監察医朝顔 ドラマ動画!9話も無料で見逃しフル視聴する方法

上野樹里・杉本哲太も出演の月9ドラマ『監察医朝顔』の9話が放送されましたね!

この監察医朝顔 9話の動画は 無料の見逃し配信でフル視聴できるの?と、気になって動画を探している人が多いようです。

なのでこのページでは安心して、監察医朝顔 9話の動画を “無料で見逃し視聴できる” おススメの方法を紹介しています↓

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

違法にアップロードされた動画じゃないので、高画質でCMもないし、安全に “1話~ まとめて” 視聴できますよ!

監察医朝顔 ドラマ動画!9話の予告は?[PR]

ドラマ『監察医朝顔』9話の動画予告はこんな感じに!

監察医朝顔 ドラマ動画!9話を無料の見逃し配信でフル視聴するおススメの方法

ではドラマ『監察医朝顔』9話の動画を、無料の見逃し配信でフル視聴できるおススメの方法を紹介します!

それは、監察医朝顔の放送が終わるたびに毎回、見逃し配信をしてくれている公式のサービス『FODプレミアム』です!

『FODプレミアム』には”1ヶ月無料おためし”が付いててお得なので、

違法にアップロードされた動画を探さなくても安全に見逃し視聴できます!

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

無料期間中に登録して、1ヶ月以内に解約することもできるので、その場合でも 監察医朝顔の動画はもちろん

『監察医朝顔』以外の 現在放送中の最新ドラマ・映画・海外ドラマも、時間が許す限り好きなだけ見れてしまいます!

ただ、“1ヶ月無料おためし”はいつまでやっているのかわからないので、

監察医朝顔を安全に無料で見たいなら早めに登録したほうが損しないです!

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

FODプレミアムに登録したら検索窓から「監察医朝顔」で検索してくださいね^^ すぐにみれますよ![PR]

監察医朝顔 ドラマ動画!9話の予想は

30代 女性 :

監察医朝顔の動画 9話の予想は、前回の終盤に出てきた朝顔の幼なじみの三郎の妻、結衣が遺体として運ばれてくるということですが、

いざ解剖するとなると「結衣さんのためにならないから出ていきなさい」と茶子に言われてしまった朝顔。

知人が遺体となって運ばれてきたのはこれが初めてだと思うので、朝顔はなかなか受け入れられないだろうなと思います。

結衣の死因は転落死のようですが、他殺とも考えられるということ。

ということで三郎が疑われるようですが、朝顔にとっては幼なじみだろうし彼だけは違うとかばいそうな気がします。

しかしなんだかんだで三郎が犯人な気がしてなりません。

20代 女性 :

監察医朝顔の動画 9話の予想は、ここまで見ていて、朝顔の友人の、ゆいが解剖対象になるとは思っていなかった。

予告を見ていると、夫の三郎が犯人という流れではあるが、誰かをかばって犯人になったか、または、自白を促されたパターンかと考えられる。

ゆいの死因に関しては、まだ予想もつかないが、最後は第8話にでてきたりなの死因に繋がる可能性があるのではないかと考える。

また、そろそろ朝顔のおじいちゃんや、朝顔のお母さんに何かが起こるのではないだろうかと、予想している。

予想外の展開が来るとすると、ゆいの息子が死因にかかわってくるということだろう。

30代 女性 :

監察医朝顔の動画 9話の予想は、ラストで運ばれてきたご遺体はこれまでに何度も登場してくる幼馴染の妻。

動揺し、震える手で解剖に取り掛かろうとするところで話は終わります。この解剖には加わることは出来ないでしょう。

そして解剖の結果、死因は何かしら外傷性があり、夫が疑われてしまうという流れになるものと思われます。

しかし幼馴染がそんなことするわけない!という感情から冷静さを失ってしまう朝顔。

現実から目を背けずに真実を見つけ出せるのかが9話ではメインテーマになるのではないでしょうか。

監察医としてどうあるべきかを問うような大きな壁が立ちはだかるそんな話になるのではないでしょうか。

50代 女性 :

