ラジエーションハウス(ラジハ)の動画!3話も無料で見逃しフル視聴

シェアする!!

窪田正孝・広瀬アリスも出演の月9ドラマ『ラジエーションハウス(ラジハ)』の3話が放送されましたね!

このラジエーションハウス(ラジハ) 3話の動画は無料で見逃し視聴できるの?と、気になって動画を探している人が多いようです。

なのでこのページでは安心して、ラジエーションハウス 3話の動画を “無料で見逃し視聴できる” おススメの方法を紹介しています↓

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

YouTube・Dailymotion・Pandoraなどの違法にアップロードされた動画じゃないので、高画質でCMもないし “1話~ まとめて” 視聴できますよ!

ラジエーションハウス ドラマ動画!3話の予告を紹介[PR]

ドラマ『ラジエーションハウス(ラジハ)』3話の動画予告はこんな感じに!

ラジエーションハウス ドラマ動画!3話を無料で見逃し視聴するおススメの方法

ではドラマ『ラジエーションハウス(ラジハ)』3話の動画を、無料で見逃し視聴できるおススメの方法を紹介します!

それは、ラジエーションハウスの放送が終わるたびに毎回、見逃し配信をしてくれている公式のサービス『FODプレミアム』です!

『FODプレミアム』には”1ヶ月無料おためし”が付いててお得なので、

違法にアップロードされた動画を探さなくても安全に見逃し視聴できます!

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

無料期間中に登録して、1ヶ月以内に解約することもできるので、その場合でもお金をかけずに、ラジエーションハウスの動画はもちろん

『ラジエーションハウス』以外の 現在放送中の最新ドラマ・映画・海外ドラマも、時間が許す限り好きなだけ見れてしまいます!

ただ、“1ヶ月無料おためし”はいつまでやっているのかわからないので、

ラジエーションハウスを安全に無料で見たいなら早めに登録したほうが損しないです!

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

FODプレミアムに登録したら検索窓から「ラジエーションハウス」で検索してくださいね^^ すぐにみれますよ![PR]

ラジエーションハウス ドラマ動画!3話の予想は

20代 女性 :

ラジエーションハウスの動画 3話の予想は、マンモグラフィが出ていたので、最近よく話題になっている乳がんについての検査がすすめられるのではないかと思います。

マンモグラフィや乳腺エコーが出てくるでしょう。また、恋の行方も少しずつ進展していっているので、少しずつ記憶を思い出していくのではないかと思っています。

二人の距離感も縮まっていくことを期待します。マンモグラフィの画像で胸の乳腺の発達具合により、

病変を見つけにくい胸の方がいるということにも触れるのではないかなぁと思っています。

そのような方への対応や、他の検査の方法なども教えてくれるのではないかと思います。

20代 女性 :

ラジエーションハウスの動画 3話の予想は、女性技師さんの乳がんが見つかるんだろうなと思いました。

また、女性の患者さんにも乳がんが見つかるんだろうなと思いまさした。

その検査を担当したのが、女性技師さんで、定期的に検査をしていたのになぜここまで進行するまで気づかなかったんですか??

と揉め事が起こる展開なのか?と妄想は膨らみます。

もしくは、女性患者の乳がんが見つかり、症状など聞いているうちに自分も思い当たり、乳がんが見つかってしまう。

私は、どうなっていくの?仕事は続けれるの?という展開とるあるのかもと思っています。

こんな風に、技師の一人一人に一話ずつスポットを当てていく展開なのかな?と予想しています。

30代 女性 :

ラジエーションハウスの動画 3話の予想は、マンモグラフィの検査を受けにきた女性に描写があてられる。

女性は親族に乳ガンを患った人がいることから、検査を定期的に真面目に受けてきた。

彼女の超音波診断を見た放射線技師の唯織は、病変が隠れてる可能性があることに気づくのではないか?

また、同じく放射線技師のたまきは自らを新人放射線技師の裕乃の練習台にさせる。その検査は乳房の超音波検査。

そこでたまきは、実は少し乳房に違和感を感じていて裕乃に検査をさせたのではないか?

乳ガンの早期発見も難しいとされているので、その分かりづらい病変を唯織は優れた着眼力で見抜いていくのではないか?

