インハンドの動画!最終回11話も無料で見逃しフル視聴する方法

シェアする!!

山下智久・濱田岳・菜々緒が出演のドラマ『インハンド』の最終回11話が放送されましたね!

このインハンドの最終回11話の動画はフルで見逃し視聴できるの?と、気になって動画を探している人が多いようです。

なのでこのページでは安心して、インハンド 最終回11話の動画を “見逃し視聴できるおススメの方法” やネタバレを紹介しています↓

>>>『Paravi』の31日間無料体験!はこちら

違法にアップロードされた動画じゃないので、高画質でCMもないし “1話~ 全話まとめて” 視聴できますよ!

インハンド 動画!最終回11話の予告を紹介

ドラマ『インハンド』最終回11話の動画予告はこんな感じに!

インハンド 動画!最終回11話を無料でフル見逃し視聴するおススメの方法

ではドラマ『インハンド』最終回11話の動画を、フルで見逃し視聴できるおススメの方法を紹介します!

それは、インハンドの放送が終わるたびに毎回、見逃し配信をしてくれている公式のサービス『Paravi(パラビ)』です!

『Paravi』には”31日間の無料体験”が付いててお得なので、

違法にアップロードされた動画を探さなくても安全に見逃し視聴できます!

>>>『Paravi』の31日間無料体験!はこちら

無料期間中に登録して31日以内に解約することもできるし、その場合でも、インハンドの動画を1話からまとめて視聴できます!

もちろん『インハンド』以外の現在放送中の最新ドラマや映画・海外ドラマも、時間が許す限り好きなだけ見れてしまいます!

ただ、“31日間の無料体験”はいつまでやっているのかわからないので、

インハンドを安全にフル視聴したいなら早めに登録したほうが損しないです!

>>>『Paravi』の31日間無料体験!はこちら

※Paravi(パラビ)に登録したら検索窓から⇒「インハンド」で検索してくださいね^^

インハンド 動画!最終回11話の予想

20代 女性 :

インハンドの動画 最終回11話の予想は、博士は特効薬を作ることができるのだろうか?高家も感染してしまうようなので、このままでは入谷と同じことになってしまう。

博士が特効薬を作ることに成功して、高家を助けることが出来たら過去のトラウマを断ち切ることが出来るので、

そうなると思う。施設建設は再調査されて中止されると思う。博士も高家もお母さんも無事で、内閣官房に帰れると思う。

裏切り者は意外な人物であると思う。あの怪しい眼鏡の部下だったらそのまますぎる。

悪者は全員あぶり出されてハッピーエンドで終わりを迎えることがこのドラマらしい終わり方だと思う。

50代 女性 :

インハンドの動画 最終回11話の予想は、新型エボラ出血熱が拡大感染してしまった相羽村と感染者を収容する相羽病院。

しかも、アシスタントの高家までもが感染してしまう。天才科学者・紐倉が短時間で新型ワクチンを開発できるののかが、次回最終回の争点です。

そんなに簡単に新型ワクチンを開発できないと普通は考えるのだが、そこが天才科学者・紐倉の才能。これまでの話でも、

普通の医者等が解明、治療できなかった病を簡単に救ってきた紐倉ならできるのだろうと思います。

アシスタントの高家を紐倉は救えるのだろうか。きっと、高家を実験台としてワクチンの効果を確認するのだろう。

30代 女性 :

インハンドの動画 最終回11話の予想は、高家先生はどうなってしまうのか。人為的に強力な感染力をもたらされたエボラ出血熱の拡大に対し、どう対処するのか。

紐倉博士が言ったとおり「牧野にしかできないこと」を牧野がこなし、村に残った紐倉博士と高家は今まで通り

足で情報を稼ぎ現地の患者を励ましつつ原因の究明と特効薬の開発などをするのではないか。

その過程で感染してしまった高家先生も、今までのように紐倉博士の活躍によって何とか

治療・回復し最後には元のように博士と助手として依頼を受け続けるようになるのではないか、と個人的には予想しています。

また、牧野の言っていた裏切り者とは一体誰なのか。…個人的な予想は牧野の上司の敵対関係にあるあの嫌みな同僚かな?

