いだてん 動画の9話も見逃しフル視聴する方法!

シェアする!!

中村勘九郎が奮闘する大河ドラマ『いだてん 東京オリムピック噺』の9話が放送されましたね!

このいだてんの9話の動画はフルで見逃し視聴できるの?と、気になって動画を探している人が多いようです。

なのでこのページでは安心して、いだてん 9話の動画を “見逃し視聴できるおススメの方法” やネタバレを紹介しています↓


※現在『いだてん』4~10話は配信停止中となっています※

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

違法にアップロードされた動画じゃないので、高画質でCMもないし “1話~ 全話まとめて” 視聴できますよ!

いだてんの動画!9話の予告を紹介

ドラマ『いだてん 東京オリムピック噺』9話の動画予告はこんな感じに!

いだてんの動画!9話をフルで見逃し視聴するおススメの方法

ではドラマ『いだてん 東京オリムピック噺』9話の動画を、フルで見逃し視聴できるおススメの方法を紹介します!

それは、いだてんの放送が終わるたびに毎回、見逃し配信をしてくれている公式のサービス『U-NEXT』です!

『U-NEXT』には”31日間の無料トライアル”が付いててお得なので、

違法にアップロードされた動画を探さなくても安全に見逃し視聴できます!

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

無料期間中に登録して31日以内に解約することもできるし、その場合でも、いだてんの動画を1話から視聴できます!!

もちろん『いだてん』以外の現在放送中の最新ドラマや映画・海外ドラマも、時間が許す限り好きなだけ見れてしまいます!

ただ、“31日間の無料トライアル”はいつまでやっているのかわからないので、

いだてんを安全にフル視聴したいなら早めに登録したほうが損しないです!

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

※U-NEXTに登録したら検索窓から⇒「いだてん」で検索してくださいね^^

いだてんの動画!9話の予想

30代 女性 :

いだてんの動画 9話の予想は、これから旅が始まると思いますが、この道中のハプニングがたくさん見られるのではないかと思います。

金栗氏、三島氏、監督夫妻のやりとりに笑いが絶対起こりそうです。当時の海外旅行ですから、想像を絶する苦労があるのではないでしょうか。

また、加納治五郎氏の渡航はどうなってしまうのでしょうか。孝蔵の落語家へのステップもドキドキしますね。

最初の登場シーンでは、噺家になる雰囲気はまったくなかったですが、回を重ねるにつれて師匠を尊敬する様子や、

練習する頑張りがチラチラとみられているので、いよいよ彼も金栗氏のように出発するのですね。

30代 女性 :

いだてんの動画 9話の予想は、今回、嘉納先生が列車に乗れなかったところで終わってしまったので、そこでまたなにか一悶着起きそうだ。

可児さんはストックホルムに行きたがっていたので、もしかしたら現地までついて来るのかもしれない。

もし可児さんがストックホルムまで来たら、キャラが面白いのでそれはそれで四三や安仁子との絡みで笑わせてくれそうだ。

緊張感のあるオリンピック本番で良いなごみ役になってくれるだろう。

異国の地で気温も低いことで、弥彦も四三も寒さ対策をしていったのかわからないが、体調を崩してしまいそう。

安仁子と大森のコメディーキャラの二人がいるので、旅の途中でまた面白いことが起きそうだ。

40代 女性 :

いだてんの動画 9話の予想は、ストックホルムまでの17日間の長旅。

思わず列車に乗ってしまった可児と徒歩部の面々は途中で降ろされており、列車内では朝起きると弥彦が身体を鍛えていたり各々が自分の時間を過ごす。

四三も弥彦の性格が徐々に分かってくるのかと思います。

一方、列車に乗れず取り残された嘉納はどうしたらストックホルムに間に合うかを考え始めるがいい案が思い浮かばず苛立ち始める。

四三と弥彦はウラジオストクからシベリア鉄道に乗る。

セントピーターズバーグに着き立ち寄った場所はとにかく寒く言葉も通じず外国の厳しさを知って

ますますストックホルムでの不安を募らせる四三だったが17日後ストックホルムに到着する。

40代 女性 :