30代 女性 :

ラジエーションハウスの動画 3話の予想は、3話はマンモグラフィーのお話。結婚を控えた花嫁。

乳腺密度が濃い女性ということはきっと何か病変が隠れているのにも関わらず、見つけにくく見逃されてしまうのかな。

そこを唯織くんはわずかな違和感に気付いて、超音波検査を進めることで、病気の早期発見に繋がるのかな。

そして、たまきさんが持ってきたという友人のマンモ画像。友人といっているけれど、本当に友達のものなのか。

もっと身近な、例えば自分の検査結果とかではないのかな。

たまきさん、とってもカッコイイキャラクターで大好きなので、もしそうだとしても、救いのある展開だといいなと思います。

40代 女性 :

ラジエーションハウスの動画 3話の予想は、女性の乳房撮影がテーマのようです。しかも、患者は放射線技師スタッフの黒羽たまきみたいです。

最初は、友人の画像だと嘘をついて、甘春の所見を仰ぐようですが、そのうちにすぐ本人だとバレてしまうでしょう。

とくに、五十嵐はお見通しで、いつものようにさらに突っ込んだ画像判断を行なっていくことだと思われます。

そして、直接たまきに向かって、適切な検査や治療を受けるように伝えていくでしょう。

今までは1スタッフとしての存在でしかなかったたまきに注目が集まり、彼女の本音の部分や日常生活についても明かされていくのかもしれません。

50代 男性 :

ラジエーションハウスの動画 3話の予想は、五十嵐は、杏と辻村の関係が気になって仕方ない状態です。

杏に話しかけたいのですが、なかなかその機会がありません。そんな中、乳がんの疑いがある女性が患者としてやってきます。

五十嵐がその女性の病状を詳しく調べると、意外なことが分かります。一方、たまきは自分の体のことで悩んでいました。

適当な理由をつけて、胸のレントゲンを撮らせます。そして、誰にも知られず自分で調べると、乳がんであることが分かります。

たまきはそれを予想していましたが、思い悩み誰にも相談できません。それが、放射線科の面々の知るところとなり、五十嵐が何かを突き止めます。

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

ラジエーションハウス ドラマ動画!3話の見所はどこ?

20代 女性 :

ラジエーションハウスの動画 3話の見所は、マンモグラフィがメインになりそうなので、とても楽しみです。

最近は乳がんのニュースが多いですし、女性としては乳がんのことを知っておきたいです。

どんな検査が行われて、どのように発見されるのかを知ってもらいたいです。また、医療従事者としては患者さんの気持ちや葛藤なども知りたいです。

マンモグラフィは難しい読影にもなるので、世の中の人にも知ってもらいたいですし、

いかに検査が大切で、読影する医師の技量も問われるところだということも知ってもらえる回になることを期待します。

マンモグラフィは痛いですが、その他にも検査はあること、マンモグラフィの必要性を訴えてくれると期待しています。

30代 女性 :

ラジエーションハウスの動画 3話の見所は、恋の行方にも変化があるのかな?と期待しています。

このドラマは、けっこう入り込んで、自分だったらと想像してみる部分もあるので、乳がんだったらどう思うんだろうというのが気になります。

また、実際の医療現場にも熱い技師がいてほしいなと思いました。

多少のルールを無視しても、病気をきちんと見つけ出してもらえた方が患者としては嬉しいと思いますし、逸脱しない程度のルール違反が楽しみです。

技師が患者から感謝をされないのが、切ない職業だと思いました。第2話ほどの貢献があったら、

患者さんにも技師の方が見つけてくれたと話して欲しいと思ってしまいました。

でも、そうはさせないのがリアルなんだろうなと感じるので、そんなリアル具合も楽しみです。

30代 女性 :

ラジエーションハウスの動画 3話の見所は、医師の免許を持ちながらも、放射線技師として働く唯織。

どこか抜けていておっとりしている唯織だが、病変を見つける力がずば抜けていて、

見つけにくい画像から見つけ出したり、色んな方法を考えて探しだしていくところが見所です。

今まで上から目線で放射線技師の言うことに耳を貸さなかった放射線医師の杏が、自分が見抜けなかった病変を唯織にまた助けられ、

唯織はどういった方法を使って見えにくい画像からは隠れた病気を見つけ出していくのかも楽しみ。

昔一緒に過ごしていた時間があったことをいつ杏は気付くのか、唯織の想いは届くのかどうかも見所です。

30代 女性 :