とも思っているのですが意外や意外、牧野の同僚のあの人だったり…?と予想したりもしています。

40代 女性 :

インハンドの動画 最終回11話の予想は、パンデミックしかないでしょー。そこまで強力にされちゃった細菌兵器のエボラに対抗できる薬があるのか?

それとも作っている途中なのか?薬が先か、感染が先かでジリジリさせるんじゃないでしょうか?その見えない細菌の感染を抑えきれず日本中がパニックになる。

あと何話かによるけど来週はずっとパニック映画を観ているような感じになるのかなー。

今までのストーリーだと割とすぐ問題の細菌が判明して、案外すんなり解決するって感じの聞いたことないウイルスな割にあっさりした

ストーリー展開だったけど今回は最大の見せ場だからじっくりやってくれるのではないでしょうか?

40代 女性 :

インハンドの動画 最終回11話の予想は、最終回に相応しいとんでもなく大変な事態となってしまいました。

相羽村は感染者が続出し死者も次第に出るようになります。閉鎖状態の村に打開策はあるのでしょうか。

政府の介入はドラマでありがちな多数を救うために村を犠牲にするという展開を予想します。

そこで牧村が抵抗して時間を稼ぐのではと思っています。また福山はすでに感染していますしやがて高家も感染します。

果たして紐倉は相羽村を救うことが出来るのか最大の見所になるでしょう。

高家がどこまでがんばれるのか、そして紐倉はどんな治療方法を見つけるのか、緊迫の事態の中人間模様がどう動いていくのか楽しみです。

50代 男性 :

インハンドの動画 最終回11話の予想は、予告編によると高家までもエボラに感染してしまうようです。

心配なのは福山の息子新太はどこにいるのかということです。感染源となっとところにはひとりの遺体しかありませんでした。

ひとりで研究していたと考えるのは無理があるので、他にも仲間がいたと仮定すると、

そいつらは仲間が感染してしまったことから、あわてて村の外に逃げていった可能性があります。

もし彼らも感染していたらパンデミックとなり得ます。福山もすでにエボラに感染しているようですが、

彼の責任は大きいし、このままでは困りますね。とにかく紐倉がなんとかワクチンを作るしかありませんね。

>>>『Paravi』の31日間無料体験!はこちら

インハンド 動画!最終回11話の見所はどこ?

20代 女性 :

インハンドの動画 最終回11話の見どころは、博士と高家と内閣官房の女の3人が、お互い疑ったり不信感だったりを

全部無くなって強い絆が出来て最高の仲間になって終わって欲しい。ハッピーエンドになるのを楽しみに見たいと思う。

見どころはやっぱり裏切り者は誰なのかというところと、エボラウイルスがばらまかれた村をどのように解決するのかというところだと思う。

また悲しい描写が続くと思うので、笑えるような場面もあったらいいなと思います。博士の義手ネタが見たいです。

父親がエボラで亡くなり隔離されている妊婦さんも、エボラを発症することなく無事に赤ちゃんを産んでくれるといい。

50代 女性 :

インハンドの動画 最終回11話の見どころは、福山と息子の新太が持ち込んだ新型エボラウイルスが、

何らかの事故により漏れてしまったことで、BLS4施設建設予定の相羽村では、エボラ出血熱感染者が拡大した。

遂には、高家の感染してしまう。日本政府の決定により相羽村は封鎖されてしまった。

原因を作ったと思われる新太たちが使っていた小屋に、棚橋に案内されて向かった紐倉と高家は、そこで息絶えていた柏木を発見する。

これで新型エボラがばらまかれてしまったことが確定し、紐倉達は村を救うため、日本中を感染の危機から救うため、ワクチンの開発に取り掛かる。

紐倉は、ワクチンの開発に成功するのだろうか?相羽村の人々はどうなるのだろうか?村の閉鎖は解除されるのだろうか?

