西郷どんの動画!21話をフルで見逃し視聴する方法

シェアする!!

ドラマ『西郷どん』の21話が放送されましたね!

この西郷どんの21話の動画はフルで見逃し視聴できるの?と、気になって動画を探している人が多いようです。


二階堂ふみとの奄美編が面白い大河ドラマ『西郷どん』を今回に限って見逃してしまったーー!!なんて人も多いと思います。


なのでこのページでは安心して西郷どん 21話の動画を見逃し視聴できる方法&ネタバレを紹介しています!


YouTube・Dailymotion・Pandoraみたいに違法にアップロードされた動画じゃないので、高画質でCMもないし心置きなく”1話~まとめて”視聴できますよ↓


>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

西郷どんの動画!21話の予告を紹介

ドラマ『西郷どん』21話の動画予告はこんな感じに!

西郷どんの動画!21話をフルで見逃し視聴するおススメの方法

ではドラマ『西郷どん』21話の動画を、フルで見逃し視聴できるおススメの方法を紹介します!


それは、西郷どんの放送が終わるたびに毎回、見逃し配信をしてくれている公式のサービス『U-NEXT』です!


『U-NEXT』には”31日間の無料トライアル”が付いててお得なので、

YouTube・Dailymotion・Pandoraなどの違法にアップロードされた動画を探さなくても安全に見逃し視聴できます!


>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら


無料期間中に登録して31日以内に解約することもできるし、その場合でもお金をかけずに、西郷どんの動画を1話からまとめて視聴できます!


もちろん『西郷どん』以外の現在放送中の最新ドラマや映画・海外ドラマも、時間が許す限り好きなだけ見れてしまいます!


ただ、“31日間の無料トライアル”はいつまでやっているのかわからないので、

西郷どんを安全に見たいなら早めに登録したほうが損しないです!


>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

※U-NEXTに登録したら検索窓から⇒「西郷どん」で検索してくださいね^^

西郷どんの動画!21話の予想

30代 女性 :

西郷どんの21話の予想は、愛加那と別れて島を去っていくんだろうな?、吉之助。

愛加那との間に子供も生まれて、多分今までで一番平穏な日々だろうに。父としての吉之助って、どんなだろう。

いいお父さんなんだろうな。そしていい旦那さんなんだろうな。

でも、占い師のおばあに言われてたし、愛加那はいつか去ると思ってるだろうから、それは辛い日々でもあるよね。

正助は吉之助に会いに来るんだ。正助は吉之助を助けたい、と思ってるけど、吉之助は複雑だろうなぁ。

藩の為に働きたいって気持ちと、愛加那たちと別れたくない気持ちと。

そして正助にもありがたく思って、愛加那が離れたくないのもわかってて、なんとかしようとするけど、どうにもならない。

  

40代 女性 :

西郷どんの21話の予想は、吉之助は、島でずっと愛加那と暮らすと誓いますが、薩摩に帰ることになるでしょう。

予告では、正助が島にやって来ます。最初は、正助の話に耳を傾けないのですが、次第に気持ちが変わるのだと思います。

愛加那は、吉之助を心から愛しているし、吉之助と離れることを受け入れられないかもしれません。

しかし、吉之助と一緒になる時から、吉之助が島を出ていくこと、自分が島に残る結末を知っていたのです。

なので、最終的には、吉之助が島を出ることを許すのだと思います。

また、愛加那の兄から、妹をこれ以上苦しめないでほしいと言われた吉之助は、島を出る決心をするのではないでしょうか。

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

西郷どんの動画!21話の見所はどこ?

30代 女性 :

西郷どんの21話の見所は、愛加那との別れのシーン。いい出せないんだろうな。

愛加那から別れを切り出すのかな。それもかわいそうだな。子供とも別れることになるのかな?

