インハンド ドラマ動画!9話も無料で見逃しフル視聴する方法

シェアする!!

山下智久や時任三郎も出演のドラマ『インハンド』の9話が放送されましたね!

このインハンドの9話の動画はフルで見逃し視聴できるの?と、気になって動画を探している人が多いようです。

なのでこのページでは安心して、インハンド 9話の動画を “見逃し視聴できるおススメの方法” やネタバレを紹介しています↓

>>>『Paravi』の31日間無料体験!はこちら

違法にアップロードされた動画じゃないので、高画質でCMもないし “1話~ 全話まとめて” 視聴できますよ!

インハンド ドラマ動画!9話の予告を紹介

ドラマ『インハンド』9話の動画予告はこんな感じに!

インハンド ドラマ動画!9話を無料でフル見逃し視聴するおススメの方法

ではドラマ『インハンド』9話の動画を、フルで見逃し視聴できるおススメの方法を紹介します!

それは、インハンドの放送が終わるたびに毎回、見逃し配信をしてくれている公式のサービス『Paravi(パラビ)』です!

『Paravi』には”31日間の無料体験”が付いててお得なので、

違法にアップロードされた動画を探さなくても安全に見逃し視聴できます!

>>>『Paravi』の31日間無料体験!はこちら

無料期間中に登録して31日以内に解約することもできるし、その場合でも、インハンドの動画を1話からまとめて視聴できます!

もちろん『インハンド』以外の現在放送中の最新ドラマや映画・海外ドラマも、時間が許す限り好きなだけ見れてしまいます!

ただ、“31日間の無料体験”はいつまでやっているのかわからないので、

インハンドを安全にフル視聴したいなら早めに登録したほうが損しないです!

>>>『Paravi』の31日間無料体験!はこちら

※Paravi(パラビ)に登録したら検索窓から⇒「インハンド」で検索してくださいね^^

インハンド ドラマ動画!9話の予想

20代 女性 :

インハンドの動画 9話の予想は、少し高齢のお医者さんが注目される物語のようです。どうやら、高家と深く関わりのある女性のお医者さんみたいでした。

予告からは病院で入院をしているのかなといった印象でしたが、穏やかな印象ではなさそうです。

むしろ、入院をしているはずなのに、常に重篤な感じです。8話が遺伝だったので、9話は医療ミスかなにかのお話しなのかなといった印象です。

医療ミスを犯してしまったために、なかなか退院ができずにいること。

運よく、高家とつながりのあるお医者さんのために紐倉たちが謎を解くこと。

8話が呪いだったので、9話はお医者さんへの復讐が原因の事件であること。

20代 女性 :

インハンドの動画 9話の予想は、高家の恩師である陽子が病院で十分な治療を受けさせてもらえないというのが怪しいです。

おそらく、陽子の病気が、病院の過失によって起こったものだからじゃないかなという気がします。

そのため、病名を明らかにして相応な治療をすると、過失を認めることになるからなかなか治療が進まないんじゃないかなと思いました。

高家は、陽子を救うためもあるけれど、自分が懲戒解雇された恨みを晴らすためにも、紐倉と一緒に協力して、頑張るんだろうなと考えました。

また、フューチャージーンの福山の進めている計画というのは、エボラウイルスのことなんだろうなと思いました。

30代 女性 :

インハンドの動画 9話の予想は、高家の元職場である因縁の病院での事件解決が気になります。

お母さんが事件の犯人になってしまうドラマ展開なのでしょうか?あの短い予告だけではお母さんが悪い人には見えないけれど、とても気になります。

時任三郎さん演じる福山さんがチラッと予告に出ていたので、第5話や第7話の続きで海外での戦争兵器について調べていく話が展開していくのかなと想像しています。

以前福山さんが実験室であの毒薬の成分を解明しようとしていましたよね。

でもその話が進んでいくとドラマが終わりに向かっていってしまい、大好きな山P演じる紐倉博士が観られなくなってしまうのはさみしいです。

40代 女性 :

インハンドの動画 9話の予想は、高家の母親が紐倉研究所に訪ねてきます。紐倉と高家がとんでもなく振り回されそうですね。

さて因縁の病院とありましたが高家のかつての職場なのでしょうか。だとするとそこに顔を出さなければならない高家はものすごく気まずいですよね。

恩師がそこで事件に巻き込まれたならそうも言ってはいられないでしょうから高家の奮闘に期待します。

とにかく高家ががんばって欲しい。でもやはりこののドラマの主役は紐倉ですから彼が解決してしまうのでしょうね。

一方牧野は福山の動向を知ることになります。福山の目的がそろそろ明かされるのではないでしょうか。

40代 女性 :