監察医朝顔の動画 9話の予想は、幼馴染である三郎の奥さん、結衣が自宅の階段から落ちて亡くなったようです。

事件性について三郎が疑われます。自宅で誰かが亡くなった場合、警察が一通り調べるのは普通ですが、三郎の心中は穏やかではないでしょう。

予告編では三郎が警察に出頭する姿がありました。事故ではなく三郎が関与しているのでしょうか。殺人とか過失はないと思うのですが。

おそらく三郎は結衣に負担をかけていたことに申し訳ないと思っていて、どうあれ自分にも責任があると考えるのではないでしょうか。

でも残された子どもがいるし、三郎がどうにか立ち直ることで、朝顔もまた母親のことを受け入れられる一歩になりそうです。

50代 男性 :

監察医朝顔の動画 9話の予想は、結衣の変わり果てた姿にショックを受け、仕事が手につかなくなる朝顔。

警察は、結衣が階段から足を滑らせての不幸な事故として考える。しかし、解剖の結果、他殺の可能性が出てきた。

とはいえ、死因ははっきりしない。桑原たちは、結衣の夫を疑うが、朝顔は到底信じられない。

桑原も本当は信じたいが、はっきりした証拠はないものの、状況を見ての判断だった。

朝顔と桑原は意見が食い違い、ふたりの間がギクシャクしてしまう。

朝顔は何としても結衣の死因を判明させようと、自分が再解剖をしたいと茶子に申し出る。

だが、朝顔が冷静さを欠いていると判断した茶子はそれを許可しない。

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

監察医朝顔 ドラマ動画!9話の見所はどこ?

30代 女性 :

監察医朝顔の動画 9話の見所は、知人が遺体になって運ばれて来たら朝顔は遺体に向き合うことができるのかということです。

これまでみたいに正確な判断ができなくなってしまって茶子に叱咤されてしまうシーンも出てきそうな気がします。

幼なじみが犯罪を起こすわけがないと朝顔はかばうようですが、100%三郎が怪しくないかと聞かれたら嘘になります。

一番身近にいて結衣を殺すことができた相手の1人は三郎ですし、仮に犯人じゃなくても何らかのかかわりがありそうな気がします。

これまでの司法解剖の話とはまったく違っていますし、朝顔はちゃんと遺体に向かい合って真実を明らかにできるのかが見どころじゃないかと思います。

20代 女性 :

監察医朝顔の動画 9話の見所は、毎週とっても楽しみに見ている「監察医朝顔」です!今まで朝顔と桑原の関係の変化から、

ホッコリするような優しいドラマだと思っていたが、後編は思いがけない展開のオンパレードで驚いてます!

第8話の最後に運ばれてきたのはまさかの昨日まで親しくしていたゆい。

昨日まで元気だった彼女に一体何が起こったのか、朝顔や茶子先生らがゆいの最期について紐解いていく所がドキドキです!

また思いがけない展開が私の予想を裏切ってくることに期待をしています!

朝顔を取り巻く環境が良い方向に進み、ハッピーエンドに進んでいくことに期待しています!

30代 女性 :

監察医朝顔の動画 9話の見所は、解剖される遺体はその回のうちに死因やその背景などがわかり完結しますが、

東日本大震災で行方不明になっている朝顔の母の行方は最初からずっとわからないままという二つの特質を持ちながら進んできたこのドラマ。

命と向き合うというテーマで死因が分かることで見えてくる真実、死因どころか行方不明により死を受け入れることすらできない朝顔や父。

今回の9話では新たに大切な人の死と、それに関与しているかもしれないもう1人の大切な人という、

客観的になれないような状況で朝顔がどう成長していくのかという点に期待して見てみたいです。

50代 女性 :