その後、きっと愛加那は強く生きて行くんだろうなあ。そこも少しでてくるといいな。

吉之助は一度家族と楽しい、充実した時間を持って、そして父になって、成長したんだろうと思う。

それまでは若くて血気盛んで、突っ走ってどーん、みたいな感じがあったけど、きっともう少し落ち着いてくるのかも。

これから交渉したり、進軍したりする、腹の座った男の片鱗が見れるかも。正助との激論も、落ち着いてくるのかも。

  

40代 女性 :

西郷どんの21話の見所は、吉之助の気持ちの変化、島に残るという気持ちから、薩摩へ帰る決心をする過程が、どのように描かれるのか。

また、愛加那は、吉之助と離れることに、抵抗するでしょうが、吉之助と知り合う前に、ユタから未来の夫が来るが、

悲しい結末になるという話を聞いて、別れる覚悟で、一緒になったわけです。

愛加那の複雑な胸中、心情を、二階堂ふみがどう表現するのか。そして、吉之助と愛加那の別れのシーン。

愛加那が、海で吉之助に島唄を聞かせるシーン。

幸せなひと時から一転、別れに至るまでの経緯、また、吉之助の決断に対しての島の住民の反応など、見どころは満載だと思います。


◆西郷どん “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> 西郷どん “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

西郷どんの動画!これまでの感想

30代 女性 :

西郷どんのこれまでの感想は、愛加那とうまくいって良かったなあ、と思ったのも束の間。

井伊直弼が殺され、斉興は亡くなり、薩摩は激動してる。

久光はやっと権力を握れて、良かった。正助は頑張ってるけど、なんだか不器用で言葉が足りないんだよね。

心の中は熱い人なんだろうけど、なかなか他の人達、有馬なんかにわかってもらえず、反感を買っちゃう。

冷たく感じてしまうのかも。だから吉之助が必要なんだよね。誰にでも共感して、助けてしまうような吉之助が。

正助は頭が良すぎて、先まで見えちゃうんだよね。だから流されないんだ。それも辛いよねー。

ああーでももう少し吉之助をそっとしといてあげて?

  

40代 女性 :

西郷どんのこれまでの感想は、正助の真意が分からず、斉興の側についたのかと思い、ハラハラしましたが、

吉之助を薩摩に帰したい一心での行動だったと分かり、ホッとしました。

正助が、周囲の反発を受けながらも、自分の信念を貫き通すところは、立派ですが、他のやり方がなかったのかなとも思いました。

正助が、自分は吉之助さんのようにはなれないと弱音を吐いた時、正助の奥さんが、吉之助さんのようにならなくていい、

あなたはあなたのままでいいと諭す場面では、奥さんの懐の深さを感じましたし、共感できました。

井伊直弼が暗殺されて、悪政が終わって、スッキリしました。

ただ、吉之助の同志、橋本左内が殺されてしまったのは、残念でした。個人的には、風間俊介さんの演技をもっと見たかったです。

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

西郷どんの動画!21話【ネタバレ】← 紹介

ここからがドラマ『西郷どん』21話のネタバレになります!

  

西郷吉之助は海で釣りをしながら落ち着かない。

鳥の声に驚き家に走って戻るが、子供はまだ生まれておらず、富樫に『ま~た戻ってかたんかい』


みんな呆れていると、赤ちゃんの泣き声が

西郷『生まれた!生まれたー!!』

愛加那が赤ちゃんを抱いて微笑んでいる。

  

ユタは赤ちゃんを西郷の方に持っていき『元気な音のこの子だよ』

西郷は初めての我が子を抱いて感動『こいが、こいがおいの子か…、愛加那、お手柄じゃ~!ありがとう 泣』

赤ちゃんが生まれて7日目の朝「イジャシハジメ」と呼ばれる祝いの儀式がユタによって行われてる。

儀式が終わり、西郷は子供を抱いてみんなに見せる。

西郷『撫でてくだされ』みんな可愛いと大喜び。

西郷が奄美大島にきて2年。島のむ娘・愛加那を嫁にもらい、ついに父となる。

  

その夜、西郷『こん子には、菊太郎となずけようと思っています』

富樫『菊池源吾の菊に一人目の子だから太郎かい?』

西郷『はい。おいは男でも女でも、菊を付けるつもりでした

愛加那『菊太郎!いい名前じゃが!』

  

しかし龍佐民は『いや、それはいかん。ならば、菊次郎と付けてください』

西郷『なぜですか?』

龍佐民『いずれあなた様は薩摩に戻りなはる。そん時あちらで、奥方をお迎えになりよっど』


西郷『なにをいわれる?』

愛加那『佐民おじい、この子は旦那様の初めての子だよ。太郎と付けて何が悪いの?』

龍佐民『島でめとったお前は御上の沙汰後で薩摩に連れ帰ることは出来ないんじゃ。旦那様、あなたはいつか、薩摩を背負っていくお方だ。

そんな事はこの南の島しか知らない私にもわかります。政の潮目が変われば、必ず島を出ていかれる』

  

