いだてん 動画の29話も見逃しフル視聴する方法!

シェアする!!

阿部サダヲ・#萩原健一も出演のドラマ『いだてん』の29話が放送されましたね!

このいだてんの29話の動画はフルで見逃し視聴できるの?と、気になって動画を探している人が多いようです。

なのでこのページでは安心して、いだてん 29話の動画を “見逃し視聴できるおススメの方法” やネタバレを紹介しています↓

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

違法にアップロードされた動画じゃないので、高画質でCMもないし、安全に “1話~ まとめて” 視聴できますよ!

いだてんの動画!29話をフルで見逃し視聴するおススメの方法

ではドラマ『いだてん』29話の動画を、フルで見逃し視聴できるおススメの方法を紹介します!

それは、いだてんの放送が終わるたびに毎回、見逃し配信をしてくれている公式のサービス『U-NEXT』です!

『U-NEXT』には”31日間の無料トライアル”が付いててお得なので、

違法にアップロードされた動画を探さなくても安全に見逃し視聴できます!

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

無料期間中に登録して31日以内に解約することもできるし、その場合でも、いだてんの動画を1話から視聴できます!!

もちろん『いだてん』以外の現在放送中の最新ドラマや映画・海外ドラマも、時間が許す限り好きなだけ見れてしまいます!

ただ、“31日間の無料トライアル”はいつまでやっているのかわからないので、

いだてんを安全にフル視聴したいなら早めに登録したほうが損しないです!

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

※U-NEXTに登録したら検索窓から⇒「いだてん」で検索してくださいね^^

いだてんの動画!29話の予想

20代 女性 :

いだてんの動画 29話の予想は、テキストテキストテキスト

20代 女性 :

いだてんの動画 29話の予想は、テキストテキストテキスト

30代 女性 :

いだてんの動画 29話の予想は、ロサンゼルスオリンピック開幕ということで、今回の重い雰囲気からガラッと変わりそうな気がします。

しかしまーちゃんは現地に行って心躍らせるようですが、以前四三が感じた「日本人は外国人には敵わない」ということを思い知らされもするでしょう。

今のところまーちゃんはオリンピックに対して敗北感やカルチャーショックなどは感じたことがなさそうです。

選手への激励の言葉もどこか雑になってしまうのは経験不足な部分も多いのではないかと思います。

当時日本からロサンゼルスに行くというのは大変なこと。そこに行くまでやそこに着いてから何が起こりそうな気がします。

40代 女性 :

いだてんの動画 29話の予想は、日中の緊張感が高まる中、ロサンゼルスオリンピックへと出発。28話ではだんだんと日本が戦争へと突き進んでいきそうな雰囲気が挟み込まれている、

という印象で、頭の中の9割が水泳だという田畑も、次第に日本の情勢に対しての不安によって、頭の中のスポーツ部分が減ってきている印象でした。

29話の予告では、ロサンゼルスでの日本選手団に対する差別感情がむき出しになる様子があり、田畑の「勝たなければ意味がない」という信念が、

本人も意識しないところで「国として」という気負いが加わり、周りの人たちにも田畑がそのような考えであると思われていくのではないでしょうか。

40代 女性 :

いだてんの動画 29話の予想は、次回は ロスオリンピックの回。陸上以外の選手が初めて オリンピックに行きますね。

カルフォルニアは、ヨーロッパと違って広大で、かつ開放的な風景に見とれてしまいました。

選手、コーチは希望を胸に アメリカへ行ったのだろうけれど、人種差別にあったり 現実は理想通りにはいかなかったのかもしれませんね。

田畑は、世界のレベルを目の当たりにして、28話でもそうであったように、選手選抜に非常な判断を下しそうです。

コーチから「なぜ そんなに メダルにこだわるんですか」と言われていましたし。田畑の思い、結果は実を結ぶのでしょうか。

50代 男性 :

