ミスジコチョー 動画を1話から見逃し配信でフル視聴する方法!

松雪泰子が主演のNHKドラマ10『ミスジコチョー 天才・天ノ教授の調査ファイル』の1話が放送されましたね!

このミスジコチョー 1話の動画は 見逃し配信でフル視聴できるの?と、気になって動画を探している人が多いようです。

なのでこのページでは安心して、ミスジコチョー 1話の動画を “見逃し視聴できるおススメの方法” やネタバレを紹介しています↓

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

違法にアップロードされた動画じゃないので、高画質でCMもないし、安全に “1話~ まとめて” 視聴できますよ!

ミスジコチョーの動画!1話の予告は?

ドラマ『ミスジコチョー 天才・天ノ教授の調査ファイル』1話の動画予告はこんな感じに!

ミスジコチョーの動画!1話を見逃し配信でフル視聴するおススメの方法

ではドラマ『ミスジコチョー 天才・天ノ教授の調査ファイル』1話の動画を、見逃し配信でフル視聴できるおススメの方法を紹介します!

それは、ミスジコチョーの放送が終わるたびに毎回、見逃し配信をしてくれている公式のサービス『U-NEXT』です!

『U-NEXT』には”31日間の無料トライアル”が付いててお得なので、

違法にアップロードされた動画を探さなくても安全に見逃し視聴できます!

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

無料期間中に登録して31日以内に解約することもできるし、その場合でも、ミスジコチョーの動画を1話から視聴できます!!

もちろん『ミスジコチョー』以外の現在放送中の最新ドラマや映画・海外ドラマも、時間が許す限り好きなだけ見れてしまいます!

ただ、“31日間の無料トライアル”はいつまでやっているのかわからないので、

ミスジコチョーを安全にフル視聴したいなら早めに登録したほうが損しないです!

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

※U-NEXTに登録したら検索窓から⇒「ミスジコチョー」で検索してくださいね^^

ミスジコチョーの動画!1話の予想

50代以上 女性 :

ミスジコチョーの動画 1話の予想は、食中毒の裏にはコスト削減のための食品偽装が隠されていたようです。

1話もそうでしたが、結局、お金のために一番大切な安全を犠牲にしてしまい、結果的に大事故を引き起こしています。

目先の利益だけを優先してしまうと、こういう被害が起きてしまうのだと改めて思いました。
このことは現実社会でも、いろいろな場面で共通して言える大きな課題だと思いました。

私もドラマを通して、失敗学を学んでいきたいと思うようになりました。
2話の食中毒も よくある問題なので、ドラマを観ながら参考にできるところは改善していきたいと思いました。

30代 男性 :

ミスジコチョーの動画 1話の予想は、学校給食を作るセンターでの食中毒発生に関する事故調査をする所から話は始まると思います。

一見なんの問題もないように運営されているセンターでしたが、天ノにかかればすぐに問題を見つけると思います。

利益をを確保する為に、優秀な社員はよりコストの低い食材を選ぶ事を考え、食材の産地偽装を行っていました。

それこそが食中毒の原因でしたが、優秀な社員は自らの保身の為に嘘をつきます。
当然コストが低い食材は衛生管理が行われておらず、食中毒の菌が混入するリスクが高まっている事を天ノが助手の一言からひらめきます。

見事に失敗の原因を突き止め話は終わると思います。

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

ミスジコチョーの動画!1話の見所はどこ?

50代以上 女性 :

ミスジコチョーの動画 1話の見所は、食中毒の事故が起きた時、その原因がどこから発生しているのかが問題になります。

2話ももしかしたら、最初に出たなんとなくの結論で多くの関係者が納得してしまうのかもしれません。

しかし、真実はさらに深いところに隠れていて、それを見つけていくのが天才教授の天ノ真奈子だと思います。
彼女は本業よりもジコチョーを優先してしまっているようですが、本業の方は大丈夫なのだろうかと心配になります。

あたふたしているのは新人の燈だけで、他の研究室のメンバーは落ち着いた様子でいるのも、天ノ真奈子の性格を知っているからなのだと思いました。

30代男性:

ミスジコチョーの動画 1話の見所は、天ノの天才っぷりに期待したいと思います。

失敗の調査の為なら、通常の研究をすぐに投げ出すが天才が故通常の研究はそつなくこなす天才っぷりが楽しみです。

それ以上に気になるのが秘書の辻留と助手の西峰です。

ただ者ではなく非常に優秀な二人も天才だと思います。

3人の天才っぷりに期待したいと思います。

次回は食品偽装という不正をしていた失敗をどのように追及していくのか工学分野に秀でた天ノが食材というまったく道の分野をどうやって解いていくのか期待したいと思います。