いだてんの動画 9話の予想は、ストックホルムに出発した四三と弥彦。

17日かけてシベリア鉄道で横断する長旅。言葉や食べ物、文化の違う初めての外国で、外国の横柄な態度に真面目な四三は不安が募る。

監督の大森と安仁子は、ハネムーン気分で四三や弥彦を放ったらかし。食べ物が合わなくて体調も良くなくなる。

無事に鉄道の長旅を過ごしていけるのか?そして、新橋で乗り遅れた加納治五郎先生は、

渡航手続きがなかなか進まず、出発できない?四三や弥彦達に追い付く事が出来るのか。

初めてのオリンピックは、出発から波乱万丈で山あり谷あり。やっとの思いでシベリア鉄道の長旅を終えるのです。

40代 女性 :

いだてんの動画 9話の予想は、ストックホルムに向けての長い長い列車の旅の中で、弥彦との友情がうまれそうかなあと思っている。

お互いに、お互いに言われたことを頭の中で繰り返していたり、互いに知らなかった世界を話すことにより、理解が深まってくるんだと思う。

今まで全く違う世界で生きていた二人だが、同じオリンピックという目標に向かうことで、意気投合すると思う。

また、家族を大切にしてきた四三のはなしが、弥彦の家族への気持ちに変化をもたらすと思う。

8話の最後で、母親と分かりあえたようなシーンがあったのが、その始まりのような場面であったのだと思う。

50代 男性 :

いだてんの動画 9話の予想は、ストックホルム行きの汽車には17日間も乗って行かないといけないということなので、

着くまでになにかトラブルがあるのではないかと思います。

また嘉納先生が乗り遅れてしまったのでその辺もどうなるのか気になります。

ただ、汽車には四三の友達も乗ってきましたし、可児先生も乗ってしまいましたし、四三は顔みしりがいてくれて嬉しそうでした。

ところで四三を追ってやってきた人たちは途中で降りて戻ることはできるのか?

それにそのうち嘉納先生にばれてしまうのではないか?とその辺が気になる点です。

そうまでしてなぜストックホルム行きの電車に乗ったのか、何か裏がありそうな気もします。

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

いだてんの動画!9話の見所はどこ?

30代 女性 :

いだてんの動画 9話の見所は、金栗君の純粋で、素朴で、天然な様子が道中でどんなハプニングを起こすのかが知りたいです。

東京に行くのも初めてだったのに海外なんて。コミカルな金栗君の動きに注目しています。

三島君は初の海外ではないような気がしますが。

三島君の都会っ子な感じが、金栗君の田舎者っぽい感じと対照的で旅の中でどうやりとりするのか見たいです。

監督夫妻の空気をよめない、コミカルな演技にも目が離せません。一方、日本での出来事が描かれるのでしょうか。

美川君はこのあと彼女とどうやりとりをして進展していくのか、こちらの恋も描かれてほしいなと思っています。

30代 女性 :

いだてんの動画 9話の見所は、嘉納先生は無事にストックホルムに来られるのか。なぜ、列車に乗り遅れてしまったのか。

嘉納先生は病気を持っていたが、体は大丈夫だろうか。可児さんはどこまで旅にお供してくれるのか。

そして旅の途中での四三と弥彦、大森と安仁子のやりとり。

四三は外国には始めて行くということで、全く違う世界でどう対応していくのか。

外国人もこれからたくさん出てくるだろうから、四三は外国人と上手くコミュニケーションを取れるのか。

そして、出発前にたくさん苦労したテーブルマナーは披露されるのか。

今回は感動的な回だったので、9話は、また少し笑えるような回になるのではないかと期待している。

40代 女性 :

いだてんの動画 9話の見所は、ストックホルムに着くまでにどれだけのおもしろポイントが見つけられるのか楽しみです。

一見四三と弥彦が全く違う性格のようだけど共同生活をするうちにお互いのことがしっかり見えてくる部分もあるんだと思いました。

極寒の土地にただでさえ固まる身体に2人の散策も面白そうです。

言葉が通じないから兵士が寄って来るのか、何か怪しまれてるのかそれだけでも笑えそう!と思ってしまいます。

お金を借りたのがご縁で早速実次、スヤ、幾江が一緒に葉書?を見ている姿は一瞬のシーンかもしれないけどその後の良好な関係が見られるのかなと思いました。

今回長屋前でのんびりしていた孝蔵の姿が気になったところでした。新しい名前を貰ってどう進んでいくのかも楽しみです。

40代 女性 :