いだてんの動画 29話の予想は、船旅での調整を見てみたいのですが、次はもう現地カリフォルニアに到着から始まるのでしょうね。

そして練習環境の問題で苦境に立たされる日本代表。ここまでは予想できます。水泳主将の高石勝男はどう描くかが焦点です。

彼はロス大会には出場していません。現地に入りながらそれは無いだろうと思いますが残念ながら事実でもあります。

自分が出れない中どう仲間を励まし鼓舞していくのかが注目でしょう。水泳チームは男子チームも若手が多いですが女子は若手しかいない状態です。

彼のリーダーシップにかかるところは大きかったでしょう。女子選手の結果は前畑秀子選手以外は残念な結果です。

この結果だと田端は怒り狂いそうですがどういった表情になるのか見ものです。水泳男子は日本歴代でも最高の成果を出します。そこはしっかりとやって欲しいです。

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

いだてんの動画!29話の見所はどこ?

20代 女性 :

いだてんの動画 29話の見所は、テキストテキストテキスト

20代 女性 :

いだてんの動画 29話の見所は、テキストテキストテキスト

30代 女性 :

いだてんの動画 29話の見所は、ロサンゼルスオリンピックの現地にまーちゃんも行くことです。

これまで日本から出たことはないでしょうし、ロサンゼルスで学ぶことも多いでしょう。現地の選手から冷たい態度をとられたり、邪険に扱われたりするかもしれません。

それはまーちゃんというより選手の勝男たちがそんな扱いを受けそうです。

まーちゃんはとりあえず自分の思ったように自由に指導をしていましたが、勝男はそれを不満に感じていますし、まーちゃんと選手たちの間に壁があるように感じられます。

ロサンゼルスに行ってほかの外国人選手と交流することで四三が以前感じたような敗北感を感じたり、指導の見直しをするんじゃないかと思います。

40代 女性 :

いだてんの動画 29話の見所は、当時のオリンピックの結果は、「前畑ガンバレ」しか知りませんが、

史実なので調べればわかるのでしょうけど、せっかくなので放送で見るまでのお楽しみにしておきます。

田畑の弾丸トーク?も割と好きなのですが、元気の無さを表しているのか、少しトーンダウンしているのが気になります。

監督としての力量という点で、田畑がどの程度描かれることになるのかわかりませんが、選手との関わり方がどう転んでいくのかも興味深いです。

東京にオリンピックを呼ぶ、という構想に対してシラけていた田畑が、その後誘致に至るようになるのに、ロサンゼルス五輪でのどのような経験が関わってくるのでしょうか?

40代 女性 :

いだてんの動画 29話の見所は、今までのオリンピックは、ヨーロッパののどかな風景でしたが、

今回は ロスオリンピックでカルフォルニアのリゾート感あふれる開放的な景色も堪能できるんじゃないかと。

選手たちは、選手村で「これぞ、スポーツの理想郷」と希望に満ち溢れていましたが、

現実は日系人差別やトップアスリートの実力の差があって いろいろ悩みが大きいのではないでしょうか。

理想と現実の間に 田畑の周りと軋轢を生みながら、非常なほどの突破力を楽しみにしています。

個人的には 田畑の「~じゃんね」結構 頭にこびりつき ついつい言ってしまいそうになります。

50代 男性 :

いだてんの動画 29話の見所は、水泳男子チームの活躍を見るのは楽しみです。何しろ100m自由形で金メダルを取れたのはこの時しかないのですから。

しかし水泳界以外ではあまり知られていないことだったりします。これは不思議ですがこの大河で金栗とともに宮崎も有名なることでしょう。

水泳以外の選手の様子も見てみたいのですが田端編はやってくれないでしょう。注目競技がありますがその競技、人物が出てくるのか。

出てくることを期待します。加納先生や岸会長が出てくるのかも分かりませんね。このロサンゼルス大会。

日本は不利な状況で迎えることになりましたが結果は良好でした。これまで尽力してきた先生方もたいそう喜んだでしょうね。

そういったシーンが個人的には見たいです。

◆いだてん “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> いだてん “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

いだてんの動画!29話までの感想

20代 女性 :

いだてんの動画 29話までの感想は、テキストテキストテキスト

20代 女性 :

いだてんの動画 29話までの感想は、テキストテキストテキスト

30代 女性 :

