西郷どんの動画!34話をフルで見逃し視聴する方法

シェアする!!

鈴木亮平が演じる西郷隆盛が熱すぎる!大河ドラマ『西郷どん』の34話が放送されましたね!

この西郷どんの34話の動画はフルで見逃し視聴できるの?と、気になって動画を探している人が多いようです。

なのでこのページでは安心して、西郷どん 34話の動画を “見逃し視聴できるおススメの方法” やネタバレを紹介しています↓

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

YouTube・Dailymotion・Pandoraみたいに違法にアップロードされた動画じゃないので、高画質でCMもないし “1話~ 全話まとめて” 視聴できますよ!

西郷どんの動画!34話の予告を紹介

ドラマ『西郷どん』34話の動画予告は?

西郷どんの動画!34話をフルで見逃し視聴するおススメの方法

ではドラマ『西郷どん』34話の動画を、フルで見逃し視聴できるおススメの方法を紹介します!

それは、西郷どんの放送が終わるたびに毎回、見逃し配信をしてくれている公式のサービス『U-NEXT』です!

  

『U-NEXT』には”31日間の無料トライアル”が付いててお得なので、


YouTube・Dailymotion・Pandoraなどの違法にアップロードされた動画を探さなくても安全に見逃し視聴できます!

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

無料期間中に登録して31日以内に解約することもできるし、その場合でもお金をかけずに、西郷どんの動画を1話からまとめて視聴できます!

もちろん『西郷どん』以外の現在放送中の最新ドラマや映画・海外ドラマも、時間が許す限り好きなだけ見れてしまいます!

  

ただ、“31日間の無料トライアル”はいつまでやっているのかわからないので、


西郷どんを安全に見たいなら早めに登録したほうが損しないです!

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

※U-NEXTに登録したら検索窓から⇒「西郷どん」で検索してくださいね^^

西郷どんの動画!34話の予想

30代 女性 :

西郷どんの動画 34話の予想は、満を持して征夷大将軍になった徳川慶喜は、まず「芋侍たち」である薩摩に粛清するのでは?と不安に思いました。

西郷の「慶喜は国を売ろうとしている」の発言から危険な外交をしていることが予想されます。

幕府側の動きが慶喜からしか伝わりませんが、篤姫はどうしているのでしょう。

篤姫の当初の目的は「慶喜を将軍にすること」でしたが、34話で彼女が一体何を想うのか、彼女の登場に期待しています。

また、西郷や大久保などが必死に対策すると思いますが、間に合わないきがします。

公家にも影響があることで、岩倉の再登場もありそうです。

30代 女性 :

西郷どんの動画 34話の予想は、ようやく慶喜が将軍の座に就くということで、強引なやり方で政治を進めようとしてきて、

西郷、大久保、岩倉らと対立が激化するようになり倒幕へのカウントダウンが近づくと思います。

今までは自分勝手なやり方ばかりが目立ち最後の名将軍としての姿は見えなくなっていましたが、

次回からは本気になって立ち向かってくると思うのでどう動き、西郷さんたちと絡み合って進展していくのかが、とても楽しみです。

また大物である勝海舟も登場し、竜馬も狙われてきたので、幕末に活躍した役者が揃ってきて歴史の流れも徐々に加速していくと思います。

40代 男性 :

西郷どんの動画 34話の予想は、糸さんの出産がどうなるのか気になるところですが、

幕府の長州攻めが始まるようだから、次回は、徳川慶喜中心の回になるのだろうな。

桂はもう逃げの小五郎になっているのか、まだ長州の表舞台で活躍して次回出て来るだろうか。

坂本龍馬が下関へ旅立ったから、確か長州に加担するんだった気がするけど、ここへんも気になります。

予告で徳川家茂が病床についていたから、久しぶりに篤姫出て来るかな。

そして家茂亡き後の慶喜の活躍がそろそろ始まり、反慶喜派の動きも少し描かれることも期待します。

西郷隆盛は京へ行くようだけど、最初に何処を訪れるのだろう。

40代 女性 :

西郷どんの動画 34話の予想は、ついに慶喜が強硬にでるのですね。

それを止めるために 坂本竜馬も画策し、ついには刺されてしまうのでしょうか。

あれだけ用心してたのにさされるとは 顔見知りにさされた?慶喜はこれだけの暴君ぶりをみせてきてるので、

もろもろの諸藩もあきれてきてるのではないでしょうか?