インハンドの動画 9話の予想は、紐倉の研究所兼自宅に高家のお母さんが訪ねてきます。

お母さんはとても優しそうな感じで、高家の人がいいのはこのお母さんならではといった感じがしました。

恩師が入院しているとのことで、病院へ向かいますが、そこは高家が勤めていた病院でした。

今は紐倉のところでのびのびと勤務できている高家ですが、以前の勤務先での調査や人との関わりはどうなるのか気になります。

そんな高家を横に紐倉がどうやって動いていくのか、どんな考えで振舞っていくのか興味津々です。

牧野含めてSMのメンバーたちはどうやって紐倉と事件を解決していくのかも気になります。

50代 男性 :

インハンドの動画 9話の予想は、第1話で高家が首になった台田病院が再び舞台になるようです。

高家の母親が世話になった女性医師が、台田病院に入院したことで、高家が見舞いに行き、その治療に違和感を持つようです。

彼も医者だし、その見立ては正しいのだろうと思います。それで高家は紐倉に話し、調査を開始するという展開です。

間違いなく台田病院は何かを隠しているのでしょうね。

もともと隠蔽体質のある病院だし、それをトカゲのしっぽ切りで高家を追い出すことで解決しようとした院長ですから、簡単に改善される筈はありません。

病気を隠しているのか、それとも何か裏があるのか、紐倉が一刀両断してくれることでしょう。

>>>『Paravi』の31日間無料体験!はこちら

インハンド ドラマ動画!9話の見所はどこ?

20代 女性 :

インハンドの動画 9話の見どころは、医療行為に紐倉達がメスを入れていく話の展開が楽しみなところです。

医療行為によって、患者が死に至るケースは実際にもある話ですが、物語では復讐という私情が関わってきそうだなと感じます。

人の命は一度ですから、そうした自分主義で人の命を自分本位に扱っていいわけはないと、

紐倉が冷静に諭していくのではないかと考えると、次の話も見逃せないなと感じます。

でも、高家と関わるお医者さんのお話しなので、高家が涙ながらに訴えるという展開のほうが物語的にはしっくりくるのかなとも考えてしまいます。

どっちなのでしょうか。期待が当たるかはともかく、ユニークな高家や紐倉のキャラクターなので、ガバッと心を引き付けてくれる展開を楽しみにしています。

20代 女性 :

インハンドの動画 9話の見どころは、陽子の病名がなんなのかが気になります。

嘔吐や下痢を繰り返すということだから、何か細菌性のもののような気がするので、紐倉も張り切りそうで楽しみです。

また、高家も恨みのある病院相手に燃え上がりそうなので、その様子がコメディも交えながら描かれることを期待しています。

さらに、フューチャージーンの福山が企んでいることもとても気になりました。

殺人ウイルスであるエボラウイルスをなにに使おうとしているのかが怖いけれど楽しみに思いました。

このことを知った牧野が、福山にどんな対応をするのかもきになるし、ドキドキする展開になりそうだなと思います。

30代 女性 :

インハンドの動画 9話の見どころは、初回はほぼ真顔のまま終わっていたと思いますが、

回を追うごとにどんどんキュートな一面を見せてくれる紐倉博士のことが大好きで仕方ありません。

8話で要潤さん演じる大学の友人、遠藤との会話の絡みも絶妙でした。9話でもいつもの高家とのリズミカルなやり取りを楽しみにしています。

時任三郎が演じる福山さんが解明しようとしているあの毒薬の成分については、解明した後にどうなるのかが気になります。

成分や事実を公表してしまえば、福山さんや紐倉博士の身に危険が迫ることが予想されるので、ハッピーエンドを望む私としては今後の展開に目が離せません。

40代 女性 :