最後に、タイムマシンは本当に出来るのか原発事故を止めるきっかけが進んでいく事に期待したいです。

◆最新のドラマ動画の見逃し視聴方法&ネタバレまとめページはこちら↓

>>> ドラマ動画の見逃し&ネタバレをまとめてチェック♪

ミスジコチョーの動画!1話までの感想

50台以上女性 :

ミスジコチョーの動画 1話までの感想は、ミス・ジコチョーの意味は独身の事故調査委員という意味の他にも、失敗のミス、そして自己中心的のジコチューにもかかっている言葉だということが分かりました。

確かに主人公の天ノ真奈子はかなり自己中心的な感じがしますが、天才教授と言われるくらい、きちんと結果を出してきます。
忖度やしがらみのない自己調査員会で大事故の原因を調査していくという機関が本当に必要だと思いました。

失敗すると誰が責任かをすぐに追及してしまいますが、やはり失敗の原因を突き止め、それを公表して、同じ失敗を繰り返さない対策が必要だと感じました。

30代 男性:

ミスジコチョーの動画 1話までの感想は、天ノ真奈子はやはり天才だったというのうが感想です。

天才とは常人の発想を完全超える行動をとると思いましたが、正にその通りでした。
鳥の翻訳機を開発しようとしたり常人の発想を超えていました。

その発想があるからこそ今回の事故の原因が突き止められたと思います。
ガスボンベが空を飛んでパイプを破損するなんて奇跡的な事故を突き止めたのは天才としかいいようがありません。

そしてその事故の裏に隠れていた上司の不正まで見抜いたのは凄すぎました。
ノーベル賞候補者たちが認めるだけはあると思いました。

最後にタイムマシンを作ろうとしている目的が原発事故を止めようとしているという素晴らしい目的の為だったので感動しました。

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

ミスジコチョーの動画!1話【ネタバレ】← 紹介

ここからがドラマ『ミスジコチョー 天才・天ノ教授の調査ファイル』1話のネタバレになります!

化学プラントの爆発事故

東國実化学・第一工場で夜中に大きな爆発事故が起きる。

爆発直前、嵐の中停電の影響を確認しに行った社員が『白い鳥が』との言葉を残して、爆発に飲み込まれる!

・・・

第1回事故調査委員会。

有識者が集まっている中、天ノ真奈子教授は助手・野津田燈にタブレットを持たせて、ビデオ通話で参加していた。

化学プラント工場の40%が焼失、隣接する他社にも被害が及ぶ大事故だ。

死者は1名、社員の水上幸四郎・30歳。

爆発の原因は不明、天災か人災かもわからない。

しかし、雨のおかげでで手がかりが残っている可能性を指摘する天ノ教授。

文句を言う面々だが、教授が映し出す映像に言葉をなくす。

教授は屋外でくつろいでいるようでいて、実は既に事故現場に到着しており、悲惨な現状を視察していたのだ。

第三者による真実究明が、ジコチョーの使命なのだ。

被害者はミスの多い人物?