今がうち時と 長州と結託し 全国の諸藩に働きかけ、討幕のために動くのだと思います。

岩倉はなんでさけんでいたのでしょうか、思うようにすすまなかったからなのか、天子さまにまた見捨てられてしまったのか。

天子さまもいい加減目を覚まして、西郷たちに 加勢してほしいです。自分のよくのために幕府をあやつってる慶喜をそろそろ成敗してほしいです。

50代 男性 :

西郷どんの動画 34話の予想は、薩長連合の動きと岩倉具視の策略が、

徳川幕府の考えている策を上回り、幕府軍を打ち破ることを予想しています。

特に幕府軍は薩摩が戦から離脱したことに、諸般の動揺があまりにも大きく、諸藩の代表者は、日和見的な行動に出るのではないかと思っています。

また幕府は将軍が死去していることを隠しているのですが、隠し事はいつまでも続くはずもなく、

どこからともなく漏れ伝えられて、幕府方の戦う気持ちが萎える様子も見どころだと思います。

長州と幕府の戦う戦術にも見所があると思います。

弱者の戦術と、強い者の戦術の違いについてもよく見て置きたいと思います。

50代 男性 :

西郷どんの動画 34話の予想は、将軍の徳川家茂が亡くなり、慶喜がついに将軍となります。

これからは自分のやりたい方向へと邁進することになると思います。

幕府の将軍となることで、権力者として一番上にたち、さらに人間の格としてもやはり慶喜は一枚上手なので、

幕府の勢力の巻き返しを図るためにいろいろな手立てを行っていく展開になると思います。

これに対して西郷どんはついに本気で武力での討幕に向けて本格的に動き出すことを決意していくこととなると考えます。

実際にどのように、大久保や岩倉具視や長州藩の人間たちと討幕に向けての策略を進めていくのか、が見どころになってくると思います。

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

西郷どんの動画!34話の見所はどこ?

30代 女性 :

西郷どんの動画 34話の見所は、人間不信に陥り、あれだけ内心臆病だった「ひーさま」こと徳川慶喜が、ついに将軍になったことで、

彼のその心情を包み隠さずはっきり喋ってくれるのを楽しみにしています。

嫌がっていた将軍の地位についたとき、彼は何を想うのでしょう?

そして、慶喜はイギリスではなくフランスと外交をし、何を成そうとしているのか、大変気になります。

また、それに伴う各藩の動きと、公家、岩倉の動きが気になります。

幕末の政治の動きがより活発になり、そろそろこの大河ドラマも佳境かと感じました。

33話ではプライベートの話が多めだったので、34話ではがっつり政治の話になることを期待しています。

30代 女性 :

西郷どんの動画 34話の見所は、今までは歴史的にあまり知られていない物語がメインで語られていましたが、

いよいよ坂本龍馬も現れ薩長同盟も結ばれ薩摩と長州が協力して慶喜を打ち負かし幕府を倒そうとするという、

このドラマの正念場的な物語りになると思うので、とても興味深いと思います。

また慶喜が将軍の座につき勝海舟が登場し、岩倉が暗躍するということで、倒幕の立役者が徐々に揃ってきたので、

それぞれがどういう気持ちであの時代を生き抜いていたのかが描かれると思うので、それもとても楽しみです。

また今後の展開がさらに加速すると思うので、それもとても楽しみです。

40代 男性 :

西郷どんの動画 34話の見所は、家茂が亡くなりそうなので、慶喜がいよいよ将軍になるでしょうから、

西郷隆盛と大久保がどう対抗馬を打つために動くのか、が楽しみです。

鶴瓶扮する岩倉具視の悪知恵を頼みに行くだろうけれど、癖のある人物として鶴瓶が演じているから、鶴瓶版の岩倉具視節が楽しみです。

そして悪い人として描かれぎみの徳川慶喜ですが、実際には徳川と日本への想いが強かったはずなのに、このドラマでは、

我が強く頭の固い一辺倒な人に描かれているので、次回はどのような外交を彼が演じさせられるのか注目したいです。

そして長州征伐を長州がどう乗り切るのかも影薄くなく描かれたら注目したいです。

40代 女性 :

西郷どんの動画 34話の見所は、ついに慶喜が成敗されるのではないかと わくわくしています。

斉彬さまがご健在のときは あんなに将軍になるのをいやがっていた慶喜なのに権力を握ると人はやっぱり 変わってしまうのでしょうか?