インハンドの動画 9話の見どころは、やはり高家の動向です。紐倉の助手として振り回されてきた高家ですが

次回は彼にスポットライトが当たる回になるのではないでしょうか。

高家を中心にドラマが動いていくのだろうと思います。高家を解雇した黒野院長とはどんな人物なのか。

そして彼の悪事とは。高家は自分の過去に向き合うことになるのかそして恩師を救えるのか見所です。

高家の母親もまた楽しみです。彼女がどんなキャラクターなのか。かなりはじけたキャラで紐倉、高家を振り回す展開を見てみたいですね。

そして最後に福山の動向です。終盤に向けて彼が何をしようとしているのか。すごい気になるところですね。

40代 女性 :

インハンドの動画 9話の見どころは、初めはお互いギクシャクしていた紐倉と高家も、

今では阿吽の呼吸のように相手がこう出たらこうすればいい、という関係性ができています。

牧野やSMのメンバーたちも、紐倉のちょっと変わったところも戸惑うことなく、紐倉だから、と受け入れていっているところがなんだか嬉しいです。

人との間に壁を作っていた紐倉が、高家や牧野たちを信頼して、他者への思いやりを持った行動が増えてるところにとても優しい変化だなと思います。

今後、紐倉の恩師の方の会社がどう関わってくるのかとても気になるところです。

50代 男性 :

インハンドの動画 9話の見どころは、かつて高家が所属していた病院ですし、入院しているのは母親の恩師ですから、

この第9話ではこれまで以上に高家が大活躍するところを見たいです。

是非とも主役の紐倉を食ってしまう勢いを期待したいです。とはいっても美味しいところは紐倉がもっていくのだろうと思いますが。

第1話でも登場した因縁のある悪徳な病院だけに、徹底的に罪を暴き出して、院長を再起不能して欲しいですね。

それから福山のフューチャー・ジーンの奇妙な動きに関する情報を、内閣官房サイエンスメディカル対策室がつかむようです。

その内容はこのドラマのラストの展開につながる筈です。

◆インハンド “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> インハンド “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

インハンド ドラマ動画!9話までの感想

20代 女性 :

インハンドの動画 9話までの感想は、赤い血が滴る謎のポスター、御曹司といわれる息子の謎の死、

2つの謎は実は1つの共通点で結び付くという謎の橋渡しで物語は進行していきました。

しかも、1つの共通点というのはまさかの鬼ヶ島。牧野(かぐちゃん)が出ているかと、少し浦ちゃんや鬼ちゃんのキャストが出てくる期待をしてしまいましたが、

鬼ヶ島の流れでもさすがにその期待は外れちゃったなと一人テレビの前でガッカリしました。

とはいえ、鬼ヶ島伝説というのは、未だに人を引き付けるような伝説なのかと多少の疑問を持ちながら今話を見ていました。

どうやら、遺伝に関するストーリーのようで、科学、神秘、不思議とドラマから読み取れるキーワードを

結びつけていくと人の神秘での謎は遺伝につながらないわけはないかなという印象でした。

伝説がもたらす恐怖によって、御曹司の息子は命を断つわけです。

しかし、科学が発展する現在にあるまじき観点とメスを入れる紐倉の眈々たる謎ときが涙腺を少しぐらつかせてくれたなと感じました。

20代 女性 :

インハンドの動画 9話までの感想は、鬼の血伝説なんて本当にあるんだろうかと思ったけれど、鬼の血というものが本当に園川家に存在していて驚きました。

攻撃的だったり、依存症になりやすいという遺伝子が存在するんだということもびっくりです。

直継さんは、自分がおじいさんと同じ遺伝子型だということを否定したくて調査を依頼したんだろうけど、逆効果だったことが悲しかったです。

小さい頃から、おじいさんのようにだけはなりたくないと思って対策を打ってきたのに、それが全て無駄だったように感じてしまったんじゃないかなと思いました。

直継が生前に歩夢くんと出会えていたらなと思うと悔やまれます。

30代 女性 :

インハンドの動画 9話までの感想は、毎回増えてくる紐倉博士のお茶目振りに注目しながら毎週観ています。

いつもドラマの中に出てくる微生物やバクテリアなどの話はどこまで実際のことなのでしょうか?

