トレース ドラマ動画を1話から無料で見逃しフル視聴する方法!

シェアする!!

錦戸亮が主演の月9ドラマ『トレース ~科捜研の男~』の1話が放送されましたね!

このトレース 1話の動画は無料で見逃し視聴できるの?と、気になって動画を探している人が多いようです。

なのでこのページでは安心して、トレース 1話の動画を “無料で見逃し視聴できる” おススメの方法を紹介しています↓

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

YouTube・Dailymotion・Pandoraなどの違法にアップロードされた動画じゃないので、高画質でCMもないし “1話~ まとめて” 視聴できますよ!


トレース ドラマ動画!1話の予告を紹介[PR]

ドラマ『トレース』1話の動画予告はこんな感じに!

トレース ドラマ動画!1話を無料で見逃し視聴するおススメの方法

ではドラマ『トレース』1話の動画を、無料で見逃し視聴できるおススメの方法を紹介します!

それは、トレースの放送が終わるたびに毎回、見逃し配信をしてくれている公式のサービス『FODプレミアム』です!

  

『FODプレミアム』には”1ヶ月無料おためし”が付いててお得なので、


違法にアップロードされた動画を探さなくても安全に見逃し視聴できます!

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら

無料期間中に登録して、1ヶ月以内に解約することもできるので、その場合でもトレースの動画はもちろん

  

『トレース』以外の 現在放送中の最新ドラマ・映画・海外ドラマも、時間が許す限り好きなだけ見れてしまいます!

  

ただ、“1ヶ月無料おためし”はいつまでやっているのかわからないので、


トレースを安全に無料で見たいなら早めに登録したほうが損しないです!

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら


FODプレミアムに登録したら検索窓から「トレース」で検索してくださいね^^ すぐにみれますよ![PR]

トレース ドラマ動画!1話【ネタバレ】← 紹介

ここからがドラマ『トレース』1話のネタバレになります!

  

アイドルのイベント会場に迷い込んだ犬が咥えていたのはなんと、人間の左腕・・・

  

その頃、法医科の新人・沢口ノンナは初出勤を前にお腹を下すw

なんとか出勤し、法医科のメンバーに挨拶をしていると、、

そこに入ってきたのは警視庁捜査一課の刑事・虎丸良平たち数名。

虎丸は左手の付着物の鑑定結果を、科長の海塚律子に訪ねる。

すると真野礼二が出てきて、付着物の鑑定結果を虎丸に伝える。

礼二が渡した結果をみて虎丸は、部下たちの多摩川を探すように指示!

しかし礼二は違うと答える。

  

虎丸『おい小僧!てめえ俺の捜査方針に口出す気か?!』

礼二『いえ、そんなつもりはありません・・・』

虎丸たちが出て行くと、礼二は1人で身支度を始める。

  

律子が訪ねると、礼二は左手が鉱山から流れてきた可能性が高いといって1人で出て行く。

他の科捜研のメンバーは礼二の自分勝手な行動に苛立つ。

すると律子はノンナに一緒に行くように指示。

礼二の予想通りの場所に

ノンナ礼二と2人で日原川に向かう。しかしノンナは腹を下し、付いた途端トイレに行きたいと言い出す。

礼二はその辺でして来いといって1人で鉱山跡地に。

するとノンナの叫び声!目の前には左手の持ち主と思われる遺体を発見する。


ノンナはショックで嘔吐。礼二が遺体を見ると、赤い花が落ちている。

科捜研に戻ると、先に遺体を発見した礼二に激怒する虎丸。

虎丸は淡々と答える礼二に食って掛かるが、律子がきて司法解剖の時間だと伝えると渋々出て行く。

司法解剖の結果、遺体の女性は恒常的に暴力を振るわれていた可能性があるという。

そこに猪瀬が駆け込んできて、被害者の両親が来たという。

虎丸は親子鑑定のためにDNAを採取させて欲しいといい鑑定の結果、親子だと判明。

すると礼二は被害者の火傷の後が気になる様子。。

  

一方、ノンナは初めて遺体を見たショックから、科捜研の歓迎会の焼肉でも戻しそうになってしまう。

みんなノンナの気持ちの同情するも、すでに慣れているためおいしそうに肉を食べる。

そして会話の内容は礼二の協調性の無い行動に対する愚痴。

犯人は婚約者?

