西郷どんの動画!26話をフルで見逃し視聴する方法

シェアする!!

大河ドラマ『西郷どん』の26話が放送されましたね!

この西郷どんの26話の動画はフルで見逃し視聴できるの?と、気になって動画を探している人が多いようです。

ついに革命編に突入!いよいよ坂本龍馬らも登場の大河ドラマ『西郷どん』を26話に限って見逃してしまったーー!!なんて人も多いと思います。

なのでこのページでは安心して西郷どん 26話の動画を見逃し視聴できる方法&ネタバレを紹介しています!

YouTube・Dailymotion・Pandoraみたいに違法にアップロードされた動画じゃないので、高画質でCMもないし”1話~全話まとめて”視聴できますよ↓

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

西郷どんの動画!26話の予告を紹介

ドラマ『西郷どん』26話の動画予告はこんな感じに!

西郷どんの動画!26話をフルで見逃し視聴するおススメの方法

ではドラマ『西郷どん』26話の動画を、フルで見逃し視聴できるおススメの方法を紹介します!

それは、西郷どんの放送が終わるたびに毎回、見逃し配信をしてくれている公式のサービス『U-NEXT』です!

『U-NEXT』には”31日間の無料トライアル”が付いててお得なので、

YouTube・Dailymotion・Pandoraなどの違法にアップロードされた動画を探さなくても安全に見逃し視聴できます!

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

無料期間中に登録して31日以内に解約することもできるし、その場合でもお金をかけずに、西郷どんの動画を1話からまとめて視聴できます!

もちろん『西郷どん』以外の現在放送中の最新ドラマや映画・海外ドラマも、時間が許す限り好きなだけ見れてしまいます!

ただ、“31日間の無料トライアル”はいつまでやっているのかわからないので、

西郷どんを安全に見たいなら早めに登録したほうが損しないです!

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

※U-NEXTに登録したら検索窓から⇒「西郷どん」で検索してくださいね^^

西郷どんの動画!26話の予想

30代 女性 :
西郷どんの26話の予想は、予告でついに坂本龍馬役の小栗旬さんや岩倉具視役の笑福亭鶴瓶さんが登場するシーンが放送されました。

これから西郷吉之助が、どのような形で薩摩藩に関わっていくのかというところが気になります。

また、江戸では、一橋慶喜が新たな動きに出るような気配もあり、再度、篤姫が登場することも期待しています。

しかし、今回の大河ドラマは、時代背景の肝心なシーンをナレーションなどで映像はスルーして終わらせてしまう傾向があるので、

池田屋事件や新選組が登場するシーンなどもあまり触れられないのかな・・・と思ってしまいます。

30代 女性 :
西郷どんの26話の予想は、吉之助は再び薩摩に戻ることが出来たのも束の間、

一橋慶喜をますます将軍に向けての話が進む中に島津久光は慶喜へ会いに行っても話すこともなく嫌われるばかり。

慶喜が話したければ「西郷を連れて来い」と言ったように、見かねた大久保が慶喜の説得に行って欲しいと頼み込んだ状態で吉之助を京へ向かわせるんだと思います。

前々からも京では名を知られた吉之助だから京へ向かっているとの噂は広まり坂本龍馬、勝海舟の耳にも入ることになると思います。

京へ向かう途中にも民の現状を感じ取る吉之助。

慶喜と久々に会い将軍への道を進めるべく話を進めていくが慶喜は島津家の使いの言葉ではなく吉之助の今の思いを聞こうとする。

40代 女性 :
西郷どんの26話の予想は、愛加那の歌で25回を締めて、

予告には糸が出てきているので、女性陣のバトンタッチ的な雰囲気が予想されますね。

まだ結婚はしないと思いますがいい感じの雰囲気になってほしいと思っています。

薩摩がイギリスと戦争しても負けるということは史実でわかっているので、久光のメンツは潰れるでしょうが、

せめてドラマとしては、あまり人死にの多い残酷な流れではないように、敗戦からよく学ぶような形であって欲しいなと思っています。

帰ってきた吉之助は、またもや評判が一人歩きしてることに驚くでしょう。

でもその上を行くような活躍を見せてくれると信じています。

40代 女性 :
西郷どんの26話の予想は、薩摩へ帰り、京へ向かう吉之助。薩摩へ帰れたのは、一蔵の働きがあったからでしょう。イギリスとの戦いがあっけなく終わり、戦う意向を示した一蔵は、藩内で以前にも増して、力をつけているのではないでしょうか。