今回の鬼の家系や遺伝で赤い毛になることは本当にあることなのかが気になります。

赤い髪をした子どもが描かれた絵がコンクールの場所に掲示されているのが前半でチラッと見えたので、その時から息子かも!という結末が見え隠れしていました。

今回のセラチア菌の呪いの血のポスターは衝撃的で、社内で菌が蔓延するのではないかとドキドキしていたのですが、特に続けて死者が出ることなく平和な展開でした。

要潤演じる遠藤さんが回りくどかったですね。

40代 女性 :

インハンドの動画 9話までの感想は、このドラマ自分の予想が全く当たらないですね。

オカルトには興味がないと思っていた紐倉が率先して呪いの血のポスターを見に行くことになるとは。

そして紐倉の大学時代の同期で彼をライバル視している遠藤もきちんと認めていた存在でした。

今回はポスターをデザインした園川直継の自殺にまつわる様々な因縁をめぐる話となりました。

普通にミステリードラマとなっていていつもとは違う雰囲気です。ですが重厚できちんとしたストーリーはすごく好感が持てました。

鬼の血という不安定な因習とらわれず強く生きていくことが大事ととく紐倉は圧巻です。遠藤の活躍も際立っていました。

この二人のコンビだったら真面目なドラマで突き進んだのでしょうね。最後に直継の父・園川務と孫の歩夢君の会話がすごく印象的で良かったです。

今回は誰も悪人にはならず脚本がすばらしかったと思います。

40代 女性 :

インハンドの動画 9話までの感想は、紐倉は、SNSで話題になっている呪いのポスターの話を御子柴から聞きます。

紐倉は高家と一緒に調べにポスターのある企業へ向かいます。

ポスターの血のようなものは菌を使ったトリックのようなのですが、この見た目にも気持ち悪いポスターをずっと貼ってある大企業って…とちょっと思ってしまいました。

色々調べていこうとする矢先、経産省のアドバイザーの遠藤がやってきます。

呪いのポスターのある企業の息子が自殺し、自殺前に自分の家系の調査を依頼していたのでした。

調査結果はを表に出さないため遠藤は紐倉たちの邪魔をします。この遠藤、一癖二癖あって味のあるキャラでした。

調査した家系の事を企業の会長もずっと気にしており、紐倉は気にしすぎていると子供にはよくない影響を与える、

と亡くなった直継の子供でありながらのびのびといい子に育っている孫を見せ、諭します。

今回は遺伝子レベルの内容で、いつもの紐倉の天才的な感じは見えませんでしたが、人間らしい紐倉が垣間見えた回でした。

50代 男性 :

インハンドの動画 9話までの感想は、遺伝か環境か、という問題は古くて新しい問題ですね。

遺伝はドラマ内で語られたように「血」と言い代えられるし、日本では天皇や歌舞伎など、その血で受け継がれるものもあります。

そして環境は時代の変化とも言い代えられるわけです。いずれにせよ園川が息子に「血」のことを語り過ぎたのは、

いわゆるインプリンティングという刷り込み行為です。紐倉の言う通り、それが原因のひとつとなったのは確かだろうと思います。

ただ父親側の立場からすれば、子どもには「嘘をつくな」とか「悪いことはするな」とか言い続けるわけで、

園川が悪い環境を作り出していたと言い切るのは酷な気がします。彼もまた横暴な父親の犠牲者だといえると思います。

>>>『Paravi』の31日間無料体験!はこちら

インハンド ドラマ動画!9話【ネタバレ】← 紹介

ここからがドラマ『インハンド』9話のネタバレになります!