翌朝、ノンナが出勤すると礼二は植物の鑑定を頼んできて欲しいと言う。

礼二が遺体のそばに落ちていた花が気になっていることに驚くノンナ。

そこに虎丸が入ってきて、被害者の婚約者を調べると言い出す。


被害者は事件当日、婚約者と共に都内のホテルに宿泊したと言い、犯人は婚約者ではないかと考える虎丸と猪瀬。

礼二は猪瀬の、婚約者が犯人ではないかと決めつけたような口ぶりで話す態度に、過去の忌まわしい記憶を思い出す。

そして猪瀬が被害者の名前を間違えていることを指摘する。そんな礼二が気にくわない虎丸。


ホテルに向かうと、風呂場で遺体をばらした形跡がないか、部屋中を調べる。しかし風呂場に血痕の痕は見つからない・・・


しかし礼二は部屋の中も知らんべたいというが、虎丸は必要ないと言って怒って出て行く。

しかし納得がいかない礼二は、ソファーを調べ始める。

結局ノンナは礼二に付き合わされ、部屋中の備品を持って戻っる。

これには科捜研のメンバーも激怒!しかし礼二は自分一人でやるといい、ノンナも。

  

その頃、虎丸は捜査一課長の江波にいつまで捜査に時間をかけるんだと怒られる。

  

一方、ノンナは深夜まで礼二に付き合わされる。夜食のカップ麺を食べようとするが食べれないノンナ。

  

礼二『君が見つけたのは人間だ。被害者はほんの数日前まで普通に生活していた。君と同じように。

毎日仕事したり恋人とデートしたり、そんな毎日が続くと思ってた・・・。あんな風になってたら気持ち悪いと思うのも仕方ない。


でも、彼女は君が見つけてくれたことに感謝してるはずだ!それを忘れるな…』

それを聞いてノンナは、カップ麺を食べる。

母親の可能性が浮上

翌朝。徹夜した二人。


そこに虎丸がきて、勝手なことをするなと激怒。

すると礼二は、遺体と一緒に押していた花と同じ種子と、それを運んできた可能性がある人物のDNAも見つかったという。

それは母親のDNAと一致。

  

虎丸はすぐに、母親の元に行き、ホテルで娘と何をしていたのかを訪ねる。

母親は娘に呼び出され、自分が戻ってくるまで待っていて欲しいと言われたという。

しかし虎丸は母親の嘘を指摘!

  

部屋をでた虎丸と猪瀬は、マンションの防犯カメラ映像を入手し、被害者が父親と共に部屋に入り、その後出てきていないことを突き止める。

父親が娘に暴力をふるっていたことが判明し、母親もその被害者だったとわかる。

  
これをきいてノンナは、どうして母親は本当のことを言わないのかと激怒!

すると律子は、母親は旦那がいないと生きていないと思い込まされていて、その恐怖でいえなかったのではと話す。

DVの恐ろしい現実をしってノンナはかわいそうという。

  

虎丸は自分の勘から、父親は偽善者面をした悪党だとののしる。

この虎丸の言葉に、礼二は不快そうな表情を見せる。

そして『気持ち悪い。今のすべて憶測でしょう。なんの証拠もない…』

虎丸『証拠はお前らが見つけるんだろう!!』

礼二『見つけますよ!勝手な思い込みで真実が闇に葬られないように!あなたの考えはあてにならない!』

この言葉に虎丸は大激怒!!

  

虎丸は礼二を外せというが、律子は人が足りないという。

すると虎丸は、ノンナに1人でやらせろと言って出て行く。

ノンナの決意

1人でやらされることになったノンナは、渋々翌日のために復習を始める。

被害者・五十嵐美加の名前をみて、礼二の言葉を思い出す。

そして五十嵐のSNSを検索、たくさんの写真をみてやる気を出す。

   

一方、礼二は、帰り際に見たニュース映像に、母親も腕に火傷痕があることを見て何かに気付く。直ぐに週刊誌の記事を確認。

ノンナが翌日の準備を終え、帰ろうとすると、礼二が戻っていて何かを調べている。

  

そしてノンナは礼二に『あの、怖いんです。。さっき五十嵐さんのインスタを見つけて、もっと生きていたかっただろうなって…

私、犯人のことゆるせません!絶対に捕まって、罰を受けて欲しいなって!だから怖いんです。もし、大事な何かを見落としてしまったら…私のせいで真相にたどり着けなかったら・・・』

  

それを聞いた礼二は、考えうるすべてを追求すれば、必ずどこかに証拠があるという。

礼二『それは、五十嵐美加が残した、思いだ・・・。いま、五十嵐美加の無念をはらせるのは君しかいない…。頼む・・・』

それを聞いてノンナが出て行こうとすると、礼二は鑑定結果をみて何かに気付く。

ノンナの暴走!