島でいろいろな経験をして、一回り大きくなった吉之助が、再び薩摩のため、日本のために動き出します。

新たな試練にぶつかるでしょう。慶喜との再会もあります。

久しぶりに吉之助に再会した慶喜が、吉之助の変化を感じ、どのような印象を受けるのでしょう。

幕末に向かい進む大事な場面で、吉之助が重要なキーマンとしての役割を果たすことでしょう。

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

西郷どんの動画!26話の見所はどこ?

30代 女性 :

西郷どんの26話の見所は、西郷吉之助が島流しに合っている間に、

薩摩藩での立場が西郷吉之助よりも大久保一蔵が各上になってしまっています。

しかし、大久保一蔵の指示を受けて京都に向かう西郷吉之助ですが、そこには時代に名を残す重要人物が数多く待ち受けています。

すでにキャストが発表されていますが、新しい登場人物の演技に期待したいと思います。

また、そろそろ西郷吉之助の三番目の妻、糸が再登場するのではないかと期待しています。

25話での愛加那とのシーンが強烈に印象に残っているので、西郷吉之助の恋の行方にも注目して見守っていきたいと思っています。

30代 女性 :

西郷どんの26話の見所は、再び京へ、ですね。

再会あり新たな出会いのある幕末時代に突入ですが一段とどっしり構えた吉之助が大きいです。

着物も格段に以前とは違っていて醸し出すオーラが全く違いますね。

一橋慶喜自身望んでいた吉之助との対面に何を思い慶喜が歴史的事態にどんな経緯で至るのかなと気になってしまう部分です。

坂本龍馬、勝海舟の登場ですね。

幕末ドラマを見ると絶対に欠かせない役を小栗旬さんがどんな破天荒な龍馬像で楽しませてくれるのかな、と思ってます。

鶴瓶さんも、でも何だか予告では泥臭そうな感じなのでどうなるのか全くわからないですが。糸との再会はウキウキしてます。

40代 女性 :

西郷どんの26話の見所は、糸どんが死別だか離縁だかで、フリーになっているといいなって思います。

愛加那と吉之助の雰囲気がすごく良かったので、いつまでも懐かしんじゃいそうだから…。

史実では結婚までまだ間があるとわかっているのですが、早く一緒になってもらいたいです。

私が黒木華さんが好きなだけかもしれませんが(笑)。

本当は吉之助と糸はすごい歳の差があったようですが、ドラマの中ではいい感じの年齢関係ですし、以前好きだったと告白もしてるんですよね。

がんばれお糸はん!久光の方にはまだまだ良いところがなさそうですね。イギリスに敗れた後の変化が気になります。

どうせ手放しで吉之助を受け入れる気持ちにはならないでしょうし、またひと揉めして、一蔵の胃がいたくなりそうですね。

40代 女性 :

西郷どんの26話の見所は、小栗旬さん演じる坂本竜馬ら、新たなキャラクターが登場し、

どんな演技をして、吉之助とどう絡んでくるのか、楽しみです。

慶喜は、次期将軍らしい風格を持ち、久しぶりに吉之助と再会しますが、お互いの変化に、

それぞれどう感じるのでしょう。慶喜と吉之助のやりとりが気になります。

また、藩内で力をつけた一蔵と吉之助の関係に変化があるのか、立場が変わった二人の関係はどうなるのでしょう。

幕末に向かって進んでいきますが、吉之助がどんな活躍をして、どういう役割を果たすのか、目が離せません。

糸も再び登場するようですし、3番目の妻となる糸との結婚へ至る過程も見ものです。


◆西郷どん “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> 西郷どん “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

西郷どんの動画!これまでの感想

30代 女性 :