高家春馬の母親登場

牧野巴が紐倉研究所を訪れていた。

その時、紐倉哲が高家春馬にサーモンの刺身を振る舞い、高家が食べようとした時、
高家は何かを感じる。

紐倉がこんなに親切なわけない、そう思った高家は食べるのをやめる。

そう、紐倉は高家に寄生虫を感染させようとしていたのだ。

高家の母親、高家良子が紐倉研究所を訪れる。

しばらく世話になるというが、良子が来ることは高家も知らなかった。

良子は、高家の恩師小泉陽子先生が台田総合病院に入院したと言った。

台田総合病院は高家が以前勤めていた病院だった。

良子と意気投合した牧野は、2人で温泉へ行ってしまった。

陽子先生が入院している台田総合病院へ「俺、1人で行くから。」と言うと
意外そうな顔をした紐倉。

天邪鬼な紐倉は突き放されると行きたくなってしまうのだ。

台田総合病院を訪れた紐倉と高家は、台田総合病院の医師中村京子と一緒に
陽子先生の病室へ入るが、特に治療をしている様子はない。

陽子先生の担当医師は、台田総合病院院長黒野秀之だった。

京子先生もこの治療はおかしいと考えていた。

高家は紐倉に「調査してみないか?」と持ち掛けるも紐倉はあっさりと断る。

それを受け高家は「1人調査する。」と言った。

そう言われると引き受けたくなる紐倉は調査することにした。

フューチャージーン株式会社CEOの福山和弘は、天然痘やエボラウイルスが該当する
BSL4(バイオセーフティレベル)の施設

(メディカルセンター)を作ろうと世界から優秀な科学者を集めていた。

だが、この施設は簡単に建設できるものではなく、また地域住民からの反対があると
建設は難しい。

サイエンスメディカル対策室室長、網野肇は「きっちり調べた方がいい。」と言った。

そして牧野に、福山と関係が深い紐倉にはまだ伏せておくよう言った。

夜になり台田総合病院に侵入した紐倉と高家は、居眠りをしている医師のIDを拝借し、パソコンからカルテを見るも陽子先生の病状は特におかしな所はなく、むしろあっさりしていた。

その時、院長の黒野に病院内でばったり会う紐倉と高家。

「どうしてこんな所にいるんですか?」と聞く高家に対し、黒野もまた「あなたこそ、何してるんですか?」と聞く。

サイエンスメディカル対策室では、メディカルセンターの建設予定地がまだ決まっていないが、工事開始は来年になっているとの情報を得ていた。

だが、短期間にBSL4施設の建設を決めるのは不可能なため、何か裏があるのでは?と
牧野はにらんでいた。

高家の母親良子がご飯を作ってくれた。

良子の手料理を食べた紐倉は「悪くない。」と喜んでいた。

良子が言うには、陽子先生は最近体調があまり良くなく、咳き込んだり、お腹を壊したり、
そして和食より洋食好きで、米はあまり好きではなかったそうだ。

その話を聞き、何か考える紐倉だった。

黒野院長は誰かと電話で「もちろん指示通りに。あとはお任せください。」と
陽子先生の病室の前で話していた。

恩師を救う!