30代 女性 :

インハンドの動画 最終回11話の見どころは、これまでの話で関係性、信頼関係を築いてきた紐倉博士、高家先生、牧野の3人のコンビがどのように活躍するのか。

また、高家先生はどうなってしまうのか。人為的に強力な感染力をもたらされたエボラ出血熱の拡大に対し、

どう対処するのか。牧野の言っていた裏切り者とは一体誰なのか。その真相の究明も見所のひとつです。

紐倉博士と関係のあった人達の、今回の感染の黒幕がこれからどのように動き物語に絡んでくるのか、

彼らと対峙したとき紐倉博士はどのような判断を下すのか、と注目ポイントが多すぎて絞りきれません。

来週の最終回の放送を心待ちにしています。

40代 女性 :

インハンドの動画 最終回11話の見どころは、やっぱり大混乱のパンデミックを観たいです。

実際にはこれほど怖いことはないけれど、そこはドラマなので(笑)日本中を巻き込んで大掛かりなやつを希望します。

国家の陰謀とかスパイとかはあんまり興味がないのでそこはサラッとでいいのですが、

感染を抑える策とかそれでも広がってしまう病人にたいする策とかきちんと描いてほしいなと思います。

これだけ交通網が発達した社会であの村だけで抑えきれるはずがないですからね。

そこで紐倉先生が一人でパパっと解決!では現実味が出ないのでそこも丁寧に描いてほしいな。

個人的には高家先生とお母さんもとても気になります。医者としての職務を全うしてほしいと思うけど、

それでも我が子だからどうにか死なないでほしいと思うのも親心。この辺が泣いちゃうポイントかなと思います。

40代 女性 :

インハンドの動画 最終回11話の見どころは、10話終盤の福山の息子新太とそのメンバー達はどうなっているのでしょうか。

生き残り入るのか気になりますね。そして内閣官房室内の裏切り者は誰なのかたぶん明かされるのでしょう。

一応謎とされるものは大体解決されるとは思いますがどんでん返しもあるかもしれません。

エボラウィルスも紐倉がきっと何とかしてくれるとは思いますがそこまでに至る過程が過去のドラマ内に伏線としていくつかあるような気がします。

緊迫と驚きの連続になること間違いないでしょう。

そしてこのドラマの続編が作られるような終わり方であって欲しいと個人的には思っていますので、

次回はとにかくハッピーエンドにして欲しいです。

50代 男性 :

インハンドの動画 最終回11話の見どころは、天才紐倉が本当に日本を救えるかどうかです。

おそらくは救ってくれるのだろうとは思いますが、まず注目したいのは高家が助かるのかどうかです。

二人の助手を同じエボラに関わって失うわけにはいかないし、紐倉は才能のすべてを振り絞ってでも助けることでしょう。

問題はワクチンを作り上げたとしても、それをすぐに大量生産するのは難しいという点です。

そこは福山が責任をとってフューチャージーンの総力を使って欲しいですね。もうひとつの注目点は内閣官房サイエンスメディカル対策室内のスパイです。

個人的には御子柴が怪しい感じがしますが、そこの謎解きも楽しみです。

◆インハンド “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> インハンド “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

インハンド 動画!最終回11話までの感想

20代 女性 :

インハンドの動画 最終回11話までの感想は、見ているだけで怖くなってきたし、なんだか体調悪い気がしてくるような話だった。

もし本当に日本でエボラウイルスがばらまかれたらと思うと、ただただ恐怖を感じた。

こどもまで感染してしまって涙が出そうになった。裏切り者がいることがわかって許せない気持ちになった。

まだどうしてこうなってしまったのか詳しい経緯は明かされていないが、エボラウイルスの研究をするにしてもあんな小屋では絶対危険だと思う。

相羽村が封鎖されてしまって、一人暮らしの高家のお母さんは大丈夫なのか心配になった。博士と高家も村に残って心配になった。

30代 女性 :