ラジエーションハウスの動画 3話の見所は、徐々に唯織くんのすごさが発揮されてきて、とても楽しいです。

これから、唯織くんがどんな風に真実をつかみ取っていくのか、ワクワクします。

言葉だけでなく、目でも語れる方なので、目元のアップは個人的に嬉しいです。

そして、杏ちゃんに対する一途で不器用なところとのギャップも楽しみです。ラジエーションハウスのメンバーも段々個性が明らかになってきて、目が離せません。

これから、一人一人取り上げられていくのかな?そちらも楽しみ。又、院長先生のほんわかした癒しキャラも大好きです。

今度はどんなグッズを紹介してくれるのかな。

40代 女性 :

ラジエーションハウスの動画 3話の見所は、放射線技師スタッフでは、五十嵐、裕乃、

小野寺あたりしかスポットが当たりませんでしたが、他にもたくさんスタッフはいます。

3話では、黒羽たまきに注目なのですね。

小憎たらしい発言を時たま挟み込んでくるくらいの印象しか持たなかった彼女ですが、どんな姿を見せてくれるのか楽しみにしています。

1.2話では外部からの患者ばかりだったのが、3話では身内からの患者となると、今までとは様子が違ってくると思います。

スタッフルームでは和気あいあいとフリートークしているようなラフな環境の職場でしたが、その空気も変化していくのかもしれません。

50代 男性 :

ラジエーションハウスの動画 3話の見所は、次回は女性特有の病気が軸になっているようで、つらい展開になりそうです。

もしかしてたまきもそのような病気なのでしょうか。

以前からひとりで悩んでいたのでは。そんな時に、同年齢くらいの女性の病気が発覚して、不安が強くなったのだと思います。

もしそうなら、五十嵐が誰も気付けなかった病状を発見して、何とか助かってほしいです。

仕事にすぐ復帰できるような状態ならいいのですが。五十嵐の優秀さだけではなく、人に寄り添う温かい心が魅力的です。

杏をはじめ、周囲がそれを認めつつ、五十嵐と気持ちを通わせていくのが楽しみです。

五十嵐の存在が、杏の中で大きくなっていくだろう展開に期待しています。


◆ラジエーションハウス “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> ラジエーションハウス “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

ラジエーションハウス ドラマ動画!3話までの感想

20代 女性 :

ラジエーションハウスの動画 3話までの感想は、放射線技師の原点である一般撮影の大切さをもう少しわかりやすく伝えられたら良かったなぁと思いました。

放射線技師である私には理解できたが、素人の一般の方には伝わりにくかったのではないかと思います。

ですが、今では幻である暗室がでてきて、昔と現代の医療の進歩がよく伝わった。

そして、いかに昔が今より慎重に、シビアに撮影していたことを教えてくれました。

現代は取り直しも簡単にでき、モニタ読影になり手間が減ったため、一回一回の撮影の重みが変わったのだと思います。

丁寧な撮影を忘れてはいけないと、現役放射線技師として感じました。

30代 女性 :

ラジエーションハウスの動画 3話までの感想は、子供の骨肉腫とは驚きました。

成長痛だけじゃないんだろうとは思っていましたが、まさかガンが隠れていたとは思いませんでした。

私にも子供が居ますが、自分が病気になるのも怖いですが、子供の病気はより嫌だなと思いました。

しかも、自分の遺伝でガンにかかってしまったのかもと考えると胸が張り裂けそうです。

子供も病気と闘う事に前向きな姿勢で描かれていたので、早期発見で本当に良かったと思いました。

技師長のプライベートな所も見れて良かったと思いました。

男気をみせて、検査を強行したシーンも、そのフォローに他の技師がしていた所も、カッコいいと思い、ニヤニヤしてしまいました。

30代 女性 :

ラジエーションハウスの動画 3話までの感想は、足の痛みを訴えた男の子を検査した技師たち。所見に異常はなく、成長痛と判断される。

シングルマザーとして必死に働く母親に心配をかけまいと、迷惑をかけまいと素直な男の子と、仕事があっても子どもの声をきちんと聞いて、

成長痛と判断されても子どもを決して責めたりしない母親は自分優先ではなくて素晴らしいと感じた。

その後今度は母親が腹痛で倒れてしまう。がんの既往歴があった母親はそれを隠してまで働こうとしたが、きちんと自分の病気と向き合うことになる。

がんの再発の恐ろしさ、がんを発見した時の落胆が技師の言葉や表情で伝わってきて切なかった。

でも、早期発見出来るのは技師の技術によるものなのだと思った。

30代 女性 :