いだてんの動画 9話の見所は、新橋駅で、乗り遅れた加納治五郎先生は、四三達に追い付けるのか、

そして、ストックホルムに無事に着いて、四三や弥彦達と合流出来るのか、乗り遅れるなんて、笑っちゃいますが無事に行けると良いなと思います。

また、言葉も文化や食べ物も違う初めての外国で、無事に過ごすことが出来るのか、ストックホルムに着くまで山あり谷あり、

真面目な四三と楽天的?な弥彦の珍道中、何が起こるかわくわくします。

孝蔵も師匠から名前を貰って、本格的に噺家デビューを歩み出す。

四三も弥彦も孝蔵も、若者達が始めの一歩を踏み出して走っていく姿を応援したいです。

40代 女性 :

いだてんの動画 9話の見所は、ストックホルムまでの道中で、金栗四三がどのように考え成長していくのかが楽しみ。

また、ストックホルムまでのながい列車旅の中での、四三がみる初めての外国がどのように描かれているのか、外国人と四三との関わり。

またその場面をどのように弥彦がフォローするのかも楽しみ。道中の景色がどのように描かれているのかも気になる。

その当時の日本人にとっての外国像というものがすこしうかがい知れそうな気がする。

列車の中だけでも、一波乱ありそうな予感。他の同行者がこの長旅をどのように思い、過ごしていくのかも楽しみにしている。

30代 男性 :

いだてんの動画 9話の見所は、嘉納先生が可児先生たちに邪魔されてストックホルム行きの汽車に乗れなかったので、

嘉納先生が追いつくまで何か起こるのではないかと思います。

そして四三にとってははじめての海外で食事もそうですが色々となれないこともあるでしょう。

テーブルマナーにもかなり苦戦していましたし、向こうの外国人の日本人との違いにも戸惑うことがいっぱいありそうな気がします。

四三は体だけは丈夫と言われていますが、それは海外に行っても通用するのかどうなのか。

食事が合わなくて体調を崩したりホームシックになったりはしないのか?四三の新たな活躍に期待したいです。


◆いだてん “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> いだてん “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

いだてんの動画!9話までの感想

30代 女性 :

いだてんの動画 9話までの感想は、金栗君、みんなに愛されていますね。

お兄さんに、スエさん、学友たちに、足袋屋のみなさん。おかげで無事に行けるけれど、スエさんとの恋に破れて残念。

お金は大丈夫だったけれど、心は大丈夫なんだろうか・・・と心配になりました。

お兄さんの別れ際のセリフ「勝とうなんて思うな」が刺さりました。

プレッシャーが半端ないと思うのでその一言は身内ならではだなぁと思いました。

三島君、家族の愛に飢えていましたが、すてきな見送りでしたね。

愛のない親なんていないというのは本当ですね。愛情表現が苦手なだけでおかあさまもひそかに応援していたのですね。

30代 女性 :

いだてんの動画 9話までの感想は、泣ける回だった。

前回の終わりの方で、学生が募金をお願いしますと呼びかけていたシーンがあり、

四三もオリンピックに行く資金を募金で集めればいいのにと思っていたが、今回その募金は四三のためだったと知って、とても感激した。

四三の兄も、あんなにも弟思いで心の熱い人だと改めて知れた。

清さんの声かけも、自分いが言われたらなんて心強い言葉だろうと思う。

弥彦の母も、ぎりぎりまで三島家の恥だと怒っている素振りだったが、あんなに泣いていて、四三の言う通り、子供に関心がない親なんていないと思った。

みんな、本当にやさしく上辺の言葉じゃなく応援をしてくれていて、とても素敵だと思った。

いつの時代でもオリンピックに行く人は、たくさんの人に期待され、応援してもらって競技に向かっていたんだと思った。

40代 女性 :