野津田が駆け付けたころには、天ノ教授は燃え残った布の破片に興味を示していた。

製造課長の増渕邦男に会いに行く2人。

「失敗学」との名刺に驚く増渕課長だ。

天ノ教授は『報告書より面白おかしく話してください』と誤解を招くような言い方をする。

事故当日、午前2時ごろ落雷により一帯が停電。

予備電源が入らず、被害者・水上は調査に走っていた。

冷却装置が働かず、タンク内の化学反応が止まらないため、危険な状況だ。

一酸化炭素を注入して爆発を防ぐシステムだったが、非常用スイッチを入れても温度が下がらない。

水上のトランシーバーへ話かける増渕だが、なかなか応答がない。

『白い鳥が、鳥がぶつかって穴が…』との爆発直前の言葉だけが手がかりだ。

教授は白い鳥の話と、水上が失敗の多い性格だったことを聞き、目を輝かす。

フォローできなかったことを悔やむ増渕課長に水上の業務記録を借りる。

『いつどこで同じような事故が起きるとも限らない』と、後悔がない調査をしたいと言う。

奇妙な研究室

東京第一大学、天ノ教授の研究室。

秘書の辻留志保はそろばんを使っているし、助手の西峰郁美はロボットの着物を縫っている。

白い鳥について調べているうちに、気がめいって叫びだす野津田助手。

事故調査よりも、最先端の工学について学びたいとうめくのだった。

辻留秘書も、赤字だし契約した企業を待たせているしで、教授には事故調査よりも本業を優先してほしがる。

しかし“失敗”にのめりこむのは趣味だと諦めている辻留だ。

“真奈子コレクション”と称する棚には、数々の失敗商品の収集品が並んでいた。

天ノ教授は、講義で学生に“ハインリヒの法則”を説明していた。

1件の重大災害の裏には29件の小さい災害があり、さらに300件のヒヤリとした体験があるという法則だ。

研究室に戻った教授に、野津田は事故現場付近に夜行性の白い鳥はいないと報告。

そこに辻留が、『3年以内に制作する約束の新商品の契約書』の束を見せる。

肩をすくめる天ノ教授だ。

明日提出の「人口補助脳」についての中間報告は、辻留がたたき台を作ったと聞き、万能ぶりに野津田は驚いてしまう。

辻留は元科学者なのだった。

事故から離れられない天ノ教授は『鳥の言葉がわかれば…』と言い出し、西峰助手と意気投合してしまう。

新しい証拠

第2回事故調査委員会。

新たな証言で水上が『俺のせいだ』と口走っていた話が披露される。

やはり人災か、と傾いているが、天ノ教授は気のない様子。

タブレットでアオサギの威嚇音を鳴らしてしまう。

会議後、教授が駆けつけたのは、別の工場だ。

現場で採取した布の切れ端は、アオギリサービスの制服だった。

青切社長は『東國実化学は取引相手ではなく、1着風で飛ばされたのだろう』と語る。

むしろ事故調査の遅れで保険がおりないと、社長に責められる2人だ。

その時、若手社員がミスでガスボンベを倒してしまう。

『また徹夜になるぞ』とガミガミいう社長だ。

その様子を見て教授は天ノ教授は何かひらめく!

第3回事故調査委員会。

教授は『ボンベが自分で飛んできた』という仮説を披露する。

倉庫で倒れたボンベが、ガスの噴出でロケットのように飛翔、干してあった作業着を巻き込んで窓を破り、鳥のようにタンクまで飛んだという推理だ。

しかしボンベの保管倉庫から爆発したタンクまでは約320メートルあり、信じられないと会議は紛糾。

ボンベの残骸も現場になく、人災との結論が有力だ。

やはり検証実験しかないと、実験費用500万円をねん出する方法を考える教授。

野津田に専用のボディスーツを着せて、アクションを数値化したレポートをまとめ、報酬から実験費用を出せることになった。

事故日と同じ規模の台風が上陸する、南の島を目指す天ノ教授と野津田だ。

再現実験!

野津田は検証実験に集まった科学者がノーベル賞級の人ばかりなのに驚く。

そのうちの1人から、教授がタイムマシーンを設計していると聞き、2度びっくりだ。

風速20メートルのなか、実験が始まる。

1回目の実験の飛距離は、197メートル。

微調整しながら15回の実験を繰り返すが、320メートルには届かなかった。

空港で、野津田はタイムマシーンについて質問。

しかし『結婚は失敗だと過去の自分に忠告する』との話に、がっかりする。

話の中で、何かをつかんだ様子の教授の頭がフル回転する!

『私失敗しちゃった!』と笑う教授だ。

第4回事故調査委員会。

ボンベの件で、アオギリサービスの社長らも呼び出される。

天ノ教授に『ボンベが飛んだ心当たりがありますか』と聞かれ、憤り、実験で飛距離が出なかったことをあげつらう青切。

『それが答えを教えてくれました』と、模型を使って教授の説明が始まる。

アオギリサービスから200メートル付近の地点を調べると、冷却用の一酸化炭素をタンクに送る太いパイプに行き当たり、付近にボンベの残骸も落ちていた。

空飛ぶボンベが破損したのはパイプであり、穴が開いたせいで一酸化炭素が供給されなくなったタンクは爆発に至ったのだ。

野津田が証拠のボンベの残骸を見せる。

ボンベが1本足りなかったはずだと指摘する教授の話に、青切社長は『誰の責任かすぐ突き止める』と息巻く。

それを止める天ノ教授。

“ハインリヒの法則”を取り上げ、ジコチョーは何が起きたかを明らかにするところ、責任の所在は問題ではないと語る。

事故の背景には、アオギリサービスの慢性的な過重労働や、ずさんな管理体制があることを指摘する。

沈黙する青切だ。

事故原因の真相

水上の名誉が回復したと喜ぶ野津田。

しかし天ノ教授は、水上が『俺のせい』と口にしたことを気にしていた。

預かっていた水上の勤務ファイルをめくり、何かに気がついた教授だ!