インハンドの動画 最終回11話までの感想は、今回のインハンド10話は最終章・前編、物語の最大の山場でした。

これまでの紐倉、高家、牧野の築き上げてきた関係と信頼関係があるからこそ互いを信用している、

封鎖される相羽村から「君が外にいて、君にしか出来ない仕事が必ずある。」と村に残ろうとする牧野を紐倉が強引に送り出すシーンががとても印象的で心に響きました。

また、今回の感染症は「新型エボラ出血熱」。

誰かの手によって人為的に強化された新型エボラ出血熱は接触感染だけでなく、患者の咳や血液などの飛沫・空気からも感染するという非常に凶悪な物で、

バスの中で血を吐いて倒れる感染者、取材中に突然倒れ込み会場がパニックに陥る描写などがあり、非常に恐ろしかったです。

40代 女性 :

インハンドの動画 最終回11話までの感想は、面白かったー!このドラマが始まった時からこんな日が来るのではないかと思っていたから、待ってました!って感じ。

昔の映画で観た感染列島を彷彿とさせる感染の始まり方、ゾクゾクします。

大規模で強力な感染力を持つ病気が流行った時などのシュミレーションとしてもとても興味深く観ました。

子供を持つ母として自分がマキノさんだったら、仕事放り出して子供の元へ一目散に帰りたいけどそんな言動はなくちょっと違うかなーと思った。

前々回くらいで娘を一生懸命シングルで育てていたのを観たからなんか変な感じだった。

まぁそこまで近場にいたら自分も隔離かもしれないけどね。

40代 女性 :

インハンドの動画 最終回11話までの感想は、序盤ののんびりした展開から一転し中盤から緊迫の展開となりました。

紐倉はあちこち動き回りますが彼の活躍はあまり見られませんでした。ですがところどころ強引ながらも的確な指示を出すところはさすがです。

高家は自分の故郷の危機に必死に奮闘します。畑違いの部分がここでは出てしまって本来の二人のコンビプレイが見れなかったのは少々残念でした。

牧野は今回は連絡係としてしか役に立っていませんでしたが終盤の閉鎖ぎりぎりでの相羽村から離れるのはちょっと問題ですよね。

もう隔離対象だと思うのですが。架空のエボラとはいえ本来は先進国の衛生状態だとそんなに感染力は強くないはずなのに、

短期間でパニックになってしまうのはなんともいえませんがドラマの緊迫感には見入ってしまいました。

紐倉はこれからどんな手を打つのか非常に気がかりです。

50代 男性 :

インハンドの動画 最終回11話までの感想は、どうやら新型エボラウイルスを拡散したのは福山の息子である新太のようです。

若さゆえの傲慢というか、科学者の盲目というのか、どちらにせよパンデミック寸前の事態を引き起こした責任は

大量殺人というべき重さがあると思います。と同時にそれは新型エボラを保管していた福山にも言えることでしょう。

またBSL4施設の意味が村の賛成派にも反対派にもちゃんと理解されていたのかというところも、

中途半端な知識や正義感がいかに危険かを教えてくれる内容だったといえます。

紐倉の言う通り、日本は島国で、人が住まなくなった離島はたくさんあるのに、なぜか政治がからむと面倒なことになりますね。

これで感染が止まればいいのですが難しい気がします。

>>>『Paravi』の31日間無料体験!はこちら

インハンド 動画!最終回11話【ネタバレ】← 紹介

ここからがドラマ『インハンド』最終回11話のネタバレになります!