西郷『佐民さ、おいはこの島で生きるち決めた…』

龍佐民『これはこの子のためでもあります!この子は、いつか薩摩に渡ることが出来る。その時、菊太郎と薩摩で名乗れば、先々薩摩で気まずい思いをすることになる。

一時の情けに流されることなく、菊次郎と付けてください』

  

愛加那『わかりました。菊次郎にしましょう。この子は、菊次郎です』

西郷は納得いかない様子だが・・・石千代はみんなで祝いの歌を歌おうという。愛加那は歌を歌う。

  

その頃、薩摩の鶴丸城では、島津久光が、小松帯刀を始めとする優れた若者を取り立て、藩の政治の中枢を担わせていた。

久光は、井伊直弼が打たれてことを話し

『じゃっどん、ご公儀の腐った政が、大きく改められることはなく、日を増すごとに日本中で不満の声が高かまっておるそうです』

茂久『ならば父上、我らも一日も早く、先君志を受け継ぎ、一日も早く兵を起こしましょう』

久光『はっ!!損ためにまずは、堀井、お前は江戸に行け!小松は国元に残り、高山、そして大久保!お前たちは京へ上れ!』

ついに異例の出世を遂げた正助は、久光の特府により、名を賜り、大久保一蔵と名を改める。

  

大久保一蔵は郷中中もの元に帰り『みんな喜べ!殿がついに、おきめになられた!近く、兵をご公儀に発せられる。いよいよ、我ら誠忠組の忠義を、殿に示す時がきた!!

それだけじゃごわはん…』

大山『まさか?』

新八『一蔵さあが、ずっと願いでちょったあんことが!』

一蔵『殿がお許し下された』

海江田武次『ついに吉之助さあが』

一蔵『薩摩に帰ってくっとじゃ!!』みな大喜び!!

  

一方、西郷は。薩摩からサトウキビを絞るための鉄の椀が届き

西郷『正助どんじゃ…、正助どんが送ってくれたとじゃ!』

すると、一蔵『遅くなってすまんかった、吉之助さあ!!おいじゃ!忘れたか!!』

一蔵が笑顔で船から降りてくる。

  

西郷『正助どーーーん!!』2人は抱き合い

一蔵『吉之助さあ、元気しうじゃのう!また一段とおおきくなったとじゃなかか!!』

西郷『おまんこそ、こげなキラキラなりよって!』

一蔵は愛加那をみて、吉之助は自分の嫁だと紹介するそして菊次郎も

一蔵『ああ、二人のこつは、吉之助さあから文でようきいちょります』

愛加那『私も旦那様から聞いております。こいが噂の正助どんな?』

一蔵『そいが、名を改めもした』

西郷『正助どんじゃなくなったか?』

一蔵『大久保一蔵でごわす!』

西郷『大久保一蔵て!名前までキラキラしくなりおってw』

西郷はサトウキビの鉄腕を運ぶ。

  

そして一蔵を自宅に招き、豪華な食事を振舞う。

一蔵『こいはすごか~。吉之助さあ、いつもこげな馳走をくっちょっとか?』

西郷『とんでもなか、おはんのために愛加那がうよいしてくれたとじゃ』

一蔵『よか嫁さんをもろうたのう』

  

食事を始めると、一蔵『そん前に吉之助さ、殿の命にごわす。すぐ、薩摩に戻ってきてくいやい』

愛加那は離れた場所で話を聞いている。

西郷は召喚状を受け取り『あいがとさげもす。じゃっどん、そいはできん。おいはこの島に残る』

  

一蔵『うんにゃ、聞いてくだい、吉之助さ。今の薩摩は、もうおはんを見捨てた頃の薩摩じゃなか。やっと亡き殿のご意志を成し遂げることができる。

あとはお半じゃ、お半は亡き殿の手足となって、各藩の有力しょごうと意見の突き合せた。

薩摩といえば西郷じゃ!西郷吉之助がおらんないかんとじゃ・・・』

  