いだてんの動画 9話までの感想は、1800円を持ってきた実次と「田畑を売った」と読んだ四三がやっぱり家族の事情がわかってるなぁ、と思いました。

気付かれたと言わんばかりの実次の表情も良かったです。

別れ際の挨拶もどことなく力の入ってる四三には凄く励みになる言葉だと思います。

「誇大妄想」と美川から発信されたであろう情報が実次にとっては微妙だけど1年くらいで

1500円の募金が集まるのは四三にどれだけの人が注目していたかが感じられます。

それ以上に募った徒歩部のメンバーの優しさが良かったです。スヤの嫁ぎ先、重行の母、幾江の実次への心意気もカッコ良かったです。

実次自身羽田の大会の時は「かけっこごとき」の気持ちだったのに同じ言葉を発した重行への対応がこんなにも違うのか?と笑ってしまう部分でもありました。

ストックホルムがわからない幾江の間違い方が面白かったです。いちばん心に響いたのは弥彦の母、和歌子の姿でした。

しっかりと言葉だけではなくユニフォームも準備していた和歌子の「三島家の誇り」の本音が最高に感動してしまったシーンでした。

40代 女性 :

いだてんの動画 9話までの感想は、兄の実次が四三の為に上京して、四三の為にお金を工面してくれて、

ストックホルム行に弱気になっている四三に「誰かがやらなければならない。

お前が怯んで弱虫になったら100年先のいだてんも弱虫になる」なんて、立派過ぎます。

兄上~と思わず言いたくなるような素敵な兄弟愛。そして、弥彦も出発する汽車の汽笛がなるなか、

母親の和歌子さんが、日の丸の入ったユニホームを作って見送りに来てくれた。

ちょっと感動しました。弥彦は、お金に恵まれてるけど、家族の愛を感じることなく、

見知らぬ土地に行くのに四三より寂しかったんじゃないのかな?

と思っていたので、お母さんに見送りに来てもって良かった。二人とも家族の愛で頑張って欲しいです。

40代 女性 :

いだてんの動画 9話までの感想は、金栗四三をオリンピックに行かせるために奔走した兄の行動力、

またその意をくむために、自分の気持ちを抑えて嫁いでいったスヤさんの気持ちが痛かった。

その気持ちを見透かしている義母役の大竹しのぶさんの演技、圧巻でした。

四三が純粋でまじめであるが上に、いろんな人が素直に応援してくれており、それを四三もおごりたかぶっていないところが、心を惹かれます。

最後に、まさかの嘉納先生が汽車に乗れてない・・・びっくりでした。

永井先生のことも差し置いて、可児先生、どうしても行きたかったんですね。

最後笑えました。後輩たちが乗っているのもびっくりでした。

30代 男性 :

いだてんの動画 9話までの感想は、四三がオリンピックに出れるように兄や仲間たちが色々と協力してくれたところに感激しました。

最初に兄がやってきたときに四三を連れ戻しにきたのだと勘違いして勝手にアテレコしていたところには笑いました。

スヤはお嫁に行ってしまいこれからはこれまで以上に出番が減ってしまうのかもしれませんが、

四三のために頼みこんでくれたのはスヤだったので良かったなと思います。

しかし最後の最後まで四三はスヤの気持ちに気づいていなかったので残念でした。

最後は弥彦のことを両親がちゃんと考えてくれていてよかったなと感激していたのに、

嘉納先生が可児先生に邪魔されて汽車に乗れなかったという最大のオチに笑いました。

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

いだてんの動画!9話【ネタバレ】← 紹介

ここからがドラマ『いだてん 東京オリムピック噺』9話のネタバレになります!