父親の苦悩と覚悟

フューチャージーン株式会社社長福山和成と紐倉哲、そして棚橋弘樹は、福山の息子
福山新太たちが新型エボラの研究をしていた場所を訪れていた。

そこには新太たちのチームの一員である柏木亮が死んでいた。

全ての責任は自分にあるという福山。

新太たちが研究をしている時に何らかの原因でウイルスが漏れたのだ。

新太がどこにいるのか?と掴みかかる弘樹に対し、福山は新太がどこにいるのか
分からないと答える。

その時、福山が咳き込み血を吐いた。

エボラに感染しているのかと慌てる弘樹だったが、福山は「違う、これは肺がんなんだ。」と打ち明ける。

栃木県相羽村が封鎖された。

相羽村に新型エボラウイルスが拡がっていたのだ。

新型エボラウイルスは飛沫感染し、インフルエンザと同等の感染力を持っていた。

そして新型エボラウイルスの致死率は5日以内で100%だった。

相羽村に自衛隊が派遣された。

封鎖31日目。

次々に人が亡くなっていく状態に高家は疲れ果てていた。

サイエンスメディカル対策室と紐倉がセルフキットを考案した。

セルフキットの中には食料と薬品が入っている。

新型エボラに感染した可能性のある人に配られ、5日間は外出や他人との接触を禁止し
5日後に安否を確認に来るというものだった。

それにより感染拡大の勢いをセーブするという狙いがあった。

役場に勤める杉山美園は恋人である棚橋弘樹にもセルフキットを配った。

弘樹は美園に「子どものことはよろしくな。」と伝えた。

美園は弘樹の子どもを妊娠していたのだ。

そして5日後弘樹は亡くなっていた。

封鎖36日目。

死者はどんどん増えていった。

そんな中、高家の母親良子が差し入れを持ってやって来た。

食べながら高家は紐倉に「いつかお前言ってたよな、母ちゃんの漬物は奇跡だって。」と。

牧野巴はサイエンスメディカル対策室内にスパイがいるのではないかと疑っていた。

言いにくそうに何かを聞きたそうな様子の牧野に御子柴隼人は、「スパイの件なら僕で正解です。ずっと厚労に情報を流していました。

瀬川さんに俺が上へ行ったらおまえも引き上げてやるって言われて。」

御子柴を叩こうとする牧野を止めるサイエンスメディカル対策室室長網野肇。

網野は御子柴隼人がスパイであると疑っていた。

御子柴は厚生労働相金子大臣と厚労省医政局長瀬川の話しを録音していた。

将来どちらに転んでもいいように不正の証拠を握っていたという。

その録音が証拠になり不正が暴かれた。

フューチャージーン株式会社の福山は肺がんで入院していた。

福山は自分がすべての罪を背負おうとしていた。

福山は息子である福山新太への伝言を紐倉へと託した。

ほどなくして福山は亡くなり、容疑者死亡のまま書類送検されるという。

紐倉博士の決意と父親の本心を知った息子

紐倉は新型エボラと仲良くすると高家と牧野に宣言した。

それは新型エボラの生ワクチンを開発することだった。

紐倉は新型エボラと人間がいつか共存できると信じていた。

紐倉は研究をしていた。

山に入った折、置いてある仕掛けを見て夜にまたその場を訪れた紐倉と高家。

そこに福山の息子新太がやって来た。

紐倉と高家は新太が実験をしている場所へ行った。

ワクチンが漏れたのは、相羽村を実験場にするために柏木がウイルスを山へばら撒いたのだと言う。

新太は紐倉に「あなただって言ってましたよね?100年後200年後を見ろって。

たった1000人の犠牲で将来的に数十万数百万という人間の命が助かるかもしれない。

僕たちの行動は科学者として間違ってない、そうですよね?」と紐倉に同意を求めるも
紐倉は「間違っている。大間違いだ。」と一蹴する。

そして「目の前の命を犠牲にする奴に未来は救えない。」と告げる。

「もっとおまえのことを知ろうとすれば良かった。

科学者である前に1人の人間として向き合えばよかった。

せっかく親子だったのに。」と父親である福山の言葉を伝えた。

それを聞き、涙を流した新太。

そして新太は警察に逮捕された。

新しい生命の誕生

封鎖285日目。

月日は流れたが新型エボラのワクチンは完成には程遠かった。

小学生の頃、高家と美園たちが埋めていたタイムカプセルを掘り起こした。

その中には20年後の自分に対しての手紙が入っていた。