西郷どんの26話までの感想は、直接、西郷吉之助は絡んでいるわけではないのですが、

先週の予告などから、今回の目玉は「生麦事件」だと認識していました。

しかし、見事に期待は裏切られ、「生麦事件」はナレーションだけでスルーされてしまう始末・・・さらに、

これまで頼りない藩主という印象の強かった島津久光がどのように薩英戦争に立ち向かっていくのか、

というところが見どころだと思っていただけに、なんだか拍子抜けしてしまいました。

今回の25話は、このような時代背景よりも、西郷吉之助と愛加那の再会にスポットがあてられており、

最後の最後までトレンディードラマのような展開で、それはそれで面白かったと思っています。

30代 女性 :

西郷どんの26話までの感想は、前回の予告の爆発的なシーンは吉之助の夢の中だったんですね。

生麦事件が発端の騒動でしたが、久光と大久保が雰囲気、形は全く違えど斉彬と吉之助の関係性のようにも見えてきました。

島役人の土持が上役人に対し、上手い風に機転を利かした言い回しでしたね。

雪篷の斉彬に通づる思いが再び、三度、吉之助を目覚めさせた感じでした。いちばん吉之助と考え方や思いが近い登場人物だったように思います。

ただ今回の久光の行動と吉之助、雪篷の思いが違うので、また大久保の本当の気持ちに深読みをしてしまいます。

丸太を大砲に見せるための雪篷の弱音のフニャフニャしたセリフ回しが好きでした。

でもそれよりいちばん好きだったシーンが最後の『革命』の旗を持ち振り続けるシーンがいちばん好きなシーンでした。

自分の思いを吉之助に託したんだと感じました。

40代 女性 :

西郷どんの26話までの感想は、西郷吉之助対島津久光、という様相を呈しているなか、生麦事件が起こってしまいます。

「芋が」と吐き捨てるほど久光嫌いの慶喜と幕府が薩摩を助けるわけもなく、窮地におちいる薩摩に対し、

吉之助は何も出来ず、大久保一蔵の責任がどんどん重くなっていくのが、痛々しいです。

おそらく一蔵はイギリスに勝てるとは思っておらず、それでも一致団結する機会にしようと考えていて、

久光の方は無知からは勝てると思ってる、そんな大きな違いがあるところがほの見えますね。

本土の方も島の方も、有事の前に身内が和を年戻すという回なんだなと思いました。

40代 女性 :

西郷どんの26話までの感想は、死の淵を経験した吉之助が、島の子供たちに学問を教え、

本来の吉之助らしさを取り戻す姿は、嬉しくもあり、勇気づけられました。

島の子と流人の子を分け隔てなく扱い、心のあり方が大事と説く吉之助に、人としての器の大きさを感じました。

島に迎えに来たのは信吾で、「よぅ、無事じゃった」と抱きしめる吉之助は、

信吾の成長を感じ、嬉しく、ホッとしたのだと思いました。再び会えた吉之助と愛加那。

愛加那が「わんの体の中、あなたでいっぱいじゃ」と言う言葉には、吉之助に対する愛で溢れていて、

純粋な心を感じました。幸せな気持ちになれるラストシーンでした。

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

西郷どんの動画!26話【ネタバレ】← 紹介

ここからがドラマ『西郷どん』26話のネタバレになります!

沖永良部島に流されて1年半、西郷は薩摩に戻る。

薩摩藩主・島津茂久に会う。そして薩摩藩家老・小松帯刀から『大久保一蔵は、国府様に従い、京に上っておる。その大久保が、直ぐに西郷をよこして欲しいと!』

茂久『京へ行け!頼むぞ西郷!!』

西郷『はは!』

   

その頃、京の一蔵は、岩倉具視の屋敷へ行く

一蔵『岩倉様!岩倉様!西郷が京へきます!』

岩倉『誰やったかいな~』

一蔵『いつもお話してたではありませんか、私の友、薩摩の!』

岩倉『お!西郷吉之助か?』

一蔵『はい!その西郷が…』

一蔵が話していると、岩倉は焼いていた魚が焦げて慌てる。

岩倉『このままでは終われへんで・・・』

   