ラジエーションハウスの動画 3話までの感想は、今回は二組の親子に関するお話。過酷な運命をつきつけられた親子だったけれど、息子さんの前向きな姿勢。

母親の優しさと強さ。そして、ラジエーションハウスの支えがあれば、きっと早期発見が出来て、今後も乗り越えていけると思える光の見える展開が良かったです。

そして、技師長と息子さんとの関係も。父の仕事ぶりをみて、関係が少しずつ改善されていきそうで、ホッとしました。

そして、やはりなんと言っても、唯織くんの才能が発揮されてきて、かっこよかったです。

前回よりもテンポがよくなってきて、ストーリーに引き込まれ、あっという間の1時間15分でした。

40代 女性 :

ラジエーションハウスの動画 3話までの感想は、母親と男の子が患者として登場しました。2人ともに、問題がありました。

仕事にばかり没頭して、息子は寂しい思いをしていたのですが、母親がどれだけ自分を大切に思っているかがわかります。

男の子の気持ち、母の気持ち、どちらもがよく分かって、なんともせつないような、複雑な親子の姿を見せてもらいました。

五十嵐の判断で、医者のオーダーなしに追加撮影を行いました。画像に向かう五十嵐の姿は凛々しくて頼り甲斐のある立派な姿です。

真剣に画像を見ている目は、医者の目としか思えません。

結果として、その追加撮影が病理発見につながったことで、甘春も礼をのべ、満足いく展開でした。

50代 男性 :

ラジエーションハウスの動画 3話までの感想は、健太郎が、自分の本当の病状を知っても、それより母のことを気遣う様子に胸が熱くなりました。

五十嵐に周りが協力し、早く病気を突き止められてよかった。

小野寺の仕事に対する熱い姿勢を息子が見ることにより、父に対する思いが良い方に変わったようですね。

これから、家族の再生もありそうです。妻に止められていたタバコもやっとやめたんですよね。

五十嵐と接することにより、新しい何かに気付けたような小野寺の姿に、爽やかなものを感じました。

杏を食事に誘う辻村は、やっぱり前から杏に惹かれていたのでしょうか。杏の気持ちがどうなるのか気になります。

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

ラジエーションハウス ドラマ動画!3話【ネタバレ】← 紹介

ここからがドラマ『ラジエーションハウス(ラジハ)』3話のネタバレになります!

マンモグラフィ検査

ラジエーションハウスで今日もカップ麺を食べる検査技師の黒羽たまき。

カップ麺といえば3分でできる。たった3分で空腹を満たす料理ができるのです。

「3分というのは予約制の病院で、医師が1人にかけられる時間といわれ、その診断を陰で支えるのが、放射線科医なのです」

そう説明会で語る杏をみて、カッコいいと唯織は見とれていた。

そのころ、新人放射線技師の広瀬裕乃は、「マンモグラフィ検査」をうまくできず、痛がる患者に苦戦していた。

唯織は、説明会を終えた杏にねぎらいの言葉をかけようと待っていると、そこに整形外科医の辻村がやってくる。

二人の会話から、一緒に食事に行ったことを知ってしまった唯織はショックを受けてしまう。

そんなとき、放射線科にはブライダルチェックのため女性編集者・葉山京子が来ていた。7歳年下の彼との結婚を目前に控えての検査だった。

今日子と余計なおしゃべりしている広瀬を横目に、黒羽たまきがどんどん検査を進めていく。

そして検査が終わると、広瀬は患者との余計なおしゃべりを、たまきに叱責されてしまう。

今日子の画像を見る杏。

今日子の乳房は、日本人に多いといわれるデンスブレスト(乳腺の密度が濃い)で画像が見にくかったため、

科長の鏑木に相談すると、病変が見つからないのだから「異常なし」と診断するしかないと言われる。

たまきの友人の画像?!