何度か、これはわざと西郷をだましているだけで、実は西郷のためにしていたというネタバレを信じていましたが、ただの暴君に成り下がってしまったところがとても残念です。

ひーさんは弱いけどおしゃれでかっこよかったのに。西郷と諸藩、どんな手段で追い込んでいくのか、どのように天下泰平にみちびいていくのかが とても楽しみです。

国父さまはこのまま 手のひらでころがすようにころがっていってくれるのでしょうか?大どんでんがえしが無いように祈ります。

50代 男性 :

西郷どんの動画 34話の見どころは、なんといっても徳川慶喜が、長州征伐に失敗して、

這う這うの体で大阪に逃げ帰るまでのいきさつを描いた場面であると思います。

何せ、長州は騎兵隊を組織し、藩全体で自分の国を守ろうとする意気込みのある軍隊と、烏合の衆団で、

仕方なしに集まった幕府軍隊とでは、天と地ほどの軍隊の力に違いがあったと思われます。

幕府軍が唯一勝機を掴む戦術歳ては、一点集中で、長州の拠点を責めることだったと思いますが、自分達の大群に、

数の原理が働き、戦術を誤ってしまった事に有る思います。竜馬や大久保、西郷。

岩倉の連携で、幕府を追い詰める場面も期待できますが、私は幕府軍の考え方と動きに注目したいと思います。

50代 男性 :

西郷どんの動画 34話の見所は、大久保や岩倉具視や長州藩の人間たちと討幕に向けての策略を進めていくなかで、

西郷どんは人民のために討幕をするわけですから、いわゆる戦争はしたくないと考えるはずです。

特に長州は好戦的に描かれているので、これらとどのように折り合いをつけて討幕へと進めていくのか、とても楽しみです。

もともと慶喜は非常に頭の良い人間として描かれていますので、そう簡単に西郷どんの思うようには事は進まないはずです。

長崎に戻った坂本龍馬とはどういう形で絡むのか、幕臣の勝海舟はどのように動くのか?非常に興味深い展開となると思います。


◆西郷どん “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> 西郷どん “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

西郷どんの動画!34話までの感想

30代 女性 :

西郷どんの動画 34話の感想は、ついに薩摩の倒幕へ向けた動きが活発になっていく回。

政治方面で、大久保の活躍や、西郷とイギリスの交渉は見ていてとてもスカっとしました。

私は誰と交渉すればよいんだ?というイギリス外交官に対して、自分とだとはっきり言い切る西郷が格好良かったです。

つまるところ、やはり西郷はその懐の深さや実直で一本気な性格によって、人に愛される能力が長けているのだとドラマ全体から伝わります。

その能力がいかんなく発揮された回だと思います。

また、その西郷の人柄を捕捉するかのように、糸との夫婦のエピソードがここで挟まれたのだと思いました。

30代 女性 :

西郷どんの動画 34話の感想は、竜馬が襲撃されるという事件はありましたが、

歴史的の流れ的に見ると今回はそんなに大きな展開もなかったと思うので、少し退屈な感じがしましたが。

そんななか芯が強く優しく心の大きさを感じさせる包容力のある感じの黒木華さんの演技が、とても素晴らしく表情も豊かで良かったと思います。

そして今まで子供に恵まれなかった糸に、最後に子供が出来るという最高の幸せが待っていて、

今まで散々苦労してきた西郷さんに幸せが訪れて良かったと思います。

また、竜馬に付いて薩摩にやってきた、おりょうの行動の型破りな感じが興味深かったです。

40代 男性 :

西郷どんの動画 34話の感想は、糸の決意。タイトルからはどんな内容なのか想像出来なかった。

坂本龍馬が新婚旅行の先駆けとなったおりょうさんとの九州登山は知って居たけれど、龍馬を九州へ連れて行ったのが、西郷隆盛だったとは初めて知った。

それも目的がイギリスの接待アイディアを龍馬から得るためだったなんて驚いた。

外国の船に乗り込んで交渉したのは、高杉晋作がやったことは知っていたけれど、西郷隆盛も同じような行動で藩を救ったことも初めて知った。

西郷隆盛は安全な場所に自分はいて、人を動かす印象を持っていたから、危険を顧みずに自らも行動していたことを知って印象が変わりました。

糸さんとおりょうの絡みは、西郷どんドラマでは新鮮でした。

女子会話が少ないから、この時代でも女子会話あったのねって微笑ましかった。

糸さんが前妻について西郷隆盛に尋ねるシーンは、傷心でしたが、糸さんも妊娠できて、良いエンディングでした。

40代 女性 :