高家に電話が入った。

陽子先生の容体が悪化したようだ。

もう時間がないかもしれない、と落ち込む高家。

高家は、国境なき医師団で活動していた陽子先生から

「誰かのために生きなさい。あなたは人を笑顔にできる強い子だから。」と言われ、その言葉があったから高家は医師になったのだと言う。

高家が国境なき医師団を目指したのも、陽子先生に憧れていたからだ。

福山に癒着しているのは、厚生労働省の瀬川だと分かった。

2人は最近頻繁に会っているようだった。

陽子先生の病気の原因が分かった。陽子先生はセリアック病だったのだ。

日本では極端に少ない病気だが、黒野院長はアレルギーの権威であり、セリアック病に関する論文まで出している。

そのため、セリアック病に気付いていたのにあえて放置していた可能性がある。

陽子先生の容体が芳しくないため早く転院させないと、と決意する紐倉と高家だった。

網野室長に台田総合病院に調査に入るようかけあう牧野だったが、今は厚生労働省にこちらの動きを知られたくないと、断られる。

そして網野室長がサイエンスメディカル対策室に飛ばされた原因は、厚生労働省の
瀬川にあったという。

網野室長に断られたことを高家に電話で話した牧野は「私の方でも何とかするから、
それまでは勝手なことしないでよ!」と釘を刺す。

それを高家は紐倉に話すが、「おまえならどうする?」と聞かれ「勝手なことするだろ」
と言った。

紐倉と高家、勝手なことをしてしまう

紐倉が医者、高家が急患を装い台田総合病院に乗り込んだ2人。

京子先生の協力もあり、無事陽子先生を連れ出すことに成功した。

その頃フューチャージーン株式会社福山の元に厚生労働省から電話が入った。

陽子先生を転院させた病院は、高家の同期がいる栄和記念病院だった。

牧野は「誘拐じゃない!」と怒るが紐倉は「積極的転院」だと言う。

ちゃんと検査をした結果、陽子先生は普通のセリアック病ではなく、難治性セリアック病である可能性があった。

セリアック病はグルテンを除去すれば症状は軽減するが、寝たきりで食事を摂っていない
陽子先生は回復していなかったのだ。

フューチャージーン株式会社にセリアック病の研究者がいることが分かり、紐倉、高家、
牧野の3人はフューチャージーン株式会社へ向かう。

福山に力を借りれないか、研究者を紹介してもらうよう頼んだが「今回は協力できない」と
断られてしまう。

アメリカに行っていたはずの福山の息子福山新太が父親である福山和弘の研究を手伝うために、日本に帰って来ていた。

牧野は福山が断る様子を見て何か事情があるのでは?と疑う。

帰ろうとする紐倉と高家を新太が追いかけて、そして「僕に力にならせてもらえませんか?」と申し出るのだった。

新太はアメリカで知り合ったという研究者たちを紹介してくれた。

新太たちは海外の仲間と随時ネットワークでつながっており、彼らと話すことによって
何かヒントが得られるのでは?と提案してくれた。

だが彼らと話すも、ヒントになるようなものはなかった。

その時、新太が入谷のことを話し始めた。

入谷はクローン病に苦しみながら研究を続け、入谷が書いた「衛生仮説の論文が完成していたら少し科学界が変わっていたかも。」と。

そして紐倉は未完成である入谷が書いた論文を読み、「何とかなるかもしれない。」と言った。

内閣官房定例幹事会で網野室長は、台田総合病院に対し何もしていないか聞かれ、

すぐに牧野に確認するも、牧野からアドバイザーが台田総合病院から患者を持ち出したと言われ驚く。

「幹事会で話題に上がっているということは、厚生労働省の瀬川に気付かれたということだろう。」と言われた牧野は高家の恩師について調べることにした。

何者かから瀬川にメールが入った。

そこには「小泉陽子は栄和記念病院にいます。」と書かれていた。

そして瀬川はそのことを黒野院長に知らせた。

黒野院長の欲望と嘘

陽子先生の治療をしていた高家の元に、黒野院長が患者を返すように詰め寄ってきた。

だが、高家は黒野院長に「あなたは陽子先生がセリアック病だと知っていた。

だけど、原因不明として治療を放棄した。」と言った。

黒野院長は「私は彼女の治療を放棄などしていない、診断しても原因は分からなかった。」
と反論する。

「それは絶対にありえません。あなたは陽子先生がセリアック病だと診断したはずです。」と言い切った。

「どこにそんな証拠があるんですか?」と問う黒野院長。

高家に代わり紐倉が、陽子先生が受けていた点滴の袋を見せ「陽子先生が受けていた点滴の中からグルテンが検出された。本来なら点滴の中に含まれているはずはない。

つまり誰かがわざわざ混入したことになる。陽子先生の症状を悪化させるためにね。」と
言った。

その時、牧野が警察と一緒に現れた。

逮捕されると感じた黒野院長は高家を道連れにするために、自分は厚生労働省に顔がきくから医師免許をはく奪することは簡単だと言い放った。

そんな黒野に対し紐倉は、「地位や肩書に拘るあまり医者本来の役割を忘れてしまったんじゃないか。」と語りかけた。

黒野が若い頃に書いたセリアック病についての論文も読んだという紐倉は、「へたくそだけど、情熱があった。助けられなかった無念さが伝わってきたよ。

あんたも最初は人を救いたい純粋な医者だったんだろ。

それが患者が死んでもかまわないという所まで落ちてしまった。」「理想を言うのは簡単だ。」と黒野。

そして紐倉は高家について「地位も肩書もない。だが、この男の方がよっぽど医者らしい。

医者を辞めたあとも人の命を救ってきた。この男は一度も医者の本分を忘れたことだけは