一方、京の旅籠では、ひょっとこの面を付けた男が踊っている。

それを見ていた男が『おい、いい加減にしねえか!へたくそで見ちゃいられね』

踊っていた男は面を外し『ま~た叱られたぜよ…』

そして『おい龍馬、お前さんが会いたいって言ってた女は、どこの女だ?江戸が?京都か?』

坂本龍馬『薩摩です。女じゃのうて、男です!勝先生、知りませんろうか?西郷吉之助』

勝海舟『西郷?何をやってる男だ?』

龍馬『いや、まだなんちゃ~しちゃあせん。五年も島に流されちょったき』

勝海舟『待てよ、西郷?そう言えば聞いたことがあるな…。薩摩の斉彬殿と話した時に、ちらっとその名を…』

   

西郷吉之助は、維新へ向けた革命の第一歩を踏み出す。

西郷家は以前の家を売り、隣町の小さな借家に引っ越していた。

西郷は早速、父・母・祖母の神棚に手を合わせる。

西郷『何一つ孝行も出来んで、すんもはんでした』

信吾『ばあさまは最後まで、兄さの事を心配しちょった』

西郷『おはんらにも、苦労をかけたな』

吉二郎『兄さ、申し訳ございもはん、生まれ育った家をまもれんで…』

琴『家を売らんかったら、みんな飢えて死んどったよ』

熊吉『申し訳ございもはん。おいだけ太っちょって。水を飲んでも太りもす』

西郷『みんなが、こぎゃんして生きちょっとがなによりじゃ』

西郷小兵衛『兄さ、おいもやっとお役を頂きもした!おいも一生懸命働きもす!』

西郷『頼むど小兵衛』

琴『そいと、だいかお嫁さんを貰ってくいやんせ!いつもまでも男所帯じゃやっせんよ』

   

そこに新八・俊斎・大山が訪ねて来るが、みな表情が暗い。

西郷『有馬さ、たちのコツは、残念じゃった・・・。イギリスのこと、よう追い返してくれたのう』

俊斎『吉之助さ・・・泣』

大山『吉之助・・・ほんなこて 泣 よう生きて帰ってきてくれた・・・泣』

新八『よしじゃ、久しぶりにみんなで、飲みもんそう!』

西郷は大山に『こいをみてくいやい。おいが島で見聞きしたことじゃ』

西郷『俊斎どん、我が藩は島の作物をみんなすいあげて、島民の暮らしはもはや地獄じゃ』

新八『喜界島も同じでごわす』

西郷『こいだけはどぎゃんせにゃなりもはん』

吉二郎『また島流しのなりもはんか?』

俊斎『いや、イギリスとの戦のあと、らっきょうのそばにおった取り巻きどんは役を解かれた。なんなら、おいがらっきょうにもの申してやってもよかど!』

大山『俊斎!いま国父様に物申すっとは京のおる一蔵だけじゃ!』

新八『そげんいえば、京では薩摩がわっぜ嫌われとってきいたど、ないごてでごわすか?』

信吾『長州のもんたちが、薩摩の文句を言いふらしちょりもす』

西郷『長州が?』

俊斎『尊王攘夷をかかげて、帝を京から連れ去りたてまつろうとしちょった長州を、薩摩と会津が追い払った』

大山『そい以来、長州は薩摩をうらんじょ!』

西郷『・・・』

西郷はみんなが寝静まったあと、斉彬にもらった菓子の包み紙と、短刀を置く。

西郷『殿、戻って参りました。まだ、生きちょいもす。おいはこれから、生かされた天命に従いもす。民がみんな、腹いっぱい食える国にするため働きもす。

殿、見守ってたもんせ・・・』

   

島から戻って5日後、西郷は新八を連れ、京に向かう。

すると向こうから、糸が走ってくる

西郷『お、糸どん!』

糸『吉之助さ?』

西郷『変わらずはしっちょが』

糸『2人ともお変わりなく。いつ島からお戻りに?』


西郷『ああ・・・。糸どんこそ元気そうでなによりじゃ』

新八『糸さの所は、戦で酷かめにあっとらんか?』

糸『幸い、海老原の家はなにも。じゃっどん、里の方は風向きが悪くて火が回ってきてしまいもした』

西郷『お家の方々は?』

糸『みな、息災です。ほいなら、急いでるもんで』

西郷『糸どん!おいにできるこつがあったら、何でも言うてくれ。…いや、差し出がましかことをいうてしもうた』

糸『吉之助さ、おたっしゃで!』

西郷『糸どんもな!』

糸は走って行くが、途中で振り返る・・・。

   