一方黒羽たまきは、友人から相談されたと1枚の「マンモグラフィ画像」を杏に見せる。

すると杏は右胸に見える腫瘍が悪性の可能性もあるから再検査をした方が良いだろうと診断する。

やはりそうかとたまきはつぶやき、部屋を出ていく。

そのころ、今日子のマンモグラフィ画像をチェックしていた唯織は、何かに気付き、今日子を追いかけようとしていた。

広瀬の方は、また別の患者のマンモグラフィ検査をしていたが、その患者は豊胸手術をし、シリコンが乳房に入っていたため、手間取ってた。

今日子が、メールで彼氏に結果を伝えバスを待っているところに追いついた唯織は、早めに超音波検査をうけてほしいと訴える。

「異常なし」と診断されたのにと不審がる今日子に、唯織は今日子がデンスブレストで、さらに今日子の母親や祖母がガンにかかったことがあることから、

隠れたガンの存在を否定できないと説明するのだった。

近親者に乳がん患者など複数いる場合は、乳がんにかかる確率が高いと唯織は説明するが、今日子はバスに乗って去ってしまう。

しかし、バスの中で不安な思いに駆られる今日子だった。

デンスブレストの場合、マンモではガンは見つからない

病院に戻った唯織は、杏に今日子の超音波検査をやらせてほしいと申し出る。

しかし、杏に、マンモグラフィ検査で異常が見つからなければ再検査はしないという病院のルールに従うよう注意される。

唯織は、デンスブレストの告知はアメリカでは義務づけられていると言うが、杏は日本の女性の半数がデンスブレストのため、もしその全員が再検査をすることになれば、

早急に検査が必要な患者を先送りにすることになりかねないと検査を許可しないのだった。

黒羽たまきの画像をとる広瀬

その夜たまきは、勤務時間を超えてまで、マンモグラフィ検査の練習をしていた広瀬を見て、自分の胸を貸すから練習してはどうかと助言する。

そして、たまきは自分の画像が撮れるとすぐUSBに抜き取り、部屋へ戻る。

そこで、自分の胸に触っているのを当直の唯織に見られていたとわかり、慌てて新聞を買いに行くのだった。

一方、撮影してすぐに削除されてしまった、たまきの画像を探していた広瀬は、なんとかその画像を見つけ出し驚く。

彼の元へ帰った今日子は、自分がかつて特集を組んだ北海道の教会での挙式について、盛り上がるも、一抹の不安があった。

翌日、たまきの画像が気になった広瀬は、出勤するバスの中で乳がんについて調べていた。

病院につくとすぐに、たまきの画像と見比べる広瀬。そこへ技師長・小野寺がやってきたので相談すると、すぐに超音波検査をした方が良いと言われる。

画像を見ていて撮影時間が夜だったことに気付いた小野寺だが、ごまかす広瀬に、あまり患者に入れ込みすぎるなと注意を受ける。

今日子の母は乳がんで亡くなっていた。

その時、今日子が唯織の元へやってきた。今日子は自分で調べ、デンスブレストだとマンモグラフィでは正確な検査ができないことを調べてきていたのだった。

それなのに、「異状なし」と書かれていた検査結果に不満を漏らす今日子に、唯織は、デンスブレストの場合、

隠れガンがマンモグラフィでは見つからないが、見つからない以上「異常なし」と書くしかないのだと答える。

母親も乳がんでなくした今日子は、早く検査していればと後悔しながら息を引き取った母を見て、毎年欠かさずマンモグラフィ検査を受けてきていたのだった。

今日子は、そうすれば安心だとずっと信じていたのに、無駄だったのかと嘆く。

唯織も、発見が遅れて悔しい思いをした患者をたくさんみてきたけれど、日本でも少しずつ見なおされているが自分の命を守れるのは自分だけだから、

ぜひ超音波検査をやらせてほしいと頼むのだった。

唯織の超音波検査を受けることにした今日子。

検査中、唯織はマンモ検査を受けてきたことは、乳腺の石灰化がないことなどがわかり、決して無駄ではなったと話す。