西郷は愛加那を呼び『一蔵どん、おいは、ここに来るまで何も知らんかった。藩には途方もなか金があるもんじゃのうちおもっちょった。

そん金の多くは、こん島から搾り取ったもんじゃった…。そんためにこいほど島の人たちを苦しめとったとは・・・

じゃっどん、みんなようやっちょ、歌も踊りも、ほんなこて美しか。憎いはずの薩摩のおいにまで優しか。


砂糖や作物は、薩摩に全部召し上げられるが、海には魚がおる。山にはイノシシがおる。腹が減ったらいつでん釣りや狩りをして

そん命をいただけれる。おいはここで生きる力をもろうた。人の愛っちょうもんを教えてもろうたとじゃ。

おいにとってここは、極楽じゃ・・・よか、たべもんそう!!』

  

次の日、吉之助が取り寄せた鉄の椀の威力は凄まじく、みなの喜びもひとしお。みなといっしょに踊る吉之助。

一蔵が帰ろうとすると、愛加那が追いかけてきて『大久保様は、旦那様を薩摩に連れて帰るために来られたのですよね?

でも、あん人は帰らんど!』

  

一蔵『分かっとりもす。じゃっで、おいはここに来もした。西郷吉之助は薩摩の宝でごわす。どげんしてでん帰って来てもらわんといけもはん。

こんとおりでごわす。吉之助さあを返してたもんせ…』

一蔵は愛加那に、深く頭を下げる。

  

一蔵『おいはまっちょっで、薩摩に必ず戻ってくいやい』そう言い残して帰っていく一蔵。

吉之助はいぜん一蔵がいた言葉を思い出す『おいが薩摩を変える。必ず薩摩を変えて、おはんを薩摩に呼び戻す。じゃっで、生きてくいやい!吉之助さ!!』

  

吉之助が魚を釣って帰ってくると、愛加那が菊次郎に歌を聞かせている。

吉之助が魚を見せると、大喜びの愛加那『旦那様は、私とこの子のためにここで生きてくれるんだね!本当だね!!』

愛加那は急に謝り『旦那様に、隠し事をしてました』そう言って、愛加那は一蔵からの預かりものを持ってくる。

愛加那『吉之助さあに私てくれっち。わいは怖かった!なんか恐ろしいもんが入ってて、旦那様はこれをみたら、怖いことがおきるんじゃないかち』

西郷が包みを開けると

--- 以上、西郷どん 21話のネタバレでした~! ---

  

西郷どん 21話を見逃した人は、

『西郷どん』を1話からまとめて視聴できる『U-NEXT』がおススメです!


>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら


いつまで”31日間の無料トライアル”があるのか分からないので、見たいかたはお早めに~^^♪

これで連休の暇つぶしはバッチリです(笑)

西郷どんの動画!21話の感想まとめ

西郷どん 21話の感想は、


>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

西郷どんの動画!21話のあらすじを最後に

ドラマ『西郷どん』21話のあらすじを簡単に紹介します~!

奄美大島に来て2年。吉之助(鈴木亮平)と愛加那(二階堂ふみ)の間に男子が生まれる。

  

吉之助は菊太郎と名づけようとするが、龍佐民(柄本明)は、いつか薩摩に戻る吉之助の子供は菊次郎とすべきと説得する。

  

その頃、薩摩の国父・島津久光(青木崇高)のもとで頭角を現した大久保一蔵(瑛太)の尽力により、吉之助に召還命令が下る。

  

愛加那に別れを切り出せない吉之助。一方、愛加那はもう一人子を授かっていることを知る。

   

西郷どんの目線

   

演じることが、とってもきつい回でした。すべてのシーンがただただ切なくて、切なくて……。

  

まず大きい出来事は、吉之助さんに子どもが産まれることです。

  

きっと誰にとっても、初めて子どもが産まれるときって、人間が変わる瞬間だと思うんです。


「愛情」と「責任感」がどん!と増す。

  

それをこの島で経験したことは、吉之助さんにとっても大きな意味があるんじゃないかと思います。

  

そして物語のカギを握るのは、「朝花節あさばなぶし」という島唄です。

  

すべてがこの歌に始まり、この歌に終わる??。あふれんばかりの感情を、感じていただきたいです。


>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

最後までお読みいただきありがとうございました^^


◆西郷どん “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> 西郷どん “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

※本ページの情報は2018年6月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

シェアする!!