西郷どんの動画 34話の感想は、糸の決意ということで、どんなことを決意しているのがとても楽しみにしていました。

寺田屋事件はなんとなく知ってはいましたが、あんなに大勢での襲撃のなか逃げれたのが奇跡。

常に周りに気を配っていたお龍の愛だと思います。国父さまが、接待なのに公使パークスにナマコをしていたのにはとても驚きました。

今の時代でもなまこは好き嫌いがすごく分かれると思うのに、自分たちが好きだからという理由で他国の人間ににナマコをすすめる島津らしいマイペースさに若干の呆れも感じました。

そこをまた 西郷さんが単身 船に乗り込んで行ったときは、さすがの西郷さんも異国では大丈夫なのだろうかと心配しましたが、 持ち前の誠実さには国境がないということですね。

さすがと感心です。糸さんは しっかりした人なので、島にいる先に結婚した、

妻子のことは気にしてないのかと思っていましたが、やはり気になっていたのですね。

同じ女として共感できます。そして妊娠できず、糸さんは里に返されましたが、もしかしてと思っていました。

最後に 報告するときの糸さんの嬉恥ずかしそうな顔。他人事ですが、とてもうれしかったです。

50代 男性 :

西郷どんの動画 34話の感想は、坂本龍馬の日本で最初の新婚旅行についてのエピソードについて詳しく紹介している。

竜馬が寺田屋で襲われたときに、オリョウさんがお風呂で役人に。

気配に気が付いて竜馬に知らせに行く場面について、小説では、裸で慌てて二階に這い上がり竜馬に教えたと書いてありますが、ドラマでは、着物を着ていました。

小説とドラマでは記述や描写が違ってくるのは当たり前ですが、

私にとってはオリョウが裸で教えに行く真剣な切羽詰まった場面がものすごく好きだったので、今回は少々残念なシーンでした。

さて、西郷隆盛はイギリス公使に、一人で直談判に行って、話をまとめるシーンですが、

西郷隆盛の腹の座った行動に今更ながら感心します。西郷隆盛の考え方の神髄が現れた一場面でした。

50代 男性 :

西郷どんの動画 34話の感想は、薩摩にイギリス公使をもてなすために、せっかく坂本龍馬に用意してもらった

ワイン・ビール・シェリー酒をふるまっているシーンが無かったのが残念でした。

また本当にナマコばかりをふるまったのかという事にも若干疑問に感じました。

国父の島津久光の芋侍っぽいところを強調するためのエピソードではないかと勘ぐってしまいました。

また、西郷の妻の糸と坂本の妻おりょうのやり取りはすごく良かったです。

おりょうの人柄も気の強そうな部分など良い感じで描かれていたと思います。

最後のシーンで、糸が妊娠したことがわかって本当に良かったと思いました。

元々子供はいるわけですが、やはり男は家庭が安定してこそ良い働きができるものです。

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

西郷どんの動画!34話【ネタバレ】← 紹介

ここからがドラマ『西郷どん』34話のネタバレになります!

  

第二次長州征伐のさなか、将軍家茂が死んでしまう。

将軍は失った幕府は、朝廷に働きかけ、休戦へと持ち込まざる終えない状況に…

この話を聞いた岩倉具視は一蔵と共に喜ぶ。

勝海舟『徳川の世はもうお終いだ・・・』

すると表から大きな物音と共に叫び声が。外に出ると西郷が罠にかかっている。

勝海舟と岩倉具視は知り合いだった。

  

勝海舟は長州征伐を終わらせるため、1人長州に盛り込む。そこに桂小五郎が現れ、勝は家茂が亡くなったため戦を中断したいと申しでる。


それを聞いて騒ぎ立てる長州兵たちに勝は『俺はね、徳川は一大名に戻ってもいいと思ってる!中断した戦を、再び始める力はもうない。頼む!』

頭を下げる勝に、桂は日本の行く末について語りたいと申しでる。

話は岩倉の家に戻り。

  