監察医朝顔の動画 9話の見所は、激しく動揺する朝顔を、平や桑原はどう支えていくのかが見どころです。

そして朝顔自身にとっても監察医として一皮むけるきっかけになりそうですし、行方不明の母親と向き合い、

その故郷に足を踏み入れるきっかけになるかもしれないなと思います。年をとると身内はもちろん、身近な者がいろんなことで亡くなってしまう経験が増えてきます。

それはいつか順番のように自分にも巡ってくるわけで、ずっと目を背け続けられるものではありません。

平も浩之も妻であり娘である里子と向き合うことができたように、朝顔もその一歩を踏み出すきっかけになるといいなと思います。

50代 男性 :

監察医朝顔の動画 9話の見所は、一体結衣に何があったのでしょうか。大変な子育ても、夫と仲良く頑張っていてとても幸せそうだったのに。

まさか、本当に夫婦の間で、諍いがあったのか。もしそうなら、それは突発的なものなのか、それとも以前から何か問題があったのか。

朝顔には悲しみの中難しいけれども、何とか気持ちを強く持って真相を掴んでほしいです。

警察官としての桑原の考えと食い違ってしまった時、朝顔はどんな思いを抱くのか。いったんは気まずくなっても、夫婦で意見を合わせられるといいですね。

まさかの、思いもよらない事態に朝顔が立ち向かうことができるのか、緊張感溢れる展開となりそうです。

◆監察医朝顔 “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> 監察医朝顔 “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

監察医朝顔 ドラマ動画!9話までの感想

30代 女性 :

監察医朝顔の動画 9話までの感想は、解剖しても遺体の死因がよく分からないというのは実際にもありそうな話ですが、

このドラマでそういう話が出てきたのは初めてだったんじゃないかと思います。

こういうこともあるんだというリアルさも感じましたが、同時に解剖したのに死因が分からないなんてという遺族の気持ちにもなってしまいました。

遺族の男性は解剖したら死因が分かるだろうと思って依頼をしたはず。

なのに結局よく分からなかったとなってしまえばどういうことだと責める気持ちが湧いてきてもしょうがないだろうと思います。

しかし朝顔たちも精いっぱいやった結果だったので、どちらにとっても辛い回でした。

20代 女性 :

監察医朝顔の動画 9話までの感想は、原因不明の女性の解剖は最後に朝顔や茶子先生らの力で

原因が特定されるのだと思っていたら、まさかの不詳の死のままになってしまったことに意外性を感じました。

また、伏線を張っていると見せかけていたところだったがその伏線とは違う所からの意外性がある内容で、正直驚きました!

毎週楽しく見ていますが、ここ最近が1番展開に驚きを感じています!第8話は予想を裏切る展開がとても楽しかったです!

朝顔とお母さん、お父さんの関係がどうなっていくのか、これから朝顔を取り巻く世界はどうなっていくのか!次回もとっても楽しみです!

30代 女性 :

監察医朝顔の動画 9話までの感想は、小さいお子さんのいる若いお母さんの突然の原因不明の死。

残された家族のためにも原因を突き止めようとする監察医のメンバー。

しかし、どんなに検査しても死因を特定することができず…まだ小さいお子さんを残して去らなければならないお母さん、

なんで死んでしまったか分からず心の整理のつかないお父さん、そして悔しさを滲ませる監察医。

お母さんが同世代だからかとても感情移入して見入ってしまいました。

ただ、遺伝性によるモヤモヤ病がある可能性を発見し、お子さんに検査を促すことで、

この突然死という負の連鎖を断ち切れるかもしれない可能性があるという点で少しだけ安心することができました。

50代 女性 :

監察医朝顔の動画 9話までの感想は、死因不詳の死というのは案外ありますよね。私の父親も同じように急死し、死因不明でした。

警察が事件性について捜査するので、母親は自分が疑われているように感じたみたいで困惑していました。

あらためて個人の死とは本人だけでなく、周囲の者に大きな影響をもたらすものだと強く感じました。

朝顔も行方不明という何もわからないままの母親に対していろいろ思うことがあるはずです。

一方、平はようやく踏ん切りがついたようです。茶子先生のさりげないアドバイスが格好よかったですね。

そこに運び込まれてきた遺体が、よく見知った幼馴染の奥さん。

よく外科医は身内の手術はしないといいますが、知人の解剖はなかなかやれないでしょう。朝顔の動揺はやむを得ないと思います。

50代 男性 :