美園や高家たち20年後の相羽村がこんな状態になっているとは誰も思ってなかっただろうと言った。

その時紐倉は「だったら、もう一度書けばいい、今からもう20年後の未来へ向けて。」と言った。

そして20年後の未来へ向かってみんなまた手紙を書いたのだった。

その時美園に陣痛が来た。

美園は逆子で陣痛も始まっているため、帝王切開で出産しないと母体も胎児も危険だと
いう。

産科医がいない相羽村での出産は困難だと判断した高家は、隣町へ搬送できないか
牧野にサイエンスメディカル対策室室長網野に相談してもらうよう頼んだ。

だが、網野は無理だと言う。

その時、御子柴が中継で産科医の指示を仰ぎながら出産をすることを提案した。

御子柴はすでに協力してくれる産科医も見つけていたのだ。

無理だという高家に対し牧野は必死で高家を励ます。

紐倉も助手に名乗りを上げ、高家はようやく決心する。

産婦人科医の指示のもと、高家が帝王切開の手術をする。

1つ1つ説明を聞き手順通りに手術を進めていった。

紐倉も助手をつとめ、高家がゆっくりと赤ちゃんを取り上げる。

赤ちゃんは産声を上げ、無事に美園と弘樹の赤ちゃんが生まれたのだった。

その様子をモニターで見ていた牧野と御子柴は手を取り合って喜んだ。

そして紐倉は高家を「おまえにしては、よくやった。」と珍しく褒めた。

高家が新型エボラに感染する

相羽村が封鎖されて299日目。

それは突然だった。

高家が花壇に水をやっている時に紐倉から10分以内に来るようにと放送があった。

だが、高家は妙な咳をしていた。

紐倉からの放送を聞いた高家は携帯から紐倉へ電話した。

そして自分自身が新型エボラに感染したと告げたのだった。

高家が新型エボラに感染してから2日がたっていた。

「このままだと4日もたない。」紐倉は牧野へ電話した。

それからも紐倉は研究を続けた。

高家が感染してから4日がたった。

意識が朦朧としていた高家は母親良子に謝る。

良子は高家に「自慢の息子だよ。」と告げる。

高家は「死にたくない。」と涙を流した。

牧野が相羽村へとやって来た。

「博士、高家くんに会ってないんだって?今日で5日目だよ。現実から逃げないで。

あなたが今すべきことは研究じゃない。

ちゃんとお別れ言うべきじゃない?あなたの助手でしょ。」と告げた。

紐倉と牧野が高家の元へ会いに行った。

「ワクチンが間に合わなくてすまない。と紐倉。

「おまえの助手で楽しかった。タイムカプセルの手紙に書いたんだ。

20年後も高家春馬は紐倉哲の助手でいるようにと。叶わなかった。」と消え入りそうな
声で高家が答えた。

「高家、僕はいつの間にか人間のことが好きになった。

虫と同じくらい人間のことが好きになった。

それはおまえのせいだ。おまえが僕を変えた。

僕はもっと人間のことを知りたい。おまえに聞きたいことが沢山ある。

だからこれからもずっと僕のそばにいてくれ。」

そう言い手を握ろうとした時、高家は息を引き取った。

泣き崩れる牧野。

紐倉もまた20年後の未来への手紙に「20年後の紐倉哲は相変わらず天才的な研究を
続けていた。優秀な助手と共に」と書いていた。

それが叶わなかったと紐倉は紙をグシャグシャにした。

涙を流しながら紐倉は高家の脈をはかった。

そしてまだ高家の脈があることに気付いたのだ。

「牧野、まだ終わってない!」と牧野に叫んだ。

一筋の光

高家の新型エボラは弱毒化したウイルスの可能性があった。

高家は他の感染者と違っており、入谷のウイルスと酷似していた。

実は入谷は新型エボラの弱毒化に成功していたのだ。

だが、それだけでは新型エボラは寛解しない。

紐倉は高家の体内に何かウイルスを封じ込めるものがあると推測した。

新型エボラの感染にはムラがあり、高家の実家辺りは感染者が少ない。

そこにヒントがあると紐倉は考えた。

そして高家の母良子から話を聞き、高家の実家辺りは人糞堆肥を使った無農薬野菜を作っており、高家は小さい頃からその野菜を食べて育っていた。

そのおかげで高家の体内にはいろんな寄生虫が存在していたのだ。

意識を取り戻した高家は母親から話を聞く。

紐倉は凄い勢いで生ワクチンの研究をした。

そして遂に相羽村の封鎖が解除され、メディカル対策室のみんなも相羽村へとやって来た。
高家は助かったのだ。

高家は紐倉に「やっぱりおまえは天才だよ。」と言う。