ストックホルムに向けて

明治45年(1912年)5月16日に金栗四三達はストックホルムに向けて、新橋駅を出発した。

ユーラシア大陸のシベリア鉄道を乗り、17日間掛けて向かう。

監督である大森兵蔵に同行して、妻の安仁子も四三達とともに鉄道に乗っていた。

四三は可児徳に嘉納治五郎の事を聞くと「官員」である治五郎は、手続きに時間が掛かっていると説明される。

そして、可児も敦賀まで同行して、そこで治五郎と交代するつもりだった。

敦賀まで向かう列車が大きな駅に止まると、多くの人が四三達に押し寄せて来る。

思わぬ展開に四三は興奮して眠れる事が出来ずに、日記を付ける事を考えて書き始める。

「盲目旅行」と名前を決めて汽車の中で書くが振動もあり、文字が読みにくかった。

5月17日に敦賀に到着して、オリンピック団一行は船でウラジオストックに行こうとする。

ここで可児と別れて船で2日間掛けてウラジオストックに向かうが、治五郎は間に合わなかった。

ユーラシア大陸、初上陸

5月19日にロシアのウラジオストックに到着した四三達はシベリア鉄道に乗り込む。

治五郎は間に合わずに列車は出発して、三島弥彦は四三を食堂車に誘う。

すると大森から節約のため、自炊するように忠告を受けるが同部屋になった乗客と意気投合して食堂車に向かう事になった。

四三達が食堂車に行くが、値段の高さや周囲の外国人の態度に驚く。

部屋に戻った四三は大森の咳や外国人のいびきのため、寝る事が出来なかった。

一方、池部家に嫁いだスヤは朝を迎えて庭に出ると義母の池部幾江が廊下から見ていて、慌てて駆け寄る。

そして、幾江からスヤは池部家のしきたりを教えられる事になった。

2日目を迎えた四三は大森の指示もあり正装をするが、慣れていない事もあり不満を抱く。

弥彦は相変わらずの様子でマイペースに朝の支度をしていた。

四三達は部屋で安仁子の作った味噌汁を食べるが、美味しくなく不満を口にする。

大森の提案により四三達は一度下車する事になったが、その場所では3年前に日本の総理大臣である伊藤博文が射殺された。

5月20日に満州のハルビンに到着して、四三と弥彦は街を歩くが異様な雰囲気が漂う。

すると銃を持った軍人に声を掛けられて、パスポートを見る事になる。

動揺する2人は弥彦の対応しながら、その場を切り抜けて早々に引き上げる事を決めた。

一方、スヤは朝を迎えて幾江の教えてに従い朝の準備をしていたが、大声を出して金栗実次が現れる。

四三から実家に絵葉書が届き、実次はスヤに知らせに来た。内容を読む実次とその話を聞いていたスヤは喜ぶ。

長時間の移動に不満が募る

5日目を迎えて、ヨーロッパ領に入った四三達は列車内でトレーニングにするが、それ以外にすることもなかった。

ずっと一緒にいる2人の雰囲気は徐々に悪くなり、ちょっとした事で口喧嘩になったりする。

その頃、治五郎は文部省に許可を申請していたが、1週間経ってもまだ返答はなく苛立っていた。

美濃部孝蔵は師匠の橘家円喬の車夫として、日々走っていた。ある時、円喬からご飯は好きかと問われる。

孝蔵は素直に返答するとお叱りを受けて、封筒を渡された。

その中には「五厘」が入っていて、さらに1枚の紙があった。

「三遊亭朝太」と書いていて、孝蔵は正式に落語家としての名前を貰う。

そして、次から手ぶらで自宅に来るように指示を受ける。

円喬は孝蔵に食より噺の芸を磨く方が大切な事を教えたかった。

志ん生は弟子の五りんと知恵にその当時の話をしながら、五厘と紙を見せる。

5月26日、全行程の中間地点を迎えた四三は大森夫婦が仲良くしている姿を弥彦とともに飽きられながら見ていた。

四三は大森に監督になった理由を聞くと、外国に行ってスポーツを学んで新しい競技を日本に取り入れた事を語る。

話を聞いた四三と弥彦は廊下に出て、大森の事を話す。

一方、日本では可児と永井道明が四三から届いた手紙を見て、大森の事を批判していた。

その時、治五郎が現れて大森夫婦が同行するようになった理由を明かす。

大森は病気を患っていて、先が長くない状況であったため、今回の同行を強く望む。

治五郎はある資料を2人に渡して、大森がオリンピックの競技について熱心に勉強していた事を知る。

そして、「最愛の妻を同行させた」と治五郎は言い、2人は謝罪した。