監察医朝顔の動画 9話までの感想は、朝顔や光子が、何とか莉奈の死因を突き止めようと必死に頑張るところがすばらしい。

残念ながら、それははっきりとはしなかったものの、病気の遺伝の可能性が分かったことは大きいですよね。

それにより、子どもの病気の発症が防げるとなったのがホッとしました。

突然妻を亡くした夫の痛みは想像を絶するが、これから子どもを守っていってほしいです。

平の、里子を捜す気持ちに変化があったと思いきや、やはり捜し続けるとしたのがすごいことですね。

しかも、近い将来あの場に移住するとまで考えているとは。そこまで、妻を大切に思い愛し続けられるなんて。

茶子が平の気持ちを自然に受け止め、さりげなく励ます場面は、茶子の大きな心と意外に繊細な面が見えました。

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

監察医朝顔 ドラマ動画!9話【ネタバレ】← 紹介

ここからがドラマ『監察医朝顔』9話のネタバレになります!

朝顔の幼馴染、三郎の妻の遺体が運ばれてくる

興雲大学の法医学教室に遺体の解剖依頼が入り、茶子は朝顔と光子に執刀を指示し、二人は準備をはじめる。

しかし、解剖室に入り、運ばれてきた遺体を見た時、朝顔は立ちすくんでしまう。

遺体の女性は、つい先日一緒に夕飯を食べた、朝顔の幼なじみ三郎の妻・結衣だったのだ。

朝顔は、気を落ち着かせて解剖を始めようとするが、手が震えメスを落としてしまう。茶子が執刀を替わると言うが「大丈夫」とメスを握る朝顔。

しかし、再び手が震え、茶子は、邪魔だから解剖室から出ていくように命ずる。

うなだれて部屋の外へ出る朝顔。平も、この様子を見ていた。

結衣は背中から落ちたのに傷がなかった

解剖の結果、重篤な損傷は頭蓋骨と頸椎の骨折だが、腹腔内出血がみとめられた。

2階から落ちたのになぜか背中の傷が少なく、上腕には傷が全くなかった。ひじにかすりきずがあったが、今回着いた傷とは認められなかった。

1歳になる次男の陽斗を抱いたままで階段から転落した可能性が考えられた。

法医学教室で、結衣に持病はなかったかなどについても話し合われ、診療記録をあたることになる。

そのとき検視官の丸屋は、誰かに突き落とされた可能性はないかと茶子に尋ねた。

なぜなら背中から落ち、あおむけの状態で倒れていたからだ。警察としては、もし事件性があれば、現場を調べなければならない。

しかし茶子は、転落死としか言えず、他殺なのか事故死なのかはわからないと説明する。

それを聞いていた朝顔は、他殺なんてあり得ない、三郎が結衣を殺すはずがないと声を荒げてしまう。

落ち着くよう茶子に言われる朝顔だが、三郎の無実を証明するために、遺体の検査を担当させてほしいと申し出る。

しかし、茶子に「あなたの職務はなに?解剖室に入れる?」と逆に聞かれて言葉に詰まってしまう。そして、朝顔には当分解剖は任せられないと帰されてしまう。

朝顔の様子に驚いていた法医学教室のメンバーに、光子が朝顔と結衣との関係を説明すると、法医たちは驚くのだった。

三郎に嫌疑がかかる

そのころ、朝顔の父・平と同じ野毛山署刑事の森本は、三郎から事情を聞いていた。

三郎は、結衣の亡くなる前の晩、店に団体客が入って忙しく、家に帰るとすぐに寝てしまったという。

そして朝6時頃、大きな物音がしたので目を覚ましたら階段の下に結衣が倒れ、その横で陽斗が泣いていたと証言するのだった。

三郎は疑われているのかと衝撃を受けるが、平は、本当のことがわかるまで調べなくてはならないと応えた。

さらに野毛山署の捜査で、午前6時に「サブちゃん」で金属音が聞こえたと隣に住んでいる中学生が証言していた。

また半年前に、虐待が疑われ児童相談所が入っていたこともわかった。

検視官の伊東は、三郎が陽斗を虐待し、それを結衣が守ろうとして言い合いになり、押されて転落したのではないかと推察した。