たまきの異変に気付く小野寺技師長

広瀬が見ていたマンモ画像が気になっていた小野寺だったが、どうやらその画像が、たまきのものであることに気付く。

そして、たまきが見ていた画像をのぞき込むと、今すぐ超音波検査を受けるように画像の友達に言ってやれとすすめる。

腫瘤の存在に気付いた広瀬は、直接たまきに、画像はたまきのものではないかと訊ね、すぐに超音波をと勧めるが、プライベートにまで口をはさむなと一喝されてしまう。

そこへ今日子の担当医が、技師が勝手に超音波検査を勧めたと怒ってやってくる。一人の患者のみを特別扱いできないからだった。

しかし唯織は、さらに、造影剤を使った乳房MRIを撮って検査したいと言い出す。唯織には超音波検査でわずかながら異変がみえていたのだった。

この程度の画像では100人ちゅう99人の医者が「異常なし」という診断レベルだという担当医。

唯織は、今日子の母が、検査が遅れて乳がんで亡くなったことを伝え、彼女の無念さを思うと、できるだけの検査をしたいと頭を下げる。

そんな唯織を見ていた杏も、検査をさせてほしいと頼むのだった。

今日子、たまき、二人の検査

広瀬は以前、たまきに検査の練習台になってもらった時、「10万円で、また練習台になってあげる」といわれたことを持ち出し、10万円払うから検査させてほしいと頼む。

話を聞いていた小野寺も、つきあってやれと言うのだった。

広瀬は、乳腺エコーについて医学書で勉強を重ねていると、一番不安なのは本人だから頑張ろうと唯織に励まされる。

検査を待つ今日子の姿を見たたまきは、自身の検査をする覚悟を決めるのだった。

ラジエーションハウスの技師たちは、なんだかんだと帰らずに今日子の検査を待っていた。

今日子のMRIが始まったのに、たまきと広瀬がいないことを不審がる技師たち。しかし、小野寺はたまきの検査のことを隠し、二人はご飯を食べに行ったとごまかす。

そして、たまきの超音波検査が始まる。たまきの指示を受けながら検査を進めていく広瀬。検査室の外では、小野寺が控えていた。

この時、実は同時に二人の女性が検査を受けていたのだった。

今日子の画像を見ていた唯織は、蜘蛛の巣上の乳がんを発見する。間違いないと杏も診断する。

一方、たまきのエコーをみて病変に気付いた広瀬に、エラストモード(コントラストがはっきりし詳細に腫瘤が判断できる)に切り替えろと小野寺から声が入る。

エラストモードで確認したところ、たまきの腫瘤は良性であり、乳がんではないことがわかった。

広瀬の声を聞いて、「あたりまえだ」といいながらも、思わずたまきの瞳から涙がこぼれるのだった。

今日子は乳がんだった。

担当医から検査結果が乳がんだったと診断を受ける今日子。さらに、早期発見のため、右胸を全適すれば命を守れると診断される。

検査室の外で今日子とすれ違ったたまきは、複雑な思いだった。

部屋へ戻ると、乳房再建について調べている広瀬を見て、今日子の元へ行こうとするが、既に杏と唯織が今日子に話をしていた。

非浸潤性乳がんであっても、再発の恐れは否めないから乳房の全摘が望ましいと説明する杏に、早期発見できたことに感謝する今日子。

しかし、杏は、もっとできることがあったと伝える。

唯織は、今日子が自分の意思で検査を受け、マンモ、エコー、MRIそれぞれの検査でわかることを確かめ、そのおかげで命を保つことができたのだと思うと、今日子に声をかける。

自分の胸がなくなることに、やはりショックな今日子は、7歳年下で20代の彼には、これから先、まだ素敵な出会いがあるだろうに申し訳ないと涙ぐむ。

その様子を見ていたたまきは、乳がんは珍しい病気ではない。

それよりも、結婚したいと思えるほど好きな相手に出会える確率は奇跡に近いものだから、大事にしてほしい、生きるために決断した今日子を心から尊敬していると、思いを伝える。