事故現場に白百合の花束を持参して増渕課長を訪ねる2人。

課長にファイルを返し、水上の最後の書き込みを指し示す教授。

1か月も先のページに“UPS修理連絡”と書いてあった。

修理が記入されているのは、非常用電源装置の故障が嵐のせいではなかったことの証明だ。

非常用電源が最初から壊れていたことが、『俺のせい』との言葉につながったのだ。

『本当だとしたら、水上さんのヒューマンエラーです』と言う教授に、動揺する増渕。

証拠がないことを挙げ、水上がミスの多い人間だったと言い訳する。

教授は、ミスを隠さず共有しようとしていた水上の姿勢を評価する。

苦渋の増渕課長は、ついに真実を語りだす。

この工場は収益が下がっており、納期に向けて非常用電源の修理で作業を止めるわけにはいかなかったこと。

故障を報告した水上に、1ヵ月黙認してほしいと頼んだこと。

私が殺したようなものだと泣き出す増渕。

驚いたことに天ノ教授が動画撮影を言い出す。

水上の死を無駄にしないためにも、今回の失敗を語り伝えてほしいというのだった。

タイムマシーン

鳥語の研究のためか、白いハトがいる研究室。

増渕に同情する野津田に、天ノ教授は『ジコチョーに隠していい真実なんてない』と諭す。

もっと大きい事故を防ぐための、大切な責務なのだ。

タイムマシンの話の話を思い浮かべ、ブツブツ愚痴をこぼしながら教授の堆積物を整理する野津田。

荷物からタイムマシンの設計図やメモを見つけてしまう。

そこには3つの日付が書かれていた。

・1979年3月28日

・1986年4月26日

・2011年3月11日

スリーマイル島、チェルノブイリ、そして東日本大震災、原発事故に関する日付だとわかり、教授を見直す野津田助手だ。

屋上では天ノ教授が放った白い鳩が飛んでいく…。

--- 以上、ミスジコチョー 1話のネタバレでした~! ---

ミスジコチョー 1話を見逃した人は、

『ミスジコチョー』を1話からまとめて視聴できる『U-NEXT』がおススメです!

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

いつまで”31日間の無料トライアル”があるのか分からないので、見たいかたはお早めに~^^♪

これで連休の暇つぶしはバッチリです(笑)

ミスジコチョーの動画!1話の感想まとめ

ミスジコチョー 1話の感想は、

事故調査について、リアルで化学的な根拠があり、実験シーンもスケールが感じられる第1話でした!

主人公・天ノ真奈子教授役の松雪泰子は、ふんわりした中に科学者の探求心が隠れている感じで、素敵な演技でした。

堀井新太演じる野津田助手は、まだまだ天ノ教授の行動スタイルに四苦八苦している状況ですが、今後事故調査にはまっていくのでしょうか。

ツーカーの仲という設定の、須藤理沙演じる元科学者の秘書・辻留志保はいい味出していますね。

そろばんで経理を担当しているのに、ロボット工学のレポートの原案ができるなんて凄い人材です。

西峰助手役の高橋メアリージュンも、集中力以外は研究者に見えないエキセントリックなスタイルが面白かったです。

教授が打ちひしがれている増渕課長に向かって『撮影していいですか』と聞いたときには、ギョッとしました。

天ノ教授は科学者らしくもっと遠くを見ている設定なんですね。

失敗から学ぶためには赤裸々な告白の方が効果があるとの話には、納得です。

『失敗』と聞くと目を輝かせる天ノ教授の態度はエキセントリックで、身近にいると大変そうだなぁと思ってしまいますが、実際にこのような忖度なしのジコチョーがいないと、人は失敗から学ばないのかなぁとも感じました。

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

ミスジコチョーの動画!1話のあらすじを最後に

ドラマ『ミスジコチョー 天才・天ノ教授の調査ファイル』1話のあらすじを簡単に紹介します~!

工学教授の天ノ真奈子(松雪泰子)は、「失敗学」という風変わりな学問を提唱しており、その研究も兼ねてさまざまな失敗に興味を持っている。

工学者としても名高く、事故の調査委員会に招かれることが多い。

とある化学プラントで爆発事故が起こり、真奈子は助手の野津田(堀井新太)とともに事故調査委員として原因解明に乗り出す。

一見、とある従業員のうっかりミスに見えた事故は、真奈子によって複雑な真相が暴かれていく…。

ミスジコチョー 公式サイト引用

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

最後までお読みいただきありがとうございました^^

◆最新のドラマ動画の見逃し視聴方法&ネタバレまとめページはこちら↓

>>> ドラマ動画の見逃し&ネタバレをまとめてチェック♪

※本ページの情報は2019年10月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。