なかったよ。あんたもこの男を見習うべきだったな。」と言った。

黒野はその場に崩れ落ち、警察に連行された。

瀬川の企み

厚生労働省の案件は陽子先生と関係があった。

目が覚めた陽子先生に牧野は、厚生労働省の瀬川との間に何があったのかを聞いた。

フューチャージーン株式会社が建設しようとしている、BSL4施設の建設予定地が分かった。

それは高家の実家がある栃木県相羽村だという。

陽子先生は廃校になった相羽村小学校の共同地主の1人だった。

瀬川はBSL4の施設予定地だとは知らせずに、後で売るために二束三文で土地を買おうとしていたという。

そのことを知った陽子先生たちと瀬川は揉めていた。

陽子先生が瀬川と話をしているときにセリアック病が悪化し、陽子先生はそのまま
台田総合病院へ入院することになった。

陽子先生は以前から、自分に何かあった場合、土地を村に寄付することを公言していたため
瀬川はそれを狙っていたという。

福山はそのことを知っていたため、今回のことに協力してくれなかったのだろうと
高家は思っていた。

そして紐倉に「おまえもそのこと知ってたのか?」と聞くも、紐倉は初耳だと言う。

網野室長は、官僚である瀬川が1人でここまでやるのは無理があるため、ほかに誰かが
裏にいると推測する。

その人物は厚生労働大臣である金子盛夫だという。

その時テレビでは、福山が記者会見をしていた。

そしてBSL4の施設予定地は栃木県相羽村だと言った。

高家の母親良子は栃木へ帰って行った。

良子は紐倉研究所で過ごす高家を見て安心した様子だった。

紐倉は福山の元を訪れていた。

そしてそこで紹介されたのはなんと、瀬川だった。

--- 以上、インハンド 9話のネタバレでした~! ---

インハンド 9話を見逃した人は、

『インハンド』を1話からまとめて視聴できる『Paravi(パラビ)』がおススメです!

>>>『Paravi』の31日間無料体験!はこちら

いつまで”31日間の無料体験”があるのか分からないので、見たいかたはお早めに~^^♪

これで連休の暇つぶしはバッチリです(笑)

インハンド ドラマ動画!9話の感想まとめ

インハンド 9話の感想は、牧野も高家も紐倉博士の扱いに慣れてきていて、特に高家は博士にどう言えば、スムーズに協力してくれるかコツをつかんだ様子でした。

紐倉博士は天邪鬼なのでストレートにお願いしてもダメですが、ちょっと引いてしまえば
案外あっさりと協力してくれる姿がとても可愛かったです。

今までとは違う博士が見れたような気がします。そして、紐倉博士は高家のことをすごく気に入ってますよね。

前の助手の入谷がずっと1番だったはずなのに、入谷とはまたちょっとタイプが違う
高家のことを信頼して、医者としても認めているんだなと思いました。

それは博士に振り回されながらも、一生懸命人を救おうとしている高家の姿に
どこか入谷を感じるのかもしれません。

高家も入谷もそして紐倉博士も「人を救いたい。」という気持ちが同じで、アプローチの方法は違っても根本的な部分は同じなのだと思います。

入谷が持ち出したエボラウイルスがこれからどうなるのか、福山はあのウイルスで
何をしようとしているのか気になりますが、次回それが分かるのでしょうか。

瀬川が紐倉博士に絡んでくるようなので、まだひと悶着ありそうですが、入谷が命をかけてまで研究していたウイルス。

紐倉博士にはぜひ世界を救ってもらいたいです。

>>>『Paravi』の31日間無料体験!はこちら

インハンド ドラマ動画!9話のあらすじを最後に

ドラマ『インハンド』9話のあらすじを簡単に紹介します~!

ある日突然、紐倉(山下智久)の研究所に高家(濱田岳)の母・良子(宮崎美子)がやって来る。

高家は良子からの話で、昔から恩師として尊敬している医師・陽子(市毛良枝)が入院していることを知る。

高家の地元・相羽村唯一の病院で院長を務める陽子だが、東京に出かけた時に体調を崩してそのまま入院したのだという。

そしてその入院先は、高家が懲戒解雇された台田病院だった・・・。

陽子を見舞うため、紐倉と共に台田病院を訪れる高家。

陽子は原因不明の下痢や嘔吐を繰り返し、意識も不明瞭な状態が続いているというが、どういうわけかきちんとした治療が施されていなかった。

しかも担当医は、高家に懲戒解雇を言い渡した黒野院長(正名僕蔵)だという。

黒野が何か隠していると確信した高家は、紐倉と共に調査に乗り出す。

力を借りようとフューチャージーンのCEO・福山(時任三郎)の元を訪ねた2人は、そこで福山の息子・新太(磯村勇斗)と遭遇する。

一方で、牧野(菜々緒)が働く内閣官房サイエンス・メディカル対策室では、福山が秘密裏に進めている“ある計画”の情報を掴んでいた。

牧野らが調べを進めると、福山が意外な人物と密会していることが判明し・・・。

インハンド 公式サイト引用

>>>『Paravi』の31日間無料体験!はこちら

最後までお読みいただきありがとうございました^^

◆インハンド “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> インハンド “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

※本ページの情報は2019年6月時点のものです。最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

シェアする!!