いだてんの動画 29話までの感想は、いつもに比べてかなりシリアスな回でした。

満州事変も始まりもう記者の仕事どころじゃなくなってましてオリンピックなんて言ってられない時代になってしまったのは仕方ないとはいえ悲しいことだと思います。

まーちゃよの同僚記者の河野がやめてしまって政治家になるといったシーンは寂しく感じましたが、

「俺は政治家になるからお前はスポーツを頼む」と言うシーンはそれだけまーちゃんのことを信頼しているから言えることだと思えた大事なシーンでした。

犬養毅の殺害事件とオリンピック応援歌のシーンは対比されていて楽しさの裏側では大変なことが起こっているのかもしれないと思わされました。

40代 女性 :

いだてんの動画 29話までの感想は、落語パートが神木隆之介くんだけになって、聞きやすいですw。

でも最近は、「高座で過去の話を聞かせています」という形以外の存在意義がなくて、以前にも増してわかりにくくなっているなーと感じます。

水泳選手もごちゃごちゃしてきて・・林遣都が出るんだ!ってオープニングで見て楽しみにしていたのに、一瞬でした。

田畑の同僚、河野(桐谷健太)が政治家に転身すると宣言。それに奮起して?田畑、重鎮に近づいてスクープをものにする。

田畑は水泳監督として、メダルメダルと言い過ぎてベテラン選手やコーチから不興を買っています。

見ている限り、引っ掻き回しまくっている風にしか見えないのですが、結局やりたいようにできてるって羨ましい。

40代 女性 :

いだてんの動画 29話までの感想は、田畑は、相変わらず落ち着きがなく、動き回っている。

30まで寿命ということで 生き急いでいるのか 水泳の選手の見切りのつけ方も、ある意味 正解なんだけれど、もう少し言い方が。
と思ってしまいました。

自分のお見合い相手が すぐ近くにいるのに、灯台下暗し。。いつ気づくのか楽しみです。いろいろ書きましたが、今回は 犬飼毅がメインな回でした。

首相のいる画が、セットやライトが華麗で演出も素晴らしいけれど、それ以上に役者さんの演技に引き込まれました。

「話せばわかる」重たい言葉ですね。最後の暗殺シーンでは、まるで自分も脇で見ているかのように 怖かった

50代 男性 :

いだてんの動画 29話までの感想は、日米水泳競技大会。個人種目の二カ国対抗戦は現代ではまず見られないですね。

この時代だからこそ成立したといえますが観客1万3千人収容のプールが満員になったと言うのですから興行的にも大成功だったと言えます。ここで日本の選手も入れ替えが進みます。

この頃ですと学生が選手の主力ですのでやむをえないところはあるのですが、前回大会の功労者が第一線から退くことになります。

その切ない気持ちを良く表現されていました。今回の話の中で評価できる数少ないところですね。

政治情勢こそナレーションで終わらせればいいのですがそうもいかないのでしょうね。作中の河野一郎は現外務大臣の河野太郎の祖父に当たる人です。

政治家としてのほうが有名でしょう。なんだかんだ言われていますが流れとしてはこれまでの大河ドラマと変わらない。そう感じた回でありました。

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

いだてんの動画!29話【ネタバレ】← 紹介

ここからがドラマ『いだてん』29話のネタバレになります!

