監察医朝顔 ドラマ動画!6話も無料で見逃しフル視聴する方法

新章突入!上野樹里の月9ドラマ『監察医 朝顔』の6話が放送されましたね!

この監察医朝顔 6話の動画は無料で見逃し視聴できるの?と、気になって動画を探している人が多いようです。

なのでこのページでは安心して、監察医朝顔 6話の動画を “無料で見逃し視聴できる” おススメの方法を紹介しています↓

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

違法にアップロードされた動画じゃないので、高画質でCMもないし、安全に “1話~ まとめて” 視聴できますよ!

監察医朝顔 ドラマ動画!6話の予告を紹介[PR]

ドラマ『監察医 朝顔』6話の動画予告はこんな感じに!

監察医朝顔 ドラマ動画!6話を無料で見逃し視聴するおススメの方法

ではドラマ『監察医 朝顔』6話の動画を、無料で見逃し視聴できるおススメの方法を紹介します!

それは、監察医朝顔の放送が終わるたびに毎回、見逃し配信をしてくれている公式のサービス『FODプレミアム』です!

『FODプレミアム』には”1ヶ月無料おためし”が付いててお得なので、

違法にアップロードされた動画を探さなくても安全に見逃し視聴できます!

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

無料期間中に登録して、1ヶ月以内に解約することもできるので、その場合でもお金をかけずに、監察医朝顔の動画はもちろん

『監察医朝顔』以外の 現在放送中の最新ドラマ・映画・海外ドラマも、時間が許す限り好きなだけ見れてしまいます!

ただ、“1ヶ月無料おためし”はいつまでやっているのかわからないので、

監察医朝顔を安全に無料で見たいなら早めに登録したほうが損しないです!

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

FODプレミアムに登録したら検索窓から「監察医朝顔」で検索してくださいね^^ すぐにみれますよ![PR]

監察医朝顔 ドラマ動画!6話の予想は

20代 女性 :

監察医朝顔の動画 6話の予想は、朝顔は桑原くんと正式に夫婦になり、子どもも出産して父親平と共に4人での生活が始まる。

家の中はいつも騒がしく笑ったり泣いたりと日々送っていて、平は孫にメロメロ状態で幼稚園のお迎えに行ったりしているのだと思う。

月日が流れたので、監察医メンバーたちも一人一人変化があって出世した人もいると思うし、新しい人も出てくるのではないかと思う。

朝顔も試験に合格して立派に働いている。一家の父親母親の変死死体が発見され、娘が発見者ということで家族内のことについて、話すことになると思う。

事件を調べていくうちに朝顔が何か疑問に思い、行動し始める。

20代 女性 :

監察医朝顔の動画 6話の予想は、朝顔の人生に1つ区切りがつき「旅立ち」とされましたが6話では母となった朝顔がどんな事件に関わり、

ご遺体に向かい合うのか楽しみです!桑原くんはお父さんになって子どもにメロメロになってそうなのが想像できます。

お父さんはなんだかんだ言いながら孫のことを可愛がってそう。

子供が少し大きくなったら、朝顔や桑原くんのお仕事に興味を持ち始めたり、忙しい両親に構ってもらえなくて拗ねちゃったりするのでしょうか。

そして、相変わらずお父さん(平さん)は奥さんを探しに行くのだと思います。

新たなステージに進んだ二人の生活がどうなっていくのか、来週も楽しみです。

30代 女性 :

監察医朝顔の動画 6話の予想は、朝顔は桑原と結婚し娘を出産後、子育てをしながら再び解剖医として働き、

夫の桑原も刑事として経験を重ね、そつがない捜査は捜査一課にいた平に近付きつつあるほどに頼れる存在となっていて、

朝顔の父親の平は孫娘のあまりの可愛さに心を鷲掴みにされてしまい、欲しいとせがまれると何でも買い与えてしまう甘いお爺ちゃんになっていて、

朝顔と桑原から説教を受けてしまうダメな存在になっていそうです。朝顔が勤めている大学の法医学教室の面々も、

月日の流れによって環境が変わりアルバイトだった光子は医師免状を取得した事で、

検査技師の高橋と立場が逆転してあれこれと指示する女帝のような面白い態度を見せると思います。

また、検視官の伊藤が辞めて新たに配属された検視官は、解剖医の朝顔がわざわざ現場に来ることを嫌う露骨な態度で排除しようする展開もありそうです。

20代 女性 :