これを聞いていた森本は三郎をかばうが、係長から「疑うのは刑事の仕事だ」と言われてしまう。

平も、知り合いの家族のことだからと、捜査から外されることになってしまった。

三郎は、とりえず家に帰された。

三郎と話をする朝顔

法医学教室からの帰りに三郎の店「サブちゃん」に寄った朝顔だが、三郎は店を休業し、床に寝ころんで、ただ天井を見つめていた。

中に入って三郎にお茶を出すと、三郎が静かに口を開いた。結衣が死んだことが信じられないと言うのだ。

しかも警察に疑われているが、本当に覚えていないと言うのだ。

二人が話していると、バイトの小野がすごい形相で入ってくる。保育園に陽斗を迎えに行ったが児童相談所に一時保護されていたのだ。

虐待の疑いで児童相談所が介入していた

野毛山署で平か係長から別の案件を任されているところに、朝顔が入ってきた。陽斗と猛がどこに行ったのかと係長に訊ねに来たのだ。

すると平が児童相談所にいると応え、以前、虐待の疑いで児童相談所に行っていたことを係長からも聞かされる。

しかし、虐待なんてありえないと言う朝顔で、容疑が晴れるまでは仕方ないと係長に言われるのだった。

何も知らなかった桑原真也

その後、朝顔がつぐみを迎えに行くと、先生からお遊戯会で「眠り姫」をやることになり、つぐみは「りすの役をやるらしいことを本人から聞く。

家に帰り、つぐみと夕飯を食べているところに平が帰ってきた。夕飯を作る気のしない朝顔は、コロッケを買ってきていた。

いつもと違って静かな二人に「なんで、みんなしゃべらないの?と不思議がるツグミ。朝顔は平に、つぐみがリス役を演じることを伝えるのだった。

表面上は何もないかのように話す二人だったが、ちょうどそこへ、桒原が帰って来た。

神崎が人使いが荒いと愚痴をこぼす真也。県警の神崎が以前、平の相棒だったことを知り平に話しかける。

そして、今度神崎を呼んで、うちで皆で飲もうと言う桑原。サブちゃんが来た時みたいに、みんなで楽しくやろうとはしゃぐ真也だが、実は結衣の件を知らなかったのだ。

そして朝顔とつぐみがお風呂に入っている間に、平から事情を聞いた真也は驚く。

結衣のことを知らなくてと、謝る桑原は、自分も何かできるかと思ったが、平も捜査からはずされていることを朝顔に知らせる。

朝顔は、唯を解剖できなかったことを涙ながらに訴える。今まで遺体を友達のように、家族のように大切に解剖してきたつもりだった。

しかし、本当に友人を目の前にしたら全然、状況が違っていたのだ。

そして、今まではなんだったのだろうと涙ぐむ朝顔。朝顔は解剖ができず、結衣を調べられなかったことを悔いていた。

震える手を抑えながら眠る朝顔の手を、真也がしっかり握りしめるのだった。

自暴自棄になる三郎

翌朝、朝顔は、三郎の分も合わせて4人分のお弁当を用意していた。

三郎の家へお弁当を届けに行くと、ちょうど結衣の両親が来ていた。

結衣の父は「お前が結衣を殺したんだ」と三郎をののしり、陽斗と猛を連れて行ってしまう。

三郎が車に追いすがるが供たちを乗せた車は行ってしまった。

朝顔が見かねて「何かできることがあればと三郎に声をかけるが、「結衣を生き返らせてくれ。

子供たちを取り返してくれ。できないだろう。」と言われてしまい、ただ立ちすくむしかなかった。

お弁当も渡せず家に戻った朝顔は、つぐみのおもちゃを片付け、掃除や洗濯を一心にすることしかできなかった。

そして、三郎に持っていったお弁当を自分で食べた。

徹底的に調べる光子たち

そのころ法医学教室では光子が中心になり、結衣の死因を徹底的に調べたいと実況見分をしていた。

あおむけに倒れていた結衣だが、なぜ階段の上から突き落とされたことになるのか。

もし、自分で落ちたのなら壁などにぶつかりながら落ちるため背中などに傷がつく。しかし、結衣の背中には傷はなかったため、強く前から押された可能性が考えられた。