慶喜は次の将軍にはなりたくないと言っているという。

岩倉はこの機にのって動くとする岩倉だが、西郷は慶喜が将軍になると思うという。

将軍・徳川慶喜


その頃、慶喜は御前に参っている。天子に将軍になって自分を守って欲しいと頼まれ。


慶喜は徳川15代従軍の座につく。その後、フランス公使・ロッシュと手を組む。

  

そして慶應2年12月25日、天皇が突然崩御する。この知らせをきいた岩倉は大きなショックを受け荒れる。

一蔵は天皇が崩御したいま、幕府と朝廷を引き離す好機ではないかと言うと、岩倉はいい考えがあると動く。

西郷は久光に会いに行き、上洛するよう進言。久光は西郷に土佐に行くように指示。

西郷は土佐藩藩主・山内容堂、家老・後藤象二郎と面会。約束を取り付ける。
しかし容堂は、既に慶喜からの手紙を受け取っていた。

一方、一蔵は松平春嶽のもとに。

  

そして、西郷達の呼びかけに応じ、京都二条城には薩摩・土佐・宇和島・越前の四稿が集まる。

そこに慶喜がやってきて、いきなりフォトグラフをとると言い出す。

それを聞いた久光は、そんな事のために京に来たのではないと言うが、この時すでに、慶喜は他かの藩主の合議は得ているといい、大名たちも返事をする。

慶喜『世はもはや一橋ではない。征夷大将軍・徳川慶喜だ。世に物を申すならば、しかと覚悟はできておるのだろうな?』

これを聞いてなにも物が言えず悔しがる久光。この会議は慶喜の根回しにより、西郷達の惨敗に終わる。

  

その後、慶喜は大阪城でパークスと会食。日本の最高権力者は徳川慶喜であると世界に宣言。再び力を取り戻していく。

ロッシュは慶喜に、薩摩と長州を叩く手助けをするという。その変わり、薩摩が欲しいという。ふきは偶然、その話を聞いてしまう。

  

別の日、ふきと偶然会う西郷は。うな丼を食べながらふきと話す。

慶喜は最近異国の公私とばかり話し、薩摩と言う言葉が聞こえてくるたびに怖くなるという。

西郷はふきに、薩摩藩邸に来ないかと言うが、ふきは慶喜には恩があるので離れられなうという。

異国に狙われる薩摩

その数日後、西郷はパークスを通じ、アーネスト佐藤と対面する。アーネスト佐藤の話から、フランスが薩摩を狙っていることが分かる。


西郷『パークス公使のこうお伝えください。日本の事は日本人で解決せねばなりません…。日本は、イギリスの物でもフランスの物でもありもはんど・・・』


その後、西郷は一蔵に『慶喜公がのう、異国に日本を切り売りしようとしちょう。もう腹をくくるしかなか・・・

武力を持って徳川を討つ。威圧するだけじゃやっせん・・・』

一蔵『吉之助さ、、決めたら後にはひけんど…』

西郷『もう、決めた。向こうも捨て身じゃ。こっちも覚悟を決めんにゃ幕府は倒せん・・・』

一蔵『わかった…。じゃったらまずは長州じゃ』

西郷は一蔵に、長州に兵をあげるよう頼んで欲しいといい、長州に向かう一蔵。

  

そして岩倉のもとに行き『討幕の勅命を賜りとう存じます。徳川を、徳川慶喜公を討ちます。いましかございません…諸藩も、異国もみな見定めております。

これからの日本を、誰が背負うのかを』

しかしなぜそんなに急ぐという岩倉に、急がねば慶喜は日本を異国に売ってしまうという。

西郷『岩倉様、あんたも腹をくくってたもんせ』ショックをいける岩倉。

討幕に動く西郷

一方、長州に向かった一蔵は、山口城で藩主・毛利敬親に会い、兵をあげて欲しいと頼む。

桂小五郎『大久保君、まっちょったぞ!』

  

その後、一蔵は芸州を訪れ兵をあげるための約束を取り付ける。その頃、京の薩摩藩邸には続々と武器弾薬が運びこまれる。

信吾は西郷に『武力で脅して戦わずして勝って考えでごわんそ?』

西郷たちの討幕計画が進む中、土佐で容堂と話す坂本龍馬。龍馬は後藤象二郎に『戦をせんと、幕府をとり潰せる策が…』

その頃、日本中では世の中の不安がピークに達し、えいじゃないか騒動が広がりを見せる。

  