その頃、京では、新しい政「参与会議」が行われていた。

朝廷、幕府、そして有力諸藩が一堂に会し、合議によって政を決める、画期的な制度だった。しかし・・・

久光『幕府は天子様と戦をするつもりですか!?』

慶喜『攘夷は、かしこくも天子様のお望みである!』

土佐藩主・山内容堂『まて、ついこないだは異国との交易を続けるとうかごうたようですけんど』

慶喜は各藩の藩主から攻められる。

  

久光『一橋様!いまこのばでハッキリとお考えをお聞かせたもんせ!!異国を侮ってはなりませんぞ、我々薩摩は、異国との戦で、その恐ろしさを嫌というほど…』

慶喜『芋が焼き芋にならんでよかったな~、執着至極』

久光『酔うておられるなら、ないごて考えをころころころころ変えられるのじゃ!?わしたちは皆、開国すべきだと申しておる!!

そいでもまだ攘夷じゃちもうさるっとなら、いっそ長州とでも手を組まれたらよか!!』

慶喜『無礼者!!誰に口をきいておるんだ!!』

慶喜は久光らの意見に耳を貸さず、振り回してばかりで、参与会議はもはや風前の灯火状態。。

  

孝明天皇は慶喜に自分が異国を嫌うがため、慶喜たちを惑わしているんではないかと訪ねる。

慶喜『恐れながら、この一橋慶喜、一身に変えて、尊への恩憂いをはらしたてまつる』

孝明天皇『慶喜、頼むぞ・・・』

   

一方、京の薩摩藩邸前では、入口に薩賊と書かれた悪戯書きが大量に張られる。

するとそこに、西郷と新八が到着。お虎は西郷をみて、嬉しさのあまり泣きながら抱き着く。

西郷は薩賊の張り紙を見て、薩摩は嫌われているようだと笑う。

その夜、京繁の屋に向かった西郷と新八は、一蔵が宴会の席で畳回しを披露していることに驚くw

--- 以上、西郷どん 26話のネタバレでした~! ---

西郷どん 26話を見逃した人は、

『西郷どん』を1話からまとめて視聴できる『U-NEXT』がおススメです!

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

いつまで”31日間の無料トライアル”があるのか分からないので、見たいかたはお早めに~^^♪

これで連休の暇つぶしはバッチリです(笑)

西郷どんの動画!26話の感想まとめ

西郷どん 26話の感想は、

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

西郷どんの動画!26話のあらすじを最後に

ドラマ『西郷どん』26話のあらすじを簡単に紹介します~!

薩摩に戻った吉之助(鈴木亮平)は、一蔵(瑛太)の求めに応じ京へ。

そんな西郷のうわさ話に花咲かせる男たちがいた。勝海舟(遠藤憲一)と坂本龍馬(小栗旬)、そして岩倉具視(笑福亭鶴瓶)だ。

京では朝廷と幕府そして雄藩が合議で政を行う「参与会議」が開かれるが、

一橋慶喜(松田翔太)はころころと意見を替え、島津久光(青木崇高)を徹底的に愚弄し会議は決裂。

事態を打開するため吉之助は慶喜との再会を果たすが…。

西郷どんの目線

いよいよ、革命編です。

島での時間を経て、「天命」と「人への愛」に気づいた吉之助は、さらに異国が攻めてくる恐怖に触れた人間として、はっきりと政治的意図を持って動き始めます。

それは、異国に負けない強い国を作りながら、いかに戦争を起こさないかということ。

一蔵さんとも同じ方向を向いて走りだします。

いろんな意味で、「新生・西郷吉之助」を目撃してもらえるはずです。

見た目で言えば、ようやく襦袢(じゅばん)を着るようになり、羽織も紋付きのピリッとしたものを羽織るようになりました。

髪型も生え際が変わり、メイクも眼光鋭くなっています。

そして、「たやすく命はかけない」吉之助になっているはずです。だんだんと“西郷さん”に近づいていく姿を、どうぞお楽しみに!

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

最後までお読みいただきありがとうございました^^

◆西郷どん “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> 西郷どん “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

※本ページの情報は2018年7月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

シェアする!!