そして頭がい骨骨折している個所が2か所あるが、自分で転落した場合人間は本能的に防御し、腰から落ち、反動で頭へのダメージは避けられない。

このことから突き飛ばされた可能性も考えられた。

三郎による暴力の可能性も視野に

そのころ県警にいる桒原は、神崎に三郎が児童相談所によって子供と引き離されたことを相談していた。

児童相談所にも知り合いがいる神崎は、何かあれば力になると言ってくれた。

児童相談所によると、陽斗は以前、救急車で運ばれたことがあったとのことだった。

結衣が授乳中に寝てしまい、陽斗の顔を圧迫してしまったのだ。結衣は、その時三郎からかなり強く叱られたらしい。

さらに結衣は1週間前に、けがをしていたこともわかった。

ちょうどその時、三郎が野毛山署に出頭してきた。

係長が三郎に事情を聞くのを、平は見ていた。

平と朝顔は里子のことを話題にし、自分にできることを考える

平は家に帰ってくると、三郎が自暴自棄になって出頭してきと朝顔に伝える。三郎は拘留されて翌日に事情聴取を受けることになっていた。

ショックを隠せない朝顔。この日の夕飯を作るのは平の番だったが、朝顔が作ると言い出した。

カレーを鍋二つ用意し、つぐみ用と分けて作ったが、つぐみはママのがいいと、朝顔が食べているカレーを食べるのだった。

さらに、つぐみは、このカレー、ママのお腹の中で食べたことがあると言い、平たちを驚かせた。

そこへ真也がシュークリムを土産に帰ってきた。

食器を片づけながら、以前はカレーを作りすぎたが、4人になるとあっという間になくなると朝顔。

結衣が遊びに来たとき、楽しそうだったし、三郎と結衣がうまくいってないなんて信じられないと朝顔は思っていた。

平も、三郎が結衣の命を奪ったとは思っていないからこそ、徹底的に調べたいと朝顔に言うのだ。

朝顔は、解剖を任せられないと茶子に言われていた。結衣を目の前にした時何もできなかった。

平と東北に行った時も、結局何もできなかった。

平は地震の起きたあの日、朝顔や里子に電話が通じず、ニュースで津波のことを知り、二人が巻き込まれたのではないかと不安で、何度も電話したとのことだった。

朝顔も、同じように父との連絡がつかず、怖い思いをしていた。

平は朝顔が生きている姿を見てほっとし、その後、二人で必死で里子を探したのだ。祖父はあるだけのコメを炊いておにぎりをふるまってくれた。

二人でおにぎりを食べながら朝顔は泣いていた。

朝顔のせいではないと言う平。里子も、朝顔が生きていること喜んでいるはず。だから自分を責めるなと平は言う。

さらに、朝顔が法医になると言った時、一生懸命生きようとしているのが嬉しかったと伝えた。

そして朝顔が生きてさえいればそれでいい。と平が言うと、ありがとう。と朝顔は微笑む。

朝顔もつぐみが生きていてくれればそれでいいと思っていた。真也と結婚してつぐみが生まれ、平の言葉が理解できるようになった。

そして、自分ができるところまで、やれるだけやってみると決意を固める朝顔だった。

真也は階段につぐみとすわって、そんな二人の話を静かに聞いていた。

それぞれができることをして、死因をはっきりさせたいと願う

法医学教室では、再び結衣の検証をしていた。

そこへ朝顔がやってきた。皆に謝る朝顔。茶子にも謝り、結衣のため家族のため死因を明らかにしたいと死因鑑定を手伝わせてほしいと申し出る。

手はふるえないのかと聞く茶子に、わからないと朝顔は答える。さらに、もし、手が震えたら替わってくださいと、法医たちに頼むのだった。

「助けてください。お願いします」と頭を下げる朝顔に、Understandと、茶子は了承した。

一方、野毛山署では、三郎の事情聴取が始まっていた。その様子を見ていた平は、係長に自分も捜査させてほしいと頼む。

そこへ、検視官・伊東がやってきた。伊東もこのままでは納得できないと、実況見分を一緒にやらせてほしいと平に言うのだった。

皆がそれぞれの立場で、結衣の死因を明らかにするためにできるだけのことをしようとしていた。