ロサンゼルスに向けて

古今亭志ん生の弟子である五りんが2つ目に昇進する事になった。

志ん生と一緒に挨拶をして、噺を進めていく。

1932年の夏、満州事変や五・一五事件と日本が混乱の中で水泳選手の壮行会が水連で行われる。

総監督の田畑政治も参加して、嘉納治五郎から「頼んだぞ、キャプテンと高石勝男に国旗が渡された。

6月23日に船に乗り込んだ日本選手団は総勢131人の選手団でロサンゼルスに向かう。

アメリカに次ぐ大勢の選手団になった日本選手団は7月9日にロサンゼルスに到着した。現地の日系人から熱烈な歓迎を受けて、歓迎パレードが行われる。

その後、日本選手団は選手村に向かい、陽気な雰囲気の歓迎ムードに喜ぶ。

今回のオリンピックの選手村が本格的な選手村が始まりだった。

田畑は国境や文化を超えて、「理想郷」と喜び、選手達とともに踊る。

「オリンピック最高」と田畑達は叫ぶ。

選考会へ

7月10日に選手村では、国旗掲揚と松澤の訓示が行われた。

松澤一鶴の言葉にしびれを切らして、田畑は早々と話を打ち切る。

そして、田畑は簡潔に話をまとめるが、その様子を見ていた高石は以前、彼に告げられた言葉を思い出す。

朝食後、バスでプールに移動する日本選手団は9時から2時間の練習をする予定だった。

プールの入口に着いたバスだったが、日本に対する守衛の態度に思わしくない。

田畑が文句を言いに行くなどして、どうにか中に入る。

プールに次々と飛び込んでいくと泳いでいたアメリカ選手達が水から上がっていく。

田畑は貸し切り状態と開き直り、日本選手団に練習を継続させる。

約1か月の現地練習が始まり、練習後は日系人主催の歓迎会に呼ばれる。

そこで、現地で日本人が迫害されていく事を耳にした。店主から試合に勝つように応援を受ける。

午後の練習は暑さを避けて、16時から始まり高石は気合いが入っていた。

再び鉢合わせしたアメリカ選手団の態度に田畑は怒り、抗議に行く。

すると以前に日米対抗戦の監督・キッパスと再会して、事情を聞いた。

アメリカ選手団は日本人を研究して、ライバル視する。

前回の雪辱を果たす事を伝えられるが、田畑は理解していなかった。

その後、現地の記者を含めて取材を受ける田畑は英語が喋れない中で、彼らしいジェスチャーで表現していく。

そこには同僚の尾高も取材に来ていた。

田畑の意気込みは日本の体協本部にも届き、治五郎は笑う。

各国のIOC委員から日本のオリンピック開催を支持されている事を明かして、自らロサンゼルスに足を運ぶ事を決めた。

その頃、美濃部孝蔵は引越しをしていたが、良くない環境だった。

最初は虫やなめくじに悩まされていたが、その内すっかり慣れてしまう。

家族とともに暮らしていた相変わらずの貧乏生活を送る。

キャプテン高石の葛藤

選手村の食堂では、日本選手団が豪華な食事に盛り上がる。

食後は反省会でホームを確認して、高石と松澤は1つ1つ分析していく。

田畑はストップウォッチを持ちはしゃいでいたが、高石や松澤は彼の行動に不信を抱いた。

松澤・高石・野田一雄の3人は選手達のコンディションを考える。

高石は外に出て、プールに移動して練習を始める。

自らタイムを計り記録を確認するが、思うように伸びない。

7月18日に、田畑が書いた紙が破れて、彼は怒りを露わにする。

その日から女子水泳選手団が合流する事が報告されて、男女合同で練習が始めった。

女子との合同に男子はやる気を見せて、女子選手達は現地で人気になる。

歓迎会に参加していた女子選手達に田畑は怒っているとアナウンサーの三省が現れた。

治五郎がロサンゼルスで行われるIOC総会に参加して、日本が立候補する事を聞く。

高石は毎晩練習を重ねて、守衛も黙って彼の練習を耳で聞いていた。

練習を終えた高石は再び貼り紙を見ると、そこに鶴田義行が現れる。

高石と鶴田は2人で話をし始めたが、自分達の状況に落ち込む。

その頃、小池達は松澤に高石の出場をお願いしていた。

お店で食事を取っていた田畑も野田からお願いされるが、拒む。

女子選手達は田畑の行動を話していて、彼の言動が話題になる。

鶴田は高石に田畑の行動が先を読んでいると行動だと伝えた。

去年の日米対抗戦があったから今回、日本人選手団が劣等感を抱かなかったと口にする。

更にライバルはアメリカではなく、宮崎康二・小池礼三だと言う。

田畑の決意を知る

田畑はお店の従業員に日本とアメリカの対決の結果を尋ねる。

すると厳しい言葉を言われて、田畑は静まった。

しばらくするといつもの口ぶりで必死に勝つ事への熱い思いを伝える。

