎川を見て、つぐみは思わず「自分がやる」と言ってしまう。

つぐみの絵が上手だったことを思い出す鮎川。実は、高校時代、つぐみの絵が入選した時、こっそり展覧会に見に行ったことがあったことを告白する。

鮎川が見たつぐみの絵は、自分の高校時代そのものという感じだった。あんな絵が描けるつぐみなら、できると確信する。

そして鮎川の指示に従ってつぐみは色を塗り始める。

夜が明け、デザイン画は完成した。寝ている樹を見て、微笑むつぐみ。急いで会社へデザイン画を届けると、同僚たちは大喜びだった。

近づく二人に、新たな障害?

後日、コンペに勝ったことを知らされたつぐみは、喜び勇んで病院の鮎川のもとへいく。

つぐみのおかげだという鮎川は、本当に運命の再会だとつぶやく。

そして二人は、病室で乾杯し、心が寄り添う二人。

自然と近づく二人の顔。が近づくと。。。

樹は顔をそむけてしまうのだった。

そこへ、突然一人の女性が飛び込んでくる。

シンガポールから戻ったという彼女は、自分がいなかったからこんなことになったと鮎川に抱きつく。

あっけにとられるつぐみ。

一体、彼女は。。。?

--- 以上、パーフェクトワールド 1話のネタバレでした~! ---

パーフェクトワールド 1話を見逃した人は、

無料期間中に1話から見逃し視聴できる『FODプレミアム』がおススメです!

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

いつまで “1ヶ月間の無料おためし” があるのか分からないので、見たいかたはお早めに~^^♪

これで連休中の暇つぶしはバッチリです(笑)

パーフェクトワールド ドラマ動画!1話の感想まとめ

パーフェクトワールド 1話の感想は、「愛があれば障がいも乗り越えらえる。」

よく、そういう言葉も耳にしますが、実際に自分のパートナーが、突然障がいを持つようになったら、つぐみの妹の言うように、そう簡単にはいかないだろうと思います。

鮎川の恋人だった美姫だって、勉強もスポーツもできるカッコいい鮎川だからこそ好きだったのでしょう。

そして、障がいを理由に別れたことで、自分を責めていたのかもしれません。だから、結婚前に会って、謝りたいと思ったのでしょう。

排泄障害もあるとわかってたら、つきあえないでしょう。と言う鮎川。

本当に愛しているなら、当然「YES」なのでしょうけれど、つぐみは心のどこかで、受け入れられないでいる様子。

美姫も、つぐみも正直ですよね。

でも、障がいに屈することなく、夢を実現しようとする鮎川に、つぐみはどんどん惹かれていくことが予想できます。

二人の心が近づいていくのは、自然の成り行きなのだと思います。

このような久しぶりに、思い切り純粋なラブストーリーの結末が、今からとても楽しみでなりません。

しかし、ラストに現れたシンガポール帰りの女性は、いったい誰なのでしょう?

美姫と別れた後、付き合っていた女性でしょうか?

だとすると、鮎川の障がいを知ったうえで受け入れているはずですから、つぐみにとっては強力なライバルになりますね。

これからどうなっていくのか、とても気になります。

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

パーフェクトワールド ドラマ動画!1話のあらすじを最後に

ドラマ『パーフェクトワールド』1話のあらすじを簡単に紹介します~!

12年ぶりの再会は偶然か、それとも運命か―。

恋をあきらめた鮎川樹(松坂桃李)と、初恋相手への恋心がよみがえる川奈つぐみ(山本美月)。

2人の愛の物語が今始まる!

学生時代、イラストレーターを夢見ていた川奈つぐみ(山本美月)は、

“卒業したら長野に帰る”という約束を父・元久(松重豊)と交わし、東京の大学へ進学したが、卒業後も長野へは帰らず、

現在は大学生の妹・しおり(岡崎紗絵)と暮らしながら、インテリアデザイン会社で事務として働いている。

ある日、上司の東美千代(とよた真帆)から、設計事務所との打ち合わせの席に使いを頼まれたつぐみ。

するとそこには、高校時代の同級生で、つぐみの初恋の相手・鮎川樹(松坂桃李)の姿が。

樹は設計事務所の社長・渡辺剛(木村祐一)の元で、学生時代からの夢だった建築士として働いていたのだ。

偶然の再会に胸が高鳴るつぐみは、バスケ部のキャプテンとして活躍していた高校時代の樹の話を一同に聞かせる。

さらに、「もうバスケはやってないの?」と何気なく尋ねるが、次の瞬間、樹が車いすに乗る姿を見て絶句。

実は、樹は大学時代に事故で脊髄を損傷し、歩けなくなっていたのだ。

翌日、無神経な発言で樹を傷つけてしまったと悔やみ、職場まで謝りにきたつぐみを、樹は坂の上の公園に連れ出す。

そこで仕事に情熱を燃やす樹の言葉を聞いたつぐみは、不自由な体以外は、かつての樹のままだと気づく。

そしてひょんなことから、つぐみが一人で行く予定だった美術展に、樹もいっしょに行くことになる。

約束の日、つぐみが出かけた後のマンションの部屋に、つぐみと樹の同級生で、アプリ制作会社の社長・是枝洋貴(瀬戸康史)が訪ねてくる。

高校時代から密かにつぐみに想いを寄せている洋貴は、しおりから、つぐみが樹と出かけたと聞いてショックを受ける。

しかしその頃、つぐみはデートのような状況を楽しむどころか、車いすで外出することの大変さを思い知らされていた。

さらに、事故がきっかけで高校時代からの恋人・雪村美姫(水沢エレナ)と別れ、この先はもう誰とも恋愛する気はないという樹の言葉に戸惑ってしまう。

一方、樹の元には美姫から結婚式の招待状が届いていた。

留守電には、結婚式の前にもう一度だけ会いたいというメッセージも。

その矢先、仕事先で会ったつぐみに「同窓会、行く?」と聞かれた樹は…。

パーフェクトワールド 公式サイト引用

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

最後までお読みいただきありがとうございました^^

◆最新のドラマ動画の見逃し視聴方法&ネタバレまとめページはこちら↓

>>> ドラマ動画の見逃し&ネタバレをまとめてチェック♪


※本ページの情報は2019年4月時点のものです。最新の配信状況はFODサイトにてご確認ください。[PR]

シェアする!!