--- 以上、監察医朝顔 9話のネタバレでした~! ---

監察医朝顔 9話を見逃した人は、

無料期間中に1話から見逃し視聴できる『FODプレミアム』がおススメです!

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

いつまで “1ヶ月間の無料おためし” があるのか分からないので、見たいかたはお早めに~^^♪

これで連休中の暇つぶしはバッチリです(笑)

監察医朝顔 ドラマ動画!9話の感想まとめ

監察医朝顔 9話の感想は、「今までの自分は何だったのだろう。」

友人の遺体を前にして、解剖することができなかった朝顔ですが、決して、これまでの「ご遺体」を、ないがしろに扱ってきたわけではないと思います。

実際、医者だって、自分の身内は手術できないと聞いたこともありますし、まして亡くなっているからと言って、

人の体を解剖するなんて、なかなか割り切ってできる人なんていないでしょう。

いえ、法医ならできなくてはいけないのかもしれませんが、人間ですから感情があって当たり前だと思うのです。

きっと茶子先生も、わかっていたのでしょうね。朝顔が一人で抱えるのではなく、自分にできない時には周りに助けを求めてほしいと思い、解剖室から朝顔を追い出したのでしょう。

朝顔にとって茶子先生は、母親のような一番の理解者なのだろうと思います。

そして平さんと、母里子さんがいなくなった時の事を話しすることで、

「自分にできること」をもう一度見つめなおすことができ、前向きに結衣さんの死因を究明しようと思えたのですね。

真也が、震える朝顔の手を握りしめながら眠るシーンでは、彼の温かい気持ちに、朝顔は幸せだなあとうらやましくもなりました。

朝顔、平さん、伊東検視官がそれぞれの立場で責務を果たし、結衣さんの死因が特定され、三郎さんの無実が証明されることを願いたいと思います。

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

監察医朝顔 ドラマ動画!9話のあらすじを最後に

ドラマ『監察医朝顔』9話のあらすじを簡単に紹介します~!

興雲大学の法医学教室に解剖の依頼が入った。指示を受け、準備をする朝顔(上野樹里)や光子(志田未来)たち。

だが、運び込まれた遺体を見た朝顔は目を疑った。遺体は、朝顔の幼なじみでもある三郎(きづき)の妻、結衣(松長ゆり子)だった。

朝顔は、気を落ち着かせて解剖を始めようとするが、手が震えてしまい、メスを落としてしまう。

その姿を見た茶子(山口智子)は、邪魔だから解剖室から出ていくよう朝顔に命じた。

結衣は、自宅の階段前で頭を打って死亡していた。背中から落ちたようで、仰向けの状態だったという。第一発見者は三郎だった。

解剖の結果、重篤な損傷は、頭蓋骨と頸椎の骨折。

2階から落ちたにも関わらず背中の傷が少なく、上腕にはまったく傷がなかったのは、1歳の次男・陽斗(遠藤千空)を抱いたまま転落したからではないかと考えられた。

検視官の丸屋(杉本哲太)は、誰かに突き落とされた可能性はないか、と茶子に尋ねた。事件性があれば現場を調べる必要があるからだ。

すると朝顔は、他殺なんてあり得ない、三郎が結衣を殺すはずがない、と訴え…。

監察医朝顔 公式サイト引用

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

最後までお読みいただきありがとうございました^^

◆監察医朝顔 “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> 監察医朝顔 “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪


※本ページの情報は2019年9月時点のものです。最新の配信状況はFODサイトにてご確認ください。[PR]