だが、紐倉は「今回きみを助けたのは僕じゃない、小さな虫たちだ。」と言った。

そして「(箱根へ)帰るぞ。」と言い放ったのだった。

無事に新型エボラが収束し、「お疲れ様。」と紐倉に握手を求める牧野に対し、

紐倉はなかなか応じようとしなかったが、高家が牧野の手に紐倉の手を重ね、その上に
自分の手も重ねた。

そして3人が手を重ねている姿を写真に撮ってもらったのだった。

その後、牧野は外務省へと返り咲き、外交官への道を歩み始めた。

高家は希望していた国境なき医師団への派遣が決まり、アジアへ行くことになった。

紐倉は、というと、念願のパスポートが手に入り喜んでいた。

高家がアジアの小さな村へ派遣されて楽しく過ごしていた頃、誰かに肩を掴まれた。

振り向くとそこには紐倉の姿が。

フィールドワークをしに来たという紐倉は助手を探していたと言う。

「ちょっとだけだぞ。」と高家は言いながら手伝うのだった。

--- 以上、インハンド 最終回11話のネタバレでした~! ---

インハンド 最終回11話を見逃した人は、

『インハンド』を1話からまとめて視聴できる『Paravi(パラビ)』がおススメです!

>>>『Paravi』の31日間無料体験!はこちら

いつまで”31日間の無料体験”があるのか分からないので、見たいかたはお早めに~^^♪

これで連休の暇つぶしはバッチリです(笑)

インハンド 動画!最終回11話の感想まとめ

インハンド 最終回11話の感想は、新型エボラの生ワクチンの研究がなかなか進まず、

月日ばかりが流れて行く様子に生ワクチンはそんなに簡単に出来るものだとは思っていなかったけど、そんなに時間がかかっていたら村が全滅するのでは?と思いました。

福山の息子新太は科学者として、将来的に多くの人の命を救うために多少の犠牲は仕方ないと思って研究をしたけれど、それはいけないことだと紐倉博士に教えられ、

紐倉博士と新太は同じ科学者でありながら考え方は正反対で、父親であるフューチャージーン株式会社の社長福山も正しいことを息子に伝えられていなかったことは、とてももったいないことで残念でした。

でも福山社長が肺がんだとは、びっくりしました。

福山は自身が余命があまりないことを知っていたから、エボラウイルスのワクチンの開発施設を早く作りたかったのでしょう。

それが入谷の意志を継ぐことであり、入谷の死を無駄にしたくないという思いがあったのだと思います。

高家が新型エボラに感染し、意識が朦朧としてきた時は、もう本当にダメなのかと思いました。

エボラウイルスは死に至るまでの速さが尋常じゃないので、生ワクチンが開発されていない時点で、高家の死は決定的なものでした。

まさか高家の体内に元からいた寄生虫たちが高家の命を救ってくれるとは、驚きでした。

紐倉博士の最初の助手入谷が亡くなって、これで高家も亡くなってしまったら、

やっと人間らしくなった紐倉博士がかわいそうなので、助かって本当に良かったです。
安心しました。

>>>『Paravi』の31日間無料体験!はこちら

インハンド 動画!最終回11話のあらすじを最後に

ドラマ『インハンド』最終回11話のあらすじを簡単に紹介します~!

高家(濱田岳)の故郷・相羽村で新型エボラウイルスが発生し、日本中が大パニックに。

高家と共に封鎖された相羽村に残った紐倉(山下智久)は、牧野(菜々緒)らと情報共有をしながら現地対策室で調査を始める。

だが感染は日に日に拡大し、死者も増えていく一方だった。

絶望的な状況の中、紐倉はワクチンの開発に取り掛かることに。

必死に開発を進める紐倉だったが、ワクチンは完成しないままついに高家も感染してしまい…。

インハンド 公式サイト引用

>>>『Paravi』の31日間無料体験!はこちら

最後までお読みいただきありがとうございました^^

◆インハンド “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> インハンド “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

※本ページの情報は2019年6月時点のものです。最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

シェアする!!