選手村に戻ると再び紙が破られているのに気づく。

部屋では松澤と田畑が相談して、高石は外で話を聞いていた。

松澤はメダルに拘る理由を問い出して、2人はひとまず席に着く。

「日本を明るくするためだ」と予期せぬ言葉を口にした。

田畑は明るいニュースを日本に届けたいとの思いで、すでに同僚の酒井菊枝に原本の記事を託す。

打ち合わせを進めて、全種目で金メダルだと確信していた。

スポーツで国を変えるとの思いに松澤は田畑を誤解していたと謝る。

運命の選考会

7月24日になり、運命の選考会が始まった。

種目ごとに各選手の名前が呼ばれていき、配置に付いていく。

合図がなり、アナウンサーの河西達も実況の予行練習をしていた。

平泳ぎでは激戦になるが、鶴田が小池に負けてしまう。

次々と選考が進み、いよいよ運命の自由形100メートルが始まる。

高石と宮崎の勝負が注目されて、合図とともに一斉に飛び込む。

松澤達は高石を応援するが、途中で田畑や選手達一同が応援する。

そして、「かっちゃん、ありがとう」と田畑は口にした。

宮崎が1位になり、新しいスター選手が誕生する。

高石は負けるが田畑が出迎えて、拍手が送られた。

選考会が終わり、田畑から出場選手が報告されていき、宮崎達は決まる。

自由形の高石は外れてしまうが、誰よりも早く拍手をした。

田畑とともに高石はラジオの取材に行き、若手のコンディションを伝えていく。

心強い言葉を田畑も言い、全面的に選手達を褒める。

その頃、IOC総会に参加するため、ロサンゼルスに来ていた治五郎は1940年のオリンピック招致に正式に名乗りを上げた。

7月30日になり、ロサンゼルスオリンピックがいよいよ幕を開ける。

--- 以上、いだてん 29話のネタバレでした~! ---

いだてん 29話を見逃した人は、

『いだてん』を1話からまとめて視聴できる『U-NEXT』がおススメです!

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

いつまで”31日間の無料トライアル”があるのか分からないので、見たいかたはお早めに~^^♪

これで連休の暇つぶしはバッチリです(笑)

いだてんの動画!29話の感想まとめ

いだてん 29話の感想は、壮行会で治五郎から激励を受けた田畑達はついにロサンゼルスに向かいますが、日本選手団が大人数で驚きました。

四三と三島の2人でオリンピックに向かった時とは状況が変わっていると感じます。

田畑も総監督として、ロサンゼルスに行く事が出来て良かったです。

ロサンゼルスに到着して日系人から歓迎されて、選手達も嬉しかったはずです。

現地の日系人は迫害を受けていたのは驚きました。

彼らに少しでも勇気や希望を持つ事が出来るような結果を選手達には残して欲しいです。

以前、日本は日米対抗戦で見事にアメリカに勝利して追われる立場になりました。

また、日本の選手団の中でも若手の選手達の目まぐるしい成長から高石達の立場が苦しくなっていて世代交代の時期に来ているのだと感じます。

高石も本当は選手として出場したいはずですが、キャプテンとしての立場もあり葛藤はあったでしょう。

そして、田畑の本当の気持ちを知り、ようやく気持ちに整理がついたようで安心しました。

田畑ももう少し言葉遣いや行動を気付ければ、誤解を招くことはないと思います。

しかし、それも彼の良さではないかでしょうか。

強引のようで横暴な感じがしますが、裏では繊細な心を持っているようです。

治五郎は正式にIOC総会で1940年のオリンピック招致を宣言しましたが、彼の行動力は凄いです。

期待が掛かりますが、日本の状況はどんどん戦争に向かっていきそうです。

いよいよロサンゼルスオリンピックが始まりますが、果たしてどのような結果になるのか気になります。

田畑の選手達を必死で応援していたので、良い結果が出て欲しいです。

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

最後までお読みいただきありがとうございました^^

◆いだてん “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> いだてん “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

※本ページの情報は2019年8月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。