5月28日、大森の体調が崩れてしまい、四三はこの状況に苛立ってしまう。

四三は弥彦に不満をぶつけると「ちょっと、付き合いたまえ」と食堂車に移動する。

弥彦は「最後の晩餐」と言い、好きなだけ食べる事を勧めてきた。

そして、「憶するな!いだてん」と四三に激を飛ばして、2人は食事をする。

2人はワインを飲みながら弥彦の短距離走の話をした。

長距離走の話になり、四三の走りに見て短距離走に絞った自らの考えを肯定する。

四三は「三島さん!頑張りましょう」と熱く握手を交わして、絆を強めた。

ストックホルムに到着

電車を降りて船に乗り換えた四三達は、ストックホルムに到着する。

船場に着くと大使館が迎えてきていて、そのままホテルまで案内された。

ホテルに着き、ガイドのダニエルとともに競技場を行く。

競技場を歩き、「すごいよ」と弥彦と四三は驚きを隠せない。

「広いな」とゆっくりトラックを見つめて、四三は改めて決意を固める。

一方、治五郎は相変わらず、日本にいて許可が下りるのを待っていた。

--- 以上、いだてん 9話のネタバレでした~! ---

いだてん 9話を見逃した人は、

『いだてん』を1話からまとめて視聴できる『U-NEXT』がおススメです!

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

いつまで”31日間の無料トライアル”があるのか分からないので、見たいかたはお早めに~^^♪

これで連休の暇つぶしはバッチリです(笑)

いだてんの動画!9話の感想まとめ

いだてん 9話の感想は、ストックホルムに向けて新橋駅を出発した四三達は大きな声援を浴びていましたが、初めての出来事に動揺したと思います。

ここまで声援があるとは考えてなかったはずです。

しかし、最も動揺したのは治五郎が同行していなかったことでしょう。

結局、敦賀から船にも間に合いませんでしたが、まさか許可下りてないと意外でした。

治五郎の立場になると簡単には出国できないのだと知りました。

シベリア鉄道に乗って慣れない環境が続き、ストレスが溜まっていく四三はとても辛かったと思います。

そして、四三は弥彦に対して不満をぶつけますが反発せずに優しく受け止めた彼の行動は素晴らしいです。

一緒に食事をしながら話をしていき、改めて絆を深めた2人の姿に安心しました。

重くなっていた雰囲気が一気に解消されて良かったです。

ストックホルムを着いて、オリンピックの競技場を見学する2人は想像以上の大きさに驚いていました。

羽田の競技場に比べると設備が整っている競技場で、オリンピックの認識も違っているのに戸惑いは隠せなかったでしょう。

2人は改めて決意を固めて、良いモチベーションを保てそうです。

次回は現地で練習をし始めますが、果たして上手くいくのでしょうか。

慣れない環境の中で、オリンピックに臨む事が出来るのか心配です。治五郎はオリンピックの本番に間に合うのか気になります。

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

いだてんの動画!9話のあらすじを最後に

ドラマ『いだてん 東京オリムピック噺』9話のあらすじを簡単に紹介します~!

四三(中村勘九郎)と弥彦(生田斗真)は、ついに新橋駅を出てストックホルムに向け旅立つ。

ウラジオストクやハルビンを経由してのシベリア鉄道17日間の旅。

不手際で治五郎(役所広司)の渡航が遅れる中、監督の大森兵蔵(竹野内豊)と安仁子(シャーロット・ケイト・フォックス)のハネムーンのような態度、

初めて触れる外国人の横柄さに、四三は不安を募らす。

一方、孝蔵(森山未來)は、師匠・円喬(松尾スズキ)に「朝太」という名を授かり、噺家(はなしか)デビューに歩みだす!

いだてん 公式サイト引用

>>>『U-NEXT』の31日間無料トライアルはこちら

最後までお読みいただきありがとうございました^^

◆いだてん “全話”のネタバレまとめページはこちら↓

>>> いだてん “全話”の動画の視聴方法&ネタバレをチェック♪

※本ページの情報は2019年3月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

シェアする!!