今日子の彼が迎えに来た。手術すれば助かるが、右胸がなくなることを伝える今日子に、彼は、

これから先見た目が変わるのはお互い様だと笑顔で励まし、二人は手をつないで帰っていくのだった。

医師と技師は支え合う

院長室でお茶をごちそうになる唯織。

院長は、医師と技師が支え合ってこそ、救える命がある。と唯織の思いに理解を示す。

そして、昔、唯織が約束した相手とは杏なのではないかと確信をつかれる唯織。

院長の趣味の不思議なお茶、今回はパンダの糞からできたパンダ茶を飲みながら焦る唯織だった。

その後、今日子は自分の経験を生かし、同僚にも乳がん検査を勧める。

ラジエーションハウスに再び日常が戻ってくる。

たまきは、またカップ麺をすすり、そして練習代金の10万円を広瀬に要求する。

乳腺組織の多く存在する乳房、すなわちデンスブレストは日本人に多く、マンモグラフィではガンを見つけにくい。ちょうど雪山の白兎のように。

今回のことで、杏は院長にも許可をもらい、デンスブレスト患者には、マンモグラフィ検査で異常がなくても、超音波検査を勧めるとの診断を記載するようになる。

なかなか縮まらない二人の関係

杏に雑誌を見せる唯織。そこには、今日子の書いた乳がん検査についての記事が書かれていた。

嬉しそうに見ていた杏だが、突然「あなたには負けない」といわれて戸惑う唯織。

さらにそこへ辻村が現れ楽しそうに二人でいっていまい、再びショックを受ける唯織だった。

--- 以上、ラジエーションハウス 3話のネタバレでした~! ---

ラジエーションハウス 3話を見逃した人は、

無料期間中に1話から見逃し視聴できる『FODプレミアム』がおススメです!

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

いつまで “1ヶ月間の無料おためし” があるのか分からないので、見たいかたはお早めに~^^♪

これで連休中の暇つぶしはバッチリです(笑)

ラジエーションハウス ドラマ動画!3話の感想まとめ

ラジエーションハウス(ラジハ) 3話の感想は、今回の、乳がん検査には驚きました。私も、マンモグラフィ検査をしていれば、安心なのかと思っていたからです。

でも、そういえば何かの本で、マンモグラフィより超音波検査の方が、乳がんを見つけやすいとみたような気がします。

どのガンであっても、早期発見すれば、治癒率は高く、その後の生存年数も高くなるというのは、最近では周知されていると思いますが、それでも、なかなか検査をしない人もいるようです。

黒羽たまきさんは、良性の腫瘍であったけれど、もし悪性だったら。。。

と思うと、検査技師をしていてさえ、再検査や、超音波検査をためらってしまうのをみると、やはり勇気がいるものなのだろと、その気持ちは、すごくよくわかります。

唯織の言うように、結局のところ、自分の命を守るのは自分でしかないのだから、自分の意思で「検査してほしい」といえるような社会になることを願ってやみません。

そのためにも、医師からのオーダーがないと、技師には検査ができないというシステムは、変えていく必要があるように思います。

ただ、誰か一人の患者にのみ検査を勧めるというのは、やはり不公平なのかもしれません。

そう考えると、難しいですが、今回のストーリーを見て、乳がん検診をする女性が少しでも増える可能性にも期待したいですね。

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

ラジエーションハウス ドラマ動画!3話のあらすじを最後に

ドラマ『ラジエーションハウス(ラジハ)』3話のあらすじを簡単に紹介します~!

唯織(窪田正孝)は、甘春総合病院の放射線科入局説明会で挨拶をする杏(本田翼)の姿を見に行く。

堂々と話す杏に見とれる唯織。

しかし、杏が整形外科医の辻村(鈴木伸之)と食事に行ったことを偶然知り、ショックを受けてしまう。

同じころ、裕乃(広瀬アリス)は、マンモグラフィ検査に苦戦していた。

そこに、結婚を控えた女性誌編集者・葉山今日子(内山理名)がやってくる。

今日子は、母と祖母がガンに罹患していることから毎年検査を受けていた。

不安そうな今日子を和ませようと話しかける裕乃。

だが、それを聞いていたたまき(山口紗弥加)から「ここはおしゃべりを楽しむ場所じゃない」と叱られてしまう。

今日子は、日本人に多いデンスブレスト――乳腺密度が濃い女性だった。

読影した杏は、鏑木(浅野和之)に相談したものの、病変が見つからないことから『異常なし』との診断結果を下す。

一方たまきは、友人から相談されたと言って、杏に1枚のマンモ画像を見せる。

杏は、右胸にある腫瘤が悪性の可能性を否定できない、として再検査をした方が良い、とたまきに伝える。

そんな中、唯織は、今日子のマンモ画像に目を止める。

何かに気づいた唯織は、今日子の後を追いかけ、なるべく早く超音波検査を受けてほしい、と伝えた。

その夜、たまきは、裕乃に声をかけ、自ら被検者となってマンモグラフィ検査の練習をさせる。

するとたまきは、その画像をこっそり持ち帰り…。

ラジエーションハウス 公式サイト引用

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

最後までお読みいただきありがとうございました^^

◆ラジエーションハウス “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> ラジエーションハウス “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪


※本ページの情報は2019年4月時点のものです。最新の配信状況はFODサイトにてご確認ください。[PR]

シェアする!!