一方、岩倉は、西郷と一蔵に偽物の勅使をみせ、本当に幕府を倒せば、これが本当のみことのりなるという。

岩倉『まろの命、お前らに預けたるは…』

その夜、西郷は戦の作戦を考える。知らせを聞いた慶喜も考える。

大政奉還と龍馬


そして突然、慶応3年10月13日。二条城に収集された諸藩の大名たち。

慶喜『これより、天下の政は、天子様のもと朝廷と諸藩が手を取り合い、とり行うものとして行きたい…。一同、何か申すことがあれば、なんなりと申すがよい』

  

まさかの大政奉還に慶喜が踏切、徳川幕府の世があっけなく終わる。

龍馬は西郷の元に行き、将軍の決断は立派だったと西郷に話す。

  

大政奉還をさせた龍馬に西郷は『坂本さは、何もわかっちゃらん。こいではなにもかわらんど。慶喜公は逃げただけじゃ。


真の狙いは生い立ちが振り上げたこぶしをうまくかわすことじゃ。ただの詭弁じゃ…

もう、武を持って徳川を叩き潰さにゃ、ないもかわらん。新しか世はこん…』

  

龍馬『いや、わしゃそうは思わんき。いま徳川と戦をしたら、日本全土が火の海ぜよ。それこそ異国の思うつぼじゃき!

西郷さん、おまんも戦は好かんかったがじゃろう?』

西郷『なんち言われようと、おいは慶喜を討つ。息の根をとめっとじゃ・・・』

--- 以上、西郷どん 34話のネタバレでした~! ---

  

西郷どん 34話を見逃した人は、

『西郷どん』を1話からまとめて視聴できる『U-NEXT』がおススメです!


>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら


いつまで”31日間の無料トライアル”があるのか分からないので、見たいかたはお早めに~^^♪

これで連休の暇つぶしはバッチリです(笑)

西郷どんの動画!34話の感想まとめ

西郷どん 34話の感想は、ついに慶喜のやり方に切れた西郷吉之助が、武力を持って幕府を討つ決断をした矢先、坂本龍馬による大政奉還が実現してしまいましたね!

龍馬はこれで日本は変わると考えていましたが、西郷はこんな生ぬるいやり方では慶喜はまた幕府に実権を取り戻すと考え、兵を止めようとはしない流れになりそうです。

  

しかし龍馬にとっては、いま国内で戦が起きると異国の思うつぼと考えているため2人の間には溝が深まるばかり。このことが龍馬暗殺の黒幕は西郷ではないかという話につながるようです。


しかし、西郷のこの変わりようは、慶喜が薩摩を異国に売ろうとしたことへの怒りでしょうか?次週はさらに戦に向かって突き進むようです!


>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

西郷どんの動画!34話のあらすじを最後に

ドラマ『西郷どん』34話のあらすじを簡単に紹介します~!

将軍家茂が21歳の若さで亡くなる。


慶喜(松田翔太)は周囲の予想を覆し将軍の座につく。

  

間もなく孝明天皇が崩御。

  

吉之助(鈴木亮平)と一蔵(瑛太)は岩倉(笑福亭鶴瓶)と共に有力藩主たちで四侯会議を開き幕府をけん制しようとするが、慶喜にうまくあしらわれてしまう。

  

さらに慶喜はフランス公使ロッシュと結び軍事支援を取りつける。


その裏側に慶喜の危険な取り引きがあることを知った吉之助は、ついに武力討幕を決意する。

   

西郷どんの目線

   

第34回は、いろんな人間の「覚悟」が詰まっている回です。

  

勝さんが岩倉さんの元にやってきて、さらっと核心を告げるくだりがあります。

  

その時の、吉之助と一蔵どんのリアクションをぜひ見ていただきたいですね。


僕には、勝さんの“したたかさ”がそこにあるように感じました。

  

そして、吉之助もついに腹をくくります。武力をもって、徳川を討つ。

  

そこには、あの慶喜公への畏れもあります。

  

先回りされたり、見透かされていたり、何度も苦渋を味わってきましたから、そこそこの策略では到底かなう相手ではない。


いよいよ、本気の対決が始まります。

西郷どん 公式サイト引用

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

最後までお読みいただきありがとうございました^^

◆西郷どん “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> 西郷どん “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

※本ページの情報は2018年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

シェアする!!