その頃、虎丸たちは五十嵐美加の母親宅に家宅捜索入る。

すると父親は、これでは集中できないと言って家を出て行く。この時の母親はとても怯えたような表情を見せる。

ノンナは風呂場に入って血痕を探す。しかし風呂場から血痕が見つかる様子はない。

悔しがる虎丸は何も見つけられないまま部屋を出て行く。

しかしノンナは、母親と美加が写る写真をみて『何があったんですか?あの日、ここで美加さんに何があったんですか?』と訪ねる。

ノンナは前日、礼二が母親と美加の火傷は同じ時期におったものだと聞いていた。

ノンナは本当のことを言って欲しいと詰め寄る。虎丸は辞めろと言ってノンナを止め、無理矢理連れ出す。

虎丸に激怒され謝るノンナ。科捜研に帰ると、律子からも怒られ、泣きながら帰るノンナ。

  

一方、虎丸は居酒屋で、猪瀬に証拠が出ないことを愚痴る。

その頃、美加の母親はノンナの言葉を思い出す。

  

翌朝、虎丸の元に母親が証拠となる血痕のついた灰皿を持ってきたといい、ノンナに渡す。

事件当日、母親が自宅に戻ると、部屋はちらかり、すでに美加の姿はなく父親に部屋を片付けるように言われたという。

そしてこの時、この灰皿をみつけて隠していたという。

ノンナはすぐに血痕を調べ、美加の物だと判明する。

  

虎丸はさっそく父親を呼び出し事情聴取を始めるが、父親は殺していないといい、その日のことを淡々と話す。。

虎丸はノンナに、もう一度あの部屋を調べと怒る。

すると礼二がきて、あの部屋に行く必要はない、ただ、玄関を調べて欲しいという。

これを聞いて虎丸は、現場を知らない科捜研はこれだから役に立たないと怒る。

  

そんな虎丸に礼二は『鑑定は推測を証明するための物ではない。鑑定結果こそが真実だ』と言い放つ。

2人の会話聞いていた律子は、礼二をもう一度、この事件の担当に戻すという。

  

礼二は科捜研のメンバーと虎丸たちと共にマンションに向かう。そして玄関に血痕はないか調べ始める。

そして別の部屋の前で血痕が見つかる・・・

  

その後、、、虎丸は容疑者が自供したといって特捜研へやってくる。

真犯人と事件の真相・・・

犯人はやはり父親で、美加は結婚を気に母親を家から連れ出そうとするが、母親は動けない。

美加は母親をホテルに残し、父親と話を付けるために実家に戻る。

すべてを父親に話すと、父親は美加のことを激しく罵る。母親がいないことにきずくと、美加を灰皿で殴る。

美加はこれ以上自分と母親を気付付けるなら訴えるといって部屋を出て行く。

  

しかし、部屋を出た美加を隣の部屋の男が無理矢理部屋の中に引きづり込む!!

美加は恐怖で男の部屋から握られない。しばらく滞在した後、逃げ出そうとした時、男に見つかり殺されてしまう。

そして遺体発見現場に落ちていた花は、美加自身が好きで育てていた花で、男が手向けの花として置いたものだった。

少刑事部長・壇浩輝という男

別の日。

母親に会ったノンナは、母親が旦那を訴えて離婚すると話していたことを虎丸に伝える。

虎丸は礼二に、お前の読みが当たっていたなと悔しそうにいう。

するとノンナは、一つだけ間違っていたことがあると言って母親から聞いた話を伝える。

母親は火傷の痕は美加が守ろうとして飛び出してきた結果だったと言う。

虎丸はこの話を聞いて泣きそうになりながらも誤魔化すw
  

ノンナと礼二は虎丸の態度を見て笑う。そして礼二に『真野さんすごいですよね。お花のこと調べたり火傷の痕を検証したり。

本当に見つかりましたもんね、真実のかけら。やっぱり、最後に正義は勝つんですね!それじゃ。』

すると礼二は『正義は・・・』

その頃、壇浩輝が最年少刑事部長に昇進する。

  


--- 以上、トレース 1話のネタバレでした~! ---

  
トレース 1話を見逃した人は、

無料期間中に1話から見逃し視聴できる『FODプレミアム』がおススメです!