監察医朝顔の動画 6話の予想は、朝顔に子供が産まれており、もう4歳ほどになっています。

そして母親となった朝顔の中で、色々な初めての感情が湧き出て、監察医としての在り方が大きく変化するのではないかと思っています。

ただ、監察医である朝顔ができちゃった婚していたりと、なんだか物語がチープな気がします。

ですので、これ以降はもう少し視聴者に考えさせられるようなドラマになることを期待しています。

朝顔のお母さんは東日本大震災でいなくなってしまいましたが、ずっと遺骨は出てきていません。

このままだと出てこないまま物語は終わってしまうのかもしれません。でも、それはそれでリアリティだと思います。

40代 女性 :

監察医朝顔の動画 6話の予想は、朝顔が、女の子のママになるのですね!孫娘を、目を細めながら可愛がる平の様子が、容易に目に浮かんできます。

里子の生まれ変わりのようなつぐみちゃんを、みんなで大切に育てていく景色が予想されます。

年数が経ったことで、法医学教室の人間模様も、変化があるようです。藤堂絵美はベストセラーを出して活躍するようです。

安岡光子は、法医学の道に進んでいます。それぞれの人物の立ち位置も、あらゆる変化が起こってくるようです。

人間関係の変化が少しずつ出てくることが予想されます。

検視官も、伊東とは全く違うタイプの丸尾になるようで、教室の雰囲気が変わりそうです。

30代 男性 :

監察医朝顔の動画 6話の予想は、あっという間につぐみちゃんも大きくなり、朝顔は、仕事に向かうため、つぐみちゃんを保育園に預けます。

朝顔は、お母さんとして現場復帰するのですが、お母さんになったことで、監察医の仕事にもより一層磨きがかかり、

今まで気づかなかったことに気づけるようになって、事件の解決への糸口を見つけたり、死者の思いを一層汲み取れるようになるのではないかと思います。

また、仕事以外では、旦那となった桑原を含め、家族4人での生活が順風満帆に描かれつつ、

つぐみちゃんと朝顔のお父さんとの結びつき、絆も描かれているのではないかと予想します。

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

監察医朝顔 ドラマ動画!6話の見所はどこ?

20代 女性 :

監察医朝顔の動画 6話の見所は、朝顔と桑原くんが結婚して子どもが出来て父親含む4人で暮らすことになり、

どのような生活をしているのか、子どもが入ってどう空気感が変わったのかどうか気になる。朝顔は試験に受かったと思うが、

他の監察医メンバーたちはどう変化していったのか見れるのが楽しみで、面白いのでガラリと変わっていてほしい。

事件としては男女の変死死体が発見され、それを見つけたのが娘ということでどのような心情なのか

その事件の真実をどう朝顔たち監察医と刑事たちが解決へ導いていくのかが楽しみであるし、

検視官の人が何をしてくるのかが見どころになると思う。

20代 女性 :

監察医朝顔の動画 6話の見所は、このドラマでは刑事や監察医が関わる事件のことだけでなくて、

主人公たちの私生活や震災にまつわるエピソードも並行して進んでいくのが見どころだと思います。

6話では朝顔と桑原くんの子供も少し大きくなっているところが見られると思うし、子育てに奔走しながらお仕事を頑張る2人の姿が楽しみです。

お茶目で頑張り屋さんな桑原くんと、しっかり者で優しい朝顔のほっこりするシーンが好きですが親になった二人のやり取りも楽しみにしています。

実家がすっかりこどものいる家に様変わりしていたので、お父さんとの関わりもこれまでと少し違ってくるでしょう。

30代 女性 :

監察医朝顔の動画 6話の見所は、朝顔と平の大人の仲良しの親子だけが住んでいた自宅に、

朝顔の夫である桑原と新しく誕生した朝顔の娘の天真爛漫な激しく動き回る事で、慌ただしいものの華やいだ雰囲気を見せて欲しいと思います。

また、朝顔が解剖医の経験を積んだ事で依頼のあった遺体から、様々な情報を見抜く鋭さも期待しています。

お爺ちゃんとなった平に可愛らしい孫娘の存在で、娘の朝顔と2人で住んでいた時の自宅ではあまり笑顔が見られなかったのが、

満面な笑顔が溢れまくりダメダメじいちゃんぶりを面白く見せて欲しいなと思うのと、

妻の里子の父親の浩之に平と朝顔と孫娘に桑原が会いに行き心の繋がりがある、心温かな交流があることも願っています。

20代 女性 :

監察医朝顔の動画 6話の見所は、正直、朝顔のお子さんがもう大きくなってしまっている設定だったので、少し驚きました。

朝顔が子供を産むシーンがあったりして、子供をもつ母親として、法医学の医師として、仕事の向き合い方、

命の尊さや扱いが少し変わって…というようなことを4話から期待していました。

しかし子供を産むシーンなど、これからもないようなので、どのように法医学者としてどう変わったのかを演出するのかなと思っています。

毎回楽しく拝見させていただいていますが、このドラマは全体的に内容が少しチープな気がしてしまいます。

もっと、法医学者としての哲学をこれから期待しています。

40代 女性 :

監察医朝顔の動画 6話の見所は、ママになった朝顔が、どんな風に、育児と仕事をこなしていくのかを見ることが楽しみです。

平と桑原は、各々のタイプは違うものの、どちらも優しい男性なので、みんなで助け合って育児をしていく場面が、

見どころになるのではないかと、考えています。

年数が経って、生活環境が大きく変わってきた平と朝顔親子が、東北の震災に対する思いに、

どんな変化が現れているのかが、見どころになってくると思います。平は、相変わらず妻を探し続けているのか。

朝顔は、今でも、被災地を訪れることが難しいのか。などにも注目したいと思っています。

30代 男性 :

監察医朝顔の動画 6話の見所は、お母さんになったことで、朝顔は、今まで以上に仕事に対してパワーアップするであろうと思っているので、

今後の朝顔の監察医としての仕事ぶりがいかなるものかという点は見どころの一つではないかと思います。

朝顔は、これまで以上に慈悲深く、笑顔が5話までは比較的少なかったので、出産後ということで、

6話目からはお母さんとしての表情もプラスされ、豊かになるのではないかと期待しています。

また、一人娘のつぐみちゃんの成長していく姿と、つぐみちゃんとの家族一人一人との繋がりが、どのように描かれていくのかも楽しみの一つです。

◆監察医朝顔 “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> 監察医朝顔 “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

監察医朝顔 ドラマ動画!6話までの感想

20代 女性 :

監察医朝顔の動画 6話までの感想は、朝顔はみんなに愛されていて幸せ者だなと思った。

桑原くんが常にお腹の赤ちゃんのことを気にして、お腹温めるんだよ、俺も烏龍茶にすると言って気遣いをする優しいお父さんだなと思った。

朝顔の父平もひとり娘を気にして桑原に聞くあたりもいいお父さんだなと思った。

心霊スポットで白骨化した遺体が見つかって、それは認知症だったしゅうぞうさんだった。

徘徊途中に足を骨折して帰れなくなり、しゅうぞうさんを家に連れ戻そうとして足を骨折した犬。

共に衰弱死してしまったのではないかという推測した朝顔。息子に遺骨を持っていってほしい気持ちが強く、心が痛かった。

しゅうぞうさんの骨は息子さんが引き取ってくれず、犬の骨と別々になってしまうことも考えると、

悲しくなっていた朝顔に対して、夏目先生はしゅうぞうさんの遺骨の中に犬の骨の1つをこっそり入れてあげていた。

しゅうぞうさんと犬が一緒になれて良かった。

20代 女性 :

監察医朝顔の動画 6話までの感想は、妊娠し、婚約することになった桑原くんと朝顔。

5話では2人の結婚に向けての話も進むんだろうなと楽しみにしていました。

監察医としてのお仕事にも奮闘しつつ、家族の話も並行して動きがあり心を打たれました。

2人で暮らす家を探しているところで、朝顔のなんとなく気の進まない感じが、同じ女性として気持ちが分かるなあとも思いました。

結婚することは嬉しいし、2人で暮らすのももちろん楽しみだけど、1人になるお父さんのこと、ずっと実家で暮らしてきた「普通の日常」との決別、

寂しさ、日々が変わってしまう物悲しさ、それが朝顔の何気ない表情から感じました。

そんな朝顔に勇気と愛情に溢れた言葉をかけてくれた桑原くん!少し頼りないイメージもありましたが、とてもかっこよかったです。

朝顔がお父さんに今までの感謝の気持ちを伝えるシーンはわたしも夫と涙ぐみながら観ました。

今週も親子の絆、彼との愛を感じられる素敵な回でした。

30代 女性 :

監察医朝顔の動画 6話までの感想は、平が見守る中で行われていた結婚式は確実に娘の朝顔と桑原が

挙げているものと思っていたので、遅れて来た朝顔を見た瞬間はどういう事か全くわかりませんでした。

検視官の伊藤が涙を流して結婚と確実にメロメロ生活の雰囲気が感じられると思ったら、実家に帰って旅館を継ぐという旅立つ展開は予想外でした。

また、発見された白骨遺体の身元がわかる理由が血の繋がる息子の登場からという縁のある事と思ったら、受け取りを強く拒否、

朝顔と平の仲良し親子とは正反対で、白骨遺体となった中島修三と名乗り出た息子の雄平に一体何があったのかは

赤の他人に全くわからないと終わり方と、家族の関係も様々だなと感じました。

平が必死に出ていけと言っていたのは、娘の朝顔の最後の挨拶を聞きたくなかった父親の側面を感じられ、

朝顔が私が寂しいと本音を父親の平に伝えた事が、平の心を解放させた所で、テレビ前のこちらも号泣でした。

朝顔が令和時代の働く女性として、どんな挙式に出産、産休を送るのかと楽しみにしていたら、もう幼稚園に通ってるとは驚愕の終わり方にはやられました。

20代 女性 :

監察医朝顔の動画 6話までの感想は、今回も色々なことが勉強になりました。ご遺体の歯や骨で、その方の身長や性別、年齢が分かるということを初めてしりました。

そして、今回の解剖は、2年前くらいに亡くなった白骨化したご遺体でした。

それは70代の男性でしたが、男性の骨だけでなく、小さな骨もありました。その骨はその男性が飼っていた犬の骨でした。

息子が父親の遺骨はいらないと言っていたり、少しショッキングでもありました。

このドラマは少し暗くなるような話でもありますが、暗に暗くなり過ぎないのは、お父さんや旦那さんの演技のおかげなのではないかと思います。

40代 女性 :

監察医朝顔の動画 6話までの感想は、白骨化して発見された男性の末路を考えると、もの悲しい気持ちになりました。

息子とは音信不通、徘徊先で倒れたまま、誰に救助されることもなく亡くなってしまう最期は哀れでなりません。

せめてもの救いは、寄り添ってくれていた犬の存在があったことですね。朝顔と桑原の結婚話が進んでいることが、とても微笑ましいです。

朝顔の実家に、そのまま平と同居することになるのは、予想通りです。最初は同居を拒否した平でしたが、朝顔の必死の説得で心が動かされました。

目を腫らして平に話する朝顔の姿は、印象に残っています。父と娘の絆を感じました。

30代 男性 :

監察医朝顔の動画 6話までの感想は、朝顔と桑原が婚姻をすることで、新居を決めなければならなかったのですが、

その愛の巣を朝顔の実家にしようと、桑原が朝顔に伝えたところは、観ていてよかったなとホッとしました。

そして、朝顔のお父さんが、自分のために気を使ってほしくないと朝顔たちと一緒に住みのを頑なに拒否し、

それを見た朝顔は、泣きながらお父さんを説得するのですが、その朝顔のお父さんに対する愛情深い

言葉一つ一つに思いの丈がぎゅっと詰まっているように感じ、胸が熱くなりました。

時は流れ、つぐみちゃんが生まれ、すっかり朝顔もお母さんになっていて、感慨深いものでした。

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

監察医朝顔 ドラマ動画!6話【ネタバレ】← 紹介

ここからがドラマ『監察医 朝顔』6話のネタバレになります!

5年の月日が流れメンバーの関係性も変わった

朝顔は、夫の桑原真也、4歳になる娘のつぐみと、実家で父・万木平とともに幸せな日々を送っている。

今日の朝食は、真也が用意していた。そこへ、平が起きてきた。やっと起きてきた朝顔は、つぐみのお弁当も用意する。

パンにつけるジャムがほしいというつぐみに、朝顔は冷蔵庫を見せ、ないことを納得させる。

この日は真也も朝顔も、朝一で仕事が入っていたので、午後から出勤の平が孫のつぐみを保育園に連れて行くことになった。

平は、目に入れても痛くないほど孫娘のつぐみを可愛がっていた。

一方、興雲大学法医学教室でも5年の間に、いくつか変化がおきていた。

朝顔たちが解剖を終えて部屋に戻ると、さらにパワーアップした主任教授である茶子がトムヤムクンを作っていた。

そんな茶子に、朝顔は医療雑誌から依頼された原稿を書くように茶子に頼まれる。締め切りは明後日までとのことだった。

そこで、茶子は解剖の所見記録を光子に頼む。医学部生としてアルバイトに来ていた光子は医師になり、朝顔たちの影響で法医学の道へと進んでいた。

そして光子はアルバイトの熊田に資料の整理をいいつける。

ここへきてからまだ1ヶ月の医学生・熊田は写真を撮るだけの愉快なサークルと騙され、アルバイトとしてきていたのだ。

検査技師の高橋と法医になった光子との関係は、5年の間に逆転し、「光子先生」と呼ぶに至っていた。

また、ベテラン法医学者の藤堂の妻・絵美は、著書がベストセラーになりヘルシンキへ出張に出かけるなど、こちらも夫婦の格差が生まれていた。

昼食のトムヤムクンを皆に勧める茶子だが、仕方なく藤堂と高橋が食べる羽目になってしまった。

男女の変死体が見つかる

一方野毛山署で真也は、マンホールを盗んだ男の調書をとっていた。森本では落とせなかった被疑者を、真也のたくみな話術で、被疑者は素直に話し始めた。

その後、森本にいじられる真也。

昼食を食べようと弁当箱を開けると、なんと上段も下段も、ご飯だった。平の弁当はちゃんとご飯とおかずだった。つまり、朝顔の弁当が、上段も下段もおかずだったのだ。

その時、男女の変死体が見つかったと連絡が入り、平と係長が出かけていく。

夫婦の死因は窒息死

ちょうど絵美がヘルシンキから興雲大学へ戻ってきたところに、野毛山署から連絡が入り朝顔が現場へ出向く。

現場につくと、その家の主人・黒岩雅樹が居間で首をつって死んでおり、妻の多江は寝室でベッドに横たわった状態で亡くなっていた。

新しい検視官が遅れてまだ来ていなかったので、課長は先に朝顔に声をかけて遺体をみせる。
第一発見者は次女の友里とのことだった。

多江の様子に違和感を抱いた朝顔は、彼女の体に触れようとするが、そこへやってきた検視官の丸屋に、「触るな」と止められてしまう。

検視官より先に法医が検案するなんて言語道断、規則違反だと咎められ、朝顔は帰ろうとするが、今後は控えてくれと言われて、朝顔も残ることになった。

丸屋は現場の状況から、夫・雅樹の死因は窒息死、あるいは内因性突然死と推察する。死亡推定時刻は昨日の夕方4時~5時だった。

一方、妻の多江のほうは午後1時ごろと推定された。さらに、雅樹の首の後方に小さな蒼白帯があったことがわかり、後ろから細いひものようなもので絞められたものとの丸屋の検視結果だった。

さらに詳しいことをはっきりさせるために、朝顔たちに解剖が依頼される。

解剖の結果は窒息死

夫は、絞殺である可能性が高かった。続いて、妻・多江の遺体が運ばれてきた。

朝顔はいつものように「教えてください。お願いします。」と遺体に向き合い、解剖が始まった。

まずは外側から光子と共に監察する朝顔。そして解剖の執刀も朝顔だった。多江の肋骨は、きれいに何本か折れていた。内臓がうっ血し、失血死の可能性もあった。

廊下で待っていた次女・友里の元へ、看護学校で寮生活をしている長女の美咲がやってきた。
解剖の結果、夫婦ともに死因は窒息と判断された。

法医学教室の面々は、新しい検視官・丸屋にいい印象は持てなかったが、朝顔は、丸屋の検視は的確だと認めていた。

その時、朝顔たちの行きつけの居酒屋「さぶちゃん」からつぐみのお迎えが完了したと連絡が入る。

「さぶちゃん」の息子とつぐみの仲がいいことを平に話すと、真也には言うと保育園を変えると言い出すかもしれないと平は言うのだった。父親とはそういうものなのだと。

そんな話をしながら、平は翌日また東北へ里子を探しに行く準備をしていた。

平の机の上には、これまで平が探してきた軌跡が記されたノートが何冊もあった。

雅樹による虐待

風呂に入る真也とつぐみ。

その間に朝顔が夕食の用意をする。すっかりおじいちゃんこのつぐみをみて、平が甘やかしすぎだと朝顔は思っていた。

朝顔がつぐみを寝かしつけたあと、3人は自然と事件についての話をしはじめた。

次女の友里は姉・美咲の寮に当分の間、泊まることになったようだ。

また、亡くなった雅樹は5年前に事業で失敗してから荒れた生活をしていたこともわかっていた。

などと話をしているとつぐみが平を呼ぶ声が聞こえた。「じぃじぃ」と。

いそいそとつぐみの布団へ行く平だった。孫が可愛くてしょうがないのだ。

父親から虐待を受けていた姉妹

翌日、資料がきちんとそろっていないと絵美に叱られる熊田は、実は熊田歯科医院の跡取りだった。

そして朝顔たちは、なぜ多江の肋骨が均等に折れていたのかを考えていた。

一方、真也は、平とともに黒岩家の娘二人に話を聞いていた。

しかし、友里に話を聞こうとすると、長女・美咲がたびたび話を遮った。

さらに二人の様子をみていた平と真也はあることに気付いた。父親から虐待を受けていた可能性が考えられたのだ。

犯人は長女・美咲?

そこへ、捜査に当たっていた野毛山署の刑事から事件のあった日、友里が4時ごろ自宅に帰っていたことがわかったと報告が入った。

第一発見者の友里が、事故当日塾からそのまま友達の家へ行ったと言うのは嘘だった。

その経緯を法医に話す丸屋は、遺体に友里が犯人だと裏付けるものはなかったかと聞くが、朝顔は、精査しなければ断言できないと答えた。

ちょうどその時茶子がやってきて、犯人が自首したことを丸屋たちに伝えた。

自首したのは長女・美咲だった。

美咲の自供によると、会社がつぶれてから、父・雅樹に暴力を振るわれていた。

事件当日、研修に行くため旅行鞄をとりに行った時、父の横で母が死んでいて、父が自分が殺したと言ったので、

カッとなって、コードで首を絞めて殺したというのだ。そして、犯行に使われたコードを見せた。

時間についての供述の裏もとれていた。

エアコンの温度設定がキーポイント

朝顔は、多江の写真をもう一度見ていた。違和感の正体は、化粧はしていないのに、口紅だけが塗られていることだった。

そしてもう一度解剖写真を見ると、朝顔は平と共に現場へ再び向かった。

黒岩家の鏡台の引き出しからリップを探す朝顔。真也も平から連絡をもらい、やってきた。

寝室のエアコンのリモコンを見ると18度の強風で設定され、朝10:00に切れるように設定されていた。

しかし、夫が亡くなっていた居間のリモコンの設定温度は25度で、タイマーはかけられていなかった。

とそこへ、丸屋がやってきた。

じっとエアコンと解剖所見を見比べていた朝顔は、「私たちは大きな勘違いをしていたかもしれない」と丸屋に話す。

父母の死亡時刻のずれは姉による偽装だった

課長がもう一度次女と長女に話を聞く。そして両親の亡くなっていた時間が間違っていたと、朝顔は二人に伝えた。

正確には、父・雅樹が夕方4時~5時で、母・多江が5時~6時だった。

友里は4時に塾から帰宅していたのだから、何か見ていないかと聞く平に、自分が父を殺したと姉・美咲は言い張るのだった。

しかし朝顔は、父を殺したのは別の人だよねと聞く。

母に口紅を塗ったのは友里。服を着替えさせたのも友里。と朝顔は推察していた。

友里が口を開こうとすると美咲が遮った。もう、本当の事言おうと言う友里を美咲が制止した。

朝顔は多江の肋骨が折れたのは、看護学校に通う美咲が心臓マッサージをしたからだろうとふんでいた。おそらく1時間以上。

ようやく美咲が口を開いた。母は悪くないのだと。

事件の真相

事件の真相は次の通りだった。

友里が家に帰ると、母・多江が父を殺したとコードをもって居間に立っていたのだ。

怖くなった友里は、母に、待っててと言い残して姉を呼びに行った。そして、美咲と友里が家に戻ってくると、すでに母は自殺していたのだ。

美咲がすぐに心臓マッサージをしたが母は助からなかった。

そのあと、母をかばうために、父を自殺に見えるようにし、母の服を着替えさせ、死亡時間をずらそうと寝室のエアコンのタイマーをセットしたのだ。

そして、母を綺麗にしてあげたいと次女が口紅を塗ったのだ。毎日化粧もせずに働いていた母がかわいそうだと友里は思っていいたのだ。

二人の話を聞いて、「最後にお母さんに会っていきますか?」と言う朝顔に、丸屋は、

母の殺人を隠蔽しようとしたのだからすぐに署に連れて行くべきだと言うが、これ以上、この子たちが何かすると思いますか?と平に言われ素直に引き下がった。

友里は、もう一度、遺体となった母に口紅を塗った。

美咲は「もっと早く看護師になっていれば、、、」、「もっと早く二人を連れだしていれば、、、」と泣きながら母に謝るのだった。

そんな二人の背中を朝顔は優しくさする。

姉妹の処遇に情状酌量を求める真也

野毛山署にもどった真也は、姉妹のことを心配し、課長に二人の処遇について訊ねていた。

妹は未成年だが、姉は死体遺棄と虚偽申告で罪になるのではないかと課長。

実は真也は病院から診断書をもらってきていた。姉妹が父に暴力を振るわれていた証拠になるからだ。

書類を預かった課長から、真也には辞令が出ていることを聞かされる。県警の捜査1課に異動が決まっていたのだ。

平からも大丈夫だろうとのお墨付きだとのことだった。

母の手掛かりが見つかる

解剖所見を書き終えた朝顔。

そこへ茶子が、新しいスープを作って持ってきた。前回のトムヤムクンの失敗から、他のメンバーは一旦断ったが、

朝顔の「おいしい」という言葉を聞き、みんなでおいしそうに食べるのだった。

そのとき朝顔の携帯に電話が入った。

母の実家のある千の浦市役所から、母がはめていた手袋が見つかったと報告があったのだ。

さらに手袋の中には白いものがあったらしい。母の骨かもしれないと。

朝顔の気持ちは複雑だった。

--- 以上、監察医朝顔 6話のネタバレでした~! ---

監察医朝顔 6話を見逃した人は、

無料期間中に1話から見逃し視聴できる『FODプレミアム』がおススメです!

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

いつまで “1ヶ月間の無料おためし” があるのか分からないので、見たいかたはお早めに~^^♪

これで連休中の暇つぶしはバッチリです(笑)

監察医朝顔 ドラマ動画!6話の感想まとめ

監察医朝顔 6話の感想は、虐待を受け、やむにやまれず夫を殺してしまった母が、自殺してしまったなんて悲しすぎますね。

もちろん、母のしたことは「殺人」ですから、許されることではないのかもしれませんが、

母をかばって自分が父親を殺したと嘘の自供をした長女の美咲の気持ちが、とても切なく胸が痛くなりました。

そして、そんな美咲たちの将来のことを考え、情状酌量になるよう虐待の事実を証拠として集めていた真也は、刑事としてはどうかわかりませんが、本当に「いい人」なのだろうと思います。

それにしても、遺体の様子や現場のリモコンから、死亡推定時刻が故意にずらされていたとか、肋骨がきれいに折れていたのは心臓マッサージをしたからだろうとか、

法医学というのは、本当に遺体からたくさんのことを知ることができるのだと改めて感心します。

亡くなった人は、もう自分の死について話すことはもちろんできませんが、その体で自分の死因などを訴えているのですね。

朝顔が、必ず解剖の前に「教えてください。お願いします。」という意味が、最近分かってきたような気がします。

さらに、第6話では、母・里子の骨?が見つかったかもしれないことから、次週の展開がとても気になりました。

平さんが、前を向いて歩いて行けるようになるといいなと期待しています。

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

監察医朝顔 ドラマ動画!6話のあらすじを最後に

ドラマ『監察医 朝顔』6話のあらすじを簡単に紹介します~!

この5年の間に、茶子(山口智子)が主任教授を務める興雲大学法医学教室にもいくつかの変化があった。

ベテラン法医学者の藤堂(板尾創路)は、著書がベストセラーになったことで世界中を飛び回るようになった法歯学者の妻・絵美(平岩紙)との夫婦格差を嘆いている。

医学部生だった光子(志田未来)は医師になり、朝顔たちの影響で法医学の道へと進んでいた。

立場が逆転してしまった検査技師の高橋(中尾明慶)は、そんな光子を「光子先生」と呼ぶように。

また、アルバイトとして歯科医院の跡取りでもある医学部生の熊田祥太(田川隼嗣)も加わっていた。

絵美が海外出張から戻った日、野毛山署管内の一軒家で男女の変死事件が起きる。

依頼を受け、朝顔が現場へと向かうと、この家の主人・黒岩雅樹(岡部光祐)が居間で首をつって死んでおり、妻の多江(片岡礼子)が寝室で死んでいた。

第一発見者は次女の友里(小林星蘭)。長女の美咲(恒松祐里)は、看護学生で寮生活を送っているらしい。

監察医朝顔 公式サイト引用

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

最後までお読みいただきありがとうございました^^

◆監察医朝顔 “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> 監察医朝顔 “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪


※本ページの情報は2019年8月時点のものです。最新の配信状況はFODサイトにてご確認ください。[PR]