>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら


いつまで “1ヶ月間の無料おためし” があるのか分からないので、見たいかたはお早めに~^^♪


これで連休中の暇つぶしはバッチリです(笑)


トレース ドラマ動画!1話の感想まとめ

トレース 1話の感想は、物語が二転三転してラストの真犯人が意外な人物だったのには驚かされましたね!
  
また主演の錦戸亮さんがクールな役を演じる一方で、船越英一郎さんがかなり熱い、昔ながらの刑事を演じ、そんな二人の間で板挟みにある新人役の新木優子さんが可愛いかったです!

みんさんかなりいい感じでそれぞれの役を演じていて、次回はどんな展開になるのか?期待せずには入れないと言った感じでしたね!
  

そしてトレース 1話のラストに登場した千原ジュニアさん演じる刑事部長と、悲劇的な過去を持つ礼二の関係もとても気になる感じで終わりましたが


この二人の関係が、トレースの一番の見どころになるのではないかと思いました。


あとは小雪さん始め、豪華な俳優陣が出演しているので、他の出演者が今後どんな味を出してくるのかも期待してみていきたいです!


>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら


トレース ドラマ動画!1話のあらすじを最後に

ドラマ『トレース』1話のあらすじを簡単に紹介します~!

ある陰惨な事件を経験した過去を持つ 真野礼二(錦戸 亮)は、警視庁科学捜査研究所法医科に所属する法医研究員。

  

「鑑定結果こそ真実」という信念のもと、膨大な知識と高い鑑定技術、他者とは違う着眼点を持つ真野は、周囲からその実力を高く評価されている反面、

  

クールで協調性がなく、必要以上に人と係わろうとしないことから科捜研内では浮いた存在でもあった。

  

ある日、真野の上司である法医科科長の海塚律子(小雪)は、


相楽一臣(山崎樹範)や市原 浩(遠山俊也)、水沢英里(岡崎紗絵)ら法医研究員たちに新人の沢口ノンナ(新木優子)を紹介する。

  

大学院で遺伝子の研究をしていたノンナは、大学OGの律子に誘われて科捜研に入所したものの、


遠い世界の出来事だと思っていた殺人事件に係わることに戸惑いを隠せないでいた。

  

 するとそこに、警視庁捜査一課の刑事・虎丸良平(船越英一郎)と猪瀬祐人(矢本悠馬)、鑑識員の沖田 徹(加藤虎ノ介)らがやってくる。

  

イベント会場で発見された、切断された左手の鑑定結果を聞きに来たのだ。

  

鑑定を担当した真野は、付着物の中から珪藻と通常の20倍のマンガンが検出されたことを伝える。

  

それを聞いた虎丸は、即座に多摩川の捜索に向かおうとした。


そんな虎丸に、多摩川を探しても意味がない、と告げる真野。

  

だが虎丸は、捜査方針に口を出すのか、と真野を睨みつけると出ていってしまう。

  

すると真野は、おもむろに臨場の準備を始め、特殊な珪藻の生息域で、域内にマンガン鉱山の跡地がある日原川に向かうと言い出す。

  

律子は、真野の勝手な行動を非難する研究員たちの言葉を受け流すと、


ノンナに同行を指示し、「しばらく彼について学びなさい」と続けた。

トレース 公式サイト引用

>>>『FODプレミアム』の1ヶ月無料おためしはこちら


最後までお読みいただきありがとうございました^^


◆最新のドラマ動画の見逃し視聴方法&ネタバレまとめページはこちら↓

>>> ドラマ動画の見逃し&ネタバレをまとめてチェック♪


※本ページの情報は2019年1月時点のものです。最新の配信状況はFODサイトにてご確認ください